« エレジー | トップページ | あいつはママのボーイフレンド »

2009年1月28日 (水)

神様のパズル

Photo最近洋画が多かったので無性に観たくなりレンタルしてきました(笑)主演・市原隼人、共演に谷村美月。2人とも期待の若手俳優ですね。更に監督・三池崇史、エグゼクティブプロデューサー・角川春樹という豪華な製作陣。ちなみに本作も当世流行の小説or漫画を原作とした作品です。オリジナルを作ろうよ・・・。

>>『神様のパズル』公式サイト


みどころはただ一点!

あらすじへ

Photo_4 何とも評価の難しい作品です。個人的には「新作の料金でわざわざ借りる程のもんじゃないな。」と言うところでしょうか。とりあえずこのテーマで135分はいくらなんでも長すぎ。旅に出た弟の代わりに大学に通った、ロッカーの基一と天才少女サラカの2人が宇宙を創り出そうとする物語で、公式サイト曰く“サイエンスファンタジー・ラブコメディ”らしい。

すでにコンセプトの時点で失敗してる気がします・・・。要素が多すぎて何を観せたいのか、焦点がぼやけてよく解らないんですね。宇宙を創り出すと言われても物理学なんてチンプンカンプンの我々には“?”という感じ。更に、実際に宇宙の出来上がる過程など撮影できる訳も無いので、理屈先行の映像になるのは当たり前。映像作品はテレビ・映画を問わず当然ながら映像力勝負なのですが、どうにもこうにも冴えない。そもそもメインのテーマにすえてはダメじゃないかと。

Photo_3 それでは、ラブコメディなのかというととてもそうは思えません。最終的にはサラカが基一のことを好きになっていたというオチに持って行きたいらしいですが、それにしてはサラカの心の描き方が弱いと思います。少なくとも基一の方にはサラカのことが“好きだ”という程のそぶりが見られませんでした。その上一体どこがコメディなのか、少なくとも私には笑いどころは解りませんでした。基一の勢いだけではいかにも苦しいです。

それにしても、何だかもったいない気がしてなりません。メインの2人の演技力は定評がありますし、監督も三池さんです。もっと他にやりようは無かったのかと。2人のキャラ設定はかなり立ったものでしたが、あそこまでキャラを立たせるのであれば周りの共演者のキャラもそれなりに設定するか、絡むシーンを多くしないと2人が浮いてしまいます。浮いた2人だけを135分間観続けるのは飽きを通り越してちょっと苦痛。前半のゼミのシーンあたりまではまだマシだったんですけどねぇ・・・。

Photo_2 舞台挨拶で石田ゆり子さんが「美月ちゃんのナイスバディーを堪能してください。」と言ったらしいですが、ほんとにこの作品の見所は、谷村美月さんのバストしかありません。ずっと青いジャージ(劇中ではスウェットと呼んでましたが。)を着ていますが、胸元を大きく開けているその姿はかなりセクシー。冷静に考えるとなんでそんな演出する必要があるのか全く理解不能ですが、まぁ楽しませてもらいましたのでOKです。(笑)

最後に全くの余談。サラカが部屋で目に付けていたスカウター(by ドラゴンボール)は一体なんだったんだろう・・・?

個人的オススメ度Photo(美月ちゃんのバストで★1つ!)

↓ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« エレジー | トップページ | あいつはママのボーイフレンド »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/27524457

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のパズル:

» 神様のパズル [だらだら無気力ブログ]
機本伸司の同名原作を映画化。 双子の弟、喜一のかわりに大学のゼミに出ることになった兄は、ゼミの教授から 不登校の天才学生の穂瑞をゼミに連れてくるように依頼され、そこから 兄の基一は彼女をめぐる騒動に巻き込まれていく。三池監督で市原隼人ということで嫌な予感はし..... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 00時39分

» 2008-42『神様のパズル』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-42『神様のパズル』(更新:2008/06/17) 評価:★★★★☆ 最近、気になっている谷村美月ちゃんが出演している。 WOWOWの連続ドラマ「パンドラ」に出ていたからだ。 あまり話題になってな..... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 09時43分

» 神様のパズル [Akira's VOICE]
好奇心を,ほどほどに爆発させよう。   [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 10時21分

» 神様のパズル [空想俳人日記]
神様に 物理的音楽と 寿司ネタを  おお神様。私はいったい、何処から来たんでしょうか。そんなことを笑い飛ばさせてくれながらも、頭の体操を十分にさせてくれた映画、それが「神様のパズル」ですかな。角川氏、なかなかやるじゃん、こういうのをもっとプロデュースしなさ... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 12時14分

» [遅ればせながら、映画『神様のパズル』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆MOVIX昭島での上映終了の日だったので、その最終回に滑り込んだ。    ◇   ◇ 物語の最後に、孤独で奇矯な天才少女サラカが、主人公に笑顔を見せるだろうことは分かっていた。 そして、あの性格上の無表情から、どうやって笑顔に変化していくのか、とても注目していた。 うまいんだよな、谷村美月(『魍魎の匣』以来の再会)。 ・・・主人公との再会に、不安で不安でしょうがないのに、いつもの固い態度でしか挑めない。 しかし、主人公は、いつもと変わらぬ態度で彼女を迎え入れる。 サラカは、やっと安心... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 22時00分

» 寿司食いねぇ?!~「神様のパズル」~ [ペパーミントの魔術師]
なんていうか。 ワタシやっぱ市原くんが好きかも。(え) ヘタレをやらせたら右にでるもんがいないって 毎回めちゃくちゃ言うてるんですが(爆) 今年流行の バカなんだけどぉ~なんかいいのよね~の 部類に入るのかもしれない。 ・・・キャ~~~ゴメンナサ~~イ。 神様のパ..... [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 17時10分

» ★★★★ 『神様のパズル』 [映画の感想文日記]
2008年。映画「神様のパズル」製作委員会/角川春樹事務所。    三池崇史監督。機本伸司原作。  この映画を見るのは一種の賭けのようなもので、ダメでもともとだ、どうせダメな映画だろうが、他の映画よりちょっと気にはなるので、それに3週間以内に上映... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 07時42分

« エレジー | トップページ | あいつはママのボーイフレンド »