« ある公爵夫人の生涯/The Duchess | トップページ | デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ »

2009年4月14日 (火)

ニセ札/特集レポ 舞台挨拶〜キム兄の涙の訳〜付き

Photo キム兄こと木村祐一の長編初監督作品。主演は倍賞美津子、他にも段田安則、板倉俊之、村上淳、そして木村祐一本人も出演している。で、全く知らないで鑑賞に行ったその回の後に舞台挨拶がありますと受付でいわれ、ハシゴ予定だったんで時間をずらす訳にもいかず、仕方なく500円追加で舞台挨拶まで参加してきたのでした。(苦笑)今回はその時の様子も込みでのレビューです。
>>『ニセ札』公式サイト

キム兄は俳優がいいね!

あらすじへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←クリックお願いしますflair

01

うーん、俳優としてのキム兄は実に味があって好きなんです。事実本作中ではメインキャラクターではあるものの、中心人物とまではいかない立位置でありながら、話を回していく中心キャラクターを務める板倉さんとは比較にならないほど存在感がありました。しかし、作品そのものはと言うと、拍子抜けしたと言うのが正直なところです。どうせなら監督・主演にしてしまえばまた変わったんではないかと残念。

02 03

何にも聞かされないでこの作品を観た人は、出演以外にキムが兄関わっているとは解らないと思います。特にキム兄独特の笑いのセンスがあるわけでもなく、かといってストーリー的に深みがあるのかというと特に何もなく…うすーい作品になってしまっていました。具体的にいうと、登場人物がそれぞれがニセ札を作る過程で、どんな力を発揮しどれだけ苦労したのかが見えてこないのです。解ったのは佐田と大津の資金集めのエピソードだけでした。

キム兄の花村と小笠原はお札を感光?させてたみたいですが、それって何をしてたの?とか、すかしには白と黒があって…は解るけど、そもそもすかしってどうやってすいてるの?とか、原盤作るのに何をどうしたんですか?とか…一体全体彼らは何をしてるのか、実際に具体的に観せてもらっていないので、大変なことをしているという感覚を共有できないんですね。

04 05

そこをはしょられてしまっているのもだから、ニセ札が完成して、小さなミスが発覚した時、やり直すのかそのまま使うのかという極めて重要な選択をするシーンにリアリティが無く納得も出来ません。小笠原は紙の湿気が乾く際に聖徳太子の絵ががゆがんだとか言ってましたが、それで作戦自体をなんで最初からやり直しになるのか。コレは結構重要なことで、解らないままストーリーが進んでしまったため、本物のお札を作りたい小笠原と、このままで良いと主張するかげ子たちとの対立するシーンでは何でそんなに両者間に温度差があるのかがピンときません。私は「あれ?ちゃっちゃって作り直せないの?」と思いましたから。(苦笑)

言いたいことは「お金は神か、紙切れか。」で「紙切れです。」ということなんでしょうけども、そのたかが紙切れに多大な資金と情熱をそそいだ人間がそれを言って初めて説得力があるのではないでしょうか。いや、そそいだんでしょうね、ただそれが観ている側に伝わってこないのです。残念ながらラストのかげ子のセリフ、お金中心の世の中を痛烈に批判する重要なセリフですが、これすらも通り一遍のきれいごとにしか聞こえませんでした。

06 07

キム兄を前面に押し出しながら、肝心のキム兄風味は何もなかった残念な作品でしたが、本作にかけた情熱はむしろこの上映後行われた舞台挨拶でのほうが強く感じられたというのが皮肉でした。さて、もし興味のある方はこの後の特別レポ「『ニセ札』舞台挨拶 〜キム兄の涙の訳〜」を読んでください。ただし、かな〜りざっくばらんに書いてあります。人によっては不快に思うかもしれないのでご了承くださいませ。(笑)

>>特別レポート『ニセ札』舞台挨拶〜キム兄の涙の訳〜

個人的オススメ度2.5(キム兄の舞台挨拶で+0.5)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ある公爵夫人の生涯/The Duchess | トップページ | デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29109342

この記事へのトラックバック一覧です: ニセ札/特集レポ 舞台挨拶〜キム兄の涙の訳〜付き:

» 『ニセ札』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----今日の映画は、キム兄(にい)こと木村祐一が監督した、 ちょっとかわったお話。 ニャんでも戦後すぐに起こったニセ札作りの実話を基にしたのだとか。 タイトルは、ズバリ 『ニセ札』。 そういえば、最近もどこかの大学生だったかが、 偽札を作ったってニュースが流れたよね。 やはり、人間ってお金がなくちゃ始まらないんだね。 う〜ん。 今日は、加川良の「百円札」という歌も引用。 そういえば、加川良って、この前、 吉祥寺の「のろ」でライブやってて、 えいも聞きに行ったようだよ。 珍しく、高田渡のことを... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 09時42分

» ニセ札/倍賞美津子、段田安則 [カノンな日々]
あの独特な風貌とキャラクターで存在感を放つ木村祐一さんは『松ヶ根乱射事件』『花よりもなほ』『ゆれる』『少年メリケンサック』と私の好きな映画で活躍してたこともあって好きなんですよね。そのキム兄ィこと木村祐一さんが長編映画で初監督作品となるのがこの『ニセ札』....... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 09時59分

» キム兄初監督作品公開! ニセ札 映画予告動画 [最新映画情報局 予告動画・フライヤー(チラシ)]
監督・共同脚本: 木村祐一 脚本: 向井康介(神童) / 井土紀州(MOON CHILD) キャスト 倍賞美津子 青木崇高 板倉俊之 木村祐一 三浦誠己 宇梶剛士 村上淳 段田安則 泉谷しげる 中田ボタン 板尾創路 橋本拓弥 加藤虎ノ介 遠藤憲一 映画一覧へ>>映画総合..... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 18時31分

» ニセ札 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。木村祐一監督・出演。倍賞美津子、青木崇高、板倉俊之、段田安則、西方凌、村上淳、三浦誠己、宇梶剛士、泉谷しげる、中田ボタン、板尾創路、橋本拓弥、加藤虎ノ介、遠藤憲一。戦後間もない1951年年3月に山梨県で起きたチ-5号事件と呼ばれる偽札事件をベースにし...... [続きを読む]

受信: 2009年4月16日 (木) 00時55分

» 「ニセ札」 [みんなシネマいいのに!]
 戦後まもない時期に、村ぐるみで偽札作りをしていた実在の事件を元に映画化。 「噂 [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 00時55分

» 映画 【ニセ札】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ニセ札」 キム兄こと木村祐一の長編初監督作品。 おはなし:昭和26年、小学校で教員を勤める佐田かげ子(倍賞美津子)は、教え子の大津(インパルス板倉)からニセ札作りを持ちかけられる。最初は迷ったものの、村の名士・戸浦(段田安則)の説得についに決意する・・・。 この作品で扱われている事件は、今なお日本史上最大と呼ばれるニセ札偽造事件なんですって。 折りしも新千円札が発行されたばかりで、まだ世間にはそれほど行き渡っていなかった。 その村は古くからミツマタの産地で紙すきが地場産業だった。... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 15時16分

» ≪ニセ札≫ [日々のつぶやき]
監督:木村祐一 出演:倍賞美津子、木村祐一、青木崇高、板倉俊之、段田安則、村上淳 「戦後、小さな貧しい村で小学校の教師をする佐田かげ子は教え子の大津からニセ札作りの計画を持ちかけられる。最初は断ったかげ子だが、名士である戸倉にも説得され、貧しい学校で... [続きを読む]

受信: 2010年4月 9日 (金) 09時56分

« ある公爵夫人の生涯/The Duchess | トップページ | デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ »