« マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと | トップページ | 悲夢 »

2009年3月29日 (日)

昴 -スバル-

Photo 曽田正人の同名の人気マンガの実写映画化。主演は『クローズZERO』の黒木メイサ。共演に桃井かおり、筧利夫といったベテランも出演している。原作マンガは夢中になって読んだ大好きな作品でした。実はあまり観るつもりはなかったのですが、妻が今バレエに熱中していて、是非観たいとせがまれての鑑賞だったり。(笑)それにしても最近実写化モノばっかり観ている気がするなぁ。
>>『昴 -スバル-』公式サイト

黒木メイサはすばるになれたのか

あらすじへ

冒頭に書いた通り妻にせがまれたというのもあるのですが、ネット上で酷評が目立つ本作、それならば実際に自分の目で確かめてみようとも思い出かけてみました。で、どうだったのか…。そうですね、そこそこ原作のポイントを押さえた作品ではあったと思います。主人公すばるは類希なダンスの素質をもつも、周りとうまく合わせられず、ストリートダンスでそのコツをつかむという下りは実際に原作でも読んだ覚えがあります。

01

私はバレエに関しては疎いので、黒木メイサのダンスがどの程度のレベルかはわからないです。ただお世辞にも上手だとは言えないように感じました。原作でのすばるは、荒削りだけどもそのダンスで人をグイグイと引っ張っていく力を持っていました。すばるに引っ張られて一緒に踊る人間も普段以上の力を出せる、それが彼女の魅力と凄さです。本作ではそれをサラッとセリフで表現してしまいました。そこを映像でどう表現するかが勝負なのに。ただ、一瞬を切り取ると「本物」が感じられた部分があったのも事実。黒木メイサはプロのバレエダンサーではないですからそれでも十分よくやっていると言えるのかもしれませんが、すばるにはなりきれてなかったということでしょう。

02 03

ところで黒木メイサは美しいのですが、どちらかというと遠巻きに観る方が良いですね。すらっと伸びた手足、均整のとれたプロポーションは日本人離れしていて、アンタッチャブルな趣を放っていました。レオタードでの練習シーンでは『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェットを思い出しましたが、さすがに比べたら可哀想ですね。あの神々しいまでに美しくそしてエロティックな雰囲気を出すにはまだ修行が必要でしょう。(笑)全体的に言えるのは、バレエを描いた作品の割りに、彼女が踊っているシーンが少ないこと。ストリートダンスもいいですが、本線をもっとしっかり観せて欲しかったです。

04 05

さて、何気に良い演技をしていたのは、ライバルの呉羽真奈を演じる佐野光来(みく)。まだ随所に未熟な部分は見受けられるものの、すばるのライバルでありながら彼女の親友であるという難しい役柄をなかなか上手く演じていました。愛憎合わせ持った複雑な気持ちを抱いた少女、彼女の微妙な表情からそれはしっかり伝わってきます。まだ18歳ですから今後が楽しみな女優さんですね。

06 07

逆に残念だったのがリズ・パーク役のAra。彼女はすでにプロのダンサーという設定なのに何故コンクールに参加したんでしょうか?また彼女は一流ダンサーという設定ですが、それならば彼女だけをフィーチャーするシーンを1度はもうけても良かったのではないでしょうか。いくらセリフで説明されても、実際に彼女が踊っているのはほんの少しだけ。これでは観ている側は納得出来ません。どうにも中途半端な存在になってしまっていたのがもったいないです。

ところで観終わってから気づいたのですが、本作のポスター、コピーがちょっとがっかりでした。「トップアーティスト 奇跡のコラボレーション!」確かに倖田來未が主題歌を東方神起がメインテーマを歌い、更に東方神起は劇中にも登場しています。でも、それは別に映画そのものの内容とは関係ないですから。いくら宣伝のためとはいえ、作品そのものの良い点を自信をもってコピーに出来ないようでは、自らを否定しているようなものです。

バレエの映画だと思って観た妻も拍子抜けしたようで、そこに期待感をもって観ると外されますのでご注意あれ。

個人的オススメ度(筧さんてああいう役が似合います。笑)

↓いつも応援ありがとうございます!ランキング参加中です。ポチッとご協力頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ

|

« マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと | トップページ | 悲夢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28855311

この記事へのトラックバック一覧です: 昴 -スバル-:

» 【映画】昴-スバル- [新!やさぐれ日記]
▼動機 史上空前の大駄作を鑑賞しに ▼感想 思っていたのとは違う意味でのダメ作品 ▼満足度 ☆☆☆☆☆☆☆ あきれた ▼あらすじ 大筋は原作に沿った形で、原作とは随分と違うものを作ってきたなという印象なのだが、このフィルムにはあらすじなんていうものはあんまり存在しないんじゃないかなっと思わしきところが多々あるため、今回はあらすじを書くところから放棄しようと思ったが、一応主演っぽいことになっているのは黒木メイサであることだけは明記しておく。 ▼コメント 「昴」が連載されている時代... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 08時05分

» [伊東良徳のとき・どき★かるちゃ〜]
 バレエ根性物映画「昴」を見てきました。 封切り2週目にして新宿ミラノでは一番小さなスクリーンのミラノ3に落とされていましたが、日曜日でもあり5割弱くらい入っていました。客層はやはり女性客中心で母娘連れが目につきましたが、何故か中高年男性1人客もちらほ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 19時19分

» 昴-スバル- [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[昴] ブログ村キーワード 評価:6.0/10点満点 2009年24本目(22作品)です。 涙を流すような感動作ではないものの、「プロのバレエダンサーを目指す少女の成長を描いた物語」としては、まとまっていたと思います。 幼いころからバレエ好きだった双子の姉弟、宮本すばる..... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 23時20分

» 昴 -スバル-/黒木メイサ [カノンな日々]
原作は日本のコミックで監督は『不夜城 SLEEPLESS TOWN』のリー・チーガイ。主演は黒木メイサでテーマソングを東方神起といういったいどこの国の映画なんだかよくわかんないだけど、世界4か国を巻き込んだドリームプロジェクトというのがセールスポイントなんだけどどこの....... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 07時31分

» 昴 -スバル- [象のロケット]
小学生の時、迷い込んだ場末のキャバレーで観たバレエにのめり込んでしまったすばる。 時が経ち、その舞台でレッスン代のため酔客相手に踊るすばるを、アメリカン・バレエ・シアターのリズ・パークは一目見て自分の最高のライバルと認め、外の世界へ導き出す。 プロのダンサーになる決意を固めるすばるだが…。 人気コミック実写版。 青春バレエ・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 19時31分

» 「昴-スバル-」 [みんなシネマいいのに!]
 曽田正人の漫画の映画化。 ちょうど、自分の中では「ビッグコミックスピリッツ」が [続きを読む]

受信: 2009年4月16日 (木) 07時10分

» [読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)]
 曽田正人原作の『昴』の映画化。  漫画は全部持っているんだけど、たぶん原作とは別物だと思って見に行った。  けど…それにしても、どうしたらこんなに面白くなくできるんだ?と思ってしまうくらい、イマイチな出来。  ダンスのシーンもちょっと突っ込みたくなるよ... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 10時01分

» ≪昴 ースバルー≫ [日々のつぶやき]
監督:リー・チーガイ 出演:黒木メイサ、桃井かおり、平岡祐太、筧利夫、前田健  この春、彼女が舞台に立った瞬間、忘れられない存在となる。 「宮本すばるは、小さい頃に母を同じ病気で小学生の時に双子の弟和馬亡くした。弟と一緒に見ていた、病室で踊って... [続きを読む]

受信: 2010年4月16日 (金) 17時28分

« マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと | トップページ | 悲夢 »