« 素敵な人生のはじめ方 | トップページ | 幻影師アイゼンハイム »

2009年1月23日 (金)

ハンティング・パーティー

Photo主演はリチャード・ギア。共演のテレンス・ハワードは最近では『アイアンマン』が記憶に新しい。監督・脚本はエミー賞受賞監督のリチャード・シェパード。本作は雑誌「Esqire」に掲載された記事「ひと夏の体験」を原案に制作されたそうだが、基本的にはフィクション。サラエボ紛争を舞台にした作品はアメリカ映画としては珍しい。中東モノは多いんですけどね。(苦笑)

>>『ハンティング・パーティー』公式サイト

どこか漂う楽しげな雰囲気のワケ

あらすじへ

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争・・・もちろん聞いたことはあってもあまり日本人には馴染みが薄いのは否めません。かくいう私も良く知らないのですが、しいて言うなら元サッカー日本代表監督のイビツァ・オシム氏はサラエボ出身で、彼の特集をしたドキュメント番組で紛争の様子を実際に現地の人々が語っているのを観た事があるぐらい。

Photo_2 さて、作品の話に戻しましょう。この作品、実話を原案にしただけあって非常にリアリティがあります。いや、正確には“リアリティを感じるシーンが”あります。どういうことか。例えばリチャード・ギア演じるサイモン・ハントがフォックスに殺された恋人を抱き寄せてキスをするシーン。サイモンの姿から、震える様な憤りと悲しみの感情が我々の心に流れ込んでくるかのようです。

また、フォックスに捕まり彼の部下に殺されそうになるシーンでは、我々に「どうなっちゃうんだ?やばくないか?」と真剣に思わせるほどの緊迫感・恐怖感を感じさせてくれます。もちろん殺されてしまったらそこで話が終わっちゃいますんで、冷静に考えればそこで死ぬ訳はないんですけどね。つまり言えるのはそれだけ今回のリチャード・ギアの演技が素晴らしいということですね。

Photo_3 ところが全編を通して観ていると、そうしたリアリティからちょっと外れた、どこか痛快でコミカルな印象が残りました。何故だろう?本作はフォックスと呼ばれる戦争犯罪人をジャーナリスト3人組が捕まえようと追いかける話。劇中でサイモンは自分たちを救出に来てくれた軍の将校にこう言います。「俺たちが2日で見つけた奴を、何故お前たちは5年間も見つけられない?」と。

つまり、本作の最大のテーマは“アメリカへの皮肉”なんです。国連・NATO・CIA、いずれもアメリカ主導の組織ですが、“捕まえられるのにわざと捕まえない”訳です。わざとシュールな笑いを誘ったり、大組織を素人3人が出し抜くことでアメリカを痛烈に皮肉り、楽しげな雰囲気をかもし出すことで悲惨な真実をより際立たせています。

Photo_4 最終的にサイモン達はフォックスを捕まえます。ところがその部分は実にサクッと、まるではしょったかのように描かれています。最初はそれを観て、ちょっと残念に感じました。しかし、大国と国際社会のエゴを痛烈に皮肉ることが目的である以上、彼らがどうやって捕まえたのかはそれほど問題ではない、従って事細かくそのシーンを描き出す必要はない、そういうことなのだと受け止めています。

ちなみにフォックスを捕まえること自体は映画の最終的な結末ではありません。それは作品を実際に観て下さい。(笑)

個人的オススメ度Photo_2(最近観る映画が当たりまくり♪)

↓ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 素敵な人生のはじめ方 | トップページ | 幻影師アイゼンハイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/27383549

この記事へのトラックバック一覧です: ハンティング・パーティー:

» ハンティング・パーティ/The Hunting Party [我想一個人映画美的女人blog]
1990年代、深刻な内戦を引き起こし、多くの死者を出したボスニア紛争。 その中で国際的にも大きな問題になったのが8000人が殺害された「スレブレニツァの虐殺」 その虐殺の首謀者であり、ラドヴァン・カラジッチをモデルに、 実際にカラジッチの居所を突き止めるためボスニアに入り、 その大物戦犯を追跡したジャーナリストたちの実話が基となったストーリー。 この男、ムスリムやクロアチア人に対する虐殺や民族浄化を指示した罪で、 今も懸賞金500万ドルが賭けられているだが、セルビア正教、軍人らの彼の逃亡を手だ... [続きを読む]

受信: 2009年1月23日 (金) 21時16分

» ハンティング・パーティー■「カルラのリスト」の裏側 [映画と出会う・世界が変わる]
旧ユーゴ紛争における集団虐殺の首謀者を追う国連検察官を描いたドキュメンタリー映画「カルラのリスト」と並べて上映したら、もっと面白くなるのではなかろうかと思った。特に、この「ハンティング・パーティ」のラストの背景と後日談を語る部分のブラックユーモアは、「...... [続きを読む]

受信: 2009年1月24日 (土) 08時22分

» [映画『ハンティング・パーティ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆誰も誘えなかったので、久し振りに一人で映画を観に行った。 閉店間際の昭島の<エスパ>で、値引きしていた海鮮丼を購入し、開演間近の<MOVIX昭島>になだれ込む。 本当は、館内で買った飲食物しか飲み食いしてはいけないのだが、予告の間に内緒で食った^^ ・・・ここで、ちょっと余談を語りたい。 『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』だが、いい<邦題>を考えたので、皆さんに報告しておきたい。      『紀元後1千年(吹き替え版)1,000 A.C.』 なんて、いかがだろうか?... [続きを読む]

受信: 2009年1月25日 (日) 22時59分

» 「ハンティング・パーティー -CIAの陰謀-」 [日々のつぶやき]
監督:リチャード・シェパード 出演:リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・クルーガー 「サラエボの虐殺現場での生中継で感情を爆発させてしまい失脚した人気レポーターのサイモン。 しばらく行方知れずになっていたサイモ... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 12時35分

» 「ハンティング・パーティ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
フジテレビの開局50周年記念作品になってて、 8月8日のフジテレビの日に公開初日を迎える「HACHI 約束の犬」。 主演のリチャード・ギアがプロモーションで来日・・・ 「笑っていいとも」にご出演してたので、 彼の出演作を観ることに・・・。... [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 03時09分

» ’10.2にDVD等で観た映画★気ままにサクッとご紹介★ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
旧作DVDの鑑賞メモコーナーで〜す『失われた肌』 監督:ヘクトール・バベンコ 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル「幼馴染が結婚。12年の結婚生活の末に離婚した。男はとっとと新しい恋に踏み出すが、女は男に未練タラタラで付き纏う・・・。男はいつまでも元妻の影から逃れられず―」って感じの話。で、、、言わんとすることは何となく分かるし、雰囲気も良かったので最後まで見入ったんだけど、、、時間の経過がイマイチ分からなかったり、置いてけぼりのエピソードなんかもあってチョイ混乱したわん。もうちょっとのところで好みから... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 23時14分

» ハンティング パーティ (2008) [voy's room]
nbsp; 2000年、サラエボ。かつて戦場リポーターの頂点に立ちながらも破滅し、どん底から再起のチャンスを伺うサイモン(リチャード・ギア)。彼とともに戦火をくぐり、いまや出世街道まっしぐらの元・戦場カメラマンのダック(テレンス・ハワード)。そして新米TVプロデューサーのペン(ジェシー・アイゼンバーグ)。この3人のジャーナリストが スクープを求めて、重要戦争犯罪人・フォックスの至近距離までたどり着いたとき、想像しえない事態が彼らの前に立ちはだかる。(cinema cafe net)★... [続きを読む]

受信: 2010年10月20日 (水) 08時24分

« 素敵な人生のはじめ方 | トップページ | 幻影師アイゼンハイム »