« マックス・ペイン | トップページ | 食客 »

2009年4月30日 (木)

パニッシャー:ウォー・ゾーン

Photo_2 ハリウッドお得意のアメコミの実写化。ちょっと地味ではありますが、『ウォッチメン』『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン』などと同じマーベル・コミックが刊行しています。主演はレイ・スティーヴンソン。実は同名の映画化3作目ではあるものの、続編ではないという微妙な大人の事情を持った作品。『ウォッチメン』でちと痛い目にあったので今回は少しだけ事前知識を仕入れて鑑賞です。(笑)
>>『パニッシャー:ウォー・ゾーン』公式サイト

日本で言えば“独り仕事人”?

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←クリックお願いしますflair

01

『ウォッチメン』で痛い目にあって以来、自分にはアメコミは向いてないんじゃないかとも思ったりしたのですが、またしても懲りずにアメコミにアギュリッピです。(注:『鴨川ホルモー』参照)暗めの映像や抱えた苦悩の重さといった要素はヒーローというよりむしろ昨日UPした、『マックス・ペイン』。事実両作品とも妻と子供を惨殺されているという設定は同じです。異なるのはこちらは元海兵隊員で今は私刑執行人(パニッシャー)となっているのに対して、あちらは現役の刑事だということでしょうか。

02 03

ところでこの主人公、普通のヒーローとは全く違う点がいくつかあります。まずその身元・経歴がオープンなこと。先ほどもと海兵隊員だと書きましたが、彼を追っている警察も彼がフランク・キャッスルという名前で、その経歴も知っています。それどころか、彼がパニッシャーになったのだという理由まで知っているのです。ここまで来るともはや所謂ヒーローと呼んでよいのか微妙な感が漂いますね。それじゃあ使っている武器が特殊なのかと言うと、多少工夫があるものの、取り立てて秘密兵器のようなものじゃありません。しかも面白いことに移動は徒歩。乗り物がないアメコミヒーローと言うのもすごいものです。(苦笑)

04 05

さて、妻子をマフィアに殺されたフランクはパニッシャーとなり次々と復讐していきます。序盤からもう殺しまくり!それも首が飛んだり、喉をかっきったりと、R-15指定も納得の惨殺っぷりを発揮してくれます。このあたり、いわゆるアメコミーヒーローというより、むしろ普通のサスペンスに近いかもしれません。さて、この序盤のマフィア襲撃が原因でパニッシャーにとっての最大の敵が出現することになります。その名もビリー・ルソッティ、またのなをジグソウ。ちなみにジグソウといっても「ソウ」シリーズとは何の関係もありません。と思ったら、紅一点で出演しているジュリー・ベイツは「ソウ5」に出演していたり。

06_2 07

一度はパニッシャーに捕まるジグソウとその弟・ジムですが、司法取引で情報と引き換えに免責を得ます。さすがは“アメ”コミですね。そしてフランクに復讐をするための計画を進めるのでした。一方、フランクは彼らを捕まえる際に、潜入操作中だった警官を敵だと間違えて殺してしまいます。間違えて殺した・・・罪亡き人を殺した事実は、罪無き妻子が殺された事実と相まって彼を苦しめます。それが原因で一度はパニッシャー引退を決めるのですが、それを引き止めたのは、皮肉にもジグソウたち一味でした。彼らはフランクが殺してしまった刑事の妻と娘を人質にとります。彼女たちを救うために、パニッシャーはジグソウたちのもとに向うのでした。

08 09

一味を殺しまくりながら淡々と進んでいくフランク、圧倒的な戦闘力はあくまで人間レベルのものではあるものの、それがより一層パニッシャーにリアル感を与えてくれます。ただ、先ほども書きましたが、敵に対して気遣いは一切ありません。ひたすら殺して進みます。その問答無用ぶりはさすがに見ていてちょっと気分が悪くなることもありました。結局は復讐劇ですから、冷静に観てしまうとやってることはむちゃくちゃです。私刑執行人といえばカッコよく聞こえますが、これが成立しちゃうと法の存在が無意味になってしまいますから。

一応劇中でもそこは気にかけていて、フランクを追うFBI捜査官は「法を守るのが私の務めだ。」などとと語ってはいますが、最終的には彼に手を貸します。結果として正義がなされれば良いといういかにもアメリカンなストーリーに違和感を近時得ませんでした。

個人的オススメ度3.0
今日の一言:チンピラまでいきなり銃殺はやりすぎだよ…

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« マックス・ペイン | トップページ | 食客 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29359441

この記事へのトラックバック一覧です: パニッシャー:ウォー・ゾーン:

» 悪い奴らは赦さない! [MESCALINE DRIVE]
文化放送メディアプラスホールにて「パニッシャー:ウォー・ゾーン」の試写会に参加した。 Marvelの... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 02時01分

» 『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 [唐揚げ大好き!]
  孤高の人間断頭台!   ■最愛の家族を殺された辛く悲しい過去を持つフランク・キャッスル。彼はそれまでの自分自身と決別し、法で裁けぬ凶悪犯に正義の制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”となって、街にはびこる諸悪に独り立ち向かっていた。そんなフラン... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 05時29分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [ともやの映画大好きっ!]
(英題:PUNISHER:WAR ZONE) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1974年に誕生したマーベル・コミックのアメコミ作品。 1989年ドルフ・ラングレン主演で映画化。 2004年トム・ジェーン主演で映画化。 そして今回、前2作を無かったことにして3度目の映画化。 法で裁けぬ凶悪犯に独自の制裁を加えるパニッシャー=フランク・キャッスル(レイ・スティーヴンソン)。彼の新たなターゲットは、巨悪な犯罪組織の中で最も邪悪と言われるビリー・ルソッティ(ドミニク・ウェスト)だった。... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 11時54分

» 面白い物見つけました!! [良い物発見]
すてきなブログですね  ^^  また来ます。 応援ぽち♪ [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 15時10分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [象のロケット]
法で裁けぬ凶悪犯に、たった1人で制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”ことフランク・キャッスル。 犯罪組織のパーティ会場とアジトに奇襲をかけた彼は、凶悪犯ビリーに死刑を執行するつもりが、誤ってFBIのおとり捜査官を殺してしまう。 苦悩するパニッシャー。 一方ビリーは、パニッシャーに怒涛の復讐を仕掛けてくる…。 バイオレンス・アクション。 R-15... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 14時27分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [だらだら無気力ブログ]
マーベルコミックの人気ヒーローで過去2回映画化されたパニッシャーを 再び映画化したバイオレンスアクション。 ニューヨークを舞台に法で裁けない悪人を情け容赦なく殺害していく処刑人 パニッシャーが凶悪な敵と繰り広げる壮絶な闘いを描く。マフィアの処刑現場を目撃し..... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 21時19分

» パニッシャー ウォーゾーン / 72点 / PUNISHER: WAR ZONE [FUNNY GAMES?]
撃って撃って撃ちまくれ!殺って殺って殺りまくれ!強烈残酷娯楽映画!? 『 パニッシャー ウォーゾーン / PUNISHER: WAR ZONE 』 2008年 アメリカ 103分 監督 : レクシー・アレクサンダー 脚本 : ニック・サントーラ、アート・マーカム、マット・ハ... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 20時06分

» 『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
先週の金曜日に新宿ピカデリーで観てきました、『パニッシャー:ウォー・ゾーン』。 ちょうど金券ショップで前売り券が700円で売られていて、700円でなら観ていいかなーと思ったのでw。 新宿ピカデリーでの鑑賞ポイントも『天使と悪魔』の分と合わせて10ポイントになったので... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 14時46分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [DVD] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:PUNISHER: WAR ZONE公開:2009/04/18製作国:アメリカ R-15上映時間:103分監督:レクシー・アレクサンダー出演:レイ・スティーヴンソン、ドミニク・ウェスト、ジュリー・ベンツ、コリン・サーモン、ダグ・ハッチソン、ダッシュ・ミホク、ウェイン・ナイト孤高の人間....... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 12時48分

» パニッシャー:ウォーゾーン [映画君の毎日]
パニッシャー:ウォー・ゾーン ¥3,591 たった一人で悪に制裁を加える孤高のヒーロー“パニッシャー”ことフランク・キャッスル。ある犯罪組織のパーティを奇襲したパニッシャーによって見るも無残な顔にされた組織一の邪悪な男ビリー、その名も“ジグソウ”は、N.Y.中の武装... [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 00時41分

» パニッシャー:ウォー・ゾーン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『問答無用! 完全破壊! 孤高の人間断頭台!』  コチラの「パニッシャー:ウォー・ゾーン」は、「パニッシャー」から4年後の2008年、当初は続編というカタチで製作がアナウンスされていたのですが、途中で監督とキャストを一新し、続編ではなく再映画化したもののイ...... [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 23時25分

» 『パニッシャー:ウォー・ゾーン』 ('10初鑑賞48・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆--- (10段階評価で 4) 4月2日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年4月 3日 (土) 13時23分

» 「パニッシャー:ウォー・ゾーン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
たまにはアクションモノを。 主役のレイ・スティーヴンソンの作品は何本か観てるけど、 主役作は初めてかな。 [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 03時00分

» DVD「パニッシャー:ウォーゾーン」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
フランク・キャッスルがパニッシャーとして活躍し始めて6年。 前作が2004年であり、続編が作られると聞いていたこともあって、 キャストの変わった続編だと信じ切っていた。 しかし、トーマス・ジェーン主演の「パニッシャー」の続編ではないとされている。 (設定などが違う) 実はトム・ジェーンで続編をやるはずだったのに、なんだかんだあったらしい。 ** レイ・スチーブンソン、ドミニク・ウェスト、ダッシュ・ミホック、 * 前作ではないとされるトム・ジェーンの「パニッシャー」では、 フランク・キャッ... [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 10時20分

« マックス・ペイン | トップページ | 食客 »