« ドラゴン・キングダム | トップページ | ワルボロ »

2008年12月 8日 (月)

WALL・E/ウォーリー

Wall_e予告編で言いまくっているので、今更なんですが、『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督作品。というか「ディズニー+ピクサー=大ヒット」の公式なんでコレは観ない訳にはいきませんね。ま、今はピクサーはディズニーの子会社なんですが・・・。

>>『WALL・E/ウォーリー』公式サイト



気持ちが伝わる主人公たち

ウォーリーはゴミ処理ロボット、地球から人間が消えて700年、ずっと一人ぼっちでゴミ処理を続けていた。そんなある日、地球に降り立った宇宙船からピッカピカのロボットが現れた。彼女の名前はイヴ。2人は次第に打ち解けていく。ウォーリーにとっては始めての友達だ。

彼女の使命は地球に植物があるかを探索すること。ウォーリーが見つけた植物をその体に格納したイヴは動きを停止し、再びやってきた宇宙船に乗せられ立ち去ってしまうのだった。やっと出来た友達を失いたくない一心でウォーリーは宇宙船にしがみつく。行き着いた先はなんと人間が地球を捨てて旅立った巨大宇宙船だった・・・。

いやさすがに外しませんね。面白かったです。予告編を観ている時には全然感じなかったんですが、ウォーリーが堪らなく可愛いく感じるんです。感情移入がとてもしやすいから何だと思います。ストーリーそのものは実はそう複雑でもなんでもなく、ありがちと言っては語弊がありますが簡単なお話です。本作の特筆すべき点は他にあります。

それは、言葉として会話をせずに観客に意味を解らせるという点。ウォーリーもイヴも全く話せません。しゃべっていることといったらお互いの名前ぐらいです。でもお互いに会話が成立しています。そしてそれは観客にもはっきり解るんですね。別に話の内容が字幕で出ている訳でもないのに。

イヴは青い目の部分の形、ウォーリーのレンズの目の動き、それぞれの体の動きでそのキャラクターの気持ちを伝えています。これが素晴らしいことに喜怒哀楽がホントに解り易い。それ故に、最初に書いた通りウォーリーがとても愛おしく感じられるんです。ウォーリーが勇気を出してイヴの手を握ろうとするシーンが何回か出てきますが、好きな人の手を初めて握るときのあの何とも言えないドキドキ感が蘇って来ます。

しかしこれはある意味凄いことですよ。英語が解らなくても話が解るんですから。“伝える”ということはとても難しいことだと思っていたのですが、いとも簡単にそれを表現した本作に脱帽しました。是非家族で楽しんでもらいたい作品です。

あと余談ですが、ウォーリーってどことなくE・Tと似ている気が。両方ともヴォイスチェンジャーを使用していて、会話が出来ない(E・Tは多少覚えたんだったかな・・・?)ですし。ああいう形は万人に好まれるタイプの形状なんでしょうかねぇ?

個人的オススメ度Star4(ウォーリーのでかい奴ってWALL・R?)

↓ポチッと一押お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« ドラゴン・キングダム | トップページ | ワルボロ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/26005640

この記事へのトラックバック一覧です: WALL・E/ウォーリー:

» [映画『ウォーリー -WALL-E-』を観た^^] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆仕事が年末に向けて異常に忙しい。  本来なら公開日(金曜)に観に行きたかった『ウォーリー』だが、日曜にやっと見られそうだったが、日曜も出勤となり、でも、おかげで、土曜が早くあがれて、レイトショーを鑑賞できた^^  ちなみに、明日の出勤も、午前10:00からで良いそうで、こうして零時を過ぎても書いていられるわけだが、長くは書けないのであしからず^^;    ◇   ◇  いい映画だった。  どこがいい映画かと言うと、同じくピクサーの前作である『レミーのおいしいレストラン』では見られなかった... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 09時35分

» いろんな意味で凄い映画。『WALL・E/ウォーリー』 [水曜日のシネマ日記]
西暦2700年の地球に残されたゴミ処理ロボットの物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 09時46分

» WALL・E /ウォーリー [我想一個人映画美的女人blog]
ご存知、ディズニーのピクサー映画最新作{/m_0146/} 前にも言ったけど ピクサー作品では名作『トイ・ストーリー』と『モンスターズ・インク』が好き{/heart_orange/} 【ウォーリー】 ゴミを集めて積み上げていく仕事を700年間続けている最後のロボット。 気に入ったものは宝物としてコレクション。 ゴミの中から見つけたミュージカル映画に憧れ、いつか誰かと手をつなぐのが夢。 【イヴ】 ある指令によって地球に派遣された最新型ロボット(性別女の子)。 ウォーリーの宝物の一つを見... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 11時04分

» WALL・E / ウォーリー [Akira's VOICE]
小さなロボが人類を救う。   [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 15時40分

» ウォ~オォ~リ~! [美容師は見た…]
あの声がしばらく離れません(^_^;)E.Tのイメージがあったんですが…違う!序盤、ウォーリーの動きとBGMがまたピタッと合って、可愛くてたまらない♪そしてこんなに感動するとは思ってませんでした。  『WALL・E / ウォーリー』    セリフが全くと言うほど  無い中、泣... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 20時35分

» 『WALL・E/ウォーリー』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
この土日が珍しく、仕事が休みで連休なので、家にこもってDVD鑑賞に明けくれようかと思ったので、昨日の夜は仕事が終わったその足で、新宿ピカデリーで『WALL・E/ウォーリー』を観てきました。 公開初日だからどうかなーとは思ったけれど、激混みすることもなかったのでよかっ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 22時15分

» 『WALL・E/ウォーリー』・・・小さな植物に導かれた恋物語 [SOARのパストラーレ♪]
初々しい恋人たちを見守ることでこんなに心が温かくなるなんて・・・。ウォーリーとイヴ、このなんともじれったい“ふたり”のロボットが織り成すかわいくて壮大な物語は、私にとって今年一番のラブストーリーとなった。... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 22時32分

» ★「ウォーリー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは・・・ ディズニー・ピクサーの最新作・・・ 噂ではオスカーの長編アニメ部門じゃなくて、作品賞にノミネートされるのでは・・・ と評判の一品。 確かにずーーっと前から予告編流しいてるけど、 映像もキャラもなかなかの出来だし、面白そう・・・... [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 04時15分

» 「WALL・E/ウォーリー」ロボット初恋物語! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 ピクサー久々の新作。「WALL・E/ウォーリー」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。孤独なお掃除ロボットの、とってもカワイイ初恋物語。もお、いじらしくて堪りませんわ!!  人類がゴミに覆われた地球を捨てて宇宙へ旅立った後、地球上のゴミは清掃ロボット達によって集められ、処理されていた。だが人類が戻らぬまま700年の時が経過。ただ1体残ったロボット“ウォーリー”は、誰もいない街のゴミを、来る日も来る日もただただ片付け続けていた。そんな或る日、... [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 01時05分

» WALL・E/ウォーリー [欧風]
日曜、八戸フォーラムに映画観に行って、1本目に観たのが、「252 生存者あり」、2本目に観たのが [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 06時43分

» 「ウォーリー /WALL・E」700年間ひとりぼっち [soramove]
「ウォーリー /WALL・E」★★★☆ シュテファニー・グラーザー 、ハイジ・マリア・グリョスナー 主演 アンドリュー・スタントン 監督、アメリカ、103分、2008年 宇宙へ脱出した人間に 置き去りにされたゴミ処理ロボットのウォーリーは お気に入りのミュージカルビデオを繰り返し再生して 男女が手を繋ぐシーンを見て、 自分もいつか誰かと手を繋ぎたいと思いつつ、 ひとりで700年過ごしている。 こんなことよく考えるし、 これはアニメなのかCGなのか もう完全に現実... [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 08時02分

» WALL・E を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
Disney配給・PIXER製作の新作 WALL・Eを観てきました 今作はあえて「日本語吹 [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 08時51分

» WALL・E/ウォーリー(吹替え版) [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年12月5日(金) 公開 先割れスプーンはスプーンなのかフォークなのか・・・?(byウォーリー) 小2の娘も楽しみにしていたこの映画を観てまいりました! いやぁ〜実に良かったです!!! これね、特に前半はほとんどセリフが無いんですよ。 それなのに見入ってしまいます! この辺り本当にピクサー巧いですねぇ〜。 最初は何千といたゴミ処理ロボットのウォーリー。 いつしか動いているのはたった一機のウォーリーだけとなった。... [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 09時07分

» ウォーリー [象のロケット]
29世紀の廃墟と化した地球。 人間はおろか生き物や植物の気配すらない中、一台のゴミ処理ロボットが毎日黙々と作業していた。 彼の名はウォーリー。 700年間たったひとりで働き続けていた彼の前に、天使のように美しい探査ロボット・イヴが現れる。 一目で恋をしたウォーリーだったが…。 SF冒険ファンタジー・CGアニメ。... [続きを読む]

受信: 2008年12月10日 (水) 10時28分

» WALL・E 2008-66 [観たよ〜ん〜]
「WALL・E」を観てきました〜♪ 2700年の地球、汚すだけ汚して地球に逃れた人類のゴミを、地上でゴミをゴミを片付けるゴミ処理ロボットのWALL・E。或る日、宇宙からロケットがやってきて、イヴというロボットが現れる。ずっと孤独だったWALL・Eは、イヴに恋をするが・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、あの人と手をつなげるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008年12月11日 (木) 07時13分

» WALL・E/ウォーリー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
子どもと吹き替え版で鑑賞―【story】西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船にさらわれてしまい―     監督 : アンドリュー・スタントン 『ファインディング・ニモ』【comment】健気なウォーリーの姿に、何度も何度も胸が熱くなった―実はあまり期待せずに観に行ったの。「子どもに付き合ってやるかぁ〜」っ... [続きを読む]

受信: 2008年12月11日 (木) 18時10分

» 『ウォーリー』2008・12・7に観ました [映画と秋葉原と日記]
『ウォーリー』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 既に人類が居無く成って700年を経過する地球の29世紀のお話。 その間、一体のゴミ処理ロボット《ウォーリー》が人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けているが。長い年月の間に、感情が芽生え、ごみ中... [続きを読む]

受信: 2008年12月12日 (金) 14時11分

» 『ウォーリー/WALL・E』 誰かと手をつなぎたい…言葉はいらないSF“ラブストーリー” [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
ブログネタ:ひとりぼっちのウォーリーって、知ってる? 参加中 『ウォーリー/WALL・E』 監督:アンドリュー・スタントン 製作製作総指揮::ジム・モリス 共同制作:リンゼイ・コリンズ 製作総指揮:ジョン・ラセター 音楽:トーマス・ニューマン 原案:アンド... [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 08時36分

» 映画「WALL・E/ウォーリー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:WALL・E Wall-EとはWaste Allocation Load Lifter-Earth Classのこと、ただのゴミ処理ロボットではない~切なくも微笑ましいウォ~リィーとイ~ヴァの恋の物語~ 地球上のゴミをひたすら集めてはパックして塔に積み上げる、それがゴミ処理ロボットの... [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 10時36分

» WALL.E ウォーリー/吹替版(映画館) [ひるめし。]
それは、700年の孤独が生んだ≪奇跡≫ [続きを読む]

受信: 2008年12月13日 (土) 12時27分

» WALL・E/ウォーリー−(映画:2008年64本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:アンドリュー・スタントン 出演(声):ベン・バート、エリサ・ナイト、シガニー・ウィーヴァー 評価:95点 素晴らしい。 さすがPIXER。映像もストーリーも演出も、そして登場人物たちのキャラも完璧だ。 大気も土壌も汚染され、廃棄物以外の生物がいな...... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 14時58分

» 映画:WALL・E/ウォーリー [よしなしごと]
 クリスマス&イヴは1,000円ということで、2本立て。その1本目はWALL・E/ウォーリーを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 13時14分

» 映画『WALL・E/ウォーリー』<日本語吹替版>(お薦め度★★★) [erabu]
監督、アンドリュー=スタントン。脚本、アンドリュー=スタントン、ジム=リアドン。 [続きを読む]

受信: 2008年12月30日 (火) 11時56分

» 【映画】WALL・E [新!やさぐれ日記]
▼動機 評判良さそう&「月イチゴロー」での低評価 ▼感想 これはすごいアニメだ ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船にさらわれてしまう。 ▼コメント 見て回ったネット情報の高評価と、たまたま見た「月イチゴロー」での低評価... [続きを読む]

受信: 2009年1月 2日 (金) 20時15分

» WALL・E/ウォーリー [いやいやえん]
29世紀の地球で700年間ゴミ処理ロボットとしてたったひとりで働き続けてきたWALL・E。ありえそうなありえなそうなSFミライ描写が面白い。セリフはロボットの片言のみで動きだけで彼らがいま何を考えているのかをわからせるというのも、これがまたなかなか良く出来ています。…まあ人間的ではありすぎるんですけれどもね。冒頭から既に心があるというのも不思議ではあります。…がなにせ手を繋ぐことを夢見て奮闘するというテーマが素晴らしいよ。 一方人間はというと長い宇宙航海ですっかり未来人。動かなくてもOKな超便... [続きを読む]

受信: 2011年8月 1日 (月) 19時23分

« ドラゴン・キングダム | トップページ | ワルボロ »