« ワルボロ | トップページ | ザ・マジックアワー »

2008年12月11日 (木)

K-20 怪人二十面相・伝

K20大ヒット作品『レッドクリフ Part1』の諸葛亮役に続いて、大型お正月映画の主役を勤めるのは金城武。ヒロインは松たか子。そして怪人二十面相のライバル明智小五郎には仲村トオル。『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが終結しての制作だそうですが果たして如何に?今回は珍しく試写会で鑑賞です。

>>『K-20 怪人二十面相・伝』公式サイト

これって日テレ・・・。

舞台は第二次世界大戦が回避されたもう一つの世界。その世界の日本では今も階級制度が残っていた。そんな世の中に反発するように、怪人二十面相は一部の金持ちから盗みを働いていた。ある日サーカス団の軽業師・遠藤平吉(金城武)は怪人二十面相に騙され、その怪人二十面相に仕立て上げられ逮捕されてしまう。濡れ衣を晴らすには二十面相を捕らえるしかない!数奇な縁で知り合うことになった明智小五郎(仲村トオル)、羽柴葉子(松たか子)と共に怪人二十面相を追い詰めるが、その時平吉の目の前に現れたのは・・・。

元々本作は同名の小説が原作で作者は北村想。でまあそれはいいか。流石は試写会だけあって満員でした。期待にワクワクしながらいよいよ上映開始・・・“日テレGOGO”ってあれ?これも日テレの開局55年記念作品なの?期待感がうって変わって、嫌な予感がヒシヒシと。

まあ、結論からいうと『252 生存者あり』よりは面白かったです。あれ?これあんまり褒め言葉になってないかもしれない・・・。(苦笑)オープニング画面も中々にセンスの良い映像展開。いきなり怪人二十面相の登場シーンがあることでまずは掴みはOKってところ。『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが終結しただけあって、街の様子はパラレルワールドの設定ながらも昭和初期の香りが上手く漂っていてイイ感じです。

松たか子は“世間知らずの貴族の令嬢”でちょっと天然入ってる役回りなんですが、これがまた見事にはまっています。まあ世間知らずではないですが、元々本物の“梨園の令嬢”なのは事実ですしね。この人にしか出せないもって生まれたお上品さがこれ程活かせる役もそうはないかも。

金城武ですが、私は正直『レッドクリフ Part1』の諸葛亮役の方が良かったと思いました。彼は日本語で話すとどうも下手糞に見えて仕方がない。この感覚は・・・そう竹之内豊の芝居と似てるんだよなぁ。2人とも感情表現がいまひとつ。一緒に見に行った連れに聞くと「そう?別に普通じゃない?」って言うんですけどね。

あと主要な役回りでは明智小五郎役の仲村トオル。この人は言うことなし。いつもの仲村トオル。何時でも何処でもいつの時代も何を演じてもある意味素晴らしいと思えるほど完璧に同じ。(笑)

さて、最初に『252 生存者あり』よりは面白かったと書きましたが、それでもこの作品にも突っ込み所がかなりあります。それでもまだ面白いと書いたのは、元々この作品がフィクションの小説が原作だから。基本的に何でもありですもんね。フィクションの世界に突っ込んでたら物語が成立しませんから。

全編に渡って大満足!という訳にはいかない作品だと思います。邦画としては割と長めの134分ということで時間の許す方は鑑賞されてもいいのではないかと。

個人的オススメ度Star3(文字通りのワイヤーアクションはイケてます!)

↓ポチッと一押お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« ワルボロ | トップページ | ザ・マジックアワー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/26113581

この記事へのトラックバック一覧です: K-20 怪人二十面相・伝:

» K-20 怪人二十面相・伝 [象のロケット]
第二次世界大戦を経験せず、現在とは異なる発展を遂げた架空都市≪帝都≫。 華族制度が存続し、富の9割が一部の特権階級に集中する中、富裕層のみをターゲットにする怪盗≪怪人二十面相≫=K-20 が世間を騒がせていた。 サーカスの曲芸師・遠藤平吉はK-20に騙され、K-20に仕立て上げられてしまう…。 レトロ・フューチャー・アクション。... [続きを読む]

受信: 2008年12月11日 (木) 23時38分

» 好きな冬の歌は??? [tacoの気持ち]
ウィンター・ソング 金城武 再会した金城武 その女シャオチィーへの 愛に気付く金城武 あくびをする金城武 こんなにあくびがかっこいいのわ 金城武ぐらい ひたすらかっこいい 金城武でした シャワー使わせくれる??? 居候させろ より成功率 良さげですう・・・ ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 04時33分

» 映画 『K-20 怪人二十面相・伝』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション・エンターテインメント。『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフによるノスタルジックな映像美も見もの。極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 06時45分

» 『K−20 怪人二十面相・伝』 [ラムの大通り]
-----これって、最近よく聞くけど どういうお話ニャの? 「フォーンは、怪人二十面相は知っているよね」 ----うん。明智小五郎の宿敵でしょ? 江戸川乱歩の原作で 助手に小林少年がいるんじゃなかったっけ。 「そう。 でもこの映画は、劇作家として知られる北村想の原作を基にしたもの。 舞台を、第二次世界大戦が回避された日本に設定。 19世紀から続いている華族制度によって 極端な格差社会が生まれた、 いわば、もう一つの日本で 富裕層のみをターゲットとした“義賊”怪人二十面相の暗躍と、 それを覆う明智小五... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 20時48分

» K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [映画通の部屋]
「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」製作:2008年、日本 137分 [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 13時41分

» 怪人二十面相vs怪人二十面相【K-20怪人二十面相・伝】 [犬も歩けばBohにあたる!]
今年ノリに乗っている金城武主演最新作 「K-20怪人二十面相・伝」を見てきました [続きを読む]

受信: 2008年12月16日 (火) 00時38分

» K-20 怪人二十面相・伝 (金城武さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆金城武さん(のつもり)金城武さんは、12月20日公開の映画『K-20 怪人二十面相・伝』に遠藤平吉 役で出演しています。先週、東京厚生年金会館にて開催された試写会で観てきました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2008年12月19日 (金) 00時12分

» 「K-20怪人二十面相・伝」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝」公式サイトあわよくば金城本人が来る試写会に・・!と思ってたけど 世の中そんなに甘くなく・・来たのは ニセモノ怪人二十面相でした^^;よく分かっててカメラ向けるとこっち向いてくれるし・・それで肝心の...... [続きを読む]

受信: 2008年12月19日 (金) 23時53分

» 【K−20 怪人二十面相・伝】★金城武★松たか子 [猫とHidamariで]
二十の顔を持つ、正体不明の大怪盗―怪人二十面相怪人二十面相は誰だ!?違う!オレは二十面相じゃない!k−20 怪人二十面相・伝K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝-goo映画監督 : 佐藤嗣麻子出演金城武: 遠藤平吉松たか子: 羽柴陽子仲村トオル: 明智小五郎國村...... [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 00時53分

» 劇場鑑賞「K−20怪人二十面相・伝」 [日々“是”精進!]
江戸川乱歩の小説でおなじみ、怪人二十面相を巡る痛快サスペンス・アクション。二十面相と彼に人生を狂わされた男の対決が描かれる。監督は「アンフェア」シリーズの脚本を手掛けた佐藤嗣麻子。ストーリーは・・・第二次世界大戦が起こらず、華族制度によって貧富の差が広...... [続きを読む]

受信: 2008年12月20日 (土) 14時30分

» K-20 怪人二十面相・伝 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★ (★×10=満点) 監  督:佐藤嗣麻子 キャスト:金城武、松たか子、國村隼、       高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、       益岡徹、鹿賀丈史、仲村トオル、他 ■内容■   極端な格差社会の架空の都市... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 14時08分

» K-20 怪人二十面相・伝 [充実した毎日を送るための独り言]
・K-20 怪人二十面相・伝(金城武・松たか子・仲村トオル出演 12月20日より公開) 昭和の大怪盗である「怪人二十面相」をモチーフとした作品。罠にはめられ二十面相にされてしまったサーカス団員の平吉が無実を晴らすべく、名探偵明智小五郎やその婚約者とともに本物の怪人二十面相を追いかける。怪人二十面相の正体は誰なのか? 1949年、第2次世界大戦が回避され戦火に巻き込まれていないが、昔からの極端な格差社会が残っている「帝都」という仮想世界で怪人二十面相が暗躍している。はたしてその目的は? 147分の上映... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 16時23分

» K-20 怪人二十面相・伝 [いい加減社長の日記]
これもまた、日テレ55年記念映画。 ちょっと不安はあるけれど、やっぱり面白そうなので、「K-20 怪人二十面相・伝 」を選択。 ポイントが溜まっていたので、日曜の朝一の回で。 「UCとしまえん 」は、ちょっと多いのかな。 「K-20 怪人二十面相・伝 」は、大きめ... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 23時48分

» ★「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウ第二弾は、 「チネチッタ川崎」で初日の22:20の回。 レイトショウにしてはまあまあの入りで50人くらいかなぁ。 [続きを読む]

受信: 2008年12月22日 (月) 02時51分

» 【K-20 怪人二十面相・伝】 映画 [じゅずじの旦那]
力強いバットマンでもなく、俊敏なスパイダーマンでもない… 「明智さん、また怪人二十面相から予告が!」 「小林君、少年探偵団の出番だよ」 行ってきました「K-20」[:拍手:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]  【あらすじ】 舞台は架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生まれ、帝都の富の9割がごく一部の特権階級“華族”に集中していた。そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品... [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 18時46分

» K-20 怪人二十面相・伝(2008年) [勝手に映画評]
第二次世界大戦が無かった1949年の日本が舞台。そこそこに、現実の日本風なところがありますが、架空の日本なのでやっぱりどこか違います。華族制度が残っていて、格差社会になっていると言う設定ですが、『格差社会』と言うキーワードは、皮肉な事に現在の日本にも当てはまる言葉ですね。 この作品は、”娯楽冒険活劇”と言う言葉がピッタリです。大金持ちと言う設定も、架空日本と言う設定にすれば可能。そう言う舞台設定の割り切りが、この物語を娯楽作品として成り立たせているところだと思います。 松たか子は、好きな女優なの... [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 19時37分

» 明るいダークナイト。『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』 [水曜日のシネマ日記]
江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション映画です。 [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 23時20分

» K-20 怪人二十面相・伝 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
金城武主演「K-20 怪人二十面相・伝」を観てきました~。 かなり長い事楽しみに [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 07時44分

» K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
近頃とっても気になる金城さんを目当てに鑑賞(笑)いそいそ【story】1949年、格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受けるが、それは怪人20面相が仕掛けた罠だった―     監督・脚本 : 佐藤嗣麻子【comment】&nb... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 11時10分

» K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝(映画館) [ひるめし。]
違う!オレは二十面相じゃない! [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 11時13分

» 【映画】K-20 怪人二十面相・伝 [新!やさぐれ日記]
▼動機 どーせあの人でしょ? ▼感想 ほーらあの人でしょ? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受ける。 ▼コメント どう考えてもソレしかない所をどうやってどんでん返すのか。... [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 10時04分

» 『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』2008・12・27に観ました [映画と秋葉原と日記]
『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1949年、第二次世界大戦を回避した日本の首都帝都の物語。そこは、ごく一部の特権階級が富を独占する社会となっていてそんな富裕層だけを狙い、鮮やかな手口で窃盗を繰り返す怪... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 09時15分

» 【K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝】 [+++ Candy Cinema +++]
【監督・脚本】 佐藤嗣麻子   【原作】 北村想   【脚本協力・VFX協力】 山崎貴   【公開】 2008/12/20   【上映時間】 2時間1... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 14時05分

» 映画「K-20 怪人二十面相・伝」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
太平洋戦争・第2次世界大戦を回避した後の日本が舞台というのは面白い、回避したらどうなるのか説明は少ない、まぁそれが主題の物語ではないけどね~ 第2次世界大戦を回避した後の帝都、なんだか東京タワーみたいなのと羽柴財閥のタワービルが一際高くそそり立つ、けれ... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 17時55分

» 【劇場映画】 K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝  [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるその強盗は、富裕層だけをターゲットとし、美術品や骨董品を魔法のようなテクニックで、次々と盗み出すというのだ。頭脳明晰でこれまでも数々の事件を解決してきた探偵、明智小五郎は、サーカスの人気曲芸師、平吉が謎の怪人20面相<K-20>だと疑い、捜査を始めるが…。(goo映画より) 久しぶりの劇場鑑賞。 うう、やっぱり映画館の雰囲気って... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 07時37分

» K-20 怪人二十面相・伝 [みかんの部屋]
遅らばせながら、観て来ました〜 怪人二十面相・伝!公開初日に、金城武が舞台あいさつに来てたじゃないのっ!! 有楽町??はーん・・・nbsp;会いたかったよう。二十面相 涙あり、笑いありで 超おもしろかったよーnbsp;前半、二十面相にハメられ、つかまった金城武が 殴られ、蹴られ、踏み潰されのシーンは見てられなかったです。 ひどーい!! ばか〜金城武 演じる、平吉さまヒーローが、お茶目で 人間味あふれてて、あったかくて、おもしろくて素敵でした いや〜、本当に 表情だけで、目だけで、... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 16時02分

» 映画『K-20怪人二十面相・伝』(お薦め度★★★) [erabu]
監督・脚本、佐藤嗣麻子。脚本協力、山崎貴。VFXディレクター、渋谷紀世子。VFX [続きを読む]

受信: 2008年12月30日 (火) 11時54分

» K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [映画、言いたい放題!]
今年最後のレビューは 試写会で観たこの作品にします。 原作は北村想なんですね。 戯曲はいくつか読んだことありますが、 小説も書いているとは知りませんでした。 試写会場はほぼ満席でした。 極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、 富裕層のみを狙い、美術品や骨董... [続きを読む]

受信: 2008年12月31日 (水) 00時08分

» 「Kー20 怪人二十面相・伝」正月はコレ、大味だけど悪くない [soramove]
「Kー20 怪人二十面相・伝」★★★ 金城武、松たか子、仲村トオル主演 佐藤嗣麻子監督、137分、2008年 「正月にはピッタリ? ただし軽い笑いのほとんどがかみ合って無いのが 痛いところ、それでも充分楽しめる」 ある事件で怪人二十面相に間違えられた サーカスの軽業師が主人公、 第二次世界大戦がない もう一つの日本という 面白い仮定の上で物語が進んで行く。 金城武の日本語の発音が 上っ面を軽くなぞってるように聞こえ その辺りが緊迫さを そいでしまっ... [続きを読む]

受信: 2009年1月 3日 (土) 23時14分

» 映画「K-20 怪人20面相・伝」 [FREE TIME]
元日はファーストデーと言う事もあって、映画「K-20 怪人20面相・伝」を鑑賞しました♪ [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月) 01時06分

» 『K-20 怪人二十面相・伝』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1949年、帝都。社会は、19世紀から連綿と続く華族制度によって富める者と貧しき者の二極化がなされていた。曲芸手妻師・遠藤平吉は、小さなサーカス小屋で人気を博していた。サーカス団のメンバーは、皆貧民街で暮らす人々だ。羽柴財閥の跡取り・羽柴葉子は、名探偵・明智小... [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水) 21時39分

» 【K-20 怪人二十面相・伝】走る、飛ぶ、お正月映画 [映画@見取り八段]
K-20 怪人二十面相・伝 監督: 佐藤嗣麻子 出演:  金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、本郷奏多 公開: 2008年12月 今年一発目は「K-20... [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水) 23時49分

» 『K-20 怪人二十面相・伝』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1949年、帝都。社会は、19世紀から連綿と続く華族制度によって富める者と貧しき者の二極化がなされていた。曲芸手妻師・遠藤平吉は、小さなサーカス小屋で人気を博していた。サーカス団のメンバーは、皆貧民街で暮らす人々だ。羽柴財閥の跡取り・羽柴葉子は、名探偵・明智小... [続きを読む]

受信: 2009年1月 8日 (木) 01時03分

» 『 K-20怪人二十面相・伝』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「K-20怪人二十面相・伝」□監督・脚本 佐藤嗣麻子 □原作 北村 想(「怪人二十面相・伝」小学館刊)□キャスト 金城 武、松たか子、仲村トオル、國村 隼、高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡 徹、鹿賀丈史■鑑賞日 12月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> いやいや期待していなかったこともあるけど、肩の力を抜いて楽しめる、なんだかあちこちのアクション映画をパクッて来て、それでいてなんか懐かしいアクション且つサスペンス且つ... [続きを読む]

受信: 2009年1月 8日 (木) 08時18分

» [映画『K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝』を観た^^] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆・・・感服つかまつった^^    ◇ あんまり乗り気じゃなかったのだが、姪が「これが観たい」と言うので、いつものMOVIX昭島に向かった。  ハリウッドが、アメコミヒーローを昨今の特殊撮影の進歩によって重厚に再生させたように、邦画も「怪人二十面相」を復活させようとしたのが透けて見えた。  これまでも、ティム・バートン版の『バットマン』がヒットした頃、邦画でも懐かしのヒーロー物が新たに撮られたが、『8マン・すべての寂しい夜のために』を筆頭に、質的にも興行的にも「すべての寂しい夜のために」てな... [続きを読む]

受信: 2009年1月11日 (日) 12時34分

» K-20 怪人二十面相・伝 [欧風]
冬休み中、109シネマズ富谷で2本目に観たのが、「K-20 怪人二十面相・伝」。 [続きを読む]

受信: 2009年1月12日 (月) 11時52分

» 2008-91『K-20 怪人二十面相・伝』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-91『K-20 怪人二十面相・伝』(更新:2008/12/29) * 評価:★★★★☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の5本目。 かなり面白かった。 遠藤平吉(金城武)が騙されて二十面相として捕まるがサーカ..... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 10時04分

» K-20 怪人二十面相・伝 [ネタバレ映画館]
ロケは北九州が中心?こ、こ、小倉は少年探偵団・・・ [続きを読む]

受信: 2009年1月25日 (日) 01時07分

» 映画:K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [よしなしごと]
 K-20 怪人二十面相・伝を観てきましたが、記事にするのが相変わらず遅くなっちゃいました。 [続きを読む]

受信: 2009年1月25日 (日) 11時28分

» K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝(日本) [映画でココロの筋トレ]
08年もあと2日。映画でも観ようかの。 と「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」を観てきました~。 ( → 公式サイト  ) 出演:金城武、松たか子、國村隼、高島礼子、鹿賀丈史、仲村トオル 上映時間:137分  架空の都市“帝都”は、貧富の差が激しく、ごく一部... [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 20時03分

» 映画『K-20 怪人二十面相・伝』 [闘争と逃走の道程]
 江戸川乱歩が生み出した不朽の人気キャラクター、怪人二十面相。本作は、乱歩の小説にインスピレーションされて生まれた、まったく新しいヒーロー物語です。 K‐20―怪人二十面相・伝 (小学館文庫)百瀬 しの...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 21時13分

» K-20 怪人二十面相・伝 [Akira's VOICE]
アクションとドラマに格差がある。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 6日 (日) 11時07分

» K-20 怪人二十面相・伝 [のほほん便り]
荒唐無稽なオハナシと、凝ったCGで作りこんだ、仮想ワールド。やや、オコサマむけティスト(明快さ、オトボケぶり)も御愛嬌? それを、贅沢な俳優陣での熱演、アクションを味わうのが醍醐味な作品と感じました 賛否両論ありそうですが、大きな画面で「頭からっぽにして」楽しむと、「それも、また映画ならでは」で、なかなか… 金城武と、松たか子が好きなので、個人的には、それだけで (^ー^*)     (ストーリー) 第二次世界大戦が回避された架空の昭和24年。帝都・東京では怪人二十面相... [続きを読む]

受信: 2012年5月10日 (木) 08時18分

» 映画評「K-20 怪人二十面相・伝」(地上波放映版) [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中)・・・暫定 2008年日本映画 監督・佐藤嗣麻子 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2012年5月18日 (金) 10時29分

« ワルボロ | トップページ | ザ・マジックアワー »