« 私は貝になりたい | トップページ | ネコナデ »

2008年11月24日 (月)

GSワンダーランド

Gs 栗山千明、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介、若手の実力は俳優がバンドを組むという異色の設定。事務所の社長役には武田真治、他にも大杉漣、杉本哲太、岸部一徳らベテラン個性派俳優が脇を固めています。GSブームはリアルでは知りませんが、私はこの手の作品にはどうしようもなく惹かれるモノがあります。(笑)

>>『GSワンダーランド』公式サイト


下手なコントより絶対笑える(爆)

1960年代末、世はGSブーム真っ只中。そんなブームに乗り遅れたレコード会社・ファインレコーズのディレクター、佐々木(杉本哲太)は会議の席で重役から叱責されていた。そして3ヶ月以内にGSバンドをデビューさせるように命じられる。佐々木はその命令をそのまま弱小プロダクションの社長・梶井(武田真治)に押し付けた。

梶井が事務所に戻ると、扉の前に一人の少女が。歌手になることを夢見て上京してきた大野ミク(栗山千明)だ。しかし、GSブーム=バンド=女は要らない。梶井はミクを追い返す。

さてその頃・・・。日劇の舞台に立つことを夢見る青年、マサオ(石田卓也)はひょんな事からGSバンドでデビューを目指すシュン(水嶋ヒロ)とケンタ(浅利陽介)と出会い、3人で“ザ・ダイヤモンズ”を結成する。屋上で練習を開始する3人の下に、佐々木からの無理難題に頭を悩ませていた梶井がその音を聞きつけてやってきた。

梶井は3人に自分の事務所からデビューしないかと持ちかける。思わぬ幸運に3人はその申し出に快諾する。ところがファインレコードの佐々木は梶井にまたもや無理難題を。オルガンを用意したからそのメンバーも探せというのだ。ここで梶井はふと思いつく。“事務所の前にいたあの娘・・・”こうして、ミクは女であることを隠してザ・ダイヤモンズに参加することになった。

いよいよデビュー曲が発売された。ところが!なんと売れたのは23枚。これにはファインレコーズ重役も怒り心頭だ。早速佐々木に方針転換するように命じる。スタッフの娘が“タイツを履いた王子様をずっと眺めている”という話を聞きそれを採用することに。ここにザ・ダイヤモンズ改め“ザ・タイツメン”が誕生した。タイツメンはミクの人気も手伝って大ヒットを飛ばし一躍人気バンドに成り上がる。ザ・タイツメンはこのまま一気に日劇の舞台まで駆け上るのか?!

文句なく面白いです。コメディ映画としては久々のヒット作品だと感じました。そもそも石田卓也の顔とマッシュルームカットは反則以外の何者でもありません。(笑)しかも彼、センターでボーカルですよ?いくらGSブーム時代だってそんなセンターはいなかったでしょう。しかしそのセンターが水嶋ヒロだったらココまで面白くは無かったと思うんですよね。キャスティングの勝利でしょう。

そもそもザ・タイツメンの4人は世の中一般的な知名度としてはまだいまひとつな俳優だと思います。ですがこの作品ではそれがむしろ良かったと思いました。色んなTVドラマの主役クラスを張っていると、だんだんとその俳優のイメージというのが定着してきてしまいます。これは良くも悪くも仕方ないことなんですが、この4人に関してはまだ白紙の上に様々な色を塗る余地がある、それ故に無理無理すぎるザ・タイツメンがはまったんではないでしょうか。

それにしてもよくココまでネタを盛り込んだものです。ケンコバさんのシーンなんて、別にネタではなくて単に台詞なんですがシチュエーションで笑わされます。カメラマン役の片桐仁のノリツッコミシーンも見ていて「オイオイここまでやらすのかYO」と思いながら笑っていました。

個人的に大ヒットだったのは水嶋ヒロ扮するシュンがデビュー曲のジャケットを見ていう一言「オレ写ってねーし・・・。」ですね。エンディングでザ・タイツメンの出したレコードのジャケットが映るのですが、そこで思い出し笑いしてしまいました。(笑)

そうそう、ジャケットで思い出しましたが、EP盤レコードも懐かしいですね。私が生まれて初めて買ったEP盤レコードは確か映画『E.T』だった記憶があります。どんな曲が入っていたのかも忘れてしまいましたが、その頃から映画好きだったのは多分間違いないです。(苦笑)

なかなかこうして文章で書いていると、その面白さが伝わらないでしょうし、逆に全部分かるように書いてしまうと本作を観る楽しみが半減してしまうと思いますのでその辺がもどかしいところです。是非これは観に行って劇場で大笑いしてきて下さい。大衆コメディ映画としてとても楽しめる一作です。

個人的オススメ度Star4_13(栗山千明って綺麗になりましたね~。)

↓ポチッと一押お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 私は貝になりたい | トップページ | ネコナデ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/25627507

この記事へのトラックバック一覧です: GSワンダーランド:

» 文化祭で何が悪い?! [栗山千明さん応援blog「GO!GO!C.K」]
まだまだ続く映画「GSワンダーランド」布教活動(笑) あぁ・・そうですよ・・昨日も観てきましたよ!何か? シネマ親父の日々是妄言 ありゃ?トラバしてたつもりだったんですが・・・相当グダグダなレベル・・・う~んそうなのかな?私の頭の中に浮かんだのは比較対象としては「フラ・ガール」だったんですけどね。 あれと並べるのもどうかとは思ったんですが・・・ フラガール(スマイルBEST) 李相日 ま、色々言われるところは判り... [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 00時33分

» 「GSワンダーランド」面白いとは思いますが…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
 今から40年ほど前の日本を、熱狂の渦に巻き込んだ“GS(グループ・サウンズ)ブーム”。そのブームの裏側を、面白おかしく描いた本作、「GSワンダーランド」(デスペラード)。吾輩が生まれた頃の頃の話ですから、よくわかんないんですけどね~(^^;。  1968年、世は空前のGSブーム。演歌専門のレコード会社“ファインレコーズ”でも、この波に乗らんと、社長の松田(岸部一徳)、専務の鎌田(大杉漣)は、担当の佐々木(杉本哲太)に『3ヶ月でGSバンドを探して、デビューさせろ』と命じる。困った佐々木は弱... [続きを読む]

受信: 2008年11月25日 (火) 13時08分

» GSワンダーランド [象のロケット]
1968年、GSブーム全盛期に即席デビューした、白いタイツにフリフリ衣装の王子様バンド「ザ・タイツメン」。 本人たちには不本意なロマンチック路線が意外にも当たった! とにかく夢だった日劇のステージまであと一歩。  しかし、一番人気のミックは実は女。 疑われながらもみんなでひた隠しにしていたのだが…。 熱狂と陶酔のGSアイドル・青春コメディ。... [続きを読む]

受信: 2008年11月26日 (水) 22時54分

» 音楽は友達に似ている。『GSワンダーランド』 [水曜日のシネマ日記]
1960年代後半、空前のGSブームに沸く日本で、ひょんな事からレコードデビューする事になった若者4人組を中心に描かれた作品です。 [続きを読む]

受信: 2008年11月29日 (土) 13時24分

» 「GSワンダーランド」試写会 サイケデリックな懐かし映像 [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
言っておくけどGS(グループサウンズ)が懐かしい年代ではさすがにない。 でも、見た事ある!フリフリブラウスにタイツ姿。 公園で野球して遊ぶ白黒映像も・・・・・ 幼い頃にテレビで見たのか、ずっとあとになって『あの人は今』みたいな番組で見たのか・・・?? いずれにしても、なんだか懐かしくなる~ほのぼのしながらも、ピリッと風刺ありのサイケデリックムービーだ。... [続きを読む]

受信: 2008年11月29日 (土) 18時56分

» 映画 【GSワンダーランド】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「GSワンダーランド」 本田隆一監督による青春コメディ。 おはなし:GSブームにあやかり、3か月以内にGSバンドをデビューさせるよう命令されたプロダクション社長の梶井(武田真治)は、屋上で演奏していたマサオ(石田卓也)、シュン(水嶋ヒロ)、ケンタ(浅利陽介)に声を掛ける。さらに、歌手志望のミック(栗山千明)を男装させ、4人グループとして売り出すが・・・。 「GSとは何の略語でしょう?」と聞かれて「ガソリンスタンド」と答える人は若者かもしれませんね。 答えは「グループ・サウンズ」 ... [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 21時57分

» GSワンダーランド [映画君の毎日]
GSワンダーランド プレミアム・エディション ¥4,441 『エクステ』の栗山千明、『リアル鬼ごっこ』の石田卓也ら共演、60年代後半を舞台に音楽業界での活躍を夢見る若者たちの姿を描いた青春コメディ。歌手に憧れる少女・ミクは、マサオ、シュン、ケンタと共にGSグループ、ザ・... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 23時41分

» GSワンダーランド(DVD) [ひるめし。]
世界が僕を待っていた。 [続きを読む]

受信: 2009年7月24日 (金) 14時41分

» 『GSワンダーランド』 [こねたみっくす]
ザ・タイツメンの美しい思い出を最後の最後でフレッシュマンズが全部持っていっちゃった! グループサウンズを知らない世代でも十分楽しめるだけでなく、ザ・タイツメンの4人が ... [続きを読む]

受信: 2011年1月 9日 (日) 21時26分

» GSワンダーランド(’08) [Something Impressive(KYOKOⅢ)]
先日「SONGS」で、ジュリーが元のタイガースメンバーと往年のGS曲を歌ってたのでしたが、岸部一徳の出演作をチェック中このタイトルを見かけ、未見のGS作品だった、と思い出してDVDで見ました。 60年後半、GSブーム時代の青春音楽もの。GSものと言えば、ザ・ゴールデン・カップスのドキュメンタリー「ワンモアタイム」を見て以来。この「GS・・」も'08年公開時、見に行ければと思ってたのでしたが、年末に上映が終わってしまっていて見損ねたままだった作品。 岸部一徳は、「SONGS」記事でも触れて... [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 16時26分

« 私は貝になりたい | トップページ | ネコナデ »