« 007/慰めの報酬 | トップページ | ベガスの恋に勝つルール »

2009年1月19日 (月)

イースタン・プロミス/Eastern Promises

Photo主演は『ロード・オブ・ザ・リング』『アラトリステ』のヴィゴ・モーテンセン。彼の渋い演技と格好良さに堪らなく魅了されるのですが、実は現代劇を観るのは初めてだったりします。デヴィッド・クローネンンバーグ監督に関しては『ザ・フライ』位しか観たことがないんですよね。ホラー系の監督のイメージがあるんで・・・。本作もヴィゴが出演していなければ観ていなかったと思います。(笑)

>>『イースタン・プロミス』公式サイト

渋い、渋すぎるぞっ!ヴィゴ!

あらすじへ

Photo_2 最初に観た時はヴィゴのオールバックにどうにも馴染めませんでした。というか、観終わった今でも、前髪を垂らしているヴィゴの方がカッコイイと思ってるんですけどね。それにしても渋すぎます。ただでさえ持って生まれた雰囲気が渋いのに、今回の役どころニコライは感情を棄てた寡黙な男。なんともはまり過ぎな程はまってます。

ぶっちゃけ本作はヴィゴ・モーテンセンあっての作品。組織の跡継ぎキリルはヴィゴ扮するニコライと共に描写されるシーンが多いのですが、これがまた見事に馬鹿なぼんぼん=バカボンとして描かれており、寡黙で頭の切れるニコライの引き立て役として存在しています。そういう意味ではキリル役のヴァンサン・カッセルの好演といえるかもしれません。

Photo_4 とはいえやはり素晴らしいのはヴィゴの演技。もちろん雰囲気に合った渋い演技はもちろん良かったのですが、特に刺客に襲われ全裸で戦うシーンには驚きました。今までそんなシーンは観たこともないですが、とんでもなく迫力があります。当世はやりのワイヤーアクションなど使う余地もないのですが、人間が本来動物として戦うとこうなるのかもしれないと感じたほど。別な意味で若干危なげなカットもありましたが。(笑)

ところで劇中、しょっぱなから喉を欠き切るシーンが出てきます。あれぇ・・・どっかでこんなん観たような・・・。ああ、『ミラーズ』だ。だから、何でまたスパッと欠き切る傷口をあそこまで見せる必要があるのかと。っと思いましたが、よくよく考えたら監督がクローネンバーグですからね、彼の中ではこの程度は屁でもないということなのでしょう。(苦笑)

Photo_3 ストーリーの展開的にはどうでしょう、勘の良い人なら途中で大体先の展開は読めると思います。私も最後のニコライの謎以外は大体読めました。しかし読めてなお面白かったといえます。ただ少し残念なのが終わり方。詳しくは書きませんが、なんだか最後の最後で急に駆け足で、“もう時間がないから”とでも言いたげな終わり方でした。しっかり締めて欲しかったなぁと思います。

ところで、舞台がロンドンであることは観ていると何となく解るような展開なのですが、ロシアン・マフィアとロンドンの関わりがいまひとつ日本人には理解し難い点ではあります。実際にイギリスではロシアン・マフィアは多いんでしょうか?知人がロンドン在住なので今度メールで聞いてみたいです。

個人的オススメ度Photo(ヴィゴがあれで50歳とは驚いた・・・)

↓ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 007/慰めの報酬 | トップページ | ベガスの恋に勝つルール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/27269683

この記事へのトラックバック一覧です: イースタン・プロミス/Eastern Promises:

» ★★★★★ 『イースタン・プロミス』 [映画の感想文日記]
2007年。カナダ/英/米。EASTERN PROMISES. デヴィッド・クローネンバーグ監督。  『ヒストリー・オブ・バイオレンス』に続く、哲学的ヤクザ映画の第2作目。  前作から... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月) 20時57分

» イースタン・プロミス [だらだら無気力ブログ]
ロンドンに巣くうロシアンマフィアの暗躍を描いたバイオレンス映画。 ロンドンの病院で働くアンナの元にロシア人少女が運び込まれる。 しかし少女は子供を出産した後、亡くなってしまう。少女の遺品の 日記帳からアンナの少女の身元を探そうとして、日記帳に挟まれて いたロ..... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月) 22時41分

» 『イースタン・プロミス』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
仕事帰りに、池袋のシネ・リーブル池袋で『イースタン・プロミス』をレイトショーで鑑賞。 ******************** 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びコンビを組んだ戦慄のバイオレンス・サスペンス。ロンド... [続きを読む]

受信: 2009年1月19日 (月) 23時48分

» 『イースタン・プロミス』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「イースタン・プロミス」□監督 デヴィッド・クローネンバーグ □脚本 スティーヴン・ナイト □キャスト ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック、ミナ・E・ミナ、サラ=ジャンヌ・ラブロッセ、ドナルド・サンプター ■鑑賞日 7月16日(水)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>   久しぶりにクローネンバーグ作品を観た... [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火) 12時09分

» イースタン・プロミス [象のロケット]
助産師・アンナは身元不明の少女が出産後死亡したため、日記を手がかりに身元を捜す。 少女はロシアン・マフィア“法の泥棒”の売春婦であった。 深入りしたアンナをいつも助けてくれるのは“法の泥棒”の運転手・ニコライ。 日記の真相は? アンナとニコライの運命は? ロンドンの裏の顔を暴く、社会派サスペンス。 R-18... [続きを読む]

受信: 2009年1月22日 (木) 09時37分

» イースタン・プロミス [めでぃあみっくす]
とても渋い映画でした。そしてとてもデビッド・クローネンバーグ監督作品とは思えないくらいに格好いい映画でした。ヴィゴ・モーテンセンのモザイクなしで全裸格闘シーンが何かと話題になっていた映画でしたが、個人的にはそのシーンよりも彼の一挙手一投足がとにかく渋くて....... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 20時15分

» ヴィゴ様 [Akira's VOICE]
「アラトリステ」 「イースタン・プロミス」  [続きを読む]

受信: 2009年10月 9日 (金) 10時18分

» 『イースタン・プロミス』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『イースタン・プロミス』を観ました『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンスです>>『イースタン・プロミス』関連原題: EASTER...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 9日 (金) 23時25分

» イースタン・プロミス/Eastern Promises(映画/DVD) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワードイースタン・プロミス(原題:Eastern Promises)キャッチコピー:ここでしか、生きられない。製作国:イギリス/カナダ/アメリカ製作年:...... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 13時43分

» とにかく渋い!「イースタン・プロミス」 [映画好き集れ!!]
とにかく渋い!「イースタン・プロミス」ストーリーロンドンの病院で産婦人科医をしているアンナ(ナオミ・ワッツ)のもとに、ロシア人の少女が運び込まれる。しかし、出産の直後に... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 20時35分

» イースタン・プロミス [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  少女の妊娠とその死に疑問を持った産婦人科医のアンナ(ナオミ・ワッツ)は、少女が残したロシア語で綴られた日記を、同居しているロシア系の叔父に依頼する。だが彼女は、この叔父とは余り折り合いがよくなかった。 イースタン・プロミス [DVD]販売元:H... [続きを読む]

受信: 2011年7月 4日 (月) 20時06分

» イースタン・プロミス [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  少女の妊娠とその死に疑問を持った産婦人科医のアンナ(ナオミ・ワッツ)は、少女が残したロシア語で綴られた日記を、同居しているロシア系の叔父に依頼する。だが彼女は、この叔父とは余り折り合いがよくなかった。 イースタン・プロミス [DVD]販売元:H... [続きを読む]

受信: 2011年7月11日 (月) 09時44分

» イースタンプロミス [LIFE ‘O’ THE PARTY]
「痛いッ!!!」「痛かったわねえ~~」「みなさんこんにちは」 [続きを読む]

受信: 2012年4月 5日 (木) 16時07分

« 007/慰めの報酬 | トップページ | ベガスの恋に勝つルール »