« きつねと私の12か月 | トップページ | ママの残したラヴソング »

2009年1月14日 (水)

告発のとき

Photo_4イラク戦争の現実を元に構成された作品。主演はアカデミー賞俳優のトミー・リー・ジョーンズ。監督・脚本はアカデミー作品賞、脚本賞受賞のポール・ハギス。トミー・リー・ジョーンズは『ノーカントリー』以来ですが、日本では缶コーヒーのCMで毎日のようにお目にかかっているので、そんなに久しぶりの感じがしなかったり。(笑)

>>『告発のとき』allcinema


トミーの演技力がもたらす見応えあるドラマ

あらすじへ

ストーリー自体は実話を元に構成されたとはいえ、「そんなことがあったのか!」と驚くような内容ではありませんでした。今もって続いている(私は終わったと思っていません。)イラク戦争で起こった数々の悲惨な出来事、(それはイラク国内でのことでもあり、また本作のようにイラク帰還兵士のことでもありますが。)はこれだけの情報化社会の中では既にテレビ・ネット等で数多く報告されています。

Photo_6 ハンクは昔は軍警察の軍曹で、いわゆる古い世代の軍人。彼は今のイラクで起こっている出来事を息子が撮った携帯の動画で知りショックをうけます。彼がエミリーに向って「共に戦った仲間が殺すはずがない。」と訴えるシーンがありますが、平常時であれば今の軍でも言えることなのでしょう。しかしイラクから帰還した兵士たちにこの考えは通じなかった。いかにイラク戦争が異常な事態であり、そこから帰還した兵士たちの心に深い傷跡を残したのかを物語るシーンです。

本作は表向きのテーマはイラク戦争に従軍した兵士の現実ですが、実は親子の愛情ドラマでもあります。マイクがイラクから父親・ハンクに送ってきたもの、それは戦友と共に撮った写真とボロボロのアメリカ国旗でした。それを見たハンクは、親として息子を失った悲しみと、元軍人として今も昔と同じ価値観が存在していることへの安堵感を感じているように見えました。

Photo_5 それにしても、トミー・リー・ジョーンズの重厚な演技力は素晴らしい!『ノーカントリー』の時にも感じましたが、“寡黙にして雄弁”な彼の演技は、息子を失った悲しみをもつ父親と、一方で国のために戦う軍人というある意味相反する複雑な二面性を見事に演じきっていました。

当ブログはイラク戦争の是非を論じるばではないですが、今までにいくつも報道されてきたイラク戦争のドキュメントとともに、本作は観ておいたほうが良い作品だと思います。

個人的オススメ度Photo(保安官事務所の壁にあるブッシュの顔写真が象徴的・・・)

↓ポチッと一押お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« きつねと私の12か月 | トップページ | ママの残したラヴソング »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/27109553

この記事へのトラックバック一覧です: 告発のとき:

» 告発のとき [象のロケット]
2004年11月、元軍人警官ハンク・ディアフィールドのもとに、息子・マイクが軍から姿を消したという不穏な知らせ。 無許可離隊などあり得ないと信じるハンクは、帰還したはずのフォート・ラッドへ向かう。 帰国している同じ隊の仲間も皆、マイクの行方を知らなかった。 女刑事エミリー・サンダースと捜査する中、息子の焼死体が発見された…。 実話社会派ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年1月15日 (木) 20時01分

» 『告発のとき』 (2007) / アメリカ [NiceOne!!]
原題:INTHEVALLEYOFELAH監督・脚本・製作:ポール・ハギス出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン、ジエームズ・フランコ、ジェイソン・パトリック公式サイトはこちら。<Story>2004年、ハンク(トミー・リー・ジョーンズ)の元に...... [続きを読む]

受信: 2009年1月23日 (金) 07時54分

» 告発のとき [映画、言いたい放題!]
監督は、『ミリオンダラー・ベイビー 』で脚本賞を受賞し、 『クラッシュ 』でアカデミー作品賞を受賞したポール・ハギス。 トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドンと 実力派が揃っていて是非観たいところ。 ポール・ハギスは重いテーマが... [続きを読む]

受信: 2009年4月 3日 (金) 04時15分

» 「告発のとき」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
この映画は公開当初から観たかったのだが、気がついたら終わっていた・・。 あまりお客さんが入らなかったのだろうか・・。本国アメリカでも振るわなかったらしい。 こういうきびしい世情にこういうシリアスな作品は望まれないのだろうか・・。 監督・ポール・ハギスはこの映画で、「今、イラクで起こっていること」「兵士たちが直面している現実」を伝えたかったのだと思う。 「実話に基づいた」作品だ。 イラクでの映像が、ハンク(トミー・リー・ジョーンズ)の息子マイクの携帯にしかない。 それがいっそう不気味なリアリテ... [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 21時20分

» 【映画】告発のとき [【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog]
『告発のとき』(2007年・監督:ポール・ハギス) 『クラッシュ』(2005年)で見事な群像劇を描いてみせたポール・ハギス監督が、真っ正面からイラク戦争の問題に取り組んだ作品。 “ [続きを読む]

受信: 2011年3月22日 (火) 22時33分

« きつねと私の12か月 | トップページ | ママの残したラヴソング »