« クワイエットルームにようこそ | トップページ | アフタースクール »

2008年12月 3日 (水)

ブラックサイト

Blacksite ダイアン・レイン主演のサスペンス映画。原題は『Untraceable』つまり“追跡不可能”。殺人を中継する「killwithme.com」というサイトを、FBIのサイバー捜査官がネットで追跡しようにも出来なかったところから来ている。実際に起こってもおかしくないだけに、リアル感は満点!

>>『ブラックサイト』公式サイト



現実と仮想どっちがどっち?

FBIのサイバー捜査官ジェニファー・マーシュ(ダイアン・レイン)は今日もネット上の詐欺犯を追跡し、見事に逮捕までこぎつけていた。そこに警察からとあるサイトの調査依頼が入る。そのサイトは「killwithme.com」。早速アクセスしてみると、仔猫が虐待されている映像が映っていた。

翌日、仔猫は死んでいた。上司はたかが仔猫の虐待の捜査などせず他の事案を捜査するよう命じる。ところが・・・、今度は同じサイトに一人の男が映し出された。どうやらアクセス数の増加に伴って、死が速まる仕組みらしい。トレースをかけてみるものの残念ながら犯人は特定できなかった。

数時間後、画面の男は死亡した。しかしこれは一連の事件の始まりでしかなかったのだ。第二の被害者、そしてついには同僚のFBI捜査官グリフィン・ダウド(コリン・ハンクス)までもがサイト内で殺されることに。しかしグリフィんの命を賭したヒントで犯人は特定された。逮捕も時間の問題かと思いきや、今度はジェニファーに犯人の魔の手が迫る・・・。

怖いデスネ~。本作品には殺人の生中継をするサイト「killwithme.com」というサイトが登場しますが、実は生中継でこそないものの、実際問題グロ動画はそこらじゅうに氾濫し、実際に人の死ぬ様子を見ることが出来たりします。つまりフィクションではなくノンフィクションなんですね。

つまり私たちは現実に人が死ぬ映像をネット上で観ることができる訳です。で、本作は映画だから当然仮想なです。でも仮想じゃなくて実際にそういうサイトあるし・・・じゃあ現実?とよく訳の分からん自問自答をしながら観ていました。

真面目に書くと・・・アクセス数の増加で死が速まる、それだけでは現実にあるサイトとそう変わらない。それだけに殺し方が相当エグイです。簡単にいうと全ての殺し方に“生きながら”という修飾語がついています。“生きながら”失血死。“生きながら”焼死。“生きながら”薬品で溶かす・・・。

ただ、逆にこのエグさが辛うじて映画であることを思い出させてくれるという、何とも逆説的な意味合いも含んでいる気がします。何故なら、普通に殺してしまうとそれはまんま本物と同じですから。何だか嫌な時代になったなぁと感じたり。

ちなみに劇中登場する「killwithme.com」を実際に作ってしまうのはちょっと悪ノリし過ぎかも。URLまで全く同じです。(苦笑)そう、ストーリーですが、結局「え?」って結末です。正直微妙・・・。初めてブルーレイディスクでレンタルしてみたんですが、何もこんな作品をクリアな映像で観ることはなかったなぁとちと反省。

個人的オススメ度Star2_9(ダイアン・レイン年とったなぁ・・・)

↓ポチッと一押お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« クワイエットルームにようこそ | トップページ | アフタースクール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/25856750

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックサイト:

» 『ブラックサイト』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ブラックサイト』を観ました残酷な殺人映像を中継するウェブサイトとFBIネット犯罪捜査官の攻防を描く、緊迫感あふれるサイバー・スリラーです>>『ブラックサイト』関連原題: UNTRACEABLEジャンル: サスペンス上映時間: 100分製作国: 2008年・アメリカ監督: ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 22時51分

« クワイエットルームにようこそ | トップページ | アフタースクール »