« 20世紀少年−第2章− 最後の希望 | トップページ | シャッフル »

2009年2月 2日 (月)

チェ 39歳別れの手紙

39前作『チェ 28歳の革命』でキューバ革命成功までを描き、本作ではその後、チェ・ゲバラがボリビアに渡り反政府ゲリラの指導者として処刑されるまでを描いている。主演と監督ははもちろん前作同様ベネチオ・デル・トロとスティーブン・ソダーバーグ。注目の後編です。
>>公式サイト

ただの映画になってしまった後編

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

相変わらず評価が難しい作品なのは変わりませんが、ひとつ言えることは、今回は何だか淡々と、そして薄い映像表現になってしまったということ。前作は現在と過去をいったりきたりしたり、国連での演説シーンや戦闘シーンで、迫力ある映像を十分に観せてくれました。セミドキュメントフィルムとはいえ、全体の構成上盛り上がるシーンもあったため、作品全体としての訴求力は高かった訳です。

39_3そういう意味で今回は本当にただのセミドキュメンタリーフィルム、ただの映画になってしまいました。長編を2本に分けただけでこうまで差が出るものなのですね。そもそも前後編に分けた時点で踏まえなければならないことがあります。それは観ている側のレベルアップ。別にゲームじゃないんですが、前作でチェ・ゲバラがどんな人となりなのかは観ていれば解ります。しかし今回はゲバラという人間に対する新しい発見がありませんでした。

前作が一定の評価を受けた要因の一つには、事実を追いながらもゲバラという人間の人間性・魅力を上手く描き出し、さらに俗っぽくいうならばゲバラの知名度を上げたことにあります。にもかかわらず今回も同じ手法をとり、いやむしろ映像的迫力では劣っているのですから、必然的に作品の印象が薄くなるのも仕方ありません。前後編に分けたら後編のほうが観客のハードルは上がるのは当たり前です。

39_4ただ単にゲバラが死ぬまでの事実の羅列をされても、私としては「なるほど、そうなんですか。」としか言えません。事実なんですから、いいも悪いもないです。長編を長いからという理由で前後編に分けたらしいですが、一本であったならば流れの中での後編と受け止められたでしょうにと残念に思います。ベネチオ・デル・トロの演技は前編と変わっていませんから、これはもう製作者の側の問題です。

前編(キューバ)のゲバラにあって後編(ボリビア)に無いもの、それはフィデル・カストロと民衆(農民)の支持、そして時の勢いでした。この当時キューバにいたカストロはともかく、ゲバラの想い・思想が何故農民に通じなかったのか、このあたりをもっと掘り下げて欲しかったです。「軍の嘘に騙されている。」だとか「軍に脅されている。」ではあまりに表面的な事象のみしか観ていないと思われても仕方ないです。

39_2当ブログはあくまで映画のブログなので、ゲバラについてどうこう書くつもりはないですし、私自身そこまでの知識も持ち合わせていません。ただ、本来ならボリビアではゲバラがカストロになり、新たなゲバラが出てこなくてはいけなかったのでしょうが、ゲバラは思想家でカストロは現実家、所詮ゲバラにカストロは演じられなかったのでは、などと思いました。

あと演出手法の問題として、事実としてアメリカの間接的な軍事介入があっても、出来れば米軍の存在を映像で観せたり聞かせたりしないで欲しかったと思います。私だけかもしれませんが、米軍がでてくるととたんに嘘っぽく観えるんですよね・・・。登場する軍人は増えたのに緊迫感はむしろ前編より減ってます。

前後編あわせて評価をすべきでしょうけども、こんなに差がでるとは思いもよらず・・・。これで2本分の料金を取るのはどうなんでしょ。(苦笑)

個人的オススメ度Photo_2(前編観た人は評価関係なく観ますよねぇ。)

↓ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 20世紀少年−第2章− 最後の希望 | トップページ | シャッフル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/27686672

この記事へのトラックバック一覧です: チェ 39歳別れの手紙:

» チェ 39歳別れの手紙 [そーれりぽーと]
『チェ 28歳の革命』の公開から3週間、後編の『チェ 39歳別れの手紙』が公開されたので観てきました。 ★★★ 前作はキューバ革命のチェ・ゲバラを、今回はその後キューバから姿を消してボリビアで革命を起こそうとしていたチェ・ゲバラを描いています。 ボリビアが今も混沌とした国だというのは、つい先日の『007 慰めの報酬』を観るまで知らなかったのですが、この映画を観る限りは根本的に文化水準の格差が有り過ぎたのがチェ・ゲバラの思惑が外れた原因なんじゃないのかなーなんて思いました。 それで満足している農... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 00時11分

» チェ 39歳 別れの手紙 [花ごよみ]
『チェ 28歳の革命』の続編。 試写会で観てきました。 キューバ革命を成し終え、 家族と最後の食事をした後、姿を消す。 次に足を運んだ新たな地は、 独裁政権下のボリビア。 この地で平等な社会への変革を果たそうと ボリビアの政府軍と戦うが…。 革命へと突き進むゲバラだが ボリビアの共産党の協力はなく アメリカの援護のもとでの 政府軍相手には勝ち目のない戦い。 その上、地元民の協力も得られず 食料にも困窮した状態の中 争いをとおしてのゲバラ仲間の死。 ゲバラの苦悩は深まる。 未来の見えな... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 00時14分

» ★★★★★ 『チェ 39歳 別れの手紙』 [映画の感想文日記]
2008年。フランス/スペイン。CHE : PART TWO.   スティーヴン・ソダーバーグ監督。  エルネスト・チェ・ゲバラがキューバを去り、ボリビアで死を遂げるまでの物語。  第1部... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 00時47分

» チェ 39歳別れの手紙 [悠雅的生活]
わたしは 人間を信じる [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 00時56分

» 「チェ 39歳別れの手紙」民衆の支持と支援を得られず散った革命家の革命に生きた戦い [オールマイティにコメンテート]
「チェ 39歳別れの手紙」はチェ28歳の革命の続編でキューバ革命に成功したチェ・ゲバラは1965年にキューバを離れボリビアで革命ゲリラ活動を開始するが、ボリビアの内部から支援を得られず、内部から脱落者や逃亡者などが続出して苦戦の連続の中でついに捕まり処刑され...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 06時15分

» チェ 39歳 別れの手紙 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 フランス&スペイン  ドラマ&伝記  監督:スティーヴン・ソダーバーグ  出演:ベニチオ・デル・トロ      ベンジャミン・ブラット      フランカ・ポテンテ      ルー・ダイアモンド・フィリップス 【物語】   1965年、キューバ革命に多大な功績...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 10時43分

» 映画 【チェ 39歳別れの手紙】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「チェ 39歳別れの手紙」 チェ・ゲバラを描いた歴史ドラマ二部作の後編。 おはなし:1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、彼は変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。そしてラテン・アメリカの革命を目指し、ボリビアを訪れるが・・・。 第1部の『チェ 28歳の革命』同様、かなり淡々としていて、決して分かり易いとは言えません。時系列に沿った流れではあるものの、チェという人物に興味がなければかなり... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 12時34分

» チェ 39歳別れの手紙 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:CHE: PART TWO/GUERRILLA公開:2009/01/31製作国・年度:フランス/スペイン、2008年上映時間:133分鑑賞日:2009/02/01監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、カルロス・バルデム、デミアン・ビチル、ヨアキム・デ・アルメイダ、エルビラ・ミ....... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 13時43分

» 『チェ 39歳別れの手紙』 [めでぃあみっくす]
エルネスト・チェ・ゲバラ。キューバ革命を成功させた伝説的英雄。しかし決して英雄視してばかりではいけない真の革命家。スティーブン・ソダバーグ監督が『28歳の革命』よりも伝えたい要素を詰め込んだというこの作品は、チェ・ゲバラの内面に客観的に迫る一方で、彼が残し....... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 14時53分

» Che: Part Two (2008) [アヤは観た。]
邦題:チェ 39歳 別れの手紙 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、ベンジャミン・ブラット、フランカ・ポテンテ、ルー・ダイアモンド・フィリップス、カリル・メンデス、ジュリア・オーモンド、エドガー・ラミレス、カタリーナ・サンディノ・モ....... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 15時29分

» 「チェ 39歳 別れの手紙」そして彼は、“英雄”になった。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年1月20日 2:06 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  『2009年は、「チェ」と「チェ」で始まる…』という予告編でもお馴染み、“2つのチェ”の2つ目、前作「チェ 28歳の革命」に続く2部作の終章。「チェ 39歳 別れの手紙」(ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。39歳で、その生涯を閉じたチェ・ゲバラの最期の戦いを、克明に重厚に描き出しています。  キューバ革命の成功後、チェ(ベニチオ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 19時41分

» 劇場鑑賞「チェ39歳別れの手紙」 [日々“是”精進!]
 「チェ39歳別れの手紙」を鑑賞してきました「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、孤高の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの半生とその人間像に迫る伝記ドラマ2部作の後編。本作では、ゲバラがカストロと袂...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 14時22分

» 映画:チェ 39歳 別れの手紙 [よしなしごと]
 チェ 28歳の革命を観て20分後にその続編である“チェ 39歳 別れの手紙”を観ました。そう、今回の試写会は一気見試写会なんです。(共通公式ホームページはこちら。) [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 00時55分

» チェ 39歳 別れの手紙/CHE PART2 [いい加減社長の日記]
先週公開の映画の中で、最後に残った「チェ 39歳 別れの手紙 」。 月曜日に、溜まっていたポイントで観てきました。 「UCとしまえん 」は、平日だと普通なのかな。 「チェ 39歳 別れの手紙 」は、中くらいのスクリーンで、1割か。 (C) 2008 Guerrilla Fil... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 07時20分

» チェ 39歳 別れの手紙 [Akira's VOICE]
目を閉じないで,見届けよう。   [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 10時54分

» チェ 39歳 別れの手紙 [象のロケット]
1965年、キューバから忽然と姿を消したゲバラ。 様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、彼の残した“別れの手紙”を公表する。 ゲバラはキューバでの地位や市民権をすべて放棄し、再び革命の旅への準備を進めていた…。 ≪革命には、勝利か、死しかない≫ 実在の革命家が本気で世界を変えようとした姿を描く闘いのドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 21時06分

» チェ 39歳別れの手紙 [今日は映画気分!]
伝説の革命家エルネスト・チェ・ゲバラの半生に迫る2部作の後編。 1965年、キューバ革命に成功したゲバラが、忽然と姿を消す。キューバの指導者となったカストロはゲバラからの「別れの手紙」を公表する。それは、ゲバラがキューバでの地位や市民権を放棄し、新たな戦場へと旅立つ決意を吐露したものだった。家族との最後の食事を済ませたゲバラは、1966年11月3日、米州機構の特使と偽って、次なる革命の地ボリビアへと入国する。バリエントス大統領の独裁政権下にあったボリビアで、ゲリラ部隊を組織して革命へと動き出すゲバ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 11時13分

» チェ 39歳別れの手紙、28歳の革命から暗転 [ネット社会、その光と影を追うー ]
チェ 28歳の革命に続くチェ 39歳別れの手紙。物 [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 12時30分

» 辛過ぎる後編。『チェ 39歳 別れの手紙』 [水曜日のシネマ日記]
伝説のカリスマ的革命家チェ・ゲバラを描いた歴史ドラマ2部作の後編です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 14時48分

» 『チェ39歳別れの手紙』 (2008)/スペイン・フランス・アメリカ [NiceOne!!]
原題:CHE:PARTTWO/GUERRILLA監督・脚本・撮影:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、カルロス・バルデム、デミアン・ビチル、ヨアキム・デ・アルメイダ、エルビラ・ミンゲス公式サイトはこちら。<Story>1965年3月、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 23時07分

» 【妄想183】「CHEチェ 39歳 別れの手紙」 感想 [日本妄想協会 paradigm shift]
「CHEチェ 39歳 別れの手紙」 感想 [続きを読む]

受信: 2009年2月 6日 (金) 05時24分

» チェ 39歳別れの手紙 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年1月31日 公開 ★★★★☆ 前編・後編通して星4っつ 良かった! 救うために、変える。 変えるために、戦う。 1965年 忽然と姿を消したゲバラ。 盟友カストロがゲバラからの別れの手紙を公表。 後編の物語は意外なところからだった。 はげ頭で黒ブチ眼鏡をかけた中年の男がゲバラ家で食事をする。 父の友人ラモンという男性・・・実はゲバラ本人だった。 ここ、一... [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 18時20分

» チェ 39歳別れの手紙 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「今、世界のどこかに私のささやかな助力を求めている人々がいる。別れの時が来たのだ」 人間の価値観が新たな変化を求める現代に最も知るべき男、チェ・ゲバラ。 その最期の341日間には、未来への計り知れない希望がある。 物語:「キューバ革命」を奇跡的成功へ導...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 22時59分

» チェ 39歳 別れの手紙 [だらだら無気力ブログ]
フィデル・カストロとともにキューバ革命を成し遂げたチェ・ゲバラの 半生をスティーヴン・ソダーバーグ監督がベニチオ・デル・トロ主演で 描いた伝記ドラマ2部作のうちの第2作。 キューバ革命後、ボリビアでの革命運動を起こしてから戦い敗れて、死に 至る過程を描く。..... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 01時45分

» チェ 39歳 別れの手紙  [今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で]
    = 『チェ 39歳 別れの手紙』  (2008) = 1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。 しかし、チェ・ゲバラは変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。 そして、ラテン・アメリカの革命を目指し、ボリビアを訪れるが・・。 {{{: 製作国/フランス : スペイン  Guerrilla  (133分) 監督: スティーヴン・ソダーバーグ 製作: ローラ・ビック..... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 20時36分

» 映画「チェ 39歳 別れの手紙」 [FREE TIME]
映画「チェ 39歳 別れの手紙」 を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 23時05分

» チェ39歳別れの手紙 [いとしこいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~]
チェ39歳別れの手紙 2/4(水)TOHOシネマズ 冒頭でカストロが読み上げるゲバラの手紙にぐっとくる。 続編公開になってから2本イッキ観しようかとも思ってたけど、やっぱ前編を見終わったあの自分のテンションのままでこの冒頭のシーンに入りたかった。 前編は淡... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 00時21分

» チェ 39歳 別れの手紙 [ネタバレ映画館]
ヅラ? [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 01時46分

» 「チェ 39歳別れの手紙」 [てんびんthe LIFE]
「チェ 39歳別れの手紙」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 とりあえずみておこうと思って。 28歳は撃沈しました。 しかしながら、キューバ革命が既に終了していて、ついでに別れの手紙も冒頭で読まれちゃったし、この人いったいどうするの? といった興味、こうなってしまうのも運命なのか。 逃げているんだか、同志を募っているんだかわからないけどとにかく移動あるのみって感じで戦いながら、進んでいくんですね。 たぶん、人間としての極限との戦いだったと思うけど。彼は医者だし、理性を失わずリーダーとして統... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 21時08分

» チェ 39歳別れの手紙 [欧風]
土曜、イオン下田での映画鑑賞、1本目は「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」、2本目は、 [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 06時11分

» チェ 39歳の別れの手紙/スティーブン・ソダーバーグ/ベニチオ・デル・トロ [永遠の夕暮れ]
チェ 28歳の革命に続き、チェ 39歳の別れの手紙が公開されました。 [続きを読む]

受信: 2009年2月10日 (火) 21時23分

» 映画「チェ 39歳 別れの手紙」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Guerilla (aka Che Part 2) キューバ革命、1959年成し遂げられたその成功は、彼にとって旅の途中の通過点に過ぎなかった~彼の心の奥底に何が渦巻いていていたのか落日の物語~ チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、カストロに宛てた別れの手紙を残し、姿を... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 18時18分

» チェ 39歳の別れの手紙 [利用価値のない日々の雑学]
第1部「チェ 28歳の革命」のレビューでの懸念が、筆者に取ってはそのまま反映した鑑賞になった。なぜ、今、この時期にゲバラなのか。そもそも1本の作品を2分割することによって得られる効果はあるのか。ゲバラが革命を通して生涯残したたかった事を作品で表現できたのか。総括してこの3つの疑問に対し、やはり、作品を2分割してしまったことは大いなる間違いであったし、作品としてのゲバラの探求も十分出来ていたにも関わらず、これも2部構成にしたためにエモーショナルラインを途中で遮断されたしまったことで、第2部はリスク... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 19時36分

» 『チェ 39歳別れの手紙』 [自由の森学園図書館の本棚]
映画『チェ 39歳別れの手紙』を見ました。『チェ 28歳の革命』と対をなす作品でした。 最後まで自分の信ずるところを枉げずに生きるチェ・ゲバラの姿が印象的でした。孤立して、悲惨な道をすすんでいくことになるのだけど、やっぱりかっこ良い。 権力・抑圧者(アメリカ・ソ連の両大国)に尻尾を振っていれば、キューバでそれなりの生活ができたはずです。でもそれは我慢ならない、ということでチェ・ゲバラは、キューバを飛び出し、貧困と抑圧に苦しむ国々へ向かいます。 しかし、ボリビアでは、ソ連の圧力を受け... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 21時08分

» 「チェ 39歳 別れの手紙」革命の旅に生きる [soramove]
「チェ 39歳 別れの手紙」★★★☆ ベニチオ・デル・トロ 主演 スティーヴン・ソダーバーグ 監督、2008年、133分、スペイン、フランス 「共にキューバ革命を戦った友、 カストロに宛てて書いた別れの手紙は、 チェ・ゲバラの遺言のようだった」 医学生だった頃、 友人とバイクで南米各地を旅し 貧しい暮らしをしている農民を多数目にして、 持つものと持たざるものの現実を知り、 そして革命に立ち上がったひとりの男。 彼はキューバ革命を助け 一番輝かしい党... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 22時49分

» チェ39歳別れの手紙■何故、革命は起きなかったのか? [映画と出会う・世界が変わる]
「28歳の革命」がキューバ革命の成功への高揚していったのに対して「39歳別れの手紙」は黄昏のムードである。キューバに別れを告げ、ボリビアへ渡った彼を待ち受けていたのは軍事政権とその下での貧しい人々。革命が起きる下地はあるが、ここでは条件が欠けていた。それは...... [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 02時48分

» チェ 39歳別れの手紙 [Sweetパラダイス]
キューバ革命を成してのち姿を消したゲバラについてごまかし切れなくなったカストロが彼の「別れの手紙」を読み上げるところから 映画は始まる。最初の方は状況がつかみにくかった「28歳」に比べ仕掛けがないぞ切なすぎてもう観てて嫌になってきたぼうっとなったりむな...... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 20時32分

» [映画『チェ 39歳 別れの手紙』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆ケレンはないし、けしてドラマチックに描いた作品でないことは、『チェ 28歳の革命』(クリック!)を既に観ていたので分かっていた。  故に、どうにも先ず観るロードショー作品は娯楽作優先になり、『チェ 39歳 別れの手紙』は公開から観るのが遅れていたのだが、昨日、観てきた。  今回は、チェ・ゲバラの、キューバ革命成功後のボリビアに飛んだ後の「革命継続・滅びの道」の姿を描いている。  この後編、評判が悪いようだが、私は前編に劣らず楽しんだ。  いや、私の好きな「滅びの美学」を突き進むゲバラ一行の... [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 22時39分

» チェ 39歳 別れの手紙 [Men @ Work]
 先日観賞した「チェ 28歳の革命」の続編というか2連作の後編、「チェ 39歳 別れの手紙」です。TOHOシネマズ六本木のARTシアターで観賞してきました。やたら混んでるのでビック... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 17時04分

» チェ・ゲバラで映画三昧 [事務屋の日記]
革命家チェ・ゲバラの映画はたくさんありますが、今年に入って3本の作品を観ました。 まず、「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」(スティーヴン・ソダーバーグ監督)の2本です。 28歳の革命では...... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 14時00分

» チェ39歳 別れの手紙 [ダイターンクラッシュ!!]
2月15日(日) 18:50~ 新宿ピカデリー9 料金:12500円(新宿の金券屋で前売りを購入) パンフレット:未確認 『チェ39歳 別れの手紙』公式サイト ウルトラ地味で淡々としていた第一部「チェ 28歳の革命」。 さて本作は? より一層地味で淡々としているでないですか。 演説などが入っていた前作は、まだ変化があったのだが、本作は正しく時間通りにゆっくりと進む。 極力史実に忠実に話を進めているのだろうけど、やはり映画的な脚色があるほうがいいな。 上映時間の通算6分の1~5分の1くらい目を... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 23時37分

» 『チェ 39歳 別れの手紙』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
昨日の夜からの急な寒の戻りで、どうやら風邪ひいたみたいです。喉が痛い。 そんな中でも、今日はちゃんと定時に仕事があがれたので、新宿ピカデリーに昨日見逃した映画を取り返しに観てきましたw。 『チェ 39歳 別れの手紙』を観てきましたよー。 ********************... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 01時07分

» 【映画】チェ 39歳 別れの手紙 [新!やさぐれ日記]
▼動機 チェ・ゲバラを知りたかった ▼感想 チェ・ゲバラに対して欲が出てきた気がする ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、チェ・ゲバラは変装した姿で家族と会い、最後の食事を済ませると、急に姿を消してしまう。そしてラテン・アメリカの革命を目指し、ボリビアを訪れる。 ▼コメント 20世紀のカリスマ「チェ・ゲバラ」のその最期を綴った本作「チェ 39歳 別れの手紙」 「な... [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 20時57分

» チェ★39歳の別れの手紙レビュー [銅版画制作の日々]
 CHE PARTIE 2 いよいよ後半です。ベニチオ・デル・トロ、益々ゲバラに近づいていくような気がします。パート2は、ボリビアでのチェ・ゲバラの活動が描かれています。後半の作品の方が何かしら食い入るように観てしまいました。タイトルからも分かるように、彼の最期がこのような感じだったのですね。それにしても39歳で散って行くのはあまりにも忍びないよなあ・・・・。 チェ語録 革命とは、戦うことだけではない。読み書きを学び、知識を持たずして、革命は成り立たない。そういい続けたチェ・ゲバラは革命家であ... [続きを読む]

受信: 2009年2月25日 (水) 14時20分

» チェ 39歳 別れの手紙 [レンタルだけど映画好き]
信念は、死なない。 2008年 フランス/スペイン  日本公開日2009/01/31  レンタル開始日2009/06/12 監督 スティーヴン・ソダーバーグ 脚本 ピーター・バックマン 出演 ベニチオ・デル・トロ/カルロス・バルデム/デミアン・ビチル/ヨアキム・デ・アルメイダ/エル... [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 01時30分

» チェ 39歳 別れの手紙 [映画君の毎日]
チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD] ¥5,000 Amazon.co.jp 『キューバ革命』を奇跡的成功へ導いたチェ・ゲバラは、1965年3月忽然とその姿を消した。突然の失踪に様々な憶測が飛び交う中、盟友カストロはゲバラの残した《別れの手紙》を公表する。... [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 22時51分

» チェ 39歳 別れの手紙 [元レンタルビデオ屋店長の映画感想]
オフィシャルサイト 「トラフィック」のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、孤高の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの半生とその人間像に迫る伝記ドラマ2部作の後編。本作では、ゲバラがカストロと袂を分かち、新天地ボリビ... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 20時20分

» 39歳 別れの手紙(感想150作目) [別館ヒガシ日記]
チェ 39歳 別れの手紙はWOWOWでし鑑賞も [続きを読む]

受信: 2010年3月15日 (月) 20時16分

» 「チェ 39歳 別れの手紙」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
GW突入でシネコンの連日ナイトショウにも行きたいところだけど、 今日はDVD鑑賞を。 先日見た「ウルフマン」のベネチオ・デル・トロ繋がりで。 本作は2部作になってて1本目の「チェ 28歳の革命」は劇場鑑賞済み。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 03時27分

» チェ 39歳別れの手紙 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『信念は、死なない』  コチラの「チェ 39歳別れの手紙」は、「チェ 28歳の革命」の続編となるバイオグラフィー映画、”チェ2部作”の後編です。いきなりハゲヅラのゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)?何があったのぉ?と早速置いてけぼりですw  映画の中のセリフにもあ....... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 22時27分

« 20世紀少年−第2章− 最後の希望 | トップページ | シャッフル »