« 旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ | トップページ | アウェイ・フロム・ハー 君を想う »

2009年2月19日 (木)

三国志/THREE KINGDOMS

Three_kingdoms_2主演は『インファナル・アフェア』『墨攻』のアンディ・ラウ。共演のマギー・Qとサモ・ハンは今回はオリジナルキャラクターで出演。実は試写会を観た方から、三国志演義のファンはちょっと・・・と言葉を濁されたので、かなり不安を抱きつつの鑑賞となりました。以前にも書きましたが、私は学生時代三国志研究会所属だったので、ちょっとハードルは高めです。果たしてどうなることやら・・・。

>>『三国志』公式サイト

期待以上の作品だ・・・。

あらすじへ

いや〜、かなりの不安を持って観に行ったのですが期待以上でした。期待以上にダメな作品。あ、今回はかなり愚痴モードですので悪しからず…。元々三国志演義を題材にした作品は、過去に多数の失敗作が山積みとなっています。これもその山に積み上げられる作品の一つになるでしょう。

Photoそもそも上映開始直後に、サモ・ハン演じるオリジナルキャラ・羅平安という趙雲の兄が出てきた時点でもう不安一杯。(デブゴンかぁ…って古っ)三国志演義は登場人物に魅力がある物語ですから、私はオリジナルキャラは必要ないと思っています。演義を映画化するのであれば忠実に映像化するのが一番。元々世界中で知られる大ベストセラーなんですから。

本作は三国志演義の人気武将・趙雲の一生を描くという切り口。それはいいのですが、いくらなんでも人生駆け抜けすぎ。(笑)そもそも一人の一生を描くのに僅か102分はちょっと短かすぎかと。ベンジャミン・バトンを描くのに167分もかかってるんですよ?あまりにもサクッと何十年もの月日を飛ばされると、頭が追いついていかないです。

Photo_2どうにも馴染めないのが、曹操の孫娘・曹嬰とかいう女性。何としてもヒロインを登場させたかったのでしょうか。しかし、オリジナルキャラにしなくても、三国志演義を映画化するのであればそれに相応しい女性の登場人物は他にいくらでもいるのに…。その点『レッドクリフ Part』で周瑜の妻・小喬にリン・チーリンを配役したのはうまいと思います。演義でも非常に美人な女性として知られていますから。

そして、あまりにも無茶なのが、その曹嬰が趙雲と一騎打ちでほぼ互角に戦うシーン。もう呆然と眺めているしかなかったです。何で老いたとはいえ天下の趙雲が女性と互角の戦いをせねばならないのか。こんなシーンは趙雲の価値を貶めているだけです。

Photo_3結局、趙雲はオリジナルキャラの兄・羅平安の裏切りが原因で戦いに負け死ぬという結末。一応劇中では「その後趙雲の姿を見たものはいなかった…」なんて終わり方にしていますが、何のフォローにもなっていません。だいたい趙雲は天寿を全うすることになっています。話を曲げるにしても何も人生の最後を曲げなくてもいいじゃないですか…。

他の三国志映画ではあまり見かけない“関興”や“張苞”、“ 芝”といったキャラクターを登場させてきたりするのは、ファン心理をくすぐるものであったものの、あまりにお粗末な物語に悲しくなってしまいました。コピーに“完全映画化”とありますが、何処が完全なのか…。書きたいことはまだまだありますが、切りがないのでこの辺にで。この今度中国人の友達に作品の感想を聞いてみようかなと思います。

個人的オススメ度(演義ファンじゃなければもう少し楽しめるのかも。)

↓いつも応援ありがとうございます。ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« 旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ | トップページ | アウェイ・フロム・ハー 君を想う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28197216

この記事へのトラックバック一覧です: 三国志/THREE KINGDOMS:

» 「三国志(三國之見龍卸甲)」映画感想 [Wilderlandwandar]
アンディー・ラウ主演のもう一つの三国志映画「三国志」(原題:三國之見龍卸甲/英題:THREE KINGDOMS:RESU [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 00時40分

» 三国志 [だらだら無気力ブログ]
日本でも広く知られている羅貫中の『三国志演義』をベースに大胆な解釈を 入れ、蜀の五虎大将軍・趙雲子龍を主人公にすえてその生涯を描いた歴史劇。 趙雲をアンディ・ラウが、趙雲と対峙する魏の都督である曹操の孫娘・曹嬰を マギーQが演じる。後漢末期、天下平安を願う..... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 02時01分

» 三国志 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 中国  歴史劇&アクション&ドラマ  監督:ダニエル・リー  出演:アンディ・ラウ      マギー・Q      サモ・ハン      ヴァネス・ウー 【物語】  戦乱の中国。貧しい家に生まれた趙雲は、祖国統一の夢を抱き、同じ志を 持つ平安と共に蜀の君主...... [続きを読む]

受信: 2009年2月19日 (木) 15時44分

» 「三国志」 [てんびんthe LIFE]
「三国志」TOHOシネマズ シャンテで鑑賞 作り手が違うと同じ題材でもこんなにも違うものなのか…。 こちらの作品、とにかく闘っているシーンが多いです。 レッド・クリフに比べれば色使いも地味だし、演出が全体的に地味です。 でも、戦いのシーンだけはとなかく凄いことになってて、え?ここで?のワイヤーアクションとかありました。 せっかくワイヤー使うならもっと大胆がいいなあと思いましたが、まあいい。 問題は蜀の武将、趙雲、主演のアンディなんです。 いやいや、かっこいいわあ。 これぞ英雄なん... [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 20時52分

» 三国志 [象のロケット]
蜀の君主・劉備に仕えていた貧しい平民の趙雲は、西暦208年、“長坂の戦い”で魏の将軍・曹操から剣を奪い、幼い劉備の嫡子を救出した功績で出世し、その後“無敵の将軍”と異名をとるほどに活躍した。 名誉ある引退も間近になった頃、いまだ果たせぬ祖国統一のため、若い武将を率いて曹操の孫・曹嬰と戦うことを決意する…。 「三国志」歴史スペクタクル。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2009年2月21日 (土) 13時16分

» 三国志 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
約600年前に書かれた半史実小説「三国志演義」に基づき、平民ながら武勲によって英雄となった趙雲の壮絶な生涯と、彼を取り巻く乱世を描く歴史大作! 物語:戦乱の中国――。絶え間ない争いによって国家は分断されていた。貧しい家に生まれた趙雲(アンディ・ラウ)は...... [続きを読む]

受信: 2009年4月 9日 (木) 00時42分

» 映画 【三国志】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「三国志」 「三国志演義」を基に蜀の武将、趙雲を主人公にすえて描いた歴史活劇。 おはなし:劉、呉、蜀の三国がしのぎを削る中国。夢を抱き劉備軍に参加した趙雲(アンディ・ラウ)は、同郷の武士、平安(サモ・ハン・キンポー)を兄のように慕うようになる。ある日、曹操軍にさらわれた劉備の息子を、趙雲が敵陣に一人乗り込み救い出す・・・。 『レッドクリフ』よりも壮大なタイトルに驚きますが、実は、趙雲のみにスポットをあてたヒーローアクション映画でした。 趙雲といえば、『レッドクリフ』で私が誰よりも... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 00時04分

» 映画評「三国志」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆(4点/10点満点中) 2008年中国映画 監督ダニエル・リー ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 16時45分

» 三国志 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『この命、夢に賭す。』  コチラの「三国志」は、そのタイトル通り、魏・呉・蜀の「三国志」を周瑜と孔明にスポットを当てて大ヒットを記録した「レッドクリフ Part I」、「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」の影でひっそりと公開していたPG-12指定のヒスト....... [続きを読む]

受信: 2010年2月19日 (金) 21時14分

» 『三国志(2008)』 ('10初鑑賞40・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 3月20日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年3月22日 (月) 20時26分

« 旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ | トップページ | アウェイ・フロム・ハー 君を想う »