« ウィッカーマン/THE WICKER MAN | トップページ | 今日も僕は殺される »

2009年2月25日 (水)

幸せの1ページ

Photo主演はオスカー女優ジョディ・フォスター。しかしストーリーの主人公はアビゲイル・ブレスリン演じるニムです。更に、私の大好きな作品『P.S.アイラヴユー』、そしてつい先日鑑賞した『ROCKNROLLA/ロックンローラ』にも出演していたジェラルド・バトラーが一人二役で出演。監督・脚本は最近では『センター・オブ・ジ・アース3D』(私は未見ですが。)の脚本を担当したジェニファー・フラケットとマーク・レヴィンの夫妻が手がけています。
>>『幸せの1ページ』公式サイト

正統派ファミリーアドベンチャー♪

あらすじへ

Photo_2ファミリーアドベンチャーといっても多分にファンタジーっぽい要素も含まれていて、気軽に入っていける作品でした。オスカー女優であるジョディ・フォスターが主演扱いではありますが、物語はアビゲイル・ブレスリン演じるニムを中心に進んでいきます。

何しろ物語の目線がニムの高さに合わせて作られているということは、11歳の少女目線なわけです。従って次々起こる展開はまるで絵本を読んでいるようでした。実際劇中に絵本を意識したシーンが挿入されています。というか調べてみたら本作は児童書の映画化なんですね。無人島に父と暮らすニムの友達はアザラシののセルキー、トカゲのフレッド、ペリカンのガリレオ。この3人、もとい3匹の動きがまたユニークで面白い!ちゃんとニムの言葉を理解して返事をしたり、時にはイタズラしたり。

Photo_3ニムは「海賊船」という名前の付いた“観光船”を、本物の海賊と思いこんでしまいます。そこで彼女はパパ(ジェラルド・バトラー)と自分の島を守るために様々な仕掛けをこらして、上陸してきた観光客を追い払おうとするのですが、その様子は『ホーム・アローン』を彷彿とさせるものでした。もっとも、舞台設定が無人島だけに仕掛けは本作の方が大きいです。ただし、仕掛けの緻密さでいえば『ホーム・アローン』の方が練れています。

一方、引きこもりのアレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、ニムのSOSで彼女の元に向いますが事実上はジェラルド・バトラー扮するアレックス・ローバーとの2人旅の様相。ジェラルド・バトラーはニムの父親役でもありますが、最初と最後以外は、殆どがこのアレックス・ローバーでの出演です。アレックスはアレクサンドラの書く小説の主人公。従ってアレクサンドラだけにしかその姿は見えません。アレックスに引っ張られて無理やり家を出るシーンでは、タクシーの運転手から見るとアレクサンドラが一人で暴れているようにしか見えないのですが、このジュディの一人芝居は結構笑えます。

Photo_4実はもっとアレクサンドラとニムの関わりが深いのかと思っていたのですが、2人の絡みはアレクサンドラが島についてから最後までの10分ぐらいしかありません。それまでは完全に2シチュエーションで物語が進みます。きっと撮影も別々で、アビゲイルとジュディは実質ほんの少ししか会ってないんじゃないかと想像したり。(笑)海で遭難していたパパが戻るとそこにはアレクサンドラが。一目惚れをした2人を称してニムが言った言葉、それが「こうして幸せの1ページは始まった。」という邦題の元となったセリフでした。ちなみに原題は「NIM'S ISLAND」。作品を言い表すタイトルとしてはそのものずばりですね。

気楽に見れて楽しいですが、大人にはちょっと物足りなさが残るかもしれません。しかし、最初に書いた通り全編通して子供目線で描かれていますから、それこそニムと同い年ぐらいまでの子供と一緒に観るには丁度いい作品です。

個人的オススメ度(ジェラルド・バトラーって味があるなぁ…)

↓いつも応援ありがとうございます。ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« ウィッカーマン/THE WICKER MAN | トップページ | 今日も僕は殺される »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28347958

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの1ページ:

» 幸せの1ページ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
大好きなジェラルド・バトラーが出る映画なのに、「コチラでは上映されない〜」と思っていたら、された♪ラッキー【story】勇気あるヒーロー”アレックス・ローバー”(ジェラルド・バトラー)を主人公にした冒険小説で人気の小説家アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、実は対人恐怖症の潔癖症で、何年も自宅に引きこもって暮らしていた。ある日彼女は、新しい小説のネタをネット検索していて、孤島で暮らす海洋生物学者のジャック(ジェラルド・バトラー)の記事に目をとめる。そして彼に協力を求めるつもりで連絡したが、返事を... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水) 11時22分

» 【幸せの1ページ】 [日々のつぶやき]
監督:ジェニファー・フラケット 出演:ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー 「人気作家アレクサンドラ・ローバーはサンフランシスコの自宅に引きこもりの潔癖症。全て電話で用を足して生活していたが、小説の主人公アレックス・ロ... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水) 14時26分

» [映画『幸せの1ページ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆気軽に楽しめるコメディ作品だと思っていたら、それ以上に痛快なファンタジー・アドヴェンチャーだった。 「痛快」と言うよりは、爽快かな? 南の海の広さが、物語の冒頭で、架空の物語の「アラビアの冒険」から連想された『アラビアのロレンス』の雄大な砂漠を連想させて、なかなか深みが感じられた。 それは、見てるこちらの思い入れか、と思いきや、「…ロレンス」風の旋律が流れていたので、もしかして、計算づくだったのかも知れない。 ・・・突き抜けた青い海、蒼い空が心地良かった。    ◇   ◇ 主人公二ム... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 20時57分

» 幸せの1ページ [象のロケット]
ベストセラー冒険小説家アレクサンドラは、自分が書くヒーローとは正反対に潔癖症の引きこもり。 ある日ネット検索中に、南の島で暮らす海洋生物学者ジャックの記事を見つけ、メールを送る。  返事の相手は彼の娘ニム。 無人島で暮らす少女からのSOSメールに、一大決心をして地図にない島へ旅立つのだが…。 ハートフル・アドベンチャー・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 13時53分

» 幸せの1ページ [キノ2]
 今日でこのブログ、一周年です♪  映画を観て、すごく感動したり、萌えたり、腹が立ったり、考えさせられり、なにか心が動かされたとき、無性にだれかに語りたくなったりするものですが、そうそう都合よく聞いてくれるだれかがそばにいるとは限りませんから、そんな時は書くことで発散させると、はた迷惑が防げます。  だったら何もブログでなくても、テキストファイルをローカルのフォルダにつっこんどけばいいだけの話なんですが、でも、ブログにすると、ごくまれにだけど、だれかが「そうそう、わたしもそう思う!」と言って... [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 18時43分

» 幸せの1ページ [いやいやえん]
ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー共演のハートフル・ファンタジーですね。 なんて素晴らしい生活だろうね、ニムの島。風変わりだが優秀な海洋生物学者の父との2人きりの生活で、ちゃんとした勉強はしていないけれど生きるための知恵や生命力は抜群。動物たちともふれあい自然に感謝し、都会人の憧れる島生活の理想かも。 子供向けの児童小説なので、動物と意思疎通していたりむしろ助けてくれたりなど、その他都合の良い展開はあります。とくに外出恐怖症のアレックスが、見ず知らずの子供のた... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 09時17分

» 幸せの王国 [Akira's VOICE]
「ザ・フォール/落下の王国」 「幸せの1ページ」  [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 14時11分

« ウィッカーマン/THE WICKER MAN | トップページ | 今日も僕は殺される »