« 奈緒子 | トップページ | ハッピーフライト »

2008年11月15日 (土)

ラスベガスをぶっつぶせ

Lasvegas予告編を観たときの何となく爽快そうな感じに惹かれてようやくDVDで鑑賞です。正直いって出演陣にはあまり印象がありません。MITの天才学生が、その力を活かしてラスベガスでブラックジャックに勝ちまくるらしいですが・・・。ちゃんとしたブラックジャックなんぞやったことない私にはいまいちピンと来なかったり。(苦笑)

>>『ラスベガスをぶっつぶせ』公式サイト

カウンティング??

ベン・キャンベル(ジム・スタージェス)はマサチューセッツ工科大学、いわゆるMITの優秀な学生だ。彼は超難関のハーバード医科大学に合格したが学費が無かった。そこで奨学金を受けるための面接を受ける。面接官曰く「君には他人と違う何か驚嘆に値するようなコトはあるのか?」。

アルバイト先ではアシスタントマネジャーに昇格するも、学費稼ぎには程遠い。悩むベンにあるチャンスが訪れた。ミッキー・ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)にチームに誘われたのだ。そのチームは、ラスベガスのカジノでブラックジャックのカウンティングをして稼いでいた。

最初は断るベンだったが、密かに心を寄せていたジル・テイラー(ケイト・ボスワース)に誘われ、「必要な学費30万ドルを稼いだら辞める。」ということを条件にチームに参加する決意をする。ベンが加わったチームは連戦連勝。しかし、そんな幸運は長く続くものではなかった。カジノの用心棒コール(ローレンス・フィッシュバーン)はチームの手口を見抜いていたのだ・・・。

カジノに乗り込む辺りまで、特にベンがチームに参加してカウンティングやチームのサインを覚えている間は正直訳が解りませんでした。面白いとか面白くないとか言う以前に、「カウンティングって何???」「+18?」「+15?」っといった具合で、全く知識がない私にとってはただボーっと「うーん、なんとなく凄いのかのぉ?」と画面を観ているだけ・・・。

とりあえず、途中でDVD止めてネットで“カウンティング”を探してみたり。要はどのカードが山に残っているかで、親と子の勝つ確率が変わってくるという問題なのですが、未だに完全には解ってません。もっとも、ラスベガスに乗り込んでからは“カウンティング”そのものは手段でしかないので、作品のストーリー自体は解りやすく楽しめました。

タネ銭が20万ドルとか簡単に言ってましたが、日本円で役2000万円ですもんね、パチンコで借金が膨れ上がり首が回らなくなる日本の現実とはスケールが違います。残念だったのは最後のオチが読めてしまったこと。ベンが卒業パーティーでミッキー教授を訪れた時点で後のストーリーが読めてしまったんで、もう一ひねり欲しかったなと思いました。

原題が「21」すなわち“ブラックジャック”の意味なだけあって、ゲームそのものを理解していたほうがもっと楽しめたんだろうなと。通常の駆け引きや、プレーのスタイルすら知らないと、カウンティングと言われてもどれだけそれが凄いことなのかが実感できないんですよね。知らなくても十分面白かったですが、なんだかちょっと損をしている感じがぬぐえませんでした。

個人的オススメ度Star3_19(カウンティング詳しく解る人教えて!)

↓ポチッと一押お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 奈緒子 | トップページ | ハッピーフライト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/25358848

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガスをぶっつぶせ:

» ☆「ラスベガスをぶっつぶせ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの2本目は、九段会館にて試写会。 いやー、今月は3週連続試写会だよーーーー。 超嬉しいっ。 [続きを読む]

受信: 2008年11月22日 (土) 01時13分

« 奈緒子 | トップページ | ハッピーフライト »