« リリィ、はちみつ色の秘密 | トップページ | 映画は映画だ »

2009年3月24日 (火)

釣りキチ三平

Photo 『おくりびと』の滝田洋二郎監督最新作ということで、かなりの注目を集めている本作。主人公・三平三平を演じるのは『ALWAYS 三丁目の夕日』の須賀健太。共演が渡瀬恒彦、塚本高史、香椎由宇。元々は週刊少年マガジンに連載されていた同名のマンガが原作。最近いわゆる多い実写化というやつです。


>>『釣りキチ三平』公式サイト

どうにもならない2つの問題

あらすじへ

01

さて、残念ながら観ているのがつらい作品でした。原作と話が違うとか、キャラクターの設定が違うとかそういった表面的な事柄ではないです。どちらかというと原作にわりと忠実な性格付けやテーマが設定されており、その部分に不満はなかったんです。ただこの作品には根本的な問題が2つあると感じました。

1つはキャスティング。主人公・三平三平役の須賀健太くんは方言での台詞を含めよく頑張っていたと思います。しかしながら彼にはまだ主役はちょっと早すぎたと言わざるを得ません。もし三平の役でなかったなら解りませんが、少なくとも登場人物の中で彼だけ別世界にいるかのように浮いていました。あの三平は痛い…。正直いうと物語冒頭の鮎釣り大会の場面では、観ていてどうにも落ち着かず、この調子でずっと続くなら帰ろうと思ったほど。

07_2 09

それでも魚紳さんを演じる塚本高史が登場し、渡瀬恒彦と絡み始めるとようやく落ち着いてきます。ところがそう思ったのもつかの間。三平の姉役として香椎由宇が出てくるとまたおかしな雰囲気に。香椎由宇の演技が下手だとかそういうことではなく、彼女はこの役に合っていませんでした。東京に出て都会風に洗練されて帰ってきたという設定らしいですが、そもそも彼女の持つ都会的な雰囲気は、根っからの都会生まれの都会育ちのもの。クォーターでモデル顔の彼女が夜泣谷に分け入る時の行動は、子供の頃に田舎暮らしなどまるで経験していない女性のものでした。

2つ目の問題はVFXの使い方を間違っていること。本来この作品中でのVFXは水中の魚を撮影して思い通りに動かすことなど不可能だからこそ、あるいは現実にはいないような大きな魚を登場させたいからこそ使っているはずです。そこに求められているのはリアリティ。しかし、なぜか本作ではそのリアリティを自らぶち壊すような演出が施されます。

05 08

三平の手よりも大きなオニヤンマを見た瞬間、「でかっ!」っとずっこけ、果ては三平が夜泣谷の怪物の背中にまたがり、イルカショーよろしく、「やっほ〜い!」と叫ぶ様子を見せつけられるに至っては激しい脱力感に襲われたのでした。映像的なことを言わせてもらえば、三平に当たっている明かりの量と角度が、怪物魚のそれと合っていないです。だから異様にチープで、あからさまな合成映像のように見えてしまいます。確かに原作でも同じようなシーンがあったように記憶していますが、それにしてもこの映像はショックでした。『おくりびと』であれだけ映像に拘った人と同じとは思えないです。

落語家さんは蕎麦をすするのに扇子であたかも食べているように演じます。しかし観客はそこにそばを食べている人をリアルに感じることが出来ます。映像技術が作品の重要な要素でそれが素晴らしい結果をもたらすことがあるのは近くは『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観ると顕著ですよね。しかし、本作のような使い方をするのであればマイナスにしか働いていません。むしろそんなものを使わずに撮り方で工夫したほうが良かったかもしれません。

06 10

基本的に私を含め大抵の人はどんな作品でも、面白いところを見つけて楽しもうと、程度の差こそあれ努力はしています。その努力が少なければ少ないほど「面白かった!」ということになると思うのですが、せっかく努力して面白くなってきかな…と言うところで、いちいちそれをぶち壊されると、楽しめないというより悲しくなってきてしまうのでした。ホントは悪く書きたくはないのですがどうにもこうにもこれじゃ…。

個人的オススメ度(ストーリー自体は成立しているので。)

↓いつも応援ありがとうございます!ランキング参加中です。ポチッとご協力頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ

|

« リリィ、はちみつ色の秘密 | トップページ | 映画は映画だ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28773341

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りキチ三平:

» 試写会「釣りキチ三平」 [流れ流れて八丈島]
新宿の厚生年金会館で、試写会「釣りキチ三平」を観てきました。「ヤッターマン」とかもそうだけど、今流行りの僕らの世代が子供だったころのマンガの映画化作品です。まして、アカデミー賞外国語映画賞を獲得した「おくりびと」の滝田洋二郎監督の最新作なので、スルーす...... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 01時16分

» 釣りキチ三平 [そーれりぽーと]
『おくりびと』をまだ観てない非国民つか映画好き失格ですが何か? アカデミー賞の後にこの映画とは、世界の反応はどうだろう。 『釣りキチ三平』を観てきました。 ★★★ 面白くないわけじゃないんですよ! でも、面白くもない。 テレビドラマでももっと面白いのがあるような。 須賀君も成長して微妙な感じになったり、でもやっぱところどころ演技に光るところがあったり、微妙な年齢なのでキャラ作りも大変やろね。 見どころは渡瀬恒彦くらいかな。 原作は俺が0歳〜10歳までの間に連載されていたのだそうで、最初の方はリ... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 01時37分

» 釣りキチ三平 [シネマ大好き]
試写会で「釣りキチ三平」を観た。なんと「おくりびと」の滝田洋二郎監督作品。 釣り名人の祖父一平に育てられた三平は、あゆ釣り大会で51匹を釣り上げて優勝するほどの腕前。インチキを疑った3位の男と再び勝負しても、川の流れや鮎の習性を活かして相手をアッといわ..... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 07時13分

» 釣りキチ三平 [とりあえず、コメントです]
70年代に大人気を博した名作コミックを実写化した作品です。 秋田の美しい自然を舞台に“釣りの魅力”と“家族愛”が優しい視線で描かれていました。 早くに両親を亡くし祖父に育てられた三平(須賀健太)は釣りが大好き。 いつも遊んでいる近所の川で行なわれた鮎釣り大会では 名人の祖父を抜いて見事に一位をとる腕前だ。 だが、三平は少年に負けたことが信じられない釣りに自信のあった大人たちに ズルをしたのではないかと言いがかりを付けられてしまう。 怒った三平はその大人組に、1時間の鮎釣り対決を挑んだ。 開始と同時... [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 12時57分

» 「釣りキチ三平」 [みんなシネマいいのに!]
 ここ最近は映画もドラマも漫画原作の実写化がブームだが、一昔前だったら「ドカベン [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火) 23時39分

» 『釣りキチ三平』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
Yahoo!映画のレビュアー試写会に当たったので、『釣りキチ三平』を観に東映本社の試写室に行ってきました。 仕事をされている東映の方々の部署を抜けて、試写室に向かうっていう通り道がちょっと新鮮でしたw。 ******************** 80年代にアニメ化もされ人気を博した... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 00時23分

» 釣りキチ三平 [象のロケット]
釣り名人の一平じいさんと暮らす三平は、祖父譲りの天才的な釣りの腕前を持つ明るい少年。 そんな三平に川で声をかけてきた鮎川魚紳は、アメリカで釣りのプロとして活躍するバスプロで、伝説の楽園“夜泣き谷”の巨大魚の話を聞いて秋田へやって来たのだった。 「いないだろうね。 でももしいたらって思うと、ワクワクするじゃないか」…。 釣り冒険人気コミック実写版。... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 08時25分

» 釣りキチ三平/須賀健太、塚本高史 [カノンな日々]
原作コミックのファンというほどではないんだけど、以前に私がよく訪れてた某所にコミック本が置いてあった事から読む機会がわりとありまして、これがけっこう面白くて夢中になっちゃうんですよね。人間と自然との闘いや共生がダイナミックに描かれているし、魚や自然に関す....... [続きを読む]

受信: 2009年3月25日 (水) 10時06分

» 釣りキチ三平 [りらの感想日記♪]
【釣りキチ三平】 ★★★☆ 映画(祭)(8)ストーリー 幼い頃に両親を亡くし、祖父の一平と暮らす元気な少年、三平(須賀 健太) 。釣り名人で [続きを読む]

受信: 2009年3月26日 (木) 17時42分

» 「釣りキチ三平」 イワナに乗った少年 [はらやんの映画徒然草]
今日は「釣りバカ日誌」じゃなかった、「釣りキチ三平」を観てきました。 原作の漫画 [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 21時41分

» 釣りキチ三平 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[釣りキチ三平] ブログ村キーワード 評価:5.0/10点満点 2009年27本目(25作品)です。 釣り名人として評判の一平じいさん(渡瀬恒彦)の指導で、天才的な釣り名人として成長している三平三平(みひら・さんぺい、須賀健太)は、アメリカで活躍中のバスプロ・鮎川魚紳(..... [続きを読む]

受信: 2009年3月31日 (火) 23時59分

» 【釣りキチ三平】 [日々のつぶやき]
監督:滝田洋二郎 出演:須賀健太、渡瀬恒彦、塚本高史、香椎由宇、萩原聖人 「両親を亡くし祖父一平と二人で暮らす三平は大の釣り好き。 地元の釣り大会で優勝し、文句をつけてきた三人組と対決をしている様子を見ていたアメリカで活躍するバスプロの鮎川魚紳に声... [続きを読む]

受信: 2009年4月 2日 (木) 13時00分

» 釣りキチ三平 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  ドラマ&ファミリー&アドベンチャー  監督:滝田洋二郎  出演:須賀健太      渡瀬恒彦      塚本高史      香椎由宇 【物語】  幼い頃に両親を亡くし、祖父の一平と暮らす元気な少年、三平。 釣り名人でもある一平の指導もあり、すでに....... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 10時09分

« リリィ、はちみつ色の秘密 | トップページ | 映画は映画だ »