« PLASTIC CITY プラスティック・シティ | トップページ | ウォッチメン/Watchmen »

2009年3月19日 (木)

PCV-1 余命85分

Pvc185_2初めて観るコロンビア映画。監督はスピロス・スタソロプロスという方でこれがデビュー作だそうな。主演のメリダ・ウルキーアも映画は初出演。といってもまあどちらも全く知らないのでコメントのしようもないのですが。とにもかくにも、85分間ノーカット、つまり1カットで撮影したとの前フリに、仕事柄どうしても興味を押さえられず珍しくシネセゾン渋谷のレイトショーに行ってきました。

>>『PVC-1 余命85分』公式サイト

やっぱり編集って大切だよね♪

あらすじへ

Pvc1非常に長い1カットというと私の場合ニコラス・ケイジ主演の『8mm』の冒頭13分を思い出すのですが、本作の場合はその6倍以上。仕事柄、そんな長回しの映像が作品として成立するかに興味津々だった訳ですが、やはりというか案の定ダメでした。何のための長回しなのか、そこまで長回しをすることによってどういう映像効果が得られるのかが解っていない監督だったとしか思えないのでした。

一般的にカメラを手持ちで長回しすると、よりリアル感・緊迫感がある映像が撮れます。しかし本作の場合はそのどちらも全く感じられませんでした。いや正確には感じられる部分があるのですが、無理に1カットに拘っているので大半はダラダラ垂れ流しの映像です。一番きつかったのが、首に時限爆弾を付けられたオフェリア夫妻が爆発物処理班のいる場所まで移動する際に、線路をトロッコで移動するのですが、乗っている間の数分間、延々オフェリアの顔を見せられる部分。イライラを通り越して気が遠くなってしまいました。(笑)

Pvc1_2どうしようもなく退屈な映像表現に加え、ストーリーもメチャクチャ。実話を完全映画化したそうですが、そもそもこの作品を映画化する必要がどこにあったのか疑問です。何故オフェリアの一家が強盗に襲われたのかからして全く解りません。一般的に強盗が多いからとか殺人発生率が高いとか、そういった現実があるのは解りますが、被害にあった被害者を主人公に据えて出来事をトレースすることにどれほどの意味があると言うのか…。

トロッコを降りてから爆発物処理班との待ち合わせの場所まで、夫妻は生い茂った植物を掻き分けて急ぎ歩を進めます。が、カメラはそんな夫妻を追い越していきます。思わず「川口探検隊かよ!」と突っ込みたくなる場面でした。(苦笑)その後もワザとらしく転んでみたり、大げさに「もう限界だわ!」と叫んでみたり…、主演の女優さんは舞台女優が本業らしいですが、そのためかいちいち芝居が大げさ。本来なら爆発物処理のシーンは、日本のテレビドラマですら結構ドキドキするものですが、ドキドキではなくイライラさせられ通しでした。

Pvc1_3ちなみに「PVC-1」とはポリビニール・クライドの略だそうで、オフェリアの首に取り付けられた爆弾入りパイプの素材のことだそうです。一応本作最大の見所はオフェリアが助かるのか否かという点で、それに関しては書きませんが、もう途中からあまりの苛立ちに結末などどうでも良くなってしまっている私がいました。(泣)編集はただ単に短く切った映像を繋ぎ合わせているのではなく、より効果的に観せるための方法なのだと再認識させてくれた本作に感謝です。

個人的オススメ度(閉館した渋谷ピカデリーが寂しげでした。)

↓いつも応援ありがとうございます!ランキング参加中です。ポチッとご協力頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ

|

« PLASTIC CITY プラスティック・シティ | トップページ | ウォッチメン/Watchmen »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28683279

この記事へのトラックバック一覧です: PCV-1 余命85分:

» PVC-1 ;̿85ʬ [象のロケット]
コロンビアで農園を経営するバルデス家に、5人の男女が侵入し、家族全員を縛り上げると1500万ペソという法外な金を要求。 夫妻がそんな大金はないと答えると犯人たちは妻の首に大きなドーナツ型の時限爆弾を装着し姿を消した。 警察の爆弾処理のエキスパートが作業を開始するが…。 85分ワンカット。 ノンストップ・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2009年3月20日 (金) 14時49分

» 85ミニッツ PVC-1 余命85分 [DVD] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:P.V.C.-1公開:2007年劇場未公開製作国:コロンビア上映時間:85分監督:スピロス・スタソロプロス出演:メリダ・ウルキーア、ダニエル・パエス、アルベルト・ソルノーサ、ウーゴ・ペレイラ+あらすじ+南米コロンビア。とある農場を武装グループが襲撃する。犯人たちは....... [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 12時55分

» PVC-1 余命85分 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『85分ワンカット、リアルタイムの衝撃!!』  コチラの「PVC-1 余命85分」は、実在の事件をモトに、スピロス・スタソロプロスが監督・脚本・撮影をこなし、85分ワンカットで撮られた低予算サスペンスです。まぁ低予算なので、ディテールには粗がありますし、そういったと....... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 19時19分

« PLASTIC CITY プラスティック・シティ | トップページ | ウォッチメン/Watchmen »