« ベッドタイム・ストーリー | トップページ | マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと »

2009年3月27日 (金)

フィッシュストーリー

Photo_2 伊坂幸太郎の短編小説を映画化した作品。監督は『ジェネラル・ルージュの凱旋』の中村義洋。主演は伊藤淳史だが、バンド“逆鱗”の仲間として高良健吾、渋川清彦、大川内利充が共演。他にも森山未來、濱田岳、多部未華子、大森南朋、石丸健二郎、中村有志など若手とベテランが多数出演している。というか、そのせいでポスターがインパクトに欠けるのだろうなと推測してみたり。(笑)
>>公式サイト

文字通りのフィッシュストーリー

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

なんといったらいいのか、ちょっと期待が大きすぎたせいか思ったほどでもないというか。どうも中村監督作品と私の相性はあまり良くないようです。『ジェネラル・ルージュの凱旋』もダメでしたし。本作は決してつまらなくはないのですが、ちょっと盛り上がりに欠ける作品でした。“フィッシュストーリーは世界を救う。”、「ふーん、なるほどね。」という感じ。もともと群像劇は私の好みではないんですが、それは俳優やキャラクター個々の特性が薄まってしまうから。ともあれ時は2012年、彗星がまもなく地球に激突し人類は滅んでしまう!という状況から物語は始まります。

02 03

本作は、1982年の気の弱い大学生・雅史(濱田岳)のエピソード、1999年の宗教家・谷口(石丸健二郎)のエピソード、2009年のフェリーのコック(森山未來)と女子高生・麻美(多部未華子)のシージャック事件、1975年のパンクバンド逆鱗のメンバーたち(伊藤淳史ほか)が「FISH STORY」を世に出すまでの軌跡、そして2012年の彗星激突間近のレコード店でのエピソード、この合計5つのシチュエーションが、全て「FISH STORY」で繋がってくるという物語。

もし「FISH STORY」がなかったら地球は滅亡しているのですが、ではどのようにその5つのエピソードが繋がってくるのか。そこが本作の面白さなんですが・・・。以前観た『アフタースクール』は前半ちょっとだるい展開でしたが、その前半で撒かれていたタネが結末では見事に繋がっており、それこそ見事に出し抜かれた感がありました。しかし本作は観ていると何となく展開が透けて見えてしまうんですね。勿論結末まで解る訳ではないですが。個別のタネをタネと呼ぶには大きすぎるほどしっかりと観せてくれるため、逆に結末のシーンでは驚けないとでも言うんでしょうか。

04 05

いずれにしろ、時間軸の中で“たら”、“れば”が偶然重なりその結果地球はどうなるのか?なんですが、そもそもこの手の作品は別に珍しくはありません。過去の出来事が現在に及ぼす影響、それを時間軸の外側から観せてくれる荒唐無稽なお話、即ちそれが「フィッシュストーリー=ホラ話」ということな訳です。コンセプトはありきたりな割りにそこそこ楽しめたのは個別のネタそれ自体が面白かったから。森山未來のアクションシーンなんて始めて見ましたが、これが中々格好いい!

また随所に散りばめられた時代を感じされるギャグやアイテムが劇中とリアルタイムを生きてきた私には何ともいい感じではあります。正義の味方・森山未來の子供の頃の修行が映画「ベストキッド」の修行だったり、気の弱い大学生・雅史たちは「FISH STORY」はカセットテープのカーオーディオで聞いたり、プロデューサー岡崎の子供が観たい番組が「ゴレンジャー」だったり…。

06 07

バンド“逆鱗”がプロデビューし、「FISH STORY」が生まれるまでのエピソードは本作のキモの部分で、厚めに構成されていたんですが、それでももっと観たかったですね。まあパンクと言われてもあれがパンクと言えるのかは、そっち方面に疎い私にはトンと解りかねるのですが。(笑)

個人的オススメ度(なーんか・・・)

↓いつも応援ありがとうございます!ランキング参加中です。ポチッとご協力頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ

|

« ベッドタイム・ストーリー | トップページ | マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28822305

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシュストーリー:

» 映画 「フィッシュストーリー」 [ようこそMr.G]
映画 「フィッシュストーリー」 [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 02時58分

» フィッシュストーリー [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。 2012年、巨大な彗星の地球への衝突が5時間後に迫っていました。地球にぶつかれば、世界が終わることは必至。そんな時、ほとんどの人が避難してしまった後の人気のない街のレコード店で、日本のパンクバンドの先駆けであった逆鱗&... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 06時43分

» フィッシュストーリー/伊藤淳史、高良健吾 [カノンな日々]
『アヒルと鴨のコインロッカー』の伊坂幸太郎さんの同名小説を映画化した作品です。大好きな作家さんですと言いつつも未だに一作品も読まずにいますけど実は一作だけ購入した本があるんです。でも何故か手をつけずに験担ぎを続けてます(笑)。 出演はその他に、多部未華子....... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 07時57分

» フィッシュストーリー [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田岳、森山来來、大森南朋、渋川清彦、大川内利充、眞島秀和、江口のりこ、山中崇、波岡一喜、高橋真唯、石丸謙二郎。末期がん患者(石丸謙二郎)は至福の瞬間が迫り、避難して人気のない町を電動....... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 08時04分

» フィッシュストーリー ★★★★★ [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
公式サイト プラデラレビュー 伊坂幸太郎原作、中村義洋監督、とくれば『アヒルと鴨のコインロッカー』が既にある。原作のギミックやトリックは活かしつつ、独自のアレンジを随所に追加して独自のテイストに変容させる、とのやり方は基本的に共通。 それは同監督の、....... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 11時06分

» フィッシュストーリー [  Art- Mill  ]
http://fishstory-movie.jp/ 伊坂幸太郎さんの「行ったり来たりの時空間」ワールドを、中村義洋監督がどう自分の世界に取り込むか。これが一番の興味だった。「フィッシュストーリー」、 [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 13時37分

» 試写会「フィッシュストーリー」 [流れ流れて八丈島]
今晩は、当直明け恒例の試写会でした。なかのZEROホールで「フィッシュストーリー」です。会場が中野ということなんで、吉祥寺周辺に住んでるH・N嬢を誘ってみたら、たまたま休日だったので、一緒に観てきました。お互いお休みなんで、まずは夕方5時くらいに待ち合...... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 14時12分

» 『フィッシュストーリー』 [映画批評_気ままにツラツラと・・]
さて連休映画三昧のトリは・・・ 『フィッシュストーリー』です。 あらすじ: 物語は、2012年の東京から始まる。 ゴミが散らかった街は、人影ひとつなく空では大きな彗星がゆっくりと動いている。 5時間後の地球にその彗星がぶつかり、地球は滅亡へのカウントダウン中... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 15時51分

» フィッシュストーリー [to Heart]
きっと、つながる 製作年度 2009年 上映時間 112分 原作 伊坂幸太郎 『フィッシュストーリー』(新潮社刊) 脚本 林民夫 監督 中村義洋 出演 伊藤淳史/高良健吾/多部未華子/濱田岳/森山未來/大森南朋/渋川清彦/石丸謙二郎/草村礼子 『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、伊坂幸太郎の原作を中村義洋が監督したユーモラスでそう快な人間ドラマ。 {/book_mov/}1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人(伊藤敦史、高良健吾、渋川清彦、大川内利充)は、解散前最後の... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 18時56分

» フィッシュストーリー [ダイターンクラッシュ!!]
3月24日(月) 21:05~ チネ4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『フィッシュストーリー』公式サイト 『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作、監督コンビの作品。伊坂幸太郎原作映画は、いくつか見ているが、小説は一冊も読んでいないな。 本作は、短編が原作だそうである。 「逆鱗」なる早すぎたバンド(「セックス・ピストルズ」の一年前1975年のパンクらしきもの)の曲「フィッシュストーリー」が、2012年彗星激突の危機を救う。どのように救う結果になったの... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 22時24分

» 『フィッシュストーリー』 ~売れないバンドの物語から地球滅亡を救うとこまで、爽やかに繋がるんだな [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『フィッシュストーリー』 監督: 中村義洋 プロデューサー: 宇田川寧 / 遠藤日登思 原作: 伊坂幸太郎 脚本: 林民夫 撮影: 小松高志 美術: 仲前智治 編集: 大畑英亮 音楽プロデューサー: 斉藤和義 照明: 松岡泰彦 録音: 高野泰雄 キャスト:伊藤淳... [続きを読む]

受信: 2009年3月27日 (金) 23時54分

» フィッシュストーリー(映画館) [ひるめし。]
きっと、つながる [続きを読む]

受信: 2009年3月28日 (土) 12時09分

» 『フィッシュストーリー』@一ツ橋ホール(試写会) [たーくん'sシネマカフェ]
この映画、監督と原作、一部出演者が「アヒルと鴨のコインロッカー」が同じで楽しみにしていたらBluebloodさんから試写会のお誘いが♪SpecialThanks!「フィッシュストーリー」鑑賞★(C)2009「フィッシュストーリー」製作委員会監督:中村義洋原作:伊坂幸太郎音楽プロデュ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月28日 (土) 17時31分

» 『フィッシュストーリー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「フィッシュストーリー」□監督 中村義洋 □脚本 林 民夫 □原作 伊坂幸太郎(フィッシュストーリー」新潮社)□キャスト 伊藤淳史、高良健吾、多部未華子、濱田 岳、森山未來、大森南朋 ■鑑賞日 3月25日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  2012年ってもうすぐジャン 薄く誰が地球を救うんだぁ〜〜〜 原作は未読なので、この映画の予告編を観たときに先日観た『少年メリケンサック』と被ってる部分があるのかなぁと思ったが、個人... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 08時34分

» フィッシュストーリー [象のロケット]
2012年、彗星の衝突まであと5時間。 人々が避難し静まり返った街で、一軒だけ営業を続けているレコード店があった。 店長はつぶやく「正義の味方が地球を救う」。 店に流れているのは70年代に全く売れなかったパンクバンド“逆鱗”の最後のアルバム「フィッシュ・ストーリー」。 時空を超えて、この曲が世界を救う…のか!? 時間軸が交錯する運命のパンク・ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 17時08分

» 【フィッシュストーリー】 [日々のつぶやき]
監督:中村義洋 出演:伊藤淳史、森山未來、浜田岳、高良健吾、多部未華子、大森南朋、石丸謙二郎 「1975年セックス・ピストルズがデビューする1年前、「FISH STORY」を最後に出して消えたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された、同級生の運転... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 17時33分

» 『フィッシュストーリー』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1975年、セックス・ピストルズがデビューする1年前。最後のレコーディングで「FISH STORY」を放った、早すぎたパンクバンド“逆鱗”。1982年、いつか世界を救うと予言された気弱な大学生。2009年、シージャックに巻き込まれた女子高生と、正義の味方になりたかったフェリーの... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 20時58分

» フィッシュストーリー @試写会 [いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー]
フィッシュストーリー 2/6(金)ショウゲート試写室 原作は未読だし、アヒ鴨も未見(コレを機に観たいと思ってます)なのだけど、のっけからマイ・ウェイはシナトラを・・・なんてな話から入るんで食いついちゃってそのまま楽しんでしまいましたー。 とくに“逆... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 00時30分

» フィッシュストーリー [めでぃあみっくす]
つながった〜!気持ちいいくらいに1953年〜2012年までひとつにがつながっちゃった〜! 最後に「FISH STORY」がフルで流れるまではどないなるかと思ってましたが、まさか本当に誰にも聴かれなかったパンクレコードが世界を救うなんて、笑っちゃうほど面白かったです。 も....... [続きを読む]

受信: 2009年4月 1日 (水) 19時23分

» フィッシュストーリー [だらだら無気力ブログ]
『アヒルと鴨のコインロッカー』に続いて、伊坂幸太郎の原作を中村義洋 監督が映画化。 1970年代、全く売れなかったパンクバンドの1つの曲がいろんな人物が 交錯し、めぐりに巡った結果、地球滅亡の危機を救うという奇想天外な 時空を超えたストーリーを鮮やかに描く。201..... [続きを読む]

受信: 2009年4月 2日 (木) 00時49分

» 「フィッシュストーリー」 想いはいつか誰かに届く [はらやんの映画徒然草]
「アヒルと鴨のコインロッカー」と同じく、伊坂幸太郎さん原作、中村義洋さん監督の本 [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 19時18分

» [映画『フィッシュストーリー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
★MOVIX昭島での、最終上映に駆け込んできましたよ^^  明日から、ロードショーがいっぱいだから、上映終了の映画も多いですな。    ◇  簡単に言うと、これは「小エピソード連鎖」の物語である。  とあるパンク(と言うジャンル名さえない頃の)バンドの売れない一曲から発した「無意識のメッセージ性」が、多くの人物の人生を介在し、最終的に地球を滅亡から救う。  普通、このような物語は、実写映画にすると、荒唐無稽になってしまうと思われるのだが、  「場(演劇で言うところの)」を限定し、でも、そ... [続きを読む]

受信: 2009年4月17日 (金) 15時16分

» フィッシュストーリー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『きっと、つながる』  コチラの「フィッシュストーリー」は、”発売当時だれにも聞かれなかった曲が、時空を超えて人々をつなぎ、世界を救う!「アヒルと鴨のコインロッカー」のチームが贈る、伊坂幸太郎ワールド第2弾!!”となる3/20公開のヒューマン・ファンタジー...... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 06時22分

» 「フィッシュストーリー」みた。 [たいむのひとりごと]
「僕の孤独がぁ~(ダダダ ダン) 魚だったらぁ~(ダダダ ダン)♪」何度も繰り返して聞かされると必ず頭の中でエンドレスにグルグルと回ってしまうような曲の一つと思う。何たってヘンテコリンな歌詞だし、「ダ... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 18時44分

» 映画 【フィッシュストーリー】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎の原作を『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が映画化。 おはなし:1975年、鳴かず飛ばずのパンクバンド“逆鱗”のメンバー4人は、解散前最後のレコーディングに挑んでいた。そして、地球の滅亡まで数時間に迫った2012年、一軒のレコード店から「FISH STORY」が流れ始める・・・。 原作は未読です。 伊坂幸太郎の小説と言えば、たくさんの伏線が最後には見事に回収され、登場人物が何らかの繋がりを持っていたことが解明される爽快感に魅了されること... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 19時53分

» フィッシュストーリー [迷宮映画館]
本のテイストとは、違った味わい。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 2日 (火) 08時48分

» フィッシュストーリー [映画君の毎日]
フィッシュストーリー ¥4,441 『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が、再び“伊坂ワールド”に挑んだ奇想天外なヒューマンストーリー。パンクバンド・逆鱗が75年に残した最後の曲「FISH STORY」。発売当時誰にも聴かれなかったその曲が、巡り巡って地球滅亡の危機... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 03時51分

» 「フィッシュストーリー」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                         「フィッシュストーリー」 原作 伊坂幸太郎 監督 中村義洋 池袋 新文芸坐にて。 前からこの日を楽しみにしていました(上映はこの日だけ)。 DVDも貸し出してるのですが、やはり映画館で観たかったですな。 ぶっちゃけ、多部未華子が出ている、それだけで観にいったようなものですな。 「つばさ」が終わって以来、暫くぶりの多部ちゃんは・・げ、芸風が変わっていた!!というか、「つばさ」と同時期に撮影していたとしたら、芸風を変えていると言ったほうが正しいのか... [続きを読む]

受信: 2009年12月 4日 (金) 13時04分

» 映画「フィッシュストーリー」 [Andre's Review]
フィッシュストーリー 日本 2009 2009年3月公開 DVD鑑賞 1つ前の原作の感想記事で予告した通り、原作を読み終えてすぐに映画版をDVDで鑑賞。原作は文庫版で追いかけていて、さらに伊坂作品はどうしても原作を先に読みたいので、劇場公開時もできる限り予告編を見ないようにするなどグググッと我慢していたのをようやく観ることができました。 そんなわけで、短編集『フィッシュストーリー』に収録されている表題作の映画化。 2012年 隕石がまもなく地球に衝突しようとしている時、谷口(石丸謙二郎)は誰もい... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 01時02分

» 『フィッシュストーリー』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
フィッシュストーリー [DVD]アミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  『フィッシュストーリー』 2009年(日)監督:中村義洋  一曲の音楽が世界を救う。そんな馬鹿馬鹿しくも爽快な世界を映画的な手法で馬鹿馬鹿しく阿保らしく魅せた佳作。  誰もいない道路、というか、地球。無人と化した地球の中の日本という小国の小さな道路で、車イスに乗った中年の男が今にも落ちてきそうな隕石を背にのんびりと車イスを動かしている。杖で自転車を倒し、何をするわけでもないその姿。カメラはあまりに虚し... [続きを読む]

受信: 2010年1月14日 (木) 23時30分

» フィッシュストーリー  [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  1975年に、先取りし過ぎてヒットしなかったパンクバンド「逆鱗」の、最後の曲が『FISH STORY』。この曲の途中には約1分の空白があり、その空白の中で女性の叫び声を聞いた者は、将来世界を救う英雄になるという。 1982年には、お人良しで気弱... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 19時37分

» フィッシュストーリー 森山未來と田部美華子が相当効いてる奇跡の物語 [背面飛行がとまらない]
 伊坂幸太郎原作、中村義洋監督作品 ”フィッシュストーリー”。あの名作”アヒルと [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 00時56分

» 月に魚 [Akira's VOICE]
「ニュームーン/トワイライト・サーガ」 「フィッシュストーリー」  [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 10時41分

» 『フィッシュストーリー』 [『映画な日々』 cinema-days]
フィッシュストーリー 彗星が地球に衝突する5時間前 人類存亡の危機を目前にして 果たして救世主は現れるのだろうか... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:伊坂幸太郎 『フィッシュストーリー』 フィッシュストーリー=ホラ話... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 02時27分

» 映画評「フィッシュストーリー」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中村義洋 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 17時19分

» 『フィッシュストーリー』 ('11初鑑賞107・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 8月6日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2011年8月10日 (水) 19時57分

» フィッシュストーリー [A Day In The Life]
DVDにて観賞 解説 『アヒルと鴨のコインロッカー』に続き、伊坂幸太郎の原作を 中村義洋が監督したユーモラスでそう快な人間ドラマ。 1970年代に活動した売れないパンクバンドの一曲を中心に、と りどりの登場人物が交錯しやがて地球の滅亡をも救う、時空を 超えた奇... [続きを読む]

受信: 2011年12月 2日 (金) 23時43分

« ベッドタイム・ストーリー | トップページ | マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと »