« おっぱいバレー | トップページ | 新宿インシデント/新宿事件 »

2009年4月22日 (水)

鴨川ホルモー

Photo 主演は現在『クローズZEROII』が大ヒット中の山田孝之。他にも『GSワンダーランド』の栗山千明と石田卓也、『フィッシュストーリー』の濱田岳、『全然大丈夫』で主演をはった荒川良々と若手実力派俳優が大量出演しています。監督は「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズや『犬と私の10の約束』の本木克英。このメンツで面白くないはず無いだろう!というわけで行ってきました。
>>公式サイト

みんな劇場にアギュリッピ!

あらすじへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←クリックお願いしますflair

01

こんなにバカバカしいのにこんなに面白い映画も久しぶり!脚本の良さ、キャストの良さ、演出の良さが見事に融合したからこそ、こんなに馬鹿げたストーリーがここまで楽しく観られるのでしょう。開映と同時に、今まで観たことのない山田孝之が登場します。今回の山田君は大学生役、それも京都大学!同時に公開している『クローズZEROII』は鈴蘭高校の不良高校生ですからね、どんだけ偏差値に差があるのかと。(笑)更に正反対なことに、気の弱い今風の草食系男子だったりします。とにかく彼がコメディを演じると言うだけで面白さが2割増しでした。

02 03

そんな安倍の前にいきなり現れるのが、“京大青竜会”会長の菅原を演じる荒川良々。最高です。彼のキャラクターはまさにこの映画のためにあるといっても過言じゃないです。不思議で異質な彼は安倍と高村を「決して怪しいサークルとかそんなんじゃないから。ごく普通のサークルだから。」と勧誘するのですが、あの独特の荒川口調はただ話しているのを観てるだけで笑ってしまいます。そもそもなんのふりもなくいきなり登場しくるところといい怪しさ120%!

04 05

一方ヒロイン栗山千明のそつのない演技はいつもながら流石です。彼女の演技の幅からすると、こんなアホな役でも普通に成立してしまいます。美人指数は相変わらず高く、いくら黒縁メガネとキノコな髪型という、安倍曰く“凡ちゃん”な風貌をしていてもそれは隠せません。醸し出す雰囲気がどうしても美女になってしまう、それがまた彼女らしくて良いです。ちなみに、あの髪型はまさに『GSワンダーランド』の時の彼女を思わせる。というか完全被ってます。(笑)

06 07

万城目学の同名の人気小説が原作だそうですが、私は未読です。ですから原作がどの程度活かされているのかは解りませんが、それにしても脚本の完成度が非常に高いですね。破天荒でお馬鹿な話だけに、下手をすると盛り上がっているのは劇中だけとなりかねないのですが、そこは青春ドラマとしてのベーシックな要素、“友情”“恋愛”“三角関係”“裏切り”等を上手く取り込み丁寧に描いているのでそうはなりません。ちなみに安倍を挟んだ楠木と早良2人の女同士の戦いも見ものです。

08_2 09

それにしても強烈なインパクトのシーンが多く、特に神社での“レナウン娘”の踊りはしばらくは脳裏に焼き付いて離れません。式神たちを操るいわゆる「鬼語」、変態チックなゼスチャー付きで「ゲロンチョリ〜!!」と意味不明の言葉を発するのですが、聞きなれない内は違和感があるものの、直ぐ慣れますのでご心配なく。(笑)しかし式神は当然CGですから、俳優さんたちは周りに何もないところでこれをやるのは相当演じ辛かったのではないでしょうかね。余談ですが邦画なのにこんなに字幕が多い作品もめったにないです。(苦笑)

ちなみにホルモーとは各個人が従える100匹の式神をあやつって、集団で相手と戦う伝統的な祭りのこと。京都の4つの大学にそれぞれサークルがあり対抗戦を行っています。欲を言うと他校とのホルモーをもうちょっとみたかったかな。それでも笑えてスカッと楽しい作品。ハリウッドにも進出するそうです。これはマジ劇場にアギュリッピ!

個人的オススメ度4.0(濱田岳のキャラがまたイイ!)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« おっぱいバレー | トップページ | 新宿インシデント/新宿事件 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29227137

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨川ホルモー:

» 鴨川ホルモー [だらだら無気力ブログ]
京都を舞台に謎の学生サークルが繰り広げるホルモーなる謎の競技に 出会った青年を描いた万城目学の同名ベストセラーを映画化した 青春ファンタジーコメディ。二浪した後、念願の京大生となった安部は、帰国子女の高村と一緒にいる所を 怪しげなサークル”京大青竜会”から..... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 00時40分

» [映画『鴨川ホルモー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆人生初だと思う。  五日連続で映画館に行きました^^  これも不況のお陰です^^  経費削減で残業が削られたので、毎日、時間的余裕が出来たのです!  てな訳で、『鴨川ホルモー』を観に行きました。  でも、不況で小遣いが減るので、そろそろ映画鑑賞数が少なくなるぞ。  コスト・パフォーマンスの高いゲームをやるのです^^  明後日発売の『モンスター・ハンターG(Wii版)』をやろうと思ってます。    ◇  さて、非常に面白い映画だった。  大学に合格した主人公が、サークルに入り、謎... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 00時56分

» 鴨川ホルモー [そーれりぽーと]
なんのこっちゃわからん予告編で気になっていた『鴨川ホルモー』を観てきました。 ★★★ はれて京大に合格し、なんかよくわからんサークルに入ってみたものの、その正体は式神を駆使して合戦をするのが目的な、やっぱりよくわからんサークルでした。 てな感じ。 うーん、説明が難しいw ようはテレビゲーム『半熟英雄』でワラワラ戦ってる感じを実写にしたような。 で、式神に指示を出す際にわけのわからん言葉と振り付けが必要だったり、それを俳優たちが真面目にやってる姿が“微妙”に面白かったり。 そんな“微妙”なク... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 01時22分

» 鴨川ホルモー ぶりっ!どっ!げろんちょりーっ! [労組書記長社労士のブログ]
【 18 -5-】 予告編も見てないし、まったくノー・マークで、しかもマークできていてもたぶん映画館では観てなかったであろう作品だから、ま、正直、試写会が当たったから観たという感じ。 実は映画が始まって数十分、それでもいったいどんな映画なのかさっぱりわからんくらい予備知識なし。  二浪して京大生になった安倍は、喜んだのも束の間、目標を失い、すっかり5月病状態だった。そんな時、「青竜会」という謎のサークルからコンパに誘われる。何のサークルか分からないが、とりあえず参加すると、そこで安倍の“理想の鼻”... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 07時05分

» 鴨川ホルモー/山田孝之、栗山千明 [カノンな日々]
この映画の原作小説が書店で平積みされてた頃、私は見かけるたびに「ホルモー???」と思いながら手に取っては最初の1ページ目だけざっと見て疑問は解けないまま元の場所に戻していたんですけど(新作ハードカバーはたまにしか買わないので読むなら文庫化待ち)、初めて劇....... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 07時43分

» 「鴨川ホルモー」 [俺の明日はどっちだ]
京都の街を舞台に、謎の学生サークルが繰り広げる摩訶不思議な4大学対抗バトルの行方を描いた万城目学の傑作小説を実写映画化した痛快青春ファンタジー・コメディ。ひょんなことから“ホルモー”なる謎の対抗戦を続ける正体不明のサークルに入ってしまったダメ新入生が、個性溢れる仲間たちとの交流を通じて辿り着く驚愕の事実と、“オニ”を操る奇想天外にして滑稽な競技の模様が、陰陽道を背景とした壮大な設定の下、バカバカしくもエネルギッシュに綴られる。( allcinema ONLINE より) といった解説に決して偽りは... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 08時26分

» 鴨川ホルモー [花ごよみ]
万城目学の小説が原作。 主演は山田孝之、 栗山千明、濱田岳、石田卓也、芦名星等が共演。 京大生の安倍(山田孝之)が あやしそうなサークル“京大青竜会”に入会。 京の町に1000年前の昔から伝わる“ホルモー” サークル、“京大青竜会”では奇妙で、 小さな“オニ”を操るのに必要な オニ語とポーズを学ぶ。 日本語映画なのに日本語字幕なので しゃべっている言葉がよく分かりました。 本を読んでいたので 映画を楽しみに待っていました。 もうすこし笑えると思いましたが それほどでもなかったです。... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 08時44分

» 鴨川ホルモー [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[鴨川ホルモー] ブログ村キーワード 評価:9.0/10点満点 2009年35本目(33作品)です。 「くだらない…。けど、面白かった」という作品の典型です。 二浪してようやく京大生になった安倍(山田孝之)は、同級生の高村(濱田岳)とアルバイトの帰りに3回生の菅原(荒川..... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 09時25分

» 鴨川ホルモー [映画君の毎日]
☆ストーリー☆二浪した後、念願の京都大学に入学した安倍(山田孝之)は、一目ぼれした早良京子(芦名星)の存在が決め手となり「京大青竜会」というサークルに入部する。安倍はここをレジャーサークルか何かだと思っていた。しかし、実態は京都に千年伝わる競技、“ホルモー”... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 11時06分

» 映画 【鴨川ホルモー】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「鴨川ホルモー」 万城目学の同名小説の映画化。 おはなし:二浪した後、念願の京都大学に入学した安倍(山田孝之)は、一目惚れ早良京子(芦名星)の存在が決め手となり「京大青竜会」というサークルに入部する。そのサークルの実態は、京都に千年伝わる競技“ホルモー”のサークルだった・・・。 原作をすでに読んでいる作品では、原作「鴨川ホルモー」を読んだ時に頭の中に描いていたイメージと実際の映像とのせめぎ合いが起こるのは仕方がないですよね。 良かったのはオール京都ロケ。名所旧跡を取り込みすぎかとも... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 15時55分

» 「鴨川ホルモー」:北青山一丁目アパート前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}KEEP OUT・・・世の中には、越えちゃあいけない一線があるってことだよな。 {/hiyo_en2/}なに、インテリぶってつぶやいてるの?プロレタリアートには似合わないわよ。 {/kaeru_en4/}いや、「鴨川ホルモー」の京大生たちも、越えちゃあいけない一線を越えちゃったなあと思ってさ。 {/hiyo_en2/}鬼を見ちゃったってことね。 {/kaeru_en4/}仁王立ちするようなおっかない鬼じゃなくて、ねずみの大群みたいにチョコマカしたポケモン鬼な。 {/hiy... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 21時13分

» 鴨川ホルモー [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。万城目学原作、本木克英監督、山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也、芦名星、荒川良々、石橋蓮司。黒澤明監督の「わが青春に悔なし」以来の京都大学と吉田山がメーン舞台になる超歴史風青春映画の傑作。この写真、山田孝之が市川新之助(NHK「武蔵」当時)に似....... [続きを読む]

受信: 2009年4月22日 (水) 22時36分

» 鴨川ホルモー [象のロケット]
二浪してようやく京大に入った阿倍は、正体不明のサークルに入会。 その「京大青龍会」の目的は、京都で千年続く謎の祭り“ホルモー”を行うこと。 1人で100匹のオニと呼ばれる小さな式神を操り、大学対抗で対戦するというのだ。 奇妙なオニ語、変態チックな指令ダンスの特訓が始まったが…。 ≪あとの祭りだコノヤロ〜!≫ 摩訶不思議なお祭り青春コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年4月24日 (金) 17時26分

» 「鴨川ホルモー」京都!京都!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[鴨川ホルモー] ブログ村キーワード  万城目学原作、大ヒット小説の映画化、「鴨川ホルモー」(松竹)。京都を舞台に繰り広げられる“バカ騒ぎ”…もとい、“阿呆騒ぎ”。はい、笑わせていただきましたよ!  2浪の末、京都大学に合格した安倍(山田孝之)は、入学から一月ほどが経った葵祭のアルバイトの帰り道、同回生の高村(濱田 岳)と共に、上回生の菅原(荒川良々)から、サークルの新入生歓迎コンパに誘われる。木屋町三条の居酒屋“べろべろばあ”で開催されたコンパに参加した安倍は、その席で美しい鼻筋の美... [続きを読む]

受信: 2009年4月24日 (金) 20時31分

» 【鴨川ホルモー】アイギュウ・ビッビキピー・パゴンチョリ・ゲロンチョリ〜! [映画@見取り八段]
鴨川ホルモー 監督: 本木克英 原作: 万城目 学 出演:  山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也、芦名星      斉藤祥太、斉藤慶太、... [続きを読む]

受信: 2009年4月25日 (土) 01時48分

» 「鴨川ホルモー」 [みんなシネマいいのに!]
 京都を舞台に、オニを操る学生サークルの4大学(京都大学、京都産業大学、立命館大 [続きを読む]

受信: 2009年4月25日 (土) 06時02分

» 鴨川ホルモー [あーうぃ だにぇっと]
監督: 本木克英 キャスト 安倍明☆山田孝之 楠木ふみ ☆栗山千明 高村幸一☆濱田岳 芦屋満☆石田卓也 早良京子☆芦名星 三好兄☆斉藤祥太 三好弟☆斉藤慶太 菅原真☆荒川良々 店長☆石橋蓮司 他 【ストーリー】 二浪した後、念願の京都大学に入学した安倍(山田孝之)は、一目ぼれした早良京子(芦名星)の存在が決め手となり「京大青竜会」というサークルに入部する。 安倍はここをレジャーサークルか何かだと思っていた。しかし、実態は京都に千年伝わる競技...... [続きを読む]

受信: 2009年4月25日 (土) 07時03分

» 鴨川ホルモー■やはり栗山千明は魅力的である! [映画と出会う・世界が変わる]
「帝都物語」の京都ラブコメ版とも言える作品である。舞台が京都であるという点がこの物語に説得力を与えている。あれだけ歴史を持った土地であれば、あのような出来事が起きる可能性はあるのではないかと思わせるし、4大学の「サークル」もなんだかありそうだ。いや大学...... [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火) 09時45分

» 「鴨川ホルモー」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「鴨川ホルモー」 監督:本木克英 出演:山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也、芦名星、斉藤祥太、斉藤慶太、荒川良々、佐藤めぐみ、和田正人、渡部豪太、藤間宇宙、オジンオズボーン、梅林亮太、趙民和、パパイヤ鈴木、笑福亭鶴光、石橋蓮司 二浪してようやく京大生となった安倍明は、同じ新入生の帰国子女・高村幸一と一緒に“タダ飯”目当てに怪しげなサークル“京大青竜会”の新歓コンパに顔を出す。 ところが、その席で鼻フェチの安倍をうならせる“理想の鼻”を持つ美女・早良京子に遭遇し一目惚れ。 彼女に近づきたい一... [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火) 14時46分

» 何も考えずに笑う映画「鴨川ホルモー」 [筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ]
{/映画/}京大に2浪して合格した安倍は、一目惚れした女の子目当てに怪しいサークル「青竜会」に入会。そこは一人当たり小オニ100匹を操り、ホルモーという競技を行う歴史あるサークルだった……{/映画/} 熱血オバカ青春コメディ……? とでも言えばいいのかな。ぶっ...... [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火) 17時50分

» 鴨川ホルモー [利用価値のない日々の雑学]
ここ数年、秋の京都に毎年行っているので可也この街には詳しくなった。少し前までは春・秋と年2回、桜と紅葉の季節行っていたのだが、諸事情があって現在秋だけ。学生時代に一緒にバンドをやっていた輩が京都大学の准教授になって以来、友人数名で彼のお祝いがきっかけで毎年訪問しているが、いつも一見では入れない料亭を接待してくれていて、恐らく彼ではなく教授の行き付けなのだろうが、その世界ひとつを取っても都が1000年以上も置かれていた場所は奥が深く、筆者的にはこの土地を探索し続けることをしてみたいと思ったりする。... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 11時05分

» 映画「鴨川ホルモー」 [FREE TIME]
映画「鴨川ホルモー」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 09時13分

» 鴨川ホルモー■一体、どんな観客をターゲットに作られたのか? [映画と出会う・世界が変わる]
「我が至上の愛アストレとセラドン」と「鴨川ホルモー」とを比較するのは無謀なことかも知れないが、やってみよう。「我が至上の愛」は、主人公の二人の職業が羊飼いという設定だけで、物語の世界には実生活感がない。そこへニンフが登場したりで、どうかするととんでもな...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 15時23分

» パリと京都ってやっぱり似てますよね [パリノルール blog]
ってことで、鴨川ホルモーが映画になったっつーんで、見てきました。 おもしろいっ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 07時23分

» 鴨川ホルモー [とりあえず、コメントです]
京都を舞台にした同名小説を映画化したコメディです。 公開前からこの不思議なタイトルが気になっていたので、早速観て来ました。 もう、笑いどころがてんこ盛りで、途中からずっと笑い転げていました~ 安倍明(山田孝之)はいつしか五月病になっていた。 二浪して京都大学に入学したのは良かったが、その後の目的が見つからないのだ。 葵祭りの日、安倍がバイト帰りに友人の高村(濱田岳)と歩いていたところ、 京大生から“京大青竜会”というサークルの新歓コンパに誘われた。 普通のサークルで楽しいからという言葉に、ただ飯を... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 11時58分

» 鴨川ホルモー [ダイターンクラッシュ!!]
5月1日(金) 16:15~ 丸の内ピカデリー3 料金:1000円(ファーストデー) パンフレット:700円 『鴨川ホルモー』公式サイト 原作は人気小説だそうだ。読んでいないので、比較はできないが、映画としてはとても満足した。 すべての情報無しに見たから、奇天烈な展開が、相当に面白かったぜ。 神社でのシーンは、草なぎがあの程度で逮捕、家宅捜索を受けるくらいなだから、あいつら全員退学処分だな。 栗山千明の凡ちゃんが、ベタな展開だったのは、少し残念。 パンフレットは、とある言語(ド・ゲロンチョリ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 23時56分

» 鴨川ホルモー [メルブロ]
鴨川ホルモー 257本目 2009-18 上映時間 1時間53分 監督 本木克英 出演 山田孝之  栗山千明  濱田岳  石田卓也  芦名星  斉藤祥太  斉藤慶太  荒川良々  石橋蓮司 会場 新宿ピカデリー 評価 6点(10点満点)  万城目学のデビュー作を映画化した京...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 00時34分

» 「鴨川ホルモー」はゲロンチョリー! [再出発日記]
沖縄映画祭でグランプリを獲ったというから、どれだけ笑わせてくれるのだろうか、と期待して行ったのがいけなかったんだろうと思う。監督:本木克英原作:万城目学出演:山田孝之、濱田岳、栗山千明、芦名星、石田卓也、荒川良々、斉藤祥太、斉藤慶太五月病の学生も、何で...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 18時30分

» 【鴨川ホルモー】 [日々のつぶやき]
監督:本木克英 出演:山田孝之、濱田岳、栗山千明、芦名星、石田卓也、荒川良々、斉藤祥太、斉藤慶太 「二浪して京大に合格した阿部は青流会という何をするのか解らないサークルの勧誘でコンパに参加した。そこには鼻フェチな阿部の理想の鼻を持つ早良京子がいて一... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 12時41分

» 『鴨川ホルモー』 [唐揚げ大好き!]
  笑う阿呆に~ オニ来たる~!   ■二浪してようやく京大生となった安倍は、同じ新入生の帰国子女・高村と一緒に“タダ飯”目当てに怪しげなサークル“京大青竜会”の新歓コンパに顔を出す。ところが、その席で鼻フェチの安倍をうならせる美女・早良京子に遭遇、一... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 06時34分

» 鴨川MARU [Akira's VOICE]
「TAJOMARU」 「鴨川ホルモー」 [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 18時52分

» 鴨川ホルモー(感想157作目) [別館ヒガシ日記]
鴨川ホルモーはWOWOW鑑賞したが 結論は栗山千明&芦名星を見れて満足だよ 内容は京大生の安倍がサークル「青竜会」で 皆と一緒に操る競技ホルモーする展開だ ホルモー対決の所は全体的に面白かったが 他の... [続きを読む]

受信: 2010年5月 2日 (日) 11時22分

» 『鴨川ホルモー』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ京都大学に入学した安倍(山田孝之)は、「京大青龍会」という怪しいサークルの新歓コンパで、美しい鼻を持つ早良(芦名星)に一目惚れし、うっかり入会してしまう。ただのレジ... [続きを読む]

受信: 2010年5月13日 (木) 21時27分

» 映画『鴨川ホルモー』(お薦め度★★) [erabu]
監督、本木克英。脚本、経塚丸雄。2009年日本。コメディ映画。出演、山田孝之(安 [続きを読む]

受信: 2010年7月25日 (日) 21時20分

» 鴨川ホルモー<映画:2010> [デコ親父はいつも減量中]
監督:本木克英 出演:山田孝之、栗山千明、濱田岳、笑福亭鶴光、荒川良々、石橋蓮司他 評価:85点 原作はずいぶん前に読んでいたけれど、そのイメージがほぼ壊されることなく映画化されていて楽しめた。 鶴光の解説はいらないのでは。懐かしくはあったけれど。 京都大...... [続きを読む]

受信: 2010年9月 5日 (日) 21時34分

» 試写会「鴨川ホルモー」    [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2009/4/1、東銀座の松竹試写室での開催。 上映後に監督が登場しトークを繰り広げたが、それについては別掲。 ** 山田孝之、栗山千明、芦名星、浜田岳、荒川良々、石橋蓮司、石田卓也。 第1回沖縄国際映画祭グランプリ「ゴールデン・シーサー賞」受賞作品。 万城目学(まきめまなぶ)原作の青春コメディ小説の映画化。 作者の万城目学は「まきめ」と読むが、「ウルトラQ」の万城目淳は「まんじょうめ」、 「20世紀少年」の「まんじょうめ」は「万丈目」と書く。 *** 場所は京都。 二浪して念願の京都大... [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 10時54分

» 試写会「鴨川ホルモー」映画以外 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
試写会で、本編上映後、本木監督登場。{/hakushu/} 本木克英(もときかつひで) 松竹の監督で、「釣りバカ」や「ゲゲゲの鬼太郎」などを監督している。 (注:掛け合いの内容は順不同になっている部分があります) MC「私も試写を見たんですが、正直期待してませんでした。」 監督「そうですか、それくらいの軽い乗りで見ていただけるのが良いかと。」 MC「でもものすごく面白かったです。皆さんも面白いと、、、」 (観客拍手){/hakushu/} 監督「いやあ、ありがとうございます。」 MC「私は... [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 11時09分

» 「鴨川ホルモー」と赤十字 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
特にそんな意識はしないで映画を見ていたし、 何の違和感も持っていなかったけど、 今、オフィシャルサイトを見たら、 赤文字で 「本作品において赤十字マークの誤用がございました。  日本赤十字社をはじめとする関係者の皆さまに深くお詫び申し上げます。」 とあった。 そう言われりゃ、そうだった。 ここでも昨年、関連記事を書いた気がする。 すっかり忘れてましたね。 それで、画像の芦名星の鉢巻にあった赤十字が消されてます。 きれいに消えてない感じがするのは焦ったから? 何が問題かって言うと、 日本国内では... [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 11時09分

» 鴨川ホルモー [食はすべての源なり。]
鴨川ホルモー ★★★★★(★満点!) 痛快、爽快!おバカコメディー かなり笑えます。 行きつけの美容師さんも大の映画好きで、いっつも映画の話ばかりしているのですが、これを薦めた翌月、会うなり「みたよ!鴨川ホルモー!ちょー面白かった」と。「借りてた1週間毎日みた」と言ってた。 個性派俳優、山田孝之、栗山千明、濱田岳、荒川良々がそろって、本気でバカやってる。一挙一動面白い。素晴らしい。 芦名星の悪女っぷりも開き直ってて、逆に気持ちいい 母校が映画に使われているのも、思い入れのある理由ですが... [続きを読む]

受信: 2011年6月21日 (火) 14時12分

» 映画「鴨川ホルモー」 [快投乱打な雑記帳]
というわけで(謎)、前半「ちょっと退屈かも~?」と思っていたのに終盤すっかりハマってしまった小説「鴨川ホルモー」、読了直前にDVD借りてきた。 [続きを読む]

受信: 2011年12月 8日 (木) 08時23分

« おっぱいバレー | トップページ | 新宿インシデント/新宿事件 »