« ディファイアンス | トップページ | 旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ »

2009年2月17日 (火)

フェイク シティ ある男のルール

Photo主演は『地球が静止する日』のキアヌ・リーブス。共演には『バンテージ・ポイント』で大統領暗殺の目撃者の一人を演じたフォレスト・ウィッテカー。内部調査部の刑事として登場するビッグスは私の好きなTVドラマ『ドクター・ハウス』シリーズで主人公を演じているヒュー・ローリーです。『地球が静止する日』ではいま一つの評価だったキアヌですが、本作で挽回なるのでしょうか?
>>公式サイト

感じられない作り手の意思

あらすじへ

う〜ん、ダメですね。面白い、つまらないは人の主観ですから色々見方はあるでしょう。個人的には『地球が静止する日』よりは全然ましな作品だとは思いましたが。ただ、そもそもこの作品には、作り手が“ここを観せたい”だとか“ここを観て欲しい”というものが感じられません。作品を観終わったとき、他の作品じゃなくてこの作品を観てよかったと思う点がまるで浮かばないのです。キアヌ・リーブスの大ファンというなら良いのですが。

Photo_4派手なガンアクションがあるわけでもなく、ミステリアスなドラマがあるわけでもなく、かといって映像展開にテンポの良さがある訳でもなく。全てにおいて中途半端。ところがこれがまるっきりつまらないかというとそうでもない、そこそこのレベルには仕上げてくるのがハリウッドの底力なんでしょうか。

ワシントンを殺したと思われていた麻薬の売人2人が、実は殺害されていたと判明した時点で観ている側は「これは裏に何かあるな。」と当然考えます。そしてそれまでの登場人物や、彼らの発した言葉を思い返せば自ずから答えは明白に。思わず心の中で「はえぇよっ!」と突っ込みを入れてました…。もうちょっと推理を楽しませて欲しかったというか、どういうことなんだ?と観客を悩ませて欲しかったです。もっとも、後で原題を知ったら、普通にバレバレのタイトルだったのには笑うしかなかったですが。

Photo_3しかしアレだけ人を殺しておいて、結局無罪放免というのはいくらアメリカでも無理やりすぎじゃないでしょうか。(苦笑)全く無関係の潜入捜査中の刑事2人を殺したり、そもそもワシントンを背中から撃ったのはトムですし。結局は庇護してくれる人が変わっただけで、正義を貫いた訳ではないという事実は変わってないんですよね。そしてそこに釈然としない思いを抱いたまま生きていくトム…。

もしそういう人間ドラマを描きたいのであれば、トムが今現在どういう境遇に置かれていて、どういう人間なのかの描写が浅すぎます。ストーリーから、死んだ妻のことが忘れられないのだということは解りますが、冷たい言い方をすれば妻は病死であり、それはトムの今かかえる苦しみや悩みを表現するのに相応しい理由だとは思えません。

Photo_2ところで邦題は『フェイイクシティ ある男のルール』、原題は『STREET KINGS』だそうですが、どうしてこうも違ってしまったのでしょうか。“フェイクシティ”はまだともかく、“ある男のルール”って誰のルールなんでしょう?トムのルール?ジャックのルール?よく解りません。よく解らない邦題を付けられると、ミスリードされてしまいます。私はまたてっきりトムが一介の刑事であるにもかかわらず、自分のルールに基づいてしか行動しないのだと思っていましたが、どうもそういう訳でもなさそうですし…。

キアヌ自身の作品でも『マトリックス』なんかでは、観終わった帰りに観客同士が「あの○○すごかったよね!」なんて声があったものですが、最近2作ではどうもため息が多いようです。

個人的オススメ度(銃を構えるキアヌはカッコイイ。)

↓いつも応援ありがとうございます。ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« ディファイアンス | トップページ | 旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28145343

この記事へのトラックバック一覧です: フェイク シティ ある男のルール:

» 『フェイク シティ』文句なし。やっと役者・キアヌが戻ってきた! [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
役者キアヌ復活!彼はこうでないともったいない。しかも登場人物の誰一人、信じられない疑惑だらけの世界でたっぷりと脚本の妙味を堪能していただけますよ。 [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 00時20分

» フェイク シティ ある男のルール [だらだら無気力ブログ]
ロサンゼルスを舞台に元相棒だった制服警官の殺人事件に遭遇したベテラン 刑事が捜査を進めるうちにその背後にある陰謀に巻き込まれる様を描いた クライムアクション。ロサンゼルス市警のベテラン刑事トム・ラドローは、正義のためには手段は 選ばないし、犯人の人権なんて..... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 00時26分

» フェイク シティ ある男のルール [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『最期に頼れるのは、 魂か、弾丸か。』  コチラの「フェイク シティ ある男のルール」は、昨年末に「地球が静止する日」が公開されたばかりのキアヌ・リーヴスが極限に挑んだ2/14公開のPG-12指定のクライム・アクションなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 00時29分

» フェイク シティ ある男のルール [to Heart]
最期に頼れるのは、魂か、弾丸か。 原題 STREET KINGS 製作年度 2008年 上映時間 109分 脚本 ジェームズ・エルロイ 、カート・ウィマー 、ジェイミー・モス 監督 デヴィッド・エアー 出演 キアヌ・リーヴス/フォレスト・ウィッテカー/ヒュー・ローリー/クリス・エヴァンス/マルタ・イガレータ/ナオミ・ハリス/アマウリー・ノラスコ/テリー・クルーズ/セドリック・ジ・エンターテイナー ロサンゼルスを舞台に極限状態に追い込まれたベテラン警官の孤独な闘いと葛藤を“LA暗黒四部作”など... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 01時02分

» 映画「フェイクシティ ある男のルール」試写会@一ツ橋ホール [masalaの辛口映画館]
 映画の話 ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、かつてのパートナーを目の前で殺されたあげく、その犯人を取り逃がしてしまう。ところが、単なる殺人では終わらず、事件の裏には巨悪の陰謀が隠されていた。ラドローは踏みにじられたプライドを...... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 01時10分

» 「フェイクシティ ある男のルール」キアヌ、クールに熱血?? [シネマ親父の“日々是妄言”]
 前作「地球が静止する日」に続いて、キアヌの主演作が公開!「フェイクシティ ある男のルール」(20世紀FOX)。スクリーンで、しばらく見ないと思ってたら今度は連チャン。あ、でも今度は来日してのラーメン屋巡り…もとい!キャンペーンはないようですね(^^;。  ロス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーブス)は、単独で強引な捜査を行なう“はみだし刑事”。今日も誘拐されたアジア系の姉妹が監禁された犯人のアジトをつきとめると、大量の銃弾を手に、ウォッカのミニボトルをあおりながら単独で突入。犯人を全... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 01時59分

» フェイクシティ ある男のルール/Street Kings [いい加減社長の日記]
「地球が静止する日 」は、いまいちだったけど。 予告編では、かなり面白そうだったので、「フェイクシティ ある男のルール 」を鑑賞。 でも、「地球が静止する日 」も、予告編は面白そうだったけど^^; 「UCとしまえん 」は、人が少ない感... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 05時15分

» [映画『フェイク シティ/ある男のルール』を観た^^] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆予告編の印象では、もうちょいネチっこい復讐系の作品だと思って、相応の気構えで映画館に入ったのだが、現代の刑事物と言う舞台設定もあり、ハードボイルド臭も、クライムサスペンス臭も控えめで、小気味いい作品として楽しめた。  印象として、『ダーティー・ハリー』や『マンハッタン無宿』、『ネヴァダ・スミス』のような往年の切れ味のいい作品のようだった。  主演のキアヌ・リーブスは、キワ物とも思われそうなSF大作ばかりに出ないで、このような作品に、さりげなく出ずっぱりになって欲しいものだ。    ◇  物... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 05時20分

» 映画 【フェイクシティ ある男のルール】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「フェイクシティ ある男のルール」 『L.A.コンフィデンシャル』のジェームズ・エルロイの脚本によるクライム・アクション。 おはなし:ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、かつてのパートナーを目の前で殺されたあげく、その犯人を取り逃がしてしまう。ところが、事件の裏には巨悪の陰謀が隠されていた・・・。 主人公のラドローはいわゆる不良警官です。飲酒運転はするし、犯人に過剰ともいえる制裁を加える。いささかやり過ぎなんですけど、ラドローがそうなっていったのもなんだか... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 08時34分

» フェイクシティ ある男のルール/STREET KINGS [我想一個人映画美的女人blog]
デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク主演で、 ロス市警を舞台に2人の刑事が警察の汚職に危険を顧みず立ち向かう姿を描いた『トレーニング・デイ』や 『S.W.A.T.』の脚本家デヴィッド・エアーが監督、 『L.Aコンフィデンシャル』の原作者で、 犯罪小説の巨匠ジェームズ・エルロイが脚本というそれだけでどういう方向の映画かおよそわかるこの作品。 想像通り、正義の裏に隠された真実を暴きだすクライムアクション。 今回ネタバレでいきます{/atten/} 主演のキアヌ・リーブスは、ウォッカのミニボトル... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 09時27分

» フェイクシティ ある男のルール [映画鑑賞★日記・・・]
原題:STREET KINGS公開:2009/02/14製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:109分鑑賞日:2009/02/14監督:デヴィッド・エアー出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモンコーツ、ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、...... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 09時30分

» フェイクシティ ある男のルール [めでぃあみっくす]
悪役になりきれていない人たちが集まったような映画でした。正直主人公のダーティーぶりもどこか物足りなく、黒幕も始めから臭さが漂ってばかり。映画としては決して面白くないものではないのですが、これが『L.A.コンフィデンシャル』の原作者が書き下ろした脚本と聞くと、....... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 15時01分

» 「フェイク シティ ある男のルール」みた。 [たいむのひとりごと]
自分の信じる正義の為には手段を選ばない男(刑事)をキアヌが熱演・・・なのかな?冒頭ではなかなかのダーティっぷりを見せてくれたキアヌ演じるラドロー刑事だったけれど、キアヌなだけに「黒」というよりは限りな... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 19時36分

» フェイク・シティ ある男のルール [りらの感想日記♪]
【フェイク・シティ ある男のルール】 ★★★★ 試写会(4)ストーリー ロサンジェルス市警のベテラン刑事トム・ラドロー(キアヌ・リーヴス)は [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 21時08分

» 2009-29『フェイク シティ ある男のルール』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2009-29『フェイク シティ ある男のルール』(更新:2009/02/15) * 評価:★★★★☆ キアヌ・リーブス初のダークな刑事役。 原題名とは異なり騙しあいを前面に出した邦題ではないかな。 誰が敵で誰が味方..... [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 01時43分

» フェイク シティ ある男のルール [映画通の部屋]
「フェイク シティ ある男のルール」STREET KINGS/製作:2008年、 [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 20時46分

» フェイクシティ ある男のルール [とりあえず、コメントです]
キアヌ・リーヴスとフォレスト・ウィッテカーが競演のクライム・アクションです。  予想以上にどんどん人が殺されていく展開にちょっと引きつつも、最後までドキドキでした(^^ゞ トム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)はロサンゼルス市警の敏腕刑事。 単独で現場に乗り込んでは犯人たちを銃で圧倒し、事件を解決してきた。 妻を亡くしてからアルコールが手放せなくなり、容疑者をすぐに銃殺してしまうトム。 その型破りで荒っぽいやり方には眉をひそめる人間も多かったが、 事件の迅速な解決を望む上司のワンダー(フォレスト・... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 00時54分

» フェイク シティ ある男のルール [★YUKAの気ままな有閑日記★]
公開日に劇場に行きましたが、、、【story】ロス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、正義のためなら手段を選ばず、誰もが嫌がる闇の仕事に手を染めてきた。そんな時、かつてのパートナーを目の前で殺され、その犯人を取り逃がしてしまう。ところが、それは単なる殺人では終わらず、事件の裏には巨悪の陰謀が隠されていた。ラドローは踏みにじられたプライドを懸け、後戻りできない“エリア”に足を踏み入れる決意をするが―     監督 : デヴィッド・エアー【comment】キアヌ主演の『地球が静止する日』がイ... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 11時20分

» 【フェイクシティ ある男のルール】 [日々のつぶやき]
監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーブス、フォレスト・ウィテカー、クリス・エヴァンス、ヒュー・ローリー、アマウリー・ノラスコ 最期に頼れるのは、魂か。弾丸か。 「ロス市警の刑事トム・ラドリーは、自分の判断で容疑者を射殺する。しかし上司であ... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 17時33分

» フェイク シティ ある男のルール [象のロケット]
事件解決のためには手段を選ばないロス市警の刑事トム・ラドロー。 同僚からも面白く思われていないが、上司のワンダーだけは彼を理解しかばってくれていた。 かつてコンビを組んでいたワシントンが、ラドローを恨んで彼の強引な違法捜査を、署内の不正を取り締まる内部調査部のビッグスに密告しているとワンダーから聞かされるが…。 クライム・アクション。... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 21時28分

» フェイクシティ ある男のルール−(映画:2009年8本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモンコーツ、ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、ナオミ・ハリス 評価:79点 相変わらずかっこいいキアヌだけど、アップになると少し老けた....... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 23時20分

» フェイク シティ ある男のルール(映画館) [ひるめし。]
最期に頼れるのは、魂か。弾丸か。 [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 14時07分

» フェイクシティ ある男のルール 2009-9 [観たよ〜ん〜]
「フェイクシティ ある男のルール」を観てきました〜♪ LAPDのトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーブス)は、犯人逮捕のためなら銃殺さえ厭わない捜査方法が、同僚からも敵視され、調査部からも目をつけられていた。或る日、勝手のパートナーを目の前で殺され、その殺人の疑惑がかけられた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、面白いアクションに出会えるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 21時11分

» 「フェイクシティ」ご都合主義全快!キアヌの映画 [soramove]
「フェイクシティ」★★★ キアヌ・リーヴス 、フォレスト・ウィッテカー 、ヒュー・ローリー 、クリス・エヴァンス 主演 デヴィッド・エアー 監督、2008年、アメリカ、109分 「悪をやっつけるためなら、少々の過剰は 許されると思っていた主人公は、 仲間の裏の顔を知らずに正義を振りかざしていた」 映画から離れるが、 先週の一番驚いたニュースは 隣に住む女性を殺害し切り刻んで 処分した男性の判決だ。 「死刑に相当と言えるほどの 残虐性は認められない」という裁判... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 00時31分

» Street Kings (2008) [アヤは観た。]
邦題:フェイク シティ ある男のルール 監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモン、ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、ナオミ・ハリス、ジェイ・モーア、ジョン・コーベット、アマウリー....... [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 13時00分

» 『フェイク シティ ある男のルール』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
今回観たのはキアヌ・リーヴス主演のクライムサスペンス、『フェイク シティ ある男のルール』。 いやー、久しぶりにキアヌはかっこいい役をやってますねー。 ******************** “LA暗黒四部作”などで知られる犯罪小説の巨匠ジェームズ・エルロイが書き下ろした... [続きを読む]

受信: 2009年2月28日 (土) 01時27分

» 「フェイクシティ ある男のルール」劇場鑑賞 [流れ流れて八丈島]
昨日予告したように、何とかお昼前に起きられたので、新宿武蔵野館へ行ってきました。通常、新宿へ行くには、東上線と山手線を乗り継いで行くことになるので、運賃が310円かかります往復で620円だから、この株主優待券の1枚単価(340円くらい)を足すと、映画一...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 01時09分

» フェイクシティーある男のルール<ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
レディースデーで かなり満員の中、唯一空いていた作品です 内容は面白かったですな あーゆー刑事もんは好きです、いっこずつ潰していって最後には黒幕を突き止めるっちゅーやつま、難点と言えば 一番初めから 黒幕が誰かって想像がつくちゅーかもうはっきり言って ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 16時48分

» 映画:フェイク シティ ある男のルール [よしなしごと]
 友人がこの映画の試写会にたくさん当たりすぎて、みんなに試写会の券を配っていました。すべて平日だったので試写会には行けませんでしたので、映画館でフェイク シティ ある男のルールを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 22時31分

» フェイク シティ ある男のルール [ケントのたそがれ劇場]
★★★  色白の美青年だったキアヌ・リーブスにしては、珍しくドロ臭い役柄であった。彼も年令とともに、こうした油ぎった個性も身につけてゆかねばならないのだろう。 正義の名のもとには、悪人どもは容赦なく射殺してもよい。というテーマを肯定し実行する刑事と、それを... [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 21時35分

» 「フェイク シティ ある男のルール」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
キアヌ・リーヴス主演のクライム・サスペンス。 彼は恋愛ものよりも、アクション系のほうが似合ってる感じ。 原題は「STREET KINGS」 「映倫 PG-12」指定。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 7日 (火) 02時20分

» フェイク シティ ある男のルール [キノ2]
★ネタバレ注意★  2008年、デヴィッド・エアー監督作品。  ヒュー・ローリー出演作です。  全く予備知識なしで観たのですが、原案と脚本がジェームズ・エルロイなのね。なるほど。そう言われてみれば、あちこち『ブラック・ダリア』に共通する要素があったかも。全体的にエピソードの構成バランスが悪いとか、キャラクターに好感が持ちにくいとか、後味が非常に悪くてイヤーな気持ちになるとか。(どうやらエルロイ先生があんまりお好きじゃないようです)。  LAPDのトム・ラドロー(キアヌ・リーヴ... [続きを読む]

受信: 2011年2月10日 (木) 22時02分

» フェイク シティ ある男のルール (Street Kings) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デヴィッド・エアー 主演 キアヌ・リーヴス 2008年 アメリカ映画 109分 アクション 採点★★★★ 顎で使われる人って、どんな場所でもたとえそれが初対面の人であっても、いきなり顎で使われ始めちゃうんでしょうねぇ。使う側としては、やっぱり初対面でも「…... [続きを読む]

受信: 2011年4月14日 (木) 10時07分

« ディファイアンス | トップページ | 旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ »