« インクレディブル・ハルク | トップページ | カフーを待ちわびて »

2009年3月 1日 (日)

オーストラリア

Photo_82月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリア人(ニコールはアメリカとの二重国籍)なので、故郷を描いた作品ということになります。
>>公式サイト

イメージ通りのスケール感

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへみなさんの応援クリックに感謝デスsunshine

我々がオーストラリアに抱くイメージって何でしょう。私が抱くイメージといえば“広大な大地”“実直さ”“アボリジニー”“カンガルー”“コアラ”…。コアラこそ出てきませんが、少なくとも私がオーストラリアやオーストラリア人に抱いているイメージを裏切らない作品でした。良くも悪くも。2月公開のトリは文字通り上映時間2時間45分という『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』なみの大作で締めくくりです。

Photo_3観終わった直後の感想としては「なかなか面白かった!けど長かった!」でした。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』がその長さを全く感じなかったのに対し、こちらはちょっと疲れました。ストーリーには引き込まれますが、なにしろ込められている要素があまりにも多く、それが次から次へとスクリーンに展開していきます。正直言って、もうちょっとコンパクトにまとめられるのではないかと感じました。

実は細かい点では結構“?”が残ったりします。しかしそこはそれ、オーストラリアの雄大な大地のごとく細かいことには拘らず物語の大筋を楽しんでくれと言わんばかりにスケール感のある映像がスクリーンに映し出され、観ている側を有無を言わさず引き込んでくれます。前半最大の見せ場である“牛追い”のシーンなどは素晴らしい迫力映像でした。面白いのはこのシーンの主役はニコールでもヒューでもなく、アボリジニと白人の混血児ナラを演じたブランドン・ウォルターズくん。本作がデビュー作ですが、今後も俳優を続けて欲しいです。

Photo_4さて、ニコール・キッドマンといえば上品なセレブのイメージが強いですが、本作でも最初に登場したとのサラは見かけ上は、今のニコール・キッドマンのイメージ通りの上流階級の女性です。ただ、男には負けない!という強烈なプライドと自意識過剰なところがむしろ滑稽に見える役回り。このへんのおちゃめなニコールは序盤の見どころといってもいいでしょう。最初はオーストラリアの現実を何も知らない、場違い感を放ちまくっていたサラは、ヒュー・ジャックマン演じるドローヴァーと知り合い、9000キロの距離を1500頭の牛を追って横断するうちに逞しく成長していきます。最初は正統派乗馬スタイルだったのが、街に着く頃にはドローヴァーたちと同じ乗り方をしていたりと細かいところで成長の痕を表現していたり。

Photo_6一方、ヒュー・ジャックマンですが、相変わらずカッコイイ!特に劇中催されるパーティーシーンで白のスーツを着て登場するシーンには男でありながら見とれます。無精ヒゲだとワイルドで、ヒゲをそるとスマートなハンサムって…、非の打ち所がなくてうらやむ気も起きません。(笑)おまけにサービスカットとも取れる上半身裸の水浴びシーンでは素晴らしい筋肉美。『インベージョン』でダニエル・クレイグと共演したときも凄いカップルだと思ったものですが、今回の2人はそれを越えたかもしれません。

Photo_7ストーリー後半は、太平洋戦争で日本軍に爆撃されて街がめちゃくちゃにされてしまう中、サラは警察に連れ去られたナラを必死に助けようとする様子が描かれます。きっちりと日の丸のついた戦闘機が爆撃したり、日本兵がドローヴァの友人を殺したりと、それでなくても最近評判の悪い日本のイメージが更に落ちるであろうこと間違いなしの場面が続きます。このシーンの頃にはそろそろ疲れもあったせいか、若干気持ちは引いてしまったのは否めませんでした。

主要な役を全てオーストラリア人に割り振ったり、オーストラリアの大自然を十全にみせてくれたりと、ラーマン監督の強い拘りが感じられる作品ではあります。

個人的オススメ度(ニコール・キッドマンの走り方が可愛い♪)

↓いつも応援ありがとうございます。ポチッと一押ご協力お願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

|

« インクレディブル・ハルク | トップページ | カフーを待ちわびて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28414261

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア:

» 映画:オーストラリア [よしなしごと]
 予告編を観たときはそれほど興味をそそられなかったのですが、このブログで何度も紹介しているテレビ番組やぐちひとりの特集を観て、ちょっとおもしろそう・・・。と迷っていたんです。そんな話を会社の後輩としていたら、彼の奥様が試写会に当選しすぎたらしく、2回も観ないからと試写会の招待状をいただけることになりました。と言うわけで、オーストラリアを試写会で観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 02時06分

» 「オーストラリア」試写会、感想。 [Beinthedepthsofdespair]
日記に、「オーストラリア」が観たい、って書いたら、試写状を譲ってくれた有り難い人がいまして、今回観る事が出来ました。上映時間は2時間45分、「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」に引き続き、長尺の映画、事前にリタを投下して、絶対眠らないぞ!と、気合いを込...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 02時29分

» ☆「オーストラリア」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 03時13分

» 『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア [NiceOne!!]
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオース...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 07時45分

» 劇場鑑賞「オーストラリア」 [日々“是”精進!]
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 07時52分

» オーストラリア /AUSTRALIA [我想一個人映画美的女人blog]
『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オーストラリアの映画はこちら{/hand_iine/}オーストラリア映画 主演のニコールも、ヒュー様も相変わらずステキ{/m_0150/} ふたりはまるで、わたしの永遠にNo1殿堂入り映画『風と共に去りぬ』の スカーレットとレッドバトラー... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 07時59分

» 映画「オーストラリア」(2008年、米) [富久亭日乗]
     ★★★☆☆  監督のBaz Luhrmann 、 主演のNicole Kidman、Hugh Jackman と Australia出身の3人が手掛けた 愛と冒険のロマン。         第2次世界大戦直前の1939年、 英国貴族の夫人Sarah Ashley (Nicole Kidman)が 夫の住む北オーストラリアを訪れるが、 夫は何者かに殺されていた。 夫から相続された土地を守るため、 Darwinの軍に牛を売ることを決めたSarahは、 夫が信頼していた野性的なカウボーイ Dro... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 08時59分

» 「オーストラリア」みた。 [たいむのひとりごと]
コピーどおりの壮大でワイルドなスペクタクル作品。燃え上がるロマンスに友情や家族愛、先住民(アボリジニ)によるスピリチュアルな雰囲気までをも漂わせた、何から何までがギュギュギューっと詰め込まれたドラマチ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 09時37分

» オーストラリア [シネマ大好き]
昨夜、試写会で「オーストラリア」を観た。 帰ってこない夫を追ってはるばるロンドンからオーストラリアにやってきたサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)だが、夫は殺され、牛は畜産業界のボスにくすねられていて、自分に残されたものを守るために、1500頭の牛..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 11時16分

» オーストラリア [まぁず、なにやってんだか]
昨日、ウェルシティ東京で「オーストラリア」の試写会を観てきました。 2時間45分の大作です。まさかこんなに長いとは思っていなかったので、会場で上映時間を言われてどよめきました~。 名作『風と共に去りぬ』を意識してる?って感じの強い女性を描いています。 サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は気品があって、とても美しいし、言いたいことをズバッと言うところなんてスカッとします。男勝りなところも観ていて気持ちいいです。 「子供は好きじゃない」と言っていたけれど、ナラとどんどん打ち解けてい... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 11時27分

» 「オーストラリア」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「オーストラリア」公式サイトポスターでラブラブの二人を見つつ「だ、大丈夫かなあ私・・」とそもそも不安たっぷり・・ ラブストーリーあんまり得意じゃなくてや、やっぱりこの二人の恋愛には全然興味持てませんでしたすみませんだけど前半、ア...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 12時05分

» オーストラリア [Akira's VOICE]
依り所が弱くて,心に響かない・・・。   [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 12時39分

» 『オーストラリア』 [ラムの大通り]
(原題:Australia) ----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。 もう公開まで2週間しかないじゃニャい。 「いやあ、3時間近い映画は どうしても腰が引けてしまうんだよね」 ----でも監督がバズ・ラーマンだし、 その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの。 「うん。でも彼の作風がこの叙事詩に果たしてあうのか、 そこが恐れていたところでもあったんだけどね」 ----観てみてどうだったの? 「前半は、 たとえばシルエットの主人公たちを まばたく星空の大地に立たせた姿を大ロングで... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 12時42分

» オーストラリア/Australia [いい加減社長の日記]
映画サービスデーとはしご観キャンペーンということで、2本観ようと思ったんだけど。 「UCとしまえん 」で新規公開されるのは、「オーストラリア 」だけ^^; スケールの大きさは感じるけど、分野的には、ちょっと苦手な感じで、不安を抱えながらも鑑賞。 「UCとしま... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 14時36分

» オーストラリア [勝手に映画評]
第二次世界大戦直前のオーストラリアが舞台。オーストラリアの所有牧場に来たイギリス貴族婦人が、数々の困難に直面しながらも牧場の運営をする事になると言う話。まぁ、そう言う説明だとイマイチ的な雰囲気も感じますが、オーストラリアの雄大な自然と人間の戦いを描いた、壮大な大河ドラマと言ってもいいと思います。 第二次大戦直前と言えば70年位前。そのころのオーストラリアって、まだまだこんな感じの開拓時代の雰囲気を残していたというのは驚きです。って言うか、オーストラリアは今も地域によっては、開拓時代の雰囲気を残して... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 15時44分

» [映画『オーストラリア』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オーストラリアに牧場の経営に渡ったまま帰国しない夫を訪ねて、過酷な成り行きでオーストラリアの大牧場を管理することになった英国貴婦人の冒険と恋愛と家族の物語だ。  主人公のサラを、ニコール・キッドマンが「ツンツン」と気位高く演じている。  対するヒ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 16時12分

» オーストラリア [メルブロ]
オーストラリア 242本目 2009-3 上映時間 2時間45分 監督 バズ・ラーマン 出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブランドン・ウォルターズ デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル 会場 よみうりホール(試写会 166...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 18時23分

» オーストラリア [悠雅的生活]
虹の彼方に・・・ [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 19時10分

» 【感想】オーストリア [映画を楽しむ]
オーストラリア ★★☆☆☆広大で過酷なオーストラリアの大地。この国が持つ、歴史的背景の光と影。温室育ちの貴婦人が自我に目覚め、無骨なカウボーイの身分を越え恋に落ちる。さらに、アボリジニハーフの少年を加えた疑似家族。あれもこれも入れようとして完全に軸がブ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 19時20分

» 『オーストラリア』 [めでぃあみっくす]
ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブロマ....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 20時51分

» オーストラリア(試写会)AUSTRALIA [まてぃの徒然映画+雑記]
「ベンジャミン・バトン」に引き続き、2時間45分という長大作。こう長いのが続くと、やっぱりきっちり90分台で終わらせてくる香港映画は素晴らしいね。オーストラリアのダーウィンと北部地域を舞台にして、アボリジニの問題や太平洋戦争を織り交ぜながらストーリーは進ん...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 21時09分

» オーストラリア [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
オーストラリア’08:オーストラリア ◆原題:AUSTRALIA◆監督・製作・脚本: バズ・ラーマン「ムーラン・ルージュ」「ロミオジュリエット」◆出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トン....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 22時18分

» オーストラリア [SUPER BLOG.JP]
今日は「映画の日」ということで「1000円」で観れちゃうわけ。で、とくに何を観た... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 22時44分

» 『オーストラリア』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 23時27分

» 「オーストラリア」試写会 大自然の迫力! [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫力もさることながら、西部劇風の懐かしさ、恋愛映画のロマンチック、人種差別、戦争映画の大迫力・・・・と盛りだくさんで~... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 00時19分

» 【感想】オーストリア [映画を楽しむ]
オーストラリア ★★☆☆☆広大で過酷なオーストラリアの大地。この国が持つ、歴史的背景の光と影。温室育ちの貴婦人が自我に目覚め、無骨なカウボーイの身分を越え恋に落ちる。さらに、アボリジニハーフの少年を加えた疑似家族。あれもこれも入れようとして完全に軸がブ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 01時56分

» オーストラリア/Australia [いい加減社長の映画日記]
映画サービスデーとはしご観キャンペーンということで、2本観ようと思ったんだけど。 「UCとしまえん」で新規公開されるのは、「オーストラリア」だけ^^; スケールの大きさは感じるけど、分野的には、ちょっと苦手な感じで、不安を抱えながらも鑑賞。 「UCとしまえん」は、日曜の映画サービスデーにしては、少ない感じ。 「オーストラリア」は、大きめのスクリーンで、3〜4割。 【ストーリー】 第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた 英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。 サラ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 05時01分

» 『オーストラリア』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
4年ぶりくらいに試写会に応募したところ、珍しくも当たってしまいました。 350組700名ご招待!ということなんですが、確率はどのくらいだったんでしょうかね。とりあえずODNさん、有難う。 で、美女をお誘いしたんですが見事にフラれてしまいましたので(涙)、寂しく一人で虎ノ門はニッショーホールまで行ってきました。 実を言うと予告編なんか観た段階では、自分向きの映画じゃないよなぁとあまり気乗りしてなかったんですがねぇ。 じゃあなんで応募したんだ?と、もし外れた方がココをご覧になっていたら怒られてし... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 06時21分

» オーストラリア [Peaceナ、ワタシ!]
- 本当の自分に出会える場所-。 ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンの話題作『オーストラリア』の試写会へ行ってきました。監督は『ロミオ+ジュリエット』『ムーランルージュ』のバズ・ラーマン! 上映時間が2時間45分という長丁場だったんですが、内容が2部構成だったせいか途中で中だるみすることもなく、飽きずに観ることができました。テレビCMからは、オーストラリアを舞台にした壮大なラブストーリー、という印象が強かったんですけれど…なかなかどーして! オーストラリアの原住民・アボリジニや戦争の... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 06時33分

» オーストラリア [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャー・...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 06時45分

» Australia観てきた。 [下り階段をかけのぼる。]
なんかうっかりネタバレしてしまいそうな程ダmあのねえ、面白くないというわけではないんだけど、良い作品と言うにはほど遠い。B.Luhmannの作品ってそういう傾向あるよな。前評判とか一部の人には妙に受けがいいんだけど、実際観てみたら「・・・それで?」レベル。ex)ム...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 08時34分

» オーストラリア [ともやの映画大好きっ!]
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いながら、人生を大きく変えていくアドベンチャー作品。 1939年、第二次世界大戦を目前に控えたヨーロッパ。ロンドンで暮らす貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、1年間オーストラリアに行ったまま戻って来ない夫に会うため、オース... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 08時36分

» 映画 【オーストラリア】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続。土地を守るために、粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と共にダーウィンの港まで牛を運ぶことになるが・・・。 今年はオーストラリアにとって何か記念になる年でしたっけ?と思わず調べてみたくなりますよね。ここまで... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 08時41分

» オーストラリア [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
公式サイト。バズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン。舞台のダーウィンには20年近く前行ったことがある。はっきり言って小さな田舎の港町。乾季で日差しはきついが日陰は涼....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 09時45分

» オーストラリア [象のロケット]
第二次世界大戦勃発前、オーストラリアの牧場から1年も帰って来ない夫を訪ね、ロンドンからはるばるやって来た英国人貴族のサラ。 しかし夫は殺され、屋敷は荒れ果てていた。 サラは財産を守るため、カウボーイのドローヴァー、アボリジニの混血の少年ナラたちと共に、1500頭の牛を連れ過酷な大陸横断の旅をすることになったが…。 壮大なアドベンチャー・ロマンス。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 12時54分

» オーストラリア (2008) [カタヤマ 無断でブログ]
めずらしく試写会に当たりまして 土曜の昼なのに珍しく仕事も ポコッと空いたので ”虎ノ穴”もとい”虎の門”まで行って来ました。 内容もチェックしてませんで どんな話しかと思ったら・・・ 第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と 1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなけれ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 14時18分

» 映画「オーストラリア」試写会@東京厚生年金会館 [masalaの辛口映画館]
  映画の話 第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 14時24分

» オーストラリア [りらの感想日記♪]
【オーストラリア】 ★★★★ 試写会(5)ストーリー 第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。夫を訪ねて、ロンドンからはるばるやってきた [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 22時36分

» オーストラリア [とりあえず、コメントです]
『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督の最新作です。 オーストラリアの大地を舞台に愛と成長の物語を幻想的に描いていました。 第二次世界大戦が始まる頃のこと。一人の貴婦人サラ(ニコール・キッドマン)がイギリスからやってきた。 オーストラリアに魅せられ居ついてしまった夫を連れ戻すためだ。 長旅の末にダーウィンへ着いたサラは、迎えに来たドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)と共に 夫の領地“ファラウェイ・ダウンズ”へと向かった。 夫からの手紙ではドローヴァーは信頼できる人物と紹介されていたが 上品なサ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 22時36分

» 「オーストラリア」美男美女共演!でも…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[オーストラリア] ブログ村キーワード  ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演。バズ・ラーマン監督作品。『オーストラリア人のオーストラリア人によるオーストラリア人のための映画??』「オーストラリア」(20世紀FOX)。美男美女の共演、そして名監督の演出なんですが、どうもイマイチ…、何と申しますか…。  第2次世界大戦勃発直前。イギリス在住の貴族夫人サラ(ニコール・キッドマン)は、1年もの間、帰国しない夫の真意を問質すべく、夫の住むオーストラリアを訪れる。そこで彼女を待っていたの... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 22時51分

» オーストラリア [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
オーストラリア出身の監督・俳優・主要スタッフが、国の威信をかけて作った大河ロマンだ。第二次大戦前夜のオーストラリアにやってきた英国貴族サラと野性的なカウボーイ・ドローヴァーの恋を軸に、悪徳牧場主との対決、1500頭の牛を連れての大陸横断、夫殺しの謎、日本....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 2日 (月) 23時34分

» 映画「オーストラリア」 [Andre's Review]
Australia アメリカ オーストラリア 2008 2009年2月公開 試写会鑑賞 先日、試写会に当選して観てきました。実はバズ・ラーマンは結構ファンです。 時は第2次大戦前夜。イギリス貴族夫人のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は1年間帰ってきていない夫を訪ねて1人、夫の働くオーストラリアへと赴く。彼女はちょっと変わったカウボーイのドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)に連れられ、夫の領地であるファラウェイ・ダウンズにたどり着くが、彼女はそこで、何者かに殺されたという夫の亡骸と面会する... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 09時55分

» 【オーストラリア】 [日々のつぶやき]
監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、イギリスから貴族のサラ・アシュレイがやってきた。夫を探しにはるばる来たが、夫が信頼しているという案内人の現地のドローヴァーの無骨さに驚く... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 16時37分

» オーストラリア [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔して...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 21時22分

» 映画「オーストラリア」 [FREE TIME]
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 00時17分

» オーストラリア ニコール・キッドマンら [ネット社会、その光と影を追うー ]
映画オーストラリアに関する予備知識が一切なかったか [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 12時14分

» 『オーストラリア』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大な... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 00時05分

» 『オーストラリア』 [・*・ etoile ・*・]
'09.02.08 『オーストラリア』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。母親が見たいと言うので応募。なのに本人行けないと… 試写状届いたのが木曜日。試写会は日曜日ってことで、これは一人鑑賞かなぁと思いながら友達に連絡。次々断られて5人目でやっと見つかった。子供がいなくて映画が好きな友達が年々減っている(涙) というわけで久々Bちゃんと鑑賞。しかし日曜日の夜、厚生年金会館、しかも強風で酷寒とあって空いてる。最初から3F席にしたけどガラガラ。1Fも前の方はかなり空いてた。意外に人気... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 03時07分

» オーストラリア [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
評価:8.0/10点満点 2009年21本目(19作品)です。 この作品は165分という長編を長く感じさせないくらいの出来になっています。 ほぼ同じ上映時間だった「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」と違い、「えっ?」と思わず口に出してしまうくらいのハラハラドキドキのシーン..... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 23時55分

» オーストラリア [★YUKAの気ままな有閑日記★]
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年ナラ(ブランドン・ウォル... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 11時30分

» オーストラリア [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年2月28日 公開 ★★★☆☆ 想像してた以上でもなく以下でもなく・・・ 星3っつ! ナラ!ナラはどこぉ〜! ミエとワカヤマの間です!ヾ(*^ー^)ゞ もね、最初っからさぁ、ジョン・カビラさんがオーストラリアの観光宣伝してるやぁ〜ん。。。 映画の中も・・・ ほらぁ、オーストラリアにはまだまだこぉ〜んなに自然がたっくさんありますよ〜。 見てぇ〜、美しい大自然でしょ〜。 みたいな・・・みたいな・・・み・た・... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 21時17分

» 『オーストラリア』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演のドラマ『オーストラリア』を観ましたー。 バズ・ラーマン監督作品ってことで期待は大きかったんですけど、スケールの大きさは感じつつもどうも自分には合わない作品かなーという気もしてみたり。。。 ********************... [続きを読む]

受信: 2009年3月11日 (水) 01時02分

» オーストラリア [青いblog]
あらすじ。 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女 [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 21時50分

» オーストラリア [Yuhiの読書日記+α]
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛と冒険のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大な牧場と1500頭の牛... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 01時10分

» 「オーストラリア」 [みんなシネマいいのに!]
 第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台に、イギリス人貴族の女性が、1500頭 [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 07時54分

» 映画「オーストラリア」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫はオーストラリア... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 19時02分

» 「オーストラリア」大味な大作、自分大好きレディ大活躍 [soramove]
「オーストラリア」★★★☆ ニコール・キッドマン 、ヒュー・ジャックマン 主演 バズ・ラーマン 監督、2008年、165分、オーストラリア 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、 イギリス人貴族の主人公がやって来た、 オーストラリアの近代史と恋愛をも描いた 欲張りなところが大味に感じる。」 車の移動でも北部ダーウィンから2日くらいかかる、 辺鄙な土地で夫の意思を継いで 領地と仕事を守り抜く女性の 大河ロマンといった内容。 平気で使用人に指図しながら... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 22時54分

» オーストラリア/ヒュー・ジャックマン [カノンな日々]
映画を観に行く直前に「笑っていいとも増刊号」を見てたらヒュー・ジャックマンがゲストで登場。レギュラーメンバーがジャパンプレミアムでの挨拶で客の心を掴む一発芸をヒューに伝授するというコーナーをやっていたんだけどめちゃめちゃ面白かったです。アカデミー賞でのM....... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 22時59分

» オーストラリア◇AUSTRALIA [銅版画制作の日々]
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラリア版「ロミオとジュリエット」だとか・・・・・。 気位の高さそうな、サラ・アシュレイ夫人がニコール・キッドマンには似合っています。まるで人形のような顔立ちで、しかも隙のない雰囲気が漂っているところが、なんともいえません。それに対して牛追いの男で... [続きを読む]

受信: 2009年3月20日 (金) 00時32分

» オーストラリア [ケントのたそがれ劇場]
★★★  オーストラリアの監督の、オーストラリア出身のハリウッドスターによる、オーストラリアのための歴史スペクタル風ラブロマンス映画とでも言っておこうか。主演はニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンである。 1940年代を背景として、美形の男女二人が織... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 20時02分

» オーストラリア [映画初日鑑賞妻]
★★★★★ オーストラリアを愛する気持ちが伝わってきた。 いっぱい、いっぱい、盛り込みたかったのね。アタシが気に入ったシーンは、最初にサラが途方に暮れている時に、ドローヴァーが馬に乗って、陽気に戻ってくるところ。 頼り甲斐がある男って感じ。同じチケット代出す..... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 11時45分

» 『オーストラリア』 [『映画な日々』 cinema-days]
オーストラリア [DVD] 1939年、英国貴族夫人が音沙汰知れずの夫を頼りに 単身、オーストラリアの牧場にやって来た... 【個人評価:★★ (2.0P)... [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 22時44分

« インクレディブル・ハルク | トップページ | カフーを待ちわびて »