« マリア・カラスの真実 | トップページ | 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 »

2009年4月 3日 (金)

いとしい人

Photo 『恋愛小説家』でオスカー女優となったヘレン・ハントの監督デビュー作。と同時に主演・脚本と一人3役を務めた。ヘレン演じるエイプリルの子持ちの恋人役は『マンマ・ミーア!』での父親役が記憶に新しいコリン・ファースが演じています。相変わらずこの手の作品はミニシアターでしか公開していないため、今回も仕事帰りに恵比寿ガーデンシネマに寄り道してきました。(笑)

>>『いとしい人』公式サイト

心温まる、何だか懐かしい恋物語

あらすじへ

01

監督、主演、脚本の一人三役を務めるということは相当に熱が入っている証拠。そう思ったら案の定、ヘレン・ハントはこの作品の企画を10年も温めていたというじゃないですか。『おくりびと』の本木雅弘さんもそうでしたが、作り手側のその作品にかける想いというのは、それが大きければ大きいほど観客に伝わるものですね。“ハートウォーミングなラブストーリー”のコピーどおり、じんわり心温まる良作でした。

02 07

しかし実は物語冒頭はそんな感じとは全く正反対に始まります。なんというか、とにかくエイプリルが“重い”女性なんですね、これが。彼女は自分が養子だったこともあり、何としても自分で子供を産み育てたいと願っているのですが、その思いが度を越していたため、結婚10ヶ月にして夫ベンに家を出て行かれてしまいます。

象徴的だったのが、彼女の帰宅を待って別れ話をしようとしていたベンの前に、エイプリルが何故かコートを脱がずに現れるシーン。ベンが再三「何故コートを脱がないんだ。」と尋ねた末にコートを脱ぐと何と下は下着!帰宅したらベンに愛してもらおうとしていたんでしょう。しーんとしてはユニークなのですが、事ほど左様に子供を欲しがる気持ちが強すぎるが故に、ベンにとって彼女はかなりの重荷になっていたであろうことは想像に難くありません。

06 03

さて、そんなエイプリルが徐々に変わっていくのは、実母を名乗るバーニスが彼女の前に現れてから。スティーブ・マックイーンがエイプリルの父親だと告白するバーニスはテレビタレント。彼女の存在があってこその本作だといって良いほど、彼女の登場以後、ストーリーはユーモアと暖かさに包まれて行きます。ベッド・ミドラーの演じるある種自己中心的なまでのポジティブシンキングと肝っ玉母さん風の笑顔は素晴らしく魅力的でした。

突然現れた実母の存在に混乱するエイプリルの前に現れたのがフランク。フランクは3ヶ月前離婚したばかりで似た境遇の2人は出会った瞬間恋に落ちます。ところが世の中上手くいきません。2人が始めて体を合わせた翌日、エイプリルはベンの子供を身篭っていることが判明します。これにはフランクもベンも双方複雑な想いでした。エイプリルの付き添いでベンとフランクの2人が病院を訪れるシーンは、3人の微妙な気持ちの距離感が良く現れていたシーンです。よりエイプリルに近い位置に立っているのがフランク、離れているのがベン…これは計算づくなんでしょうか?(笑)

04 05

エイプリルは念願の妊娠が叶った喜びも手伝って、ベンと寝てしまいます。それを知ったフランクは激怒して彼女の前から去ってしまうのでした。当然ですね。ところが!結局エイプリルは流産してしまいます。つまりこの結果彼女は、子供の父親という一点でのみ繋がっていたベンとは完全に関係が切れ、フランクは既に去っており、挙句子供も失うという、最悪の結果に陥ります。

さて、物語の結末はここには書きません。ただ言えるのは、今回の邦題『いとしい人』は短いですがとても良いタイトルだということ。エイプリルにとっての“いとしい人”はフランクでありバーニスであり、ベンでもありました。その意味でポスターに映っている人物は彼女にとって全て“いとしい人”なんですね。彼らとの関係がどうなったのかは観てのお楽しみということで…。

個人的オススメ度(恋していた自分が懐かしくなりました。)

↓いつも応援ありがとうございます!ランキング参加中です。ポチッとご協力頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ

|

« マリア・カラスの真実 | トップページ | 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/28936658

この記事へのトラックバック一覧です: いとしい人:

» いとしい人/ヘレン・ハント、ベット・ミドラー [カノンな日々]
あのオスカー女優ヘレン・ハントが自ら製作、脚本、主演、そして監督までこなしたという渾身の作品はアラフォー世代に贈るハートウォーミングなラブストーリーです。予告編の印象だけだとそれほどそそられないんですけど、映画の紹介記事など読んでみるとなかなか面白そうで....... [続きを読む]

受信: 2009年4月 3日 (金) 08時04分

» 「いとしい人」 ヘレン・ハント初監督作品 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; オスカー女優ヘレン・ハント初監督にして製作、脚本、主演という力の入れよう。舞台はNY、主人公はアラフォーの女教師エイプリル(ヘレン・ハント)年下の同僚ベンと結婚し、妊娠を待ち望んでいる女性です。彼女自身は養女で、実の母親を知らずに育っていたことも、その理由のひとつでした。ところが、大人になりきれないベンは突然「もう、この生活を続けられない…」と実家に帰ってしまいます。その翌日、養母が他界してしまい失意のどん底にいる中、実母を名乗る女性が表れて、大混乱... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 09時05分

» いとしい人 [心のままに映画の風景]
39歳の小学校教師、エイプリル・エプナー(ヘレン・ハント)は、年下の同僚ベン(マシュー・ブロデリック)と結婚して10か月。 一刻も早い妊... [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 16時21分

» いとしい人 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
しあわせを探し求める、39歳の小学校教師エイプリルが“いとしい人”を見つけるまでの物語。 物語:エイプリルは39歳の小学校教師。年下の同僚、ベンと結婚をして10ヶ月。エイプリルは一刻も早い懐妊を望んでいる・・・が、突然ベンに別れを告げられ、その翌日に養母...... [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 00時41分

» 「いとしい人」 [みんなシネマいいのに!]
 39歳の小学校教師エイプリルは養子で育ったために実の子供を生みたいと思っていた [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 00時37分

» 映画 【いとしい人】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「いとしい人」 女優ヘレン・ハントが、初監督にして、製作、脚本、主演までこなしたハートウォーミング・ラブストーリー。 おはなし:年下の同僚ベン(マシュー・ブロデリック)と結婚して10か月になる39歳の小学校教師エイプリル(ヘレン・ハント)。一刻も早い妊娠を望んでいたのに、ある日突然、夫から別れを告げられてしまう。そんな時、生徒の父親で離婚したばかりのフランク(コリン・ファース)と出会うが・・・。 “アラフォー”のエイプリルの人生はかなり大変なことになってます。 まずは結婚、そして離... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 23時27分

» いとしい人 [迷宮映画館]
ヘレン・ハントの思いがたっぷり! [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 08時07分

» 映画「いとしい人」 [Andre's Review]
then she found me アメリカ 2007 2009年3月公開 DVD鑑賞 ヘレン・ハントはかなり好きな女優さんなのですが、そんな彼女の初監督作品&キャスティングが結構自分好みなこともありちょっと気になってた1本です。 主人公は39歳の小学校教師エイプリル(ヘレン・ハント)。夫ベン(マシュー・ブロデリック)との間になかなか子供ができず、養母からは自分と同じように養子を取るよう勧められていたが、なんとか妊娠しようとしていた。そんな折、夫から突然の別れを告げられ、養母も亡くなってしまう。... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 00時27分

» いとしい人 [こんな映画見ました〜]
『いとしい人』 ---THEN SHE FOUND ME--- 2007年(アメリカ) 監督:ヘレン・ハント 出演: ヘレン・ハント、ベット・ミドラー、コリン・ファース、マシュー・ブロデリックl、ベン・シェンクマン   「恋愛小説家」でアカデミー賞主演女優賞を獲得した実力派女優ヘレン・ハントが、製作・脚本・主演を兼ねて念願の監督デビューを飾った女性ドラマ。 40歳目前のヒロインが、仕事や恋愛、妊娠など様々な人生の難問を前に戸惑い悩みながらも幸せを求めて前に進んでいく姿を描く。  エイプ... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 21時59分

» 映画評「いとしい人」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ヘレン・ハント ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年7月29日 (木) 13時33分

« マリア・カラスの真実 | トップページ | 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 »