« 誰も守ってくれない | トップページ | エレジー »

2009年1月26日 (月)

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

Photoつい先日のゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来11年ぶりに共演。しかも監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットの旦那様。アカデミー賞では3部門でノミネートするなど、とにかく話題には事欠かない作品。早速鑑賞してきました。

>>『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』公式サイト


成熟した2人の演技は素晴らしいが・・・

あらすじへ

Photo_2 『タイタニック』以来11年の歳月を経て共演したこレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット、ともに当時は20代前半の若々しさだけだったのが、順調に年齢とキャリアを重ね、非常に良い俳優になりました。ただ、ディカプリオは『ワールド・オブ・ライズ』で見せてくれたヒゲもそり、今回はワイルドなCIA職員から、ホワイトカラーへと転身。するととたんに相変わらずの童顔が顔を出し、どうしてもケイトが姉さん女房に見えてしまいます。(笑)

それはさておき、まず物語を見ていてふと感じたこと、それは本作のテーマが解らないということ。エイプリルは何を思ってパリに移住したかったのか。劇中では夫・フランクと自分が夢見ていた生活はこんなんじゃない、そう夫を説得します。しかし通常よく言われるのは、男はロマンを追い求め、女はリアルを追い求めるということ。それから考えるとエイプリルは正反対です。その根底にあったのは、自分はこんなところでくすぶっている人間じゃないという根拠の無い自信。

Photo_4 そこまで考えた時に思いあたったのが、物語の時代背景でした。1950年代、まだ現代ほど女性の社会進出が当たり前でなかった時代、そんな時代に彼女は女優を目指して挫折します。彼女の目指すところは自立した女性だったのではないか、そんな風に思えました。そして、劇中登場する精神を病んでいるジョンだけが、彼らの考え方を理解します。すなわちジョンは我々の代弁者的存在なのではないでしょうか。

フランクは最初、エイプリルの説得に賛成しますが、彼女の妊娠を機に現実路線へと考え方を変えます。しかし、そもそも最初から賛成していたのか、私には疑問でした。つまりフランクはエイプリルのことを誰よりも愛していたが故に、彼女がそう望むなら自分は構わないと思ったのだと。現にエイプリルに憎んでいるとまで言われても離婚しようという選択肢は全く出てきません。

Photo_6 う ーん、それにしても何だか解りにくい作品です。この解りにくさは何なのか、結局思い当たったこと、それはキリスト教的宗教倫理でした。エイプリルは自ら堕胎したことが原因で亡くなります。そしてキリスト教では堕胎は罪とされています。更に言えば神との契約で成立した婚姻ゆえに離婚も罪です。ちなみに以前観た『4ヶ月、3週と2日』はもぐりの医師に堕胎してもらうお話でしたが、その時感じたのと似たような倫理観を感じました。

まあ、そこまで複雑に考えなくても良いのだとは思いますが、残念ながら私にはどうも敷居の高い作品だったように感じます。

個人的オススメ度Photo(夫婦喧嘩は犬も喰わない。)

↓ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 誰も守ってくれない | トップページ | エレジー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/27465554

この記事へのトラックバック一覧です: レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで:

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [to Heart]
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベイツ/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン/デヴィッド・ハーバー/ゾーイ・カザン {/book_mov/}1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた閑静な新興住宅街に暮らすフラン... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 02時09分

» [映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも知れぬ。  私は、予告編を見た限りにおいて、どうしても物語の方向性が見えなくて、面白いとも思えず、誰も誘わないで一人で観たのだ。  正解であった。  原題にはない、「震えるぞハート! 燃え尽きるまでヒート!(byジョジョ)」みたいな副題をつけ... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 06時06分

» 映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008年、米・英) [富久亭日乗]
   ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Yatesの処女小説『家族の終わりに』 原題は「Revolutionary Road 」。       ◇  1955年、 結婚7年目のFrank Wheeler (Leonardo DiCaprio )と April(Kate Winslet )の夫婦は Connecticut 州の郊外の住宅街Revo... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 07時07分

» 「レボリューショナリー・ロード~燃え尽きるまで」みた。 [たいむのひとりごと]
”おままごと”から脱出するはずだった。。。傍から見れば順風満帆、美男美女の似合いの夫婦に2人の可愛い子供たち。閑静な郊外の住宅地に庭付き一戸建て持ち、理想的な家庭を営んでいるウィラー家。でもそれは、夫... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 08時36分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [映画鑑賞★日記・・・]
原題:REVOLUTIONARY ROAD公開:2009/01/24製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:119分鑑賞日:2009/01/24監督:サム・メンデス出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバ...... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 09時18分

» レボリューショナリー・ロード 〜燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD [我想一個人映画美的女人blog]
『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということと 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来ました〜 初日の夜なのにガラガラ〜{/down/}{/face_sup/} 皆 007の方に流れたのかな?  二人とも体型も成長しました{/m_0150/} 観てる途中ちょっと『アメリカン・ビューティー』思い出した。 そういえばケイトの夫で監督のサム・メンデス作品だった。 空虚さと絶望感を抱えた、家族... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 09時19分

» 『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観ました1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤と運命を描く感動作です>>『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』関連原題: REVOLUTIONARYROADジャンル: ...... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 09時23分

» 2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(更新:2009/01/25) * 評価:★★★☆☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の28本目。 なんて云って良いのだろう。 ラストのジョン・ギビングス..... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 09時40分

» Revolutionary Road (2008) [アヤは観た。]
邦題:レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ、ライアン・シンプキンス、タイ・シンプキンス、...... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 11時43分

» 【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】★レオナルド・... [猫とHidamariで]
それは−誰もが逃げられない≪運命の愛≫あなたの最愛のひとは  あなたを愛していますか―。 レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでHPレボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで英題:REVOLUTIONARYROAD製作年:2008年製作国:アメリカ/イギリス日本公開:...... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 14時24分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [めでぃあみっくす]
本当の幸せって何なんでしょう?誰もが不満のない生活を望んでいるのに、幸せな生活を送るためには不満も必要かも知れない。結婚経験のない私にはまだまだ実感のないことの多い映画でしたが、見終わった後、年々なくなっていく私の結婚願望がさらになくなってしまいそうにな....... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 15時55分

» 映画 【レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで」 リチャード・イェーツの小説を『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映像化。『タイタニック』主演の二人が11年ぶりに共演を果たす。 おはなし:1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は二人の子どもに恵まれ幸せに暮らしていた。しかし、彼らはそれぞれが抱いていた夢の実現のためパリに行くことを決意するが・・・。 郊外に瀟洒な家... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 21時16分

» レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで [そーれりぽーと]
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップルや夫婦で観に行こうと思ってる人は、絶対に考え直した方が良いですよ。 ラブストーリーで盛り上がろうと思ったら痛い目に会います。 放題のサブタイトル“燃え尽きるまで”という言葉に、燃え上がる愛とか身を焦がす程の情熱を想像している方はきっと面喰うでしょ... [続きを読む]

受信: 2009年1月26日 (月) 23時13分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ〜ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました〜 (お客さんが6〜7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代半ば、アメリカ。富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク・ウィーラー(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)夫妻は、二人の可愛い子どもに恵まれ、美しい家に暮らし、誰もが憧れる理想のカップルだった。しかし、彼らはそれぞれが抱いているヨーロッパでの成功と女優になるという夢―“... [続きを読む]

受信: 2009年1月27日 (火) 09時33分

» レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで [象のロケット]
1950年代、アメリカ・コネチカット州。 2人の子供に恵まれ閑静な住宅街で暮らす結婚7年目のフランクとエイプリル。 一見、理想的なカップルながら、それぞれ満たされない思いを抱えていた。 ある日エイプリルは提案する。「みんなでパリで暮らしましょう!」  憧れのパリで、ふたりの失われた夢を取り戻そうと言うのだが…。 夫婦の葛藤と愛の物語。... [続きを読む]

受信: 2009年1月27日 (火) 10時17分

» 映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。 [MOVIE レビュー]
1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最優秀女優賞のダブル受賞は、88年のシガニー・ウィーバー以来の快挙だとか! アカデミー賞のノミネートには、ケイト・ウィンスレットが『愛を読むひと』で今度は主演女優賞にノミネートされています。『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』では助演男... [続きを読む]

受信: 2009年1月27日 (火) 17時23分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [悠雅的生活]
すれ違う心。愛しているはずなのに [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 00時46分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [心のままに映画の風景]
1950年代のコネチカット州。 “レボリューショナリー・ロード”と名づけられた新興住宅街に暮らすフランク(レオナルド・ディカプリオ)とエ... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 02時05分

» レボリューショナリー ロード/燃え尽きるまで [Men @ Work]
   レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの「タイタニック」コンビの共演が話題の映画、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」です。TOHOシネマズ六本木... [続きを読む]

受信: 2009年1月28日 (水) 14時04分

» レボリューショナリー・ロード [Akira's VOICE]
趣味を持とう。   [続きを読む]

受信: 2009年1月29日 (木) 18時49分

» 【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 [+++ Candy Cinema +++]
【REVOLUTIONARY ROAD 】【監督・制作】 サム・メンデス   【原作】 リチャード・イェーツ『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊)    ... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 13時39分

» 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ、J.O.サンダース、ゾエ・カザン■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 約11年ぶりのあの『タイタニック』のレオナルド... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 16時23分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 2009-3 [観たよ〜ん〜]
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」を観てきました〜♪ 1950年代のアメリカ、コネチカット。郊外の閑静な住宅街に住むフランク(レオナルド・ディカプリオ)は、エイプリル(ケイト・ウィンスレット)と二人の子供に囲まれ誰もが羨むような理想的な生活をしていた。しかし、現実はつまらない若い頃追い求めてた夢とは裏腹な生活を送っていた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、夫婦仲良くできるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポ... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 20時41分

» 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (2008)/アメ... [NiceOne!!]
原題:REVOLUTIONARYROAD監督:サム・メンデス原作:リチャード・イェーツ出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、キャスリーン・ハーン、マイケル・シャノン公式サイトはこちら。<Story>1950年代のアメリカ、コネチカット州...... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 00時42分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで-★★★★- [not simple.]
11年ぶりのレオ様とウィンスレットの競演というのも話題でしたが、サム・メンデスの非常にどっしりした演出も評価が高いということで観にいってきました。 [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 22時32分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年1月24日 公開 ★★★★★ なかなか良かった!星5つ! 夫婦ゲンカで雨降って地固まる・・・とはいかなかった。 映画でアメリカ人の夫婦ゲンカを観るといつも思うのよ、すんごいよね! 思いっきりするよね、あの人たち。 旦那が言った倍ぐらい返す嫁! この映画ね、ほとんどウィーラー夫妻が口ゲンカしてました。 だけど、ウチの夫婦も以前はよくケンカしたのでなんとなく分からないでもない。 でもね、ウチの場合ケンカし... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 05時17分

» レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで [ネタバレ映画館]
乗りかけた船には乗ってしまえ・・・沈没することを恐れずに・・・ [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 20時08分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [小部屋日記]
Revolutionary Road(2008/アメリカ=イギリス)【劇場公開】 監督・製作: サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン/デヴィッド・ハーバー/キャシー・ベイツ あなたの最愛のひとは あなたを愛していますかー。 リチャード・イェーツの小説を原作に『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映像化。 『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりの共演(キャシー・ベイツも... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 21時02分

» レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
映画史上永遠のカップル、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが待望の再競演。運命のふたりがたどり着く愛の終着点。物語:1950年代のアメリカ、コネチカット州。フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)は、閑静な住...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 21時12分

» レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで  [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが共演するのは、あの歴史的ラブストーリー『タイタニック』以来、なんと11年振りだという。ほんに月日の経つのは早いもので、当時まだて20代だった両名とも、いつの間にやら30代になってしまった。 共に... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 20時20分

» レボリューショナリー・ロード◎燃え尽きるまで [銅版画制作の日々]
  Happyで美しい恋愛ドラマかと思っていたら・・・・。 1月30日、MOVX京都にて鑑賞。 「エレジー」とはまったく反対のドラマでした。あの「タイタニック」の美男・美女カップルが11年目に再度タッグを組んだ作品です。ケイト・ウィンスレットはこの作品で、見事第66回ゴールデングローブ賞主演女優賞をゲット!残念ながらレオ君はまた逃してしまいました。ちょっと残念ですね。 単なる夫婦の愛の物語だと勘違いしていました。ところがふたを開けたらまったく予想外の内容で、どのように書いたら... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 00時14分

» 「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ?? [シネマ親父の“日々是妄言”]
 レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイルド”じゃないレオ君が出てくるし、予告やCMを観て“『運命の愛』を描いたラブ・ストーリー大作”だと、思い込んで吾輩映画館へ行ったんですけどね…。  1950年代のアメリカ。フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)は、郊外の住宅地“レボリューショナリーロード”に家を持ち、... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 01時11分

» 「レボリューショナリー・ロード」あと少し幸せに近い場所へ [soramove]
「レボリューショナリー・ロード」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット主演 サム・メンデス監督、2008年、アメリカ 「それは、やりがいのある仕事ですか? 食べるためだけの、仕事ですか? それが分かるのは自分だけ、 他人にどう思われるか、気になりますか?」 -「タイタニック」の悲恋カップルが 到達した大人の事情ー 小高い丘のかわいらしい白い家、 幼い二人の子供と暮らす夫婦、 妻はある日、 今の生活は自分たちが本当に 望んだものじゃ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 08時13分

» 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 』 [音次郎の夏炉冬扇]
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの共演と聞けば、誰しも97年の超大ヒット作を思い浮かべるでしょうが、小生その映画を観に行かなくて変人扱いされましたっけ。周囲には劇場で複数回観た人(4回観たツワモノもいた)も珍しくなかったのになんでだろう。当時付き合っていた女性が居なかったからかなあ。。 まあ典型的なデートムービーでしたからねぇ。... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 22時35分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [まぁず、なにやってんだか]
昨日、「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」を鑑賞してきました。 えっと~、これは何を言いたい映画なんでしょう??? 豪華キャストにつられて鑑賞しに行ったものの、想定外の内容でした。 どれだけ相手を傷つけられる言葉を怒鳴れるか選手権みたいでした。 まるで私がフランク(レオナルド・ディカプリオ)に怒鳴られ、エイプリル(ケイト・ウィンスレット)に怒鳴られ、ジョンにまで怒鳴られているような気分になり、とても苦痛です。なんでお金を払って、こんな嫌な気分にならなければならんのじゃ。挙句の... [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 19時32分

» ★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 02時56分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [pure's movie review]
2008年度 アメリカ作品 119分 パラマウント配給 原題:REVOLUTIONARY ROAD STAFF 監督:サム・メンデス 脚本:ジャスティン・ヘイス 原作:リチャード・イェーツ『家族の終わりに』( CAST レオナルド・ディカプリオ  ケイト・ウィンスレット  キャシー・ベイツ マイケル・シャノン キャスリン・ハーン 男性と女性では、評価が分かれる映画だろうなぁ。 なんて感想を書き始めてしまったら、マディソン郡の橋やいつか眠りにつく前にと同じ感想で、「ボキャブラリーがないね。」な... [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 21時15分

» 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
映画史上永遠のカップル―― レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット待望の再競演。 運命のふたりがたどり着く、愛の終着点。 [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 00時33分

» レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで [Memoirs_of_dai]
結婚は人生の墓場 【Story】 1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケ... [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 01時00分

» 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』以来11年ぶりの共演で話題になった『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観ました。 『タイタニック』から10年以上のもう時間が流れてるんだねーと思うと、心にくるものがありますねー。。。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 21時10分

» 映画『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観て [kintyres Diary〜Goo Version]
9-10.レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで■原題:Revolutionary Road■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:119分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月1日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 日本版予告編 ス...... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 15時58分

« 誰も守ってくれない | トップページ | エレジー »