« エグザイル/絆 | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »

2009年4月19日 (日)

子供の情景

Photo 監督はイランのモフセン・マフマルバフ監督の娘で弱冠19歳のハナ・マフマルバフ。アフガニスタンの幼い子供たちの視線を通して、彼らが生きる日常を描き出した問題作です。主演のバクタイを演じるのはぷくぷくのほっぺが可愛らしいニクバクト・ノルーズちゃん。ただ学校に行きたい・・・そんな少女の小さな願いは叶うのでしょうか。

>>『子供の情景』公式サイト


自由になりたかったら死ね!

あらすじへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←クリックお願いしますflair

01

今週から春休み・ゴールデンウィークに向けた話題作が多数公開されます。私もかなりの数の鑑賞を予定していますし、そのレビューも順次UPしようと思っていますが、その一番最初に私はこの作品を選びたいと思います。そもそもこの作品と出会ったのは『シリアの花嫁』を観に行った時の予告編が最初でした。短い予告編ながら、あまりのショックに胸が締め付けられたことを覚えています。その日以来、今日を心待ちにしていたと言う訳です。

02 03

上映開始から13秒間の黒味。演出上だということでしたが、それが明けるとバーミヤンの山肌に彫られた大仏の爆破映像というショッキングな映像から物語は始まります。そんな場所に住んでいる少女バクタイは、出かける母親に留守番と赤ん坊の妹の世話をするように言いつけらるのでした。世話といっても彼女もまだ6歳。哺乳瓶で粉ミルクを飲ませたり、一生懸命あやしたりする様子はおませなお姉さんそのもので、少女らしい可愛らしさに観ていて頬が緩みます。ところがせっかく寝かしつけた妹の眠りを妨げるのが、隣の家の少年アッバスの声でした。彼は大きな声を出して文字を読んでいます。最初は「妹が起きちゃうわ!」と文句を言いに行ったバクタイですが、聞いているうちに自分も学校に行って勉強したいと思うようになるのでした。ひとつことに気が向くと、それまでのことを忘れてしまう子供らしさをよく捉えたシーンです。

04 05

さて、ここからバクタイの小さな冒険物語が始まります。まずはアッバスに学校に行くにはノートが必要だと言われ、それを手に入れようと計画。しかしこれがもう実に健気なんです。我々にとってみればたかがノート1冊です。いやさすがにバーミヤンの人々にとっても我々ほどではないにせよそこまで大ゴトではないはず。ですが出かけたお母さんを見つけられなかったバクタイは卵を売って自力でお金を調達しようとします。トテトテと卵を持って歩くバクタイはとても愛らしく、それだけに健気で、私がそこにいたら即買ってあげるのになんて思わずにはいられません。ですが現実は厳しく、子供だから買ってくれるほど甘くはありませんでした。犬に吠えられておびえたり、卵を落として割ってしまったり、散々苦労した挙句にやっと手にした10ルピーを手にノートを買いに行きます。

06 07

嬉しそうにノートを手にするバクタイの笑顔には、学校への期待が溢れていました。ノートを持って学校向うバクタイが歩く様子は、日本人の子供が小学校にに向う様子と同じでほんとに微笑ましい。鉛筆は買えなかったからお母さんの口紅で代用です。なんと子供らしい発想でしょうか。しかし、アッバスと一緒にいった学校は男子校で、バクタイは追い出されてしまいます。仕方なく女子も通える学校に向う彼女を、戦争ごっこをしている男の子たちが取り囲み、ノートは取り上げられてしまうのでした。彼らは大切なノートを破り紙ヒコーキにして飛ばしてしまいます。青い空に飛び交う紙ヒコーキの白さが心に痛いシーンでした。そして目に涙を溜めながら「お願いだから学校に行かせて!」と哀願するバクタイの姿に思わず涙を誘われます。と同時に少年たちに対する怒りがふつふつと…。

08

しかし私は大切なことを忘れていました。つまりコレは「子供の情景」だということ。少年たちに悪気はないんですね。彼らは男の子らしく“戦争ごっこ”をしていただけなんです。木の枝を銃に見立てて、口で銃声を発している少年たち。つまり撃たれたら死ななきゃいけないんです“ごっこ”だから。女の子であるバクタイはそんなことには気付きませし、むしろ「戦争ごっこは嫌い!」と言い放ちます。そんなバクタイに言ったアッバスはこう言います。「バクタイ、自由になりたかったら死ぬんだ!」子供の“ごっこ”あそびでの話ですが、大人の世界にも通じてしまう恐ろしさを感じました…。

あくまで子供の視点から見た世界を描いている本作ですが、子供の純粋な視点だからこそ、そこに真実が鮮やかに描かれていると言えます。バクタイのような子供はきっと沢山いるんです。“戦争ごっこ”をし木の枝で人を撃っていた少年たちは、今のままなら大人になったらきっと本物の銃で人を撃つんです。ハナ監督は本作でだからどうして欲しいとは語っていません。ただ知って欲しいという気持ちはしっかりと伝わって来ました。いかに私たちの当たり前が当たり前ではないのか、理屈では解っていてもこうして映像で見せられると改めて痛感させられる一作でした。

個人的オススメ度4.0(是非観て欲しい・・・。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« エグザイル/絆 | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29181035

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の情景:

» 『子供の情景』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----今日の映画は、ハナ・マフマルバフという 10代の女性が監督した映画 『子供の情景』。 タイトルだけ聞くと、のどかな感じだけど、 思っていたのと全然違う。 いまの世界の縮図とも言うべき物語が 寓話的に描かれているんだって。 このマフルバフって どこかで聞いたことがあると思ったら、 お父さんもお姉さんも映画監督なんだね。 詳しくは カタログハウス「シネマのすき間」を見てね。 画像もたくさん載っているよ。           (byフォーン) 「世の中には、ほんとにひどいことが多いのニャ... [続きを読む]

受信: 2009年4月19日 (日) 11時25分

» 子供の情景 [いつか深夜特急に乗って]
製作年:2007年 製作国:イラン/フランス 監 督:ハナ・ [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 20時38分

» 『子供の情景』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2007年:イラン+フランス合作映画、ハナ・マフマルバフ監督、ニクバクト・ノルーズ主演。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 19時24分

» *子供の情景* [Cartouche]
{{{   ***STORY***             2007年  イラン=フランス 6歳の少女バクタイは、隣に住む男の子アッバスが学校で習った面白いお話を読むのを聞いて、学校に行きたいと思う。市場へ行って、やっとの思いで卵を売ったお金で何とかノートを手に入れる。そしてバクタイは心を弾ませて学校へ向かうが、着いたところは男子校で、追い返されてしまう。女子校を探す途中、タリバンごっこをする少年たちにノートを取り上げられたりしていじめられる。通りかかったアッバスも悪戯をされて…。     ..... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 20時50分

» 『ブッダは恥辱のあまり崩れ落ちた』(『子供の情景』) [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
第8回東京フィルメックス(TOKYO FILMeX 2007)のコンペティション作品。 イランのハナ・マフマルバフ(19歳)による初の長編劇映画。 「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」 というフレーズをよく憶えている。2001年3月、タリバンによって、アフガニスタンにあった仏教遺跡、バーミヤンの仏像が破壊された。 世界中がそのことに注目し、そのことを嘆いた。 そして、イランの映画監督モフセン・マフマルバフも嘆いた。 仏像が破壊されたことをで... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 08時07分

» 子供の情景 [かりんのつれづれなるblog]
子供の情景という映画を試写会で見てきました。 2007年、フランス・イラン合作。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 21時51分

» 「子供の情景」内包している問題は分かるが、映画としては稚拙 [soramove]
「子供の情景」★★☆ ニクバクト・ノルーズ 、アッバス・アリジョメ 出演 ハナ・マフマルバフ 監督、イラン、2007年、81分 「アフガニスタンの映画なんて なかなか見られるものじゃない、 期待して見に行ったが 作品の内容への思い入れは分かるが 出来は荒削りで、自主上映のレベルだった」 冒頭に以前TVで何度も繰り返された 岸壁に岩をくり貫いて作られた 大きな仏像が爆破されるシーンがある。 2001年3月、バーミヤン遺跡は その事件で一気に有名になっ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 09時48分

» 子供の情景▽BUDDHA COLLAPSED OUT OF SHAME [銅版画制作の日々]
 子供たちは大人がつくった世界で生きている。 舞台はあのアフガニスタン。タリバンによって破壊されたバーミヤンの風景が印象的。凄いです!監督であるハナ・マフマルバフが若干19歳なのです。イラン、テヘラン生まれ。7歳のとき、父モフセン・マフマルバフ監督の映画「パンと植木鉢」に出演。その後小学校2年で学校教育に別れを告げ、父の設立したフィルムスクールで姉兄とともに映画の勉強始めたそうです。 ハナ・マフマルバフ 彼女から、日本の皆さまへ 私は二つのグループのためにこの映画を作りました。 一つは子供... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 00時12分

» 子供の情景 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
「自由になりたいなら死ね」。これほど悲痛な言葉があろうか。しかもそれは戦争ごっこという遊びの中で幼い子供の口から出たものだ。やるせないというより背筋が凍る思いである。アフガニスタンに住む6歳の女の子バクタイが、勉強したいと強く願い、男の子の....... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 23時49分

» 「子供の情景」 [みんなシネマいいのに!]
 普通に生活していたらハリウッド映画と日本映画くらいしか観ないだろう。 ところが [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 21時46分

» 映画 【子供の情景】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「子供の情景」 イラン映画の鬼才モフセン・マフマルバフ監督の娘のハナ・マフマルバフ監督による長編映画デビュー作。 おはなし:6歳の少女バクタイ(ニクバクト・ノルーズ)は学校に行くために、市場で卵を売ったお金で何とかノートを手に入れる。しかし着いたところは男子校で、バクタイは追い返されてしまう・・・。 主人公の女の子バクタイは隣家の男の子に刺激されて勉強がしたい!学校に行きたい!と強く願います。そんなバクタイのたった半日ほどのお話です。 学校に行くためにはノートと鉛筆が要るのですが... [続きを読む]

受信: 2009年7月29日 (水) 20時39分

« エグザイル/絆 | トップページ | スラムドッグ$ミリオネア »