« アウェイ・フロム・ハー 君を想う | トップページ | 7つの贈り物 »

2009年2月21日 (土)

チェンジリング

Photo_5 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネート。ご主人の主演男優賞ノミネートと併せて夫婦でオスカー獲得となるのでしょうか。(発表は日本時間の23日。)

>>『チェンジリング』公式サイト

映画の天才、クリント・イーストウッド

あらすじへ                    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
                                  ↑クリックお願いします
flair

いやはや、クリント・イーストウッドの映画に対する才能の素晴らしさには驚嘆するしかありません。非常に見応えある傑作だと思います。エンドロールのバイオリンの音でしばし余韻を楽しんでいました。おかげで電車を一本乗り過ごしたんで15分近く待たされましたが。(苦笑)今年公開の作品では早くも4作品目の★5つですがその中でも1番かもしれません。

Photo_2ある日息子が突然消え、5ヵ月後に見つかったのは赤の他人だった、しかし警察はその子が息子だと強弁。逆らったクリスティンは精神病棟へ強制入院させられてしまう…。この大まかなストーリーの中、前半は殆どがアンジーの独壇場です。ジェフリー・ドノヴァン扮するジョーンズ警部とのやり取りは多々用意されていますが、物語の中心はあくまでクリスティン。個人的にはジョン・マルコヴィッチの出番が思ったより少なかったのがちょっと残念でしたけど。

前半部分のキーワードは「He is not my son.」。ほとばしる様な迫力でこの言葉を何度も口にし、本当の息子・ウォルターを探して欲しいと懇願するクリスティンからは、息子を想う母の気持ちが痛いほど伝わってきました。アンジーも実際6人の子供の母親ですから、クリスティンの悲しみは十分すぎるほど理解できるのでしょうね。いずれにしても、アンジーの強烈な存在感と観客をひきつける演技力は特筆もの。「アンジーって今までこんなイイ芝居してたっけ…。」と素直に脱帽でした。

Photo_3もっとも、『トゥーム・レイダー』シリーズのイメージが強いせいか、最初はすごく違和感を感じました。異様に白くぬったファンデーション、真っ赤な口紅。しかしそれが1920年代の街並みに馴染みはじめるとまるで気にならなくなります。また、涙でその化粧が崩れるところまで演出なんでしょうか、細かい部分ですがそれが妙にリアルな感じを与えてくれます。

さて、ある事件をきっかけにし、ブリーグレブ牧師やその友人で弁護士の協力もあってクリスティンは退院するのですが、そこからの警察に対する逆襲は、それまでの警察の無茶苦茶な捜査に苛立っている我々の気持ちを晴らしてくれます。警察と戦う覚悟を決めた時のクリスティンの表情はある種の余裕さえ浮かぶ印象的なものでした。そこまではいなくなった息子を探して欲しいと必死で警察にすがるか弱い女性だったクリスティンが、皮肉にも精神病棟に収容されたことで、自らポジティブに動く強い女性へと変貌をとげます。

Photo_4 詳細は避けますが、実は息子・ウォルターは誘拐事件の被害者20人の子供の中に含まれてました。しかし彼女は息子は必ず生きていると信じ探し続けます。後半の物語はこの誘拐事件の真相と、それにウォルターがどう関わったのかが明らかにされていきます。142分という長尺作品でありながら、その長さを全く感じさせない展開、緩急自在のテンポ、久々に観ないと損する素晴らしい作品だと思います。

個人的オススメ度(アメリカの警察って腐敗しすぎ!)

↓いつも応援ありがとうございます。ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« アウェイ・フロム・ハー 君を想う | トップページ | 7つの贈り物 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28252691

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジリング:

» [映画『チェンジリング』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆昨夜、『少年メリケンサック』を観たのだが、『チェンジリング』が本日公開で、速報性を重視し、先に報告させて頂く。  ・・・イーストウッド監督作品である。  今、最も安心して、その新作を観ることができる監督だと思う。  観てみると、驚くほど、その作家性は見られないのだが、映画本来の「ちゃんと物語を語る」・・・、それを徹頭徹尾、完璧に行っている。  それが昨今では貴重な<芸術性>なのである。  さて、その待望の新作『チェンジリング』である。    ◇  極上の「映画」であった。  いつも... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 05時24分

» 劇場鑑賞「チェンジリング」 [日々“是”精進!]
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本...... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 06時48分

» チェンジリング [悠雅的生活]
ただ1人のわが子を求めて [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 08時43分

» Changeling [The Deepest DEPP]
「チェンジリング」をブロガー試写会にて鑑賞 ヤプログさんからのプレゼントです ありがとうございます!!! (同行者:以前からコレ見たいと言ってたBちゃん) (こちら、ブログ用素材に頂きました) 公式サイトはこちら♪ 今回、東宝東和の試写室での試写会とあって、プレスも頂きました すごく大きくて綺麗なプレスです ありがとうございます 「ネタバレはしないように」とのお達しなので、ネタバレなしで紹介したいと思います。... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 09時01分

» チェンジリング [ともやの映画大好きっ!]
(原題:CHANGELING) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1928年にロサンゼルスで実際に起こったコリンズ事件。 権力と暴力を振りかざす腐敗した警察と戦ったひとりの女性の姿を描いたヒューマンドラマ。 1928年ロサンゼルス。市長の専制的な政治基盤に牛耳られており、腐敗した警官たちが機関銃を手に問答無用の殺戮を繰り返していた時代。電話会社に勤めながら、9歳になるひとり息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)を育てるシングルマザーのクリスティーン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 09時09分

» 『チェンジリング』 [ラムの大通り]
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったよりも極めて社会性の強い内容だったんだ」 ----“チェンジリング”って、 ヨーロッパの民話で、 妖精が人間の子供をさらった後に置いていく妖精の子供のことでしょ? 「本来はそういうことみたいだね。 この映画でも、 クリスティン(アン... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 10時24分

» チェンジリング / CHANGELING [我想一個人映画美的女人blog]
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました〜 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫ぶシーンを予告で観ちゃってたけど、、、。 この物語は実話。 昔から警察の薄汚い内幕を暴いた映画はあったけど、ここ最近また増えたんじゃないかな? この作品でも、ありえない!と叫びたくなるような酷いことを当時のロサンゼルス市警は犯... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 10時33分

» チェンジリング [ネタバレ映画館]
柱のきずはおととしの〜♪ [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 10時48分

» チェンジリング [そーれりぽーと]
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観たかった理由はクリント・イーストウッド監督作だから。 『チェンジリング』を観てきました。 ★★★★★ ガツンと魂に来た。 これ程感情移入した映画は久しぶり。 息子が行方不明になり、警察に捜索を頼んだら知らない子どもを連れてきて「これが君の息子なは... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 10時57分

» 「チェンジリング」(試写会) [NAOのピアノレッスン日記]
〜どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの・・?〜お友達のHさんが試写会に当たり、お誘いを受けました。見たかった作品だったのでラッキー!女性限定の試写会でした。 2008年 アメリカ  東宝東和  PGー12作品 (09.2.20公開)[監督・製作・音楽]クリント・イーストウッド  [脚本]J・マイケル・ストラジンスキー[上映時間]2時間22分[CAST]アンジェリーナ・ジョリー・・・・・・・クリスティン・コリンズ     ジョン・マルコヴィッチ・・・・・・・・・ブリーグレブ牧師     ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 11時03分

» チェンジリング [Akira's VOICE]
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!   [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 11時04分

» 映画「チェンジリング」 [Andre's Review]
changeling 2008年 アメリカ 09年2月20日公開  試写会鑑賞 公式サイト ココログのブロガー試写会に当選して東宝東和の試写室にて鑑賞。予告編を観て気になってた作品なので嬉しかったです。上画像は東宝東和様よりいただいたものです。どうもありがとうございます。 舞台は1928年のロサンザルス。主人公クリスティン(アンジェリナ・ジョリー)は、9歳の一人息子ウォルターを育てながら、電話局で働くシングルマザー。 ある日、クリスティンが急な休日の出勤から帰ってくると、ウォルターの姿がなくなっ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 13時21分

» 映画「チェンジリング」ブロガー試写会@東宝東和試写室 [masalaの辛口映画館]
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのク...... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 13時30分

» 2009-32『チェンジリング』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2009-32『チェンジリング』(更新:2009/02/21) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) アンジェリーナ・ジョリーが主演、クリント・イーストウッド監督作品。 腐敗したロサンゼルス警察が子供の命を軽..... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 13時32分

» 『チェンジリング』 [めでぃあみっくす]
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映画....... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 13時42分

» 「チェンジリング」みた。 [たいむのひとりごと]
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 14時05分

» チェンジリング [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年2月20日(金) 公開 ★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ! 皆さん、これが本物の春日ですよ。 お子さんをお持ちの親御さんならどなたも我が子が行方不明になるってどんなに苦しいことか想像しただけでもお分かりかと思います。 ところが実際に行方不明になったら、その想像の何倍も辛くて怖いです。 私はわかります。 2006年公開作品『フライトプラン... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 16時11分

» 『チェンジリング』 [Sweet*Days**]
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 19時49分

» 映画 【チェンジリング】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった・・・。 イーストウッド監督作品ってもう最初から信頼を置いて見てしまう自分がいます。監督独特の落ち着いた色彩の画面が1920年代という時代にマッチし、また、監督自身が作曲した音楽の... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 20時18分

» チェンジリング [Men @ Work]
 クリント・イーストウッド監督の新作、「チェンジリング」です。TOHOシネマズ六本木のスクリーン5で観賞しました。  この作品、アカデミー作品賞にはノミネートされていないよう... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 21時41分

» チェンジリング [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジョン・マルコヴィッチ    ジェフリー・ドノヴァン    コルム・フィオール    ジェイソン・バトラー・ハーナー     エイミー・ライアン    マイケル・ケリー ... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 21時43分

» チェンジリング [OKULO]
 この映画に「社会的恐怖」(ソーシャルホラー)という言葉を手向けたい。「宇宙的恐怖」(コズミックホラー)ではなしに、社会や公権力が歯を向いて一般市民に襲い掛かってくる恐怖である。  ロサンゼルス市警は己の手際の悪さを隠蔽して失われた信用を一挙に回復するため、息子ウォルターが行方不明になったコリンズ夫人に「ウォルター」と名乗る偽の少年をおしつけ、「ウォルター少年帰還す」という美談を新聞に流した。もちろんコリンズ夫人はすぐに彼が自分の息子ではなく、別の少年だと気づき、警察に抗議する。すると警察は「自分... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 22時28分

» チェンジリング [勝手に映画評]
1928年、ロスアンゼルスで実際に起きた出来事。ちなみに“チェンジリング”とは、“フェアリーなどの伝承の生物と秘密裏に取り替えられた子供”と言う意味。ヨーロッパなどで、広く伝承されてきた話だそうです。 20世紀初頭のアメリカの司法・警察機関って、どこも腐敗していたんですね。FBIもそのころは、BOIと呼ばれていたりしていましたが、腐敗しきっていて、ジョン・エドガー・フーヴァーが登場して、その腐敗を一掃したりするんですがね。(もっとも、ジョン・エドガー・フーヴァーの時代が長くなりすぎて、その後半には... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 22時51分

» チェンジリング [映画鑑賞★日記・・・]
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー...... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 22時54分

» チェンジリング [to Heart]
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの──? 原題 CHANGELING 製作年度 2008年 上映時間 142分 映倫 PG-12 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリント・イーストウッド 音楽 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッチ/ジェフリー・ドノヴァン/コルム・フィオール/ジェイソン・バトラー・ハーナー/エイミー・ライアン/マイケル・ケリー 1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件をクリント・イーストウッド監督が映画化したもの... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 23時40分

» 映画レビュー「チェンジリング」 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
オリジナル・サウンドトラック Changeling◆プチレビュー◆古典の風格を持つ秀作。子供を捜し続ける母の強い愛が感動を呼ぶトゥルーストーリーだ。 【80点】  1928年のロサンゼルス。クリスティン・コリンズの9歳の息子ウォルターが突然行方不明に。その5ヶ月後、警察....... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 00時18分

» Changeling (2008) [アヤは観た。]
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、コルム・フェオール、ジェイソン・バットラー・ハーナー 監督クリント・イーストウッドが実話を基にして作った作品は(私の知って....... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 11時22分

» チェンジリング [象のロケット]
1928年、クリスティンの9歳になる息子ウォルターが行方不明になった。 5ヶ月後、見つかったとの朗報が届くが、現れたのはウォルターだと名乗る見知らぬ少年。 事件解決をアピールすることしか頭にないロサンゼルス市警は、子どもの成長は思った以上に早いと言って全く取り合わず、逆にクリスティンが非難されてしまう…。 実話に基づく社会派サスペンス。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 15時00分

» 映画「チェンジリング」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Changeling 昔のことゆえ不条理な警察権力も行方不明も、驚くほど珍しいことではないかも知れないけど、児童20人が惨殺、我が子が替え玉だったという衝撃の事件~ 天使が住んでいたというロサンゼルスは1928年のこと、電話会社で主任を勤めるシングルマザーのクリ... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 17時17分

» チェンジリング Changeling [映画!That' s Entertainment]
●「チェンジリング Changeling」 2008 アメリカ Unversal Pictures,Imagine Entertainment,Malpaso Production 142min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他 <最初の10行以降はネタばれしています> これは、「ベンジャミン・バトン」より、すごい映画かもしれない。それ... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 19時30分

» チェンジリング [小部屋日記]
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナー どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるのー? 1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件というのが、びっくり・・・ 失踪から5か月、帰ってきた我が子は別人だった。 クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 22時08分

» 『チェンジリング』 (2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で息...... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 23時08分

» チェンジリング [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、コルム・フィオーレ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー。1928年、暗黒の木曜日でアメリカ経済が奈落の底に突き落とされる直前の実話に基づいたロ....... [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 23時19分

» 「チェンジリング」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である。長い作品であるが、別の子供が息子を語って現れたあた...... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 00時17分

» チェンジリング [ダイターンクラッシュ!!]
2月22日(日) 18:55~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) パンフレット:未確認 『チェンジリング』公式サイト 巨匠クリント・イーストウッド先生の新作は、事実を元にした取り替え子の話。チェンジリングというのは、妖精が人間の子をさらって、交換に置いていく妖精の子供のこと、取り替え子というそうだ。 アンジェリーナ・ジョリーの息子が行方不明になり、5ヵ月後に見つかったと連れて来られた子供が、まったくの別人。再捜索を警察に申し立てても精神錯乱として処理され... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 00時37分

» 映画 『チェンジリング』 [きららのきらきら生活]
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの−? [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 06時34分

» チェンジリング アンジーの目の演技が凄いなー! [労組書記長社労士のブログ]
 うちの各事業所の朝礼まわりを初めて3週目突入(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)。 本来自分の仕事ではないのだけど、職場を担当する執行委員があんまりやってくれないのと、自分自身が現場が好きなのと、それからやはり職場組合員に労働組合のことをもっと意識して貰うために。 朝一5:09、朝二5:21、朝三5:37の電車に乗らなくてはいけないが、朝早い電車は空いているし座れるし、だからむちゃくちゃ本を読むのに集中できる。 だからだから読む本の補充が間に合わない、みなさんみなさん、いらん本... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 09時20分

» 試写会「チェンジリング」鑑賞 [温泉ソムリエの映画な日常]
★★★★★ 事実は小説より奇なり、です 2008/2/20から日劇3ほかで公開予定です。 「チェンジリング」 http://changeling.jp/ ストーリーは、母子家庭ながらも平穏に暮らしていた一家で、 ある日9歳の息子ウォルターが失踪してしまう。5ヵ月後に発見 されるも「チェン..... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 09時26分

» チェンジリング/Changeling [いい加減社長の日記]
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング 」を選択。 「UCとしまえん 」は、ちょっと少なめかな。 「チェンジリング 」は、中くらいのスクリーンで、9割以上。 クリント・イーストウッドとアンジーの... [続きを読む]

受信: 2009年2月23日 (月) 23時27分

» 「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド。主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年。シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、9歳の息子ウォルターと、ロサンゼルス郊外で暮らしていた。電話会社に勤め、日々忙しく働くクリスティン。そんな彼女にとって、ウォルターは心の支えであり、その存在は、彼女の全てでもあった。或る日、... [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 02時04分

» チェンジリング [とりあえず、コメントです]
1928年のロサンゼルスで実際に起きた事件を元につくられた作品です。 失踪した一人息子を懸命に探そうとする母の姿が印象に残る、とても切ない物語でした。 シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと二人暮し。 電話交換士の主任という役職につきながら、女手1つで幼い息子を育てていた。 ある土曜日、休日で息子と過ごしていたクリスティンは、病欠の職員の代わりに急遽出勤を頼まれる。 仕方なく息子一人を家に残し、仕事へ向かった彼女だったが 夕方帰宅すると息子の姿が... [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 12時55分

» 映画「チェンジリング」(2008年、米) [富久亭日乗]
     ★★★★★  Clint Eastwood 監督、 実際にあった連続少年殺人事件を モデルにしたドラマ。傑作。 原題は「Changeling」で、「取り替え子」の意。 「取り替え子」とは、西欧の民話で、妖精が人間の子供をさらった後に 置いていく妖精の子供のこと。        1928年3月のLos Angeles。 女手ひとつで9歳の息子Walter Collinsを育てている 電話局の交換係の主任Christine Collins (Angelina Jolie)が 仕事から帰ると息子... [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 20時55分

» 【チェンジリング】 [日々のつぶやき]
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水) 14時13分

» チェンジリング [Movie☆Diary]
解説: 『硫黄島からの手紙』などストーリーテリングには定評のあるクリント・イーストウッド監督による感動作。息子が行方不明になり、その5... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水) 17時00分

» 求めているのは希望。『チェンジリング』 [水曜日のシネマ日記]
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 13時41分

» チェンジリング 2009-10 [観たよ〜ん〜]
「チェンジリング」を観てきました〜♪ 1928年の初春、シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、息子のウォルターと映画を観に行く予定をしていた土曜、突然休日出勤を強いられる。約束よりかなり遅くなって家に帰ったクリスティン、一人で待っているはずのウォルターが見当たらなかった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、あの子が帰ってくるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 19時10分

» チェンジリング(映画館) [ひるめし。]
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―? [続きを読む]

受信: 2009年2月27日 (金) 12時55分

» 【映画】チェンジリング [新!やさぐれ日記]
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった。 ▼コメント 簡単にこの映画のことを話すならば「格の違う映画」という... [続きを読む]

受信: 2009年2月28日 (土) 10時55分

» チェンジリング [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[チェンジリング] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年19本目(17作品)です。 この映画を観て思ったこと。 ①母は強し! ②人間は誰かの助けがないと生きていけないということです。 この作品が実話をベースにした作品だというんだから、恐ろしいです。「..... [続きを読む]

受信: 2009年2月28日 (土) 23時12分

» チェンジリング [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  ミステリー&ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:アンジェリーナ・ジョリー      ジョン・マルコヴィッチ      ジェフリー・ドノヴァン      コルム・フィオール 【物語】  1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリ....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 00時15分

» 「チェンジリング」完成度は高いが今日性には疑問 [soramove]
「チェンジリング」★★★☆ アンジェリーナ・ジョリー主演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分 「ある日、仕事から戻ると子供の姿が無く、 数ヶ月後、発見され電車でつれてこられた子供は 別人だった、主人公は自分の子供でないと 主張を続ける」 実際にあったことだという、 警察の横暴さと、偶然の不幸が 重なった事件。 見ながら思ったのは、 何故、イーストウッド監督は このテーマを選んだのかということ。 映画の完成度としては極上... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 10時58分

» チェンジリング [★YUKAの気ままな有閑日記★]
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消す。それから5ヶ月後、警察が連れてきたイリノイ州で発見された少年は別人だった。だが、見知らぬ少年は、自分がウォルターだと言い張った。クリスティンが、「この子は自分の息子とは別人だ―」と訴えても警察は聞き入れてくれず―    監督 : クリント・... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 11時29分

» チェンジリング [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
チェンジリング’08:米 ◆原題:Changeling◆監督・製作: クリント・イーストウッド「硫黄島からの手紙」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 21時25分

» チェンジリング●○CHANGELING [銅版画制作の日々]
アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!! タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身をもって体験するのが、本作の主人公クリステイン・コリンズなのである。 3月3日〜〜!ひな祭りですね。3月最初の映画レビューは、アンジー主演、クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」です。鑑賞したのは2月24日でした。今回のアンジーは今までと... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 22時45分

» 「チェンジリング」 [クマの巣]
「チェンジリング」、観ました。 子供を誘拐されたシングルマザーの身に起る、戦慄すべき実話を巨匠クリント・イーストウッド。主演はア... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 12時26分

» 『チェンジリング』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイケル・ケリー、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、ガトリン・グリフィス■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 『7つの贈り物』を観たすぐあとに観る作品だったので、被った... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 17時33分

» ***映画・チェンジリング*** [楽しい時間:*:・゚'☆♪]
今日ね、ずっと気になってたチェンジリングを観てきました。アンジーの母性愛には圧巻。自分の身が危険にさらされても、ロス市警と戦います。本人には戦ってる意思は全くなく、正しいことを追求してるだけなのですが・・・。我が子を探すために人生を費やしました。目を覆...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 19時24分

» どれだけ祈ればあの子は帰って来るの?~「チェンジリング」 [ひょうたんからこまッ・Part2]
『チェンジリング』 CHANGELING (2008年・アメリカ/142分) 公式サイト 第61回カンヌ国際映画祭出品... [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 23時26分

» 「チェンジリング」 [てんびんthe LIFE]
「チェンジリング」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 実話ということは知っていましたが、ここまでひどい事実があったとは。 戦争とか、テロとか国を巻き込む政治的な思想とかがあるわけでもなく、単に1個人の欲求のためだけに人生を狂わせられてしまったたくさんの人々。 それも子供を中心に殺していくという極悪犯。 きっかけすらつかもうとしない警察。 戦後間もないアメリカでも日本と同じようにどうにか生きていこうとする一般人の弱みに付け込んだ犯罪。 といってもこれは犯罪だけで済まされないものがあってそれ以... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 09時45分

» チェンジリング [Peaceナ、ワタシ!]
- ある日突然、消えた息子。 5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった -。 『チェンジリング』を観てきました! 実際に起こった事件がベースです。…真実の重みは違いますね。今年に入ってから劇場鑑賞した作品はまだ数本ですけれど、一番よかったかも!!... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 23時49分

» チェンジリング [虎猫の気まぐれシネマ日記]
ある日突然消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった・・・・・。1928年のロサンゼルスで実際に起きた,ひとりの母の物語。 あらすじ: 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 09時25分

» チェンジリング [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 10時02分

» [Review] チェンジリング [Diary of Cyber]
changeling -【名】 1.取り替え子 《さらった子の代わりに妖精たちが残すとされた醜い子》   【CHANGE+-LING】 ある日突然、愛する我が子がいなくなった。それまでたった二人、手を取り合って生きてきたのに。いなくなって5ヶ月が経ち、仕事をしようにもうまく身を置けない。彼女にとって息子は、彼女の心を支える唯一無二の存在だったから。 いなくなった期間、毎日のように探し求め、毎日のように祈ったに違いない。ほんの少しでも希望があるのなら、それに頼りたい。でも、彼... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 10時25分

» 「チェンジリング」 [純愛シネマ]
「チェンジリング」 監督   クリント・イーストウッド 出演   アンジェリーナ・ジョリー  ジョン・マルコビッチ  ガトリン・グリフィス [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 12時15分

» 【チェンジリング】★アンジェリーナ・ジョリー [猫とHidamariで]
どれだけ祈れば、    あの子は帰ってくるの―?ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰って来た彼は別人だった―。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。チェンジリングHPチェンジリング シネマトゥデイ英題:CHANGELING製作年:2008年製作国:アメ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 13時20分

» 「チェンジリング」 苦さの意味 [はらやんの映画徒然草]
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残 [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 16時10分

» 映画感想『チェンジリング』母の想い [レベル999のマニアな講義]
内容電話会社に勤めるクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、女手ひとつで、9歳になる息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と平和な日常を送っていた。ある日。同僚の頼みで、休みを取りやめたクリスティン。息子ウォルターに約束のお出かけが果たせ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 16時11分

» チェンジリング [ぷち てんてん]
昨日稲垣吾郎が今月の映画の評価をしてましたね。1位に「チェンジリング」をあげていました。私も納得。2位に「ベンジャミン・バトン」。そうね〜、これも納得。1位よりは淡々としている分、2位になっちゃうかと。夫婦対決ではアンジーの勝ちって感じがするなあ。アカ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 19時34分

» チェンジリング [だらだら無気力ブログ]
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリード..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 20時05分

» チェンジリング [Diarydiary! ]
《チェンジリング》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - CHANGELING [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 20時20分

» チェンジリング (2008) [カタヤマ 無断でブログ]
CHANGELING / アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、 ジェフリー・ドノヴァン これが一番観たかった作品です。 実話ベースをクリント・イーストウッドが撮る・・・ これまた重く凹む作品です。 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズは、9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる傍ら電話会社に勤め、せわしない日々を送っていた。そんな彼女はある日、休暇を返上してウォルターをひとり家に残し... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 20時20分

» 「チェンジリング」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; クリント・イーストウッド監督作品。今回のオスカーにアンジェリーナ・ジョリーが主演女優賞にノミネートされている本作品を、オスカーナイト前に観ておこうと、公開初日に劇場へ足を運びました。誘拐された息子が5ヶ月後に発見されるも、別人にすり替えられていて…という1920年代後半に実際に起こった事件を元にしたサスペンス。子供がらみの事件を扱った作品にアンジェリーナ・ジョリーが出演すること自体に驚きましたが、そこはクリント・イーストウッド監督らしい社会派の硬派な... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 21時19分

» 「チェンジリング」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                                「チェンジリング」 「チェンジリング」には「取り替え子」という意味があるらしい。まさにその話なのだが。 この物語は1920年代に起きた実話である。 1928年のロサンゼルス。 クリスティーナ・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は電話局で働き、女手一つで息子を育てていた。息子の名前はウォルター。9歳である。 ある夜クリスティーナが仕事から帰ると、ウォルターの姿が見つからない。忽然と姿を消してしまったのである。 クリスティーナは八... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 22時41分

» ★チェンジリング(2008)★ [CinemaCollection]
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミス...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 22時57分

» 「チェンジリング」 [首都クロム]
 母親と言うのは、凄い生き物だと思います。子供のためなら自分の全てを差し出せる、その覚悟と、毅然とした態度。感情的だとか常軌を逸しているとか評されがちです(本編でもそういう扱いを受ける場面が多々ありました)が、それこそが母たる者の本能・直感、寧ろ備わった必要不可欠な能力なのだと思うのです。肉体的変化・記憶違い等々、理屈で捩じ伏せられるような脆いものであるはずがありません。優しいクリスティンが発揮した行動力、彼女が法律に投げかけた大きな波紋、最後に掴んだ希望(それが確信であったか、もっと朧な祈りのよう... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 11時56分

» チェンジリング [C note]
金曜の初日に張り切って観てきました。 イーストウッド監督の映画は、いつだって期待 [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 12時59分

» チェンジリング [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  信じられないが、これは1928年のロスで本当にあった話である。当時悪名高かったロス市警は、行方不明になったウォルター少年を探し出し、母親に引き渡すのだが…。シングルマザーのクリスティンは、自分の息子ではないと主張する。       しかしロス... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 13時57分

» チェンジリング [利用価値のない日々の雑学]
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、死体を証拠隠滅のために生石灰で処分した」という当時としては異常性だけに着目し、この作品に描かれた、「クリスティン・コリンズに起きた悲劇」に関しては全く無視してしまったために、この事件を知らなかったのである。単位欲しさの適当やっつけレポートを書いた自分... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 15時54分

» チェンジリング [映画通の部屋]
「チェンジリング」 CHANGELING/製作:2008年、アメリカ 142分  [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 18時39分

» チェンジリング・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ある日突然、最愛の息子が失踪し、数ヵ月後に警察によって発見される。 ところが自分を母と呼ぶその子は、我が子とは似ても似つかないまった... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 20時34分

» チェンジリング [メルブロ]
チェンジリング 245本目 2009-6 上映時間 2時間22分 監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ガトリン・グリフィス ジョン・マルコビッチ ジェフリー・ドノバン 会場 TOHOシネマズ府中 評価 8点(10点満点)  イーストウッ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 22時18分

» 「チェンジリング」 [みんなシネマいいのに!]
 1920年代のアメリカ。 シングルマザーの息子が行方不明になり、警察の捜査で発 [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 23時08分

» 希望が見える「チェンジリング」 [筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ]
{/映画/}息子が行方不明になり、発見の知らせを警察から受けて会いに行くとそれは見知らぬ少年だった。ロス警察の保身のために、次々と非道な目に遭わされる母は……。これは真実の物語だという。{/映画/} 「ミリオンダラー・ベイビー」。「ミスティック・リバー」。...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 08時49分

» チェンジリング 心に刺さる映画 [事務屋の日記]
話題の映画「チェンジリング」を早速見てきました。 愛情の深い母親が、子どもの行方を探す物語だと思っていましたが、いい意味で違っていました。 行方不明になった子どもが、5ヶ月後に別人として帰ってく...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 09時04分

» 『チェンジリング』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『チェンジリング』を観ましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマです>>『チェンジリング』関連原題: CHANGELINGジャンル: ミステリー/ドラマ製作年・製作国: 2008年・アメリカ上映時間: 142分監督...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 9日 (月) 22時49分

» 「チェンジリング」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 1928年、ロザンゼルス。 シングルマザーのクリスティン・コリンズは、電話の交換手として働きながら、9歳の息子ウォルターの成長だけを生きがいに日々を送っていた。 だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。 警察に捜査を依頼する... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 21時55分

» チェンジリング [Yuhiの読書日記+α]
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 22時33分

» チェンジリング [映画どうでしょう]
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 13時07分

» チェンジ・リング を観ました。 [My Favorite Things]
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。 [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 21時37分

» チェンジリング(changeling) [YASの湘南生活]
久しぶりに試写会に行ってきました。 で、今回の結論。 あなたが今、とてもポジティ [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 00時25分

» 希望。。。 [Butterfly Stroke]
I want my son back! 「チェンジリング」を観てきました。 また、監督クリント・イーストウッドがやってくれましたっ。 最後に残ったのは、残酷な「希望」。。。 世界恐慌前夜の時代には珍しかったであろう、シングル・マザーのクリスティーン・コリンズ(アンジョリ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 11時58分

» 『チェンジリング』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの―? [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 00時19分

» 『チェンジリング』(Theater) [私の研究日記(映画編)]
監督 クリント・イーストウッド 製作総指揮 ティム・ムーア,ジム・ウィテカー 製作 クリント・イーストウッド,ブライアン・グレイザー,ロン・ハワード,ロバート・ロレンツ 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 出演者 アンジェリーナ・ジョリー,ジョン・マルコヴィッチ 音楽 クリント・イーストウッド 公開 フランス(2008年5月),アメリカ(2008年10月),日本(2009年2月) 映時間 142分  シネプレックス幕張にて鑑賞(2009年2月28日)。  あらすじ。「1928年。ロサンゼルスの... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 11時15分

» チェンジリング [映画君の毎日]
//ストーリー//1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅... [続きを読む]

受信: 2009年3月17日 (火) 17時42分

» 映画:チェンジリング [よしなしごと]
 久々に、たぶん1年以上ぶりに銀座で映画を観ることに・・・。知らない間に日劇がTOHOシネマズになっていて、14日だったので、TOHOの日ということで1,000円で鑑賞。最近はちょっとした繁華街に映画館が乱立されているので銀座で観る人って減っているのかと思いきや、かなりの人でした。と言うわけで、チェンジリングを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年3月20日 (金) 22時40分

» チェンジリング [レンタルだけど映画好き]
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──? 2008年 アメリカ  日本公開日2009/02/20  レンタル開始日2009/7/17 監督 クリント・イーストウッド 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 出演 アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/ジェフリー・ドノヴ... [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 00時15分

» 『チェンジリング』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
 『チェンジリング』 2008年(米)監督クリント・イーストウッド  ロス市警の殺人的怠慢、非人道的な扱い、子供が子供を何十人も殺す事実、子供が何十人と誘拐され殺された現実、全てが実話に基づいているからこその恐怖もあるだろうが、ただ実話を語っただけでは、これほどまでの衝撃を受けることはない。これらの事実と現実をより一層の現実味とドラマで魅せるための映画的手法と演出が真の本作の価値ある。  例えば、帰ってきたはずの息子が全く別の男の子であることを物理的に確信する、身長をはかるシーン。  明らかに息... [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 21時20分

» チェンジリング(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
珍しくマット(夫)が観てきた。ので、んじゃ私も! と、「チェンジリング」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー 上映... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 12時46分

» No.187 チェンジリング [気ままな映画生活]
アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得した 「17歳のカルテ」と同じぐらいに、 今回の演技は魅了されてしまった。 実話がベースになっていて、1920年代の警察の腐敗、 体質に驚かされた。... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 12時13分

» 映画『チェンジリング』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、クリント=イーストウッド。脚本、J=マイケル=ストラジンスキー。2008年 [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 06時10分

» 「チェンジリング」ネットカフェにて鑑賞 [流れ流れて八丈島]
昨晩は仕事の後、国分寺で飲み会がありましたもう15年くらい前の大島の職場での同僚4名が集まって飲みました誰かに何かがあったというわけでもない男ばかりの集まりだけど、自分的にはかなり懐かしいメンバーで楽しかったですね国分寺駅南口駅前の「庄や」で、18時半...... [続きを読む]

受信: 2010年3月28日 (日) 08時49分

» 「チェンジリング」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
作品を作るたびに評価が高いクリント・イーストウッド監督と、 最近は奥さん役も板に付いて、母性愛の塊のような演技が光るアンジー姐さん。 [続きを読む]

受信: 2010年8月17日 (火) 02時34分

» チェンジリング [LIFE ‘O’ THE PARTY]
「あ・け・お・めーーーッ!!!」「こ・と・よ・ろーーーーッ! [続きを読む]

受信: 2011年2月17日 (木) 23時53分

» 【DVD】チェンジリング [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:洋画nbsp; 最近、ヒューマンドラマも面白さがわかってきました この作品もなかなかの出来です。 アンジーはアクションのイメージが強いけど、今回は全然違うタイプの役柄 今回は、女手一つで子供を育てる母親役 この話は 主人公と息子で2人暮らしをしていた。そんなある日、息子は行方不明になってまう。 ある日、見つかったと警察から連絡があった。 ただし、見つかったという子供は別人であったのだ。 警察はそれを認めようとしせず、主人公も事実をはっきりしたいとマスコミを通してはっきり... [続きを読む]

受信: 2011年12月23日 (金) 23時51分

« アウェイ・フロム・ハー 君を想う | トップページ | 7つの贈り物 »