« DRAGONBALL EVOLUTION | トップページ | ホノカアボーイ »

2009年3月14日 (土)

アンダーワールド/Underworld

Photo『アンダーワールド』シリーズの第1弾。この作品から時代を遡ったのが3月14日公開の『アンダーワールド:ビギンズ』です。主演はケイト・ベッキンセイル。監督はレン・ワイズマンで2作目も彼が撮ります。『アンダーワールド:ビギンズ』の予習には、前作の『アンダーワールド:エボリューション』よりもこっちを観ておくほうがベター。前作と最新作で完全にこのシリーズの虜になった私ですが、これでようやくコンプリートです。
>>『アンダーワールド』allcinema

これは壮大な叙事詩だ!

あらすじへ

Photo_2明日から公開の『アンダーワールド:ビギンズ』。そちらは試写で鑑賞済みですが、肝心の1作目をまだ観ていなかったので、公開を前に鑑賞してみた訳ですが・・・最初に言わせてください。面白い!!そしてこの面白さはシリーズをコンプリートすることで生み出される相乗効果によるものです。あ、★4というのは、この作品だけの評価です。『アンダーワールド』シリーズは3作で1つの壮大な叙事詩であり、この壮大な叙事詩の評価は紛れもなく★5クラスです。

私は結局第2作、第3作、第1作の順で観ることになりました。一番最初に本作を観ていないため、今となっては本作で初めてシリーズに触れた場合の印象というのは書きようがないのですが、第3作を観てからの本作でも十分に楽しめました。ことによっては3→1→2の順で観るほうが良いかもしれません。何故なら登場人物、特にルシアンとビクターの行動の本質が理解しやすいから。

Photo_3マイケルはライカンのリーダー・ルシアンに噛まれる事でライカンにされてしまいますが、同時にルシアンの記憶をも引き継ぎます。マイケルの脳裏に浮かぶのはヴァンパイアとライカンが延々と続けてきた死闘の元となった事件。そしてそれこそが『アンダーワールド:ビギンズ』で描かれている内容そのものなんです。ルシアンはヴァンパイアとライカンの種の結合に執念を燃やし、その為に両種族の始祖アレクサンドル・コルヴィナスの末裔であるマイケルの血を欲したのでした。

何故ルシアンが種の結合に熱心だったのか、一つには最強のヴァンパイア・ビクターに対抗するため。そしてそれは即ち自分の愛したヴァンパイア・ソーニャを処刑したビクターに対抗するためであり、そしてまたソーニャのお腹に宿っていた初の混血種の我が子をを具現化する行為でもありました。『アンダーワールド:ビギンズ』を先に観ていると、ルシアンが何百年もかけたその想いを抱き続けたであろうことが自然と理解できるはずです。

Photo_4と、3→1で観た方がいいよとあからさまに推奨しているようですが、そうは言いつつもこのシリーズ全体の設定や人物関係は本作が最も詳しくかつ解りやすく観せてくれていますので、予習という意味ではやはり本作を観るのが一番です。ちなみに、本作を観ていないと『アンダーワールド:エボリューション』は意味が良く解らないのでご注意を。

アクションシーン、特にガンアクションはマトリックスを連想させるもので、コスチュームも割と似ているのですが、それをどう受け取るかは観ている人によって違うでしょうね。私はメチャクチャかっこいいと思いましたけども。(笑)

two アンダーワールド:エボリューション
three アンダーワールド:ビギニング
four アンダーワールド 覚醒

個人的オススメ度(ビクターめちゃくちゃ強いっすね…)

↓いつも応援ありがとうございます!ランキング参加中です。ポチッとご協力頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ

|

« DRAGONBALL EVOLUTION | トップページ | ホノカアボーイ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28606172

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーワールド/Underworld:

» アンダーワールド(DVD) [ひるめし。]
この闘い 本能か 愛か―。 [続きを読む]

受信: 2009年3月16日 (月) 11時51分

» アンダーワールド [いつか深夜特急に乗って]
製作年:2003年 製作国:アメリカ 監 督:レン・ワイズマ [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 23時29分

» アンダーワールド/ケイト・ベッキンセイル [カノンな日々]
『アンダーワールドビギンズ』を鑑賞するのにやっぱり前作を復習しなくっちゃと再鑑賞しました。初見のときはごちゃごちゃしていて世界観がよくわからなかった印象があるんですけど、再鑑賞はなかなか面白かったです。 出演はその他に、スコット・スピードマン、シェーン....... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 23時31分

« DRAGONBALL EVOLUTION | トップページ | ホノカアボーイ »