« パコと魔法の絵本 | トップページ | グーグーだって猫である »

2008年9月15日 (月)

ウォンテッド

Wantedそもそもモーガン・フリーマンが出演しているからというのが観た理由だったりw日本語吹替版は今赤丸急上昇中のDAIGOも出てきますしね。えぇ、字幕版観ましたんで全く関係ないですけど・・・。明らかにテンション低めでスタートしてますがお許しを。

>>『ウォンテッド』公式サイト




う~ん・・・・・。

会社では上司に無能呼ばわりされ、恋人は親友に寝取られ、日々ストレスを溜め込んでいるウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)はの人生にある日を境にとてつもない変化が訪れる。実は彼の父親は凄腕の暗殺者で、父が所属していた暗殺組織に彼も入ることになった。目的は父を殺した敵を殺すためだ。地獄のような特訓に耐えたウェズリーは弾丸を曲げて標的に当てるまでになる。いよいよ父の敵との戦いは近づいていた・・・。

そもそも宣伝の文句が「アンジェリーナ・ジョリー主演映画歴代No.1!!」って意味解らないし・・・。何を根拠に言ってんだろう(苦笑)。しょっぱなからテンション低すぎな時点ですでになんなんですが、決してつまらない映画ではないです。決して面白い映画でもないですけど。(ぁ

テンポはいいです。ラストのウェズリーが戦うシーンなんて『マトリックス』+『デスペラード』みたいで迫力満点です。が、反面そのウェズリーに何の特徴もありません。他の暗殺者とどこが違うのか・・・。弾丸を曲げて標的に当てるのも、実は他にも出来る人います。w

冒頭の感想で書いた通り、“う~ん”なのはほんとにそのままなんですよ。どんな映画も大抵どこかしら登場人物のキャラが立っているものなんですが、この作品には一切それがありません。みんな同じ。だからみんな凄いはずなのに、みんな大したことなく見えてしまいます。ともかく全体を通してどうも印象が薄い映画だなぁという感じでした。

個人的オススメ度Star2_2(モーガン・フリーマン・・・)

|

« パコと魔法の絵本 | トップページ | グーグーだって猫である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/23749689

この記事へのトラックバック一覧です: ウォンテッド:

» 映画 ウォンテッド [おもしろつれづれ記]
映画 ウォンテッド ストーリは、マカボイが演じるのは、うだつの上がらないサラリーマン。謎の暗殺者組... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 22時54分

» No.174 ウォンテッド [気ままな映画生活]
― 新次元アクション ― こんな言葉に踊らされて、映画館に足を運ぶ事となった。 アンジェリーナ・ジョリー(略:アンジー)出演作品ということも あり、それなりにアクションも楽しめたが…... [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日) 14時48分

» WANTED ウォンテッド [映画君の毎日]
ウォンテッド リミテッド・バージョン ¥3,092 ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、自分の人生の何もかもにウンザリしている平凡な若者。変化のない仕事には行き詰まり、ガールフレンドは彼を捨て親友のもとへ去ってしまう始末。彼には、人生の不運に耐え抜くための「何か... [続きを読む]

受信: 2009年4月15日 (水) 00時26分

» ウォンテッド [レンタルだけど映画好き]
“1を倒して、1000を救う” 2008年 アメリカ  日本公開日2008/09/20 監督 ティムール・ベクマンベトフ 脚本 マイケル・ブラント/デレク・ハース/クリス・モーガン 原作 マーク・ミラー/J・G・ジョーンズ 出演 アンジェリーナ・ジョリー/ジェームズ・マカヴォイ/... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 01時03分

» 映画『ウォンテッド』(お薦め度★★) [erabu]
監督、ティムール=ベクマンベトフ。脚本、デレク=ハース、マイケル=ブラント、クリ [続きを読む]

受信: 2010年1月25日 (月) 06時57分

« パコと魔法の絵本 | トップページ | グーグーだって猫である »