« オーストラリア | トップページ | シリアの花嫁 »

2009年3月 2日 (月)

カフーを待ちわびて

Photo_5主演は3月7日公開予定の『ジェネラル・ルージュの凱旋』に出演する玉山鉄二、共演は『山のあなた~徳市の恋~』で徳市が恋する女性を演じたマイコ。本作は第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した原田マハの同名の小説が原作です。『山のあなた~徳市の恋~』でマイコに魅せられた私としては彼女の2作目を見逃す訳にはいかないわけで…。久々に横浜まで遠征し『罪とか罰とか』(後日エントリー予定)と併せて鑑賞してきました。
>>『カフーを待ちわびて』公式サイト

さすがに巧みなストーリー構成

あらすじへ

第1回日本ラブストーリー大賞というのがどんなものなのか私は知りませんが、いずれにしろ大賞を獲った作品だけあって、土台のしっかりとしたストーリーの作品でした。とても切なく純粋で素朴な大人のラブストーリーです。カフーとは沖縄の言葉で「良い報せ」とか「幸せ」を意味するそうですが、文字通りとある“カフーを待ちわびて”いる青年に、ある日それが訪れるところから物語は始まります。

Photo_4本作は与那喜島を舞台に、玉山鉄二とマイコが演じる明青(あきお)と幸(さち)、2人の間にある微妙な距離感が徐々に埋まっていく様子が描かれています。ただ、正統的なラブストーリーの宿命というか、途中である程度先行きの想像が付いてしまうのは仕方ないことなのでしょう。いわゆる“ベタ”というやつです。まあ、私は“ベタ”なストーリーが大好きなので全然構わないのですが。(笑)

ところで明青と幸のラブストーリー以外にも、本作ではこういった離島が舞台の話ではありがちなリゾート開発を巡る出来事がサイドストーリーとして描かれています。それもラブストーリーには不釣合いな程丁寧に。何故そこまでの時間を割いて描いたのか。実はこのサイドストーリーは物語終盤での、一方の大きな伏線となっています。劇中、沢村一樹演じるリゾート開発会社の高木は、中々土地を売らない人々に対して、それぞれが“欲しがるモノ”を提示して“落として”いきます。そこで明青に対して高木がとった手段が“結婚相手を紹介する”というものでした。

Photo_3さて、一方と書きましたが、ということはもう一方がある訳で。それは明青の母親に関するエピソードです。明青の母親は彼が幼い頃に彼を残して島を出て行ってしまいます。明青が何があっても感情の起伏を抑えるようになってしまったのは、母親のある教えが原因でした。そもそも明青が土地を売らないのも、いつか母親が戻ってくることを心のどこかで待っていたから。実は明青の待ちわびていた“カフー”は母親のことだったのでした。

本作の一番の魅力は、明青の元にある日突然やってきた“おしかけ女房”(古いな…)の幸が一体何者なのか、何で明青の元に来たのかということが全く解らないままに2人が少しずつお互いを好きになっていく様子を淡々と、しかし丁寧に描いているところ。彼女の正体は最後の最後まで解りませんが、前述したサイドストーリーとエピソードから、2パターンしかありえないことが観客には解ります。即ち、与那喜島開発のために明青に紹介された女性か明青の母親の関係者のどちらか。

Photo_2もちろん結末はここには書きませんが、最後まで「え?マジで?」とか「やっぱ違うの?」と我々を悩ませてくれます。こう書くと、そんなの解るだろ!と思われるかもしれませんが、実に巧みな演出なんです、これが。そもそも明青が内地の神社に奉納した絵馬に「嫁に来ないか。幸せにします。」と書いてあったのを見た幸から手紙が届いたのが物語の始まり。にもかかわらず中々彼女の顔はスクリーンに映りません。思わせぶりに後姿を見せたりと、最初からかなり謎めいた観せ方をしています。

それにしてもマイコは相変わらず透明感のある女性です。彼女のもつ透明感が彼女の正体をより推測しがたくしていますね。どちらかというと個性的な美人ですが、私は魅せられてますので次回作も間違いなく観ると思います。(笑)玉山鉄二に関しては…、あんまり言うことないかも。(ファンの方スイマセン。笑)別に悪い意味ではないのですが、本作はそもそも賞を獲った原作の映画化ですので、まずストーリーありきだと思います。従って、個人的に好きなマイコ以外はあまり気にならなかったというのが本音だったり…。

個人的オススメ度(カフーは寝て待て…私も思ったって人がいるハズ)

↓いつも応援ありがとうございます。ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« オーストラリア | トップページ | シリアの花嫁 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28430398

この記事へのトラックバック一覧です: カフーを待ちわびて:

» カフーを待ちわびて [だらだら無気力ブログ]
第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した同名小説を映画化。 沖縄を舞台に一組の男女の恋物語を描く。沖縄の離島で雑貨店を営む明青は、愛犬カフーと毎日をのんびりと平凡に 暮らしていた。そんなある日、明青のもとに一通の手紙が届く。 手紙の内容は以前、明青が縁結びで..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 01時04分

» 『カフーを待ちわびて』 [・*・ etoile ・*・]
'09.02.19 『カフーを待ちわびて』(試写会)@九段会館 これは気になった。何故なら玉鉄好きだから(笑) yaplogの試写会に応募。当選したのでバレエのお稽古サボって行ってきた! 「沖縄の離島で小さな日用雑貨店を営む明青。友達と行った神社でふざけて書いた絵馬に返事がくる。手紙に書いてあったとおり、後日差出人である幸が明青を訪ねて来るが…」という話。これはなかなか良かった。ちょっと余計な要素を入れてしまったため中途半端な感じになってしまった気もするけど、心に傷を負ったため、踏み出す... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 01時48分

» カフーを待ちわびて [Memoirs_of_dai]
美人ならカフーだが 【Story】 南の小さな島で雑貨店をしながら愛犬のカフーと暮らす明青(玉山鉄二)は、ある日1通の手紙を受け取る。そこ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 02時16分

» カフーを待ちわびて [いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー]
カフーを待ちわびて  2/28(土)TOHOシネマズ キレイな顔の男前と抜群にスタイルのいい美人 そして、限りなく美しい海と優しさが漂う風景があれば ただただボーッと観てられちゃうものなのねー ゆったりとした時の流れを感じるような空気も心地良い... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 10時33分

» カフーを待ちわびて [めでぃあみっくす]
第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した原田マハ先生の小説を映画化したこの作品。沖縄の孤島を舞台にしているからだけではない、ゆっくりとした流れと春のような温かな雰囲気がとても心地よく、その雰囲気のなかで進む恋愛話だけではない本当の「ラブストーリー」に凄く温....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 17時27分

» カフーを待ちわびて [とりあえず、コメントです]
日本ラブストーリー大賞を受賞した同名小説の映画化です。 いつも海の音が聞こえているような沖縄の離島を舞台に 男女の心の交流が優しく描かれていました。 過疎化が進む小さな島では、島の未来を揺るがす論議が沸き起こっていた。 観光リゾート開発の話が具体化へと進んでいたのだ。 産業の無い島の未来を変えたいという開発業者の声に、住民の大半が開発派に傾いていた。 島で小さな商店を営む友寄明青(玉山鉄二)は数少ない反対派。 犬を相棒に気ままな生活を送っている彼は、長年住んでいるこの土地を業者に売りたくないと考え... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 22時07分

» カフーを待ちわびて [象のロケット]
いたずらの中にも本音をこめて、明青(アキオ)が内地の神社で絵馬に書いた願い事「嫁に来ないか。 しあわせにします。」。 やがて、その絵馬を見たという女性・幸(サチ)から手紙が届き、訪ねてきた彼女は「絵馬の言葉が本当なら、私をお嫁さんにしてください。」と、居着いてしまう! 驚きながらも受け入れた明青だったが…。 ファンタジック・ラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 23時15分

» カフーを待ちわびて [象のロケット]
いたずらの中にも本音をこめて、明青(アキオ)が内地の神社で絵馬に書いた願い事「嫁に来ないか。 しあわせにします。」。 やがて、その絵馬を見たという女性・幸(サチ)から手紙が届き、訪ねてきた彼女は「絵馬の言葉が本当なら、私をお嫁さんにしてください。」と、居着いてしまう! 驚きながらも受け入れた明青だったが…。 ファンタジック・ラブストーリー。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 01時23分

» 映画 【カフーを待ちわびて】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「カフーを待ちわびて」 第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した同名の小説を映画化。 おはなし: 南の小さな島で雑貨店をしながら愛犬のカフーと暮らす明青(玉山鉄二)は、ある日1通の手紙を受け取る。そこには「あなたのお嫁さんにしてください」というメッセージが書かれていたが、彼は差出人に心当たりはなかった。そんな折、突然幸(マイコ)と名乗る美しい女性が島を訪れ、明青の家に居ついてしまう・・・。 明青(あきお)という男性はイケメンさんなのに、どうも生きることに不器用な様子。イイ人なんだけど... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 23時41分

» 『カフーを待ちわびて』 [京の昼寝〜♪]
□作品 オフィシャルサイト「カフーを待ちわびて」□監督 中井庸友 □脚本 大島里美 □原作 原田マハ□キャスト 玉山鉄二、マイコ 、尚玄、宮川大輔、白石美帆、勝地涼、瀬名波孝子、ほんこん、伊藤ゆみ、高岡早紀、沢村一樹■鑑賞日 3月1日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)  本作と『ハルフウェイ』、ピュアな恋模様を描いた作品がこの日続いた。『ハルフウェイ』より大人の恋愛だが、北海道と沖縄というほぼ半日で日本の北と南を旅した気分だった。 特にこの寒い時... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 12時05分

» カフーを待ちわびて [to Heart]
絵馬に返事が来ました。 製作年度 2009年 上映時間 121分 原作 原田マハ 『カフーを待ちわびて』(宝島社刊) 脚本 大島里美 監督 中井庸友 音楽 池頼広 出演 玉山鉄二/マイコ/勝地涼/尚玄/宮川大輔/白石美帆/高岡早紀/沢村一樹 第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した同名の小説を映画化したピュアなラブストーリー。 タイトルの“カフー”とは、島の言葉で“果報”、“幸せ”の意味。 {/book_mov/}沖縄の離島で雑貨店を営む青年・明青(あきお)は、愛犬のカフーとのんびりした毎日を送って... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 00時27分

» 「カフーを待ちわびて」癒されるなあ…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[カフーを待ちわびて] ブログ村キーワード   沖縄の、ある小さな島を舞台にした、チョット不思議なラブ・ストーリー「カフーを待ちわびて」(エイベックス・エンタテインメント)。沖縄の自然、そして何故か緩やかに流れる時間。優しい“恋愛おとぎ話”です。  沖縄の小さな島“与那喜島”。ここで鄙びた雑貨屋を営む明青《あきお》(玉山鉄二)は、愛犬カフーと、のんびり1人で暮らしていた。明青の母(高岡早紀)は、明青が幼い頃、内地の男との恋に奔り、明青を捨てて島を離れた。それ以来、明青は1人きりで、食事... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 20時48分

» 『カフーを待ちわびて』 [・*・ etoile ・*・]
'09.02.19 『カフーを待ちわびて』(試写会)@九段会館 これは気になった。何故なら玉鉄好きだから(笑) yaplogの試写会に応募。当選したのでバレエのお稽古サボって行ってきた! 「沖縄の離島で小さな日用雑貨店を営む明青。友達と行った神社でふざけて書いた絵馬に返事がくる。手紙に書いてあったとおり、後日差出人である幸が明青を訪ねて来るが…」という話。これはなかなか良かった。ちょっと余計な要素を入れてしまったため中途半端な感じになってしまった気もするけど、心に傷を負ったため、踏み出す... [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 01時58分

» 「カフーを待ちわびて」 [てんびんthe LIFE]
「カフーを待ちわびて」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 玉鉄目当てでみた作品。 いきなりよれよれのTシャツで、髪ボウボウで現れた玉鉄ですが、美しい顔は隠せず。 あれはもう特殊メイクでもしない限り崩せないと思います。 ブラピと同じだわ。 この作品、沖縄を舞台に、癒し系作品かと思っていたのですが、そうでもなく、こてこてのラブストーリーかと思えばそうでもなく、なんかこう、、小さな島での出来事できな小さなホームドラマ的な作品でした。 ファンタジーみたいに絵馬を書いて「お嫁さんに来てください」って... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 18時23分

» 【カフーを待ちわびて】 [日々のつぶやき]
監督:中井庸友 出演:玉山鉄二、マイコ、勝地涼、宮川大輔、白石美帆、高岡早紀、沢村一樹    絵馬に返事が来ました。 「沖縄の小さな島の小さな商店で明青は、愛犬カフーと暮らしていた。 ある日一通の手紙が届いた。見知らぬ女性からのその手紙にはあな... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 15時10分

» 『カフーを待ちわびて』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
玉山鉄二、マイコ主演の『カフーを待ちわびて』を新宿バルト9で観てきました。 ちょうどシネマチネ料金で観られたので、お得でしたー。 そして予感はしていたけれど、めちゃくちゃ自分好みの作品でした。作品の中盤で何度泣かされたか。。。 ******************** 第1... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 00時20分

» カフーを待ちわびて [映画君の毎日]
カフーを待ちわびて ¥3,651 沖縄の小さな島で雑貨店を営みながら、愛犬・カフーと静かに暮らしている明青(玉山鉄二)。そんな明青のもとに、幸(マイコ)という女性から「お嫁さんにして下さい」という一通の手紙が届く。それは、旅先で冗談半分に残した「嫁に来ないか」と書い... [続きを読む]

受信: 2009年10月22日 (木) 00時52分

» 沖縄病になる映画?~「カフーを待ちながら」~ [ペパーミントの魔術師]
絵馬に返事が来ました・・・。 しかもいきなり「お嫁さんにしてください」って。 びっくりびっくり。 しかもめちゃキレイなお姉さん。 最初こそンなアホな~と思いつつ、 結局はカフー(よい知らせ)として 彼女を家に迎え入れちゃう。 そこから話は動き出すわけですが・..... [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 13時04分

» ハワイと沖縄 [Akira's VOICE]
「カフーを待ちわびて」 「ホノカアボーイ」  [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 15時49分

« オーストラリア | トップページ | シリアの花嫁 »