« 明日への遺言 | トップページ | ブラックサイト »

2008年12月 2日 (火)

クワイエットルームにようこそ

Quietroom_2松尾スズキ監督・脚本、主演に内田有紀、共演に宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ等豪華な俳優陣が並んでいます。2007年公開作品。“クワイエットルーム”とは精神病院にある保護室のこと。内田有紀演ずる佐倉明日香がクワイエットルームで目を覚ますところから物語りは始まる。

>>『クワイエットルームにようこそ』公式サイト

不思議な空間はスズキ風味

佐倉明日香(内田有紀)が目覚めるとそこは白い部屋の中だった。手足は拘束されて動かない。一体何が起こったのか・・・。そこは精神病院の女子病棟の保護室、通称“クワイエットルーム”だった。退院するには同居人の焼畑鉄雄(宮藤官九郎)の同意が必要だった。

後日面会に来た鉄雄から、多量の睡眠薬と酒を一緒に飲んで意識を失い運ばれたのだと教えられる。いずれにしても明日香の精神病院での毎日はこうして始まった。幸い、クワイエットルームのことや病棟のことを教えてくれたミキ(蒼井優)と一番仲良くなり、入院患者の情報を色々と聞くことが出来た。

唯一自分はマトモだと思っている明日香は病棟の中でも浮いた存在だった。そんなある日、鉄雄の代わりに来たコモノ(妻夫木聡)の話が元でショックで蕁麻疹を引き起こす。クワイエットルームに閉じ込めようとする看護師・江口(りょう)を論破した明日香は一躍病棟の人気者になる。

これでやっとマトモな日常が送れる、そう思ったのもつかの間、鉄雄からの手紙で自分がこの病院に入院するはめになった本当の理由が判明する・・・。

公開は約1年前なのですが、あまり記憶にないんですよね、正直言って。ですが、今改めて観てもかなり豪華な顔ぶれで、これで面白くないはずがなかろうと思わせる作品です。もっとも、内田有紀が主演というのも意外と言えば意外ですよね。結婚そして離婚とここ最近いまひとつすっきりしない環境でしたから。

ストーリー的にはいつもの松尾スズキワールドより割とまともな感じがします。普段はもっとアナーキーな印象なんですが、今回はクワイエットルームを中心に主人公・明日香の心情の変化を普通に?描いている作品だと思います。また、それぞれのキャラクターの味付けが上手いですね、流石は松尾スズキといったところでしょうか。際立ったキャラクターたちが織り成すストーリーは、自然と頭に入ってきます。

ところで、内田有紀と蒼井優の並んでいる姿をみると、そういえば昔は内田有紀が蒼井優のような立場だったなぁなんて思ったりして。つまり何と言うか、内田有紀、悪くはないんですが良くもナイ。昔あったあのオーラが今は全くかき消えているというか。

主演女優というからには、演技が上手いだけでなく、存在だけで観客を引き込む何かが必要だと思うのですが、今の内田有紀にはそれが無いと感じました。だから、病棟の患者の中で彼女が浮いているのと同様に、並み居る俳優陣の中で彼女だけが妙に浮いている感じがするんだと思います。

それに比べて今が旬の“食べたいのに食べられない”ミキ・蒼井優ですが、彼女は若いのに名優ですねぇ、ホント何でも演じられる幅の広さを持ってます。余談ですが、平岩紙はイイです。(笑)いつでもどんな作品でも全くKYな雰囲気をかもし出すあの技?は彼女にしかできませんね。私は個人的に大好きです。

個人的オススメ度Star3_23(宮藤官九郎の多才さには驚かされます。)

↓ポチッと一押お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 明日への遺言 | トップページ | ブラックサイト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/25826367

この記事へのトラックバック一覧です: クワイエットルームにようこそ:

» 静かなゴヤ [Akira's VOICE]
「宮廷画家ゴヤは見た」 「クワイエットルームにようこそ」 [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 18時30分

« 明日への遺言 | トップページ | ブラックサイト »