« 少林少女 | トップページ | デス・レース »

2008年11月29日 (土)

西の魔女が死んだ

Nishinomajo 主演のサチ・パーカーは女優シャーリー・マクレーンの娘。公開時には京王エージェンシーが製作委員会に入っていることもあり、京王線の車両全部に中吊り広告がでたほど。試写会の応募をするも外れ、観よう観ようと思っているうちに意外なほど早く公開が終わってしまったので、やっと鑑賞です。

>>『西の魔女が死んだ』公式サイト


深い深いおばあちゃんの愛

まい(高橋真悠)は母親(りょう)に宣言した「私もう学校には行かない。」母は理由を聞かなかった。そして次の日、まいと母はおばあちゃん(サチ・パーカー)の家に向かった、しばらくの間まいはおばあちゃんの家で生活することにしたのだ。

まいはおばあちゃんが大好きだった。あばあちゃんもまいのことをとても愛していた。まいが「おばあちゃん大好き!」というと決まっておばあちゃんはこう答えた。「I know.」と。ある日おばあちゃんはまいにおばあちゃんの祖母は実は魔女だったのだと話をする。驚くまい。そしてまいも魔女になりたいと希望する。

翌日からまいの魔女修行が始まった。それはまいにとってとても新鮮で楽しい毎日だった。それはおばあちゃんにとってもだ。しかし、ある事件がその楽しい日々を台無しにするー。

とても心が癒される作品です。おばあちゃんのまいに対するあふれんばかりの深い愛情が観ている私たちにひしひしと伝わってきて、その優しさは日々の生活に疲れた私たちの心を癒してくれます。サチ・パーカーの演技、とても丁寧に日本語を話すその様は一言一言が説得力に富み、芯の強さを感じさせてくれました。少しも強制するような調子ではなく、穏やかに“言って聞かせる”あの口調は思わず「何を言うのかな?」と聞き入ってしまいます。

観ていてに既に亡くなった自分の祖母を思い出さずにはいられませんでした。きっと祖母も無条件で自分のことを愛していてくれたのだろうと思います。その時はもちろん子供だったこともあり分かりませんでしたが。

そんなおばあちゃんですが、唯一、まいをひっぱたいてしまうシーンがあります。その次のシーンではタバコを吸っているおばあちゃんの後姿がただ映っているだけなのですが、そのワンカットで、おばあちゃんは悟りきった聖人君子なのではなく、一人の人間としてまいのことをどれだけ愛していたのか、そしてその愛するまいに手を挙げてしまったことを後悔しているということをより強く我々に印象付けてくれます。

まいはおばあちゃんと不本意なお別れをすることになりますが、亡くなる前におばあちゃんはまいにあるメッセージを残します。まいは不本意なお別れをしたことをずっと心に抱えていたのですが、そのメッセージで、“おばあちゃんはいつだってまいのことを愛している”ということを悟ります。このシーンは私の心にずっと残る名シーンとして記憶されると思います。

ところで、おばあちゃんはイギリス出身という設定で、実際にサチ・パーカーもイギリスに住んだこともあるせいか、随所にイギリスらしいアイテムが出てくるのも本作品のポイント。野いちごのジャム、紅茶、クッキー、サンドイッチ、食パンなど観ていると食べたくなってきちゃいます。(笑)イチゴのジャムは作ったことがありますが、多少は手間が掛かるものの簡単に作れますし、なにより売っているものより断然おいしいです。

最後は余談になってしまいましたが、とても感動的な名作で、気持ちよくさせてくれる作品です。是非一度観て欲しいですね。

個人的オススメ度Star4_14(キム兄がいい味出してます。)

↓ポチッと一押お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 少林少女 | トップページ | デス・レース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/25756483

この記事へのトラックバック一覧です: 西の魔女が死んだ:

» 西の魔女が死んだ [映画君の毎日]
西の魔女が死んだ 特別版 ¥3,651 傷ついた少女が、大好きなおばあちゃんの愛に包まれ、自然豊かな土地での暮らしに癒されるうちに生きることの楽しさ、素晴らしさを思い出し成長していく姿を描くハートウォーミング・ストーリー。中学に進んでまもない夏の初めに、学校へ行け... [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 03時16分

» 映画「西の魔女が死んだ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
ニシノマジョカラヒガシノマジョヘメッセージ・・・死んだらどうなるの、そうねぇ死んだことがないから分からないわ、静かにハートウォーミングな魂脱出の物語・・・ おばあちゃんと過ごした1ヶ月余りのこと・・・集団よりも孤立を選び登校拒否に陥った中学1年生のまい(高橋真悠... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 23時12分

» 「西の魔女が死んだ」素敵なおばあさま [ポコアポコヤ 映画倉庫]
サチ・パーカーさん!彼女を出演(人選)した事に拍手!!! まさにルックスや雰囲気など、日本人がイメージする素敵なイングリッシュおばあ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 09時04分

» (映画)西の魔女が死んだ [ゼロから]
魔女修行を通して、まいを社会生活に復帰させようとするおばあちゃん。ニワトリが獣に殺されたり、隣人の不気味な影におびえたりと様々なことを経験して、成長したまい [続きを読む]

受信: 2011年1月 2日 (日) 12時21分

» 『西の魔女が死んだ』 [こねたみっくす]
気品とお茶目。大人と子供。人生において師と仰げるような人には必ずこの対比した要素が両方とも備わっているもの。 梨木香歩先生のロングセラー児童書を映画化したこの作品は、 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 17時44分

» 西の魔女が死んだ []
人はみんな 幸せになれるように できているんですよ 2008年 日本  公開日2008/06/21 西の魔女が死んだ [DVD]/サチ・パーカー,高橋真悠,りょう 監督 長崎俊一 脚本 矢沢由美 出演 サチ・パーカー/高橋真悠/りょう/真実一路/諏訪太朗/大森南朋/高橋克実/木村祐... [続きを読む]

受信: 2011年2月10日 (木) 23時18分

« 少林少女 | トップページ | デス・レース »