« デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ | トップページ | 永遠のこどもたち »

2009年4月16日 (木)

失われた肌

Photo 現在『太陽のかけら』が公開中のガエル・ガルシア・ベルナル主演作品。こちらはアルゼンチン映画となっています。スペイン語圏は広いのであまりどこの映画なのかに意味があるとも思えないですけども。(笑)ちなみにこちらは『蜘蛛女のキス』のヘクトール・バベンコが監督を務めています。公式サイトが『太陽のかけら』と一まとめになっているように、春のガエルシリーズ第2弾として鑑賞です。
>>『失われた肌』公式サイト

理解できない愛の表現

あらすじへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←クリックお願いしますflair

01

冒頭いきなり登場するリミニとソフィアの夫妻は共に美男美女。特にガエル・ガルシア・ベルナルは現在公開中の『太陽のかけら』では学生役ということで多少無理があるのですが、本作では30歳という年齢に見合った役柄で職業も翻訳家、スーツが良く似合っています。しかし、スクリーンから漂ってくる華やかさとは裏腹に、実は2人はソフィアの母に離婚の報告に来たのでした。もっとも報告だけで理由に関しては明らかにされません。それは本作を観る上で最後まで引きずるポイントとなります。

02 03

さて、本作を通して感じられるたのはソフィアの奇妙な言動。それは2人が離婚のために別居を開始するシーンから既に見られます。今住んでいる家を出て行く夫の住む家を探してきて、嬉しそうに報告するあたりはどう見ても離婚を控えた妻ではありません。いよいよリミニが家を出て行く段になると、今度は2人の写真の整理を持ちかけますが、何故この期に及んでそんな事を言い出すのか…。客観的に見ると、ソフィアは別れたくなかったとしか思えない描写なのですが、離婚の理由が明かされていないので、その辺りがどうにも腑に落ちないのでした。

04 05

一方、極普通の別れた夫?リミニは新居に移ってすぐにモデルのベラと知り合い結婚します。お相手のベラ役のモロ・アンギレリは素晴らしいプロポーション!ノーブラで太極拳?とおぼしきエクササイズをするシーンでは、形の良い乳房に目は釘付けでした。ベラは非常に嫉妬深い女性でしたが、リミニにはそんなところをも愛しています。ところが、しつこいほどにリミニに付きまとうソフィアは、ベラに路上で自分とリミニのキスシーンを見せつけます。ショックを受けたベラは道路に飛び出し事故に遭って帰らぬ人に…。

リミニはトラウマで外国語を忘れてしまい、翻訳家としての仕事を失います。しかしこれで終わりではありませんでした。ストーリーが進むにつれ、ソフィアの狂気の度合いは増していく一方です。節目節目でリミニと出会うシーンは、彼女の近況を説明するためでしょうか。特定の恋人の存在を匂わせはしますが、どこからどう見ても幸せには見えないのが痛々しいのでした。そして、その狂気はまたしてもリミニの人生を狂わせます。というより、リミニから全てを奪い去ります。

06 07

結局、リミニに残ったのはソフィアだけでした。と同時に私たちの心に残ったのは“何故?”という疑問だけでした。最初に書いた通り、「何故離婚したのか?」この至って素朴な疑問に答えていない事実が本作を理解困難な作品にしてしまっています。原題の“El Pasado”はスペイン語で過去という意味。これはリミニとソフィアの“過去”を意味するのか、あるいは色々あったけども、結局もう一度“過去”(の関係)に戻ることになったことを意味するのか…。

起こった事実を事実のままに受け入れて鑑賞する分には構いませんが、考え始めたら迷宮にはまります。少なくとも私は愛を描くのにこういう逆説的手法は好きではないかな。単純にガエルのかっこ良さを見たい方にはおススメできますが、およそ一般の方には辛い内容でしょう。

個人的おススメ度3.0(『太陽のかけら』のほうが単純にわかり易いです。)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ | トップページ | 永遠のこどもたち »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29136678

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた肌:

» 失われた肌 / El Pasado [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 公開中の『太陽のかけら』に続いてこちらも2007年作品やっと日本上陸のガエルくん出演作品は 『蜘蛛女のキス』のヘクトール・バベンコ監督作。 2007年トロント映画祭巨匠部門出品作品。 原作はガエル主演『ブエノスアイレスの夜』脚本のアラン・パウルス。 男同士(ゲイ)の愛にはあまり興味がないので『蜘蛛女のキス』はあんまり... [続きを読む]

受信: 2009年4月17日 (金) 00時27分

» 「失われた肌」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「El pasado 」...aka「The Past」2007 アルゼンチン/ブラジル “今でも僕は君の一部なのか...”別れた妻に追いつめられて行く男の姿を描く究極のラヴ・ストーリー。 レミニに「ブラインドネス/2008」のガエル・ガルシア・ベルナル。 ソフィアにアナリア・コウセイロ。 カルメンにアナ・セレンターノ。 ベラにモロ・アンギレリ。 監督、製作、脚本は「蜘蛛女のキス/1985」のヘクトール・バベンコ。 結婚12年目にして離婚したレミニとソフィアのカップル。 ... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 23時15分

» 『失われた肌』 El Pasado [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
ブエノスアイレスの蜘蛛女。 若き翻訳家リミニは結婚12年の妻のソフィアと別れたが・・・。ガエルくんは本当にチャーミングな俳優だなぁって思うの。名監督に愛されつつ多彩な役にチャレンジする俳優根性の座ったガエルくんの出演する映画というのは、毎度決まって味わい深いんだよね。絵に描いたようなわかりやすいカッコいい男なんかじゃなくて、むしろ人間的な弱さをもった複雑な男の役を自分のものにしているところに感心しちゃうの。物語の中に入り込んで見てしまえば、すごくやな奴だったり、イライラする奴だったりするんだけ... [続きを読む]

受信: 2009年4月29日 (水) 12時04分

» 『失われた肌』 (2007)/アルゼンチン・ブラジル [NiceOne!!]
原題:ELPASADO/THEPAST監督:ヘクトール・バベンコ出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、アナリア・コーセイロ、アナ・セレンタノ鑑賞劇場 : ヒューマントラストシネマ文化村通り公式サイトはこちら。<Story>若き翻訳家レミニ(ガエル・ガルシア・ベルナル)と妻...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 12時08分

» 失われた肌 [いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー]
失われた肌 5/1 @ヒューマントラスト文化村通り 原題:El Pasado 高校生からの恋人で結婚した翻訳家の夫リミニとその妻ソフィア。 結婚12年目にして2人は離婚。別居後リミニはモデルのベラと付き合い始めるが、ソフィアは彼を失った喪失感が次第に大... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 08時37分

» ’10.2にDVD等で観た映画★気ままにサクッとご紹介★ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
旧作DVDの鑑賞メモコーナーで〜す『失われた肌』 監督:ヘクトール・バベンコ 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル「幼馴染が結婚。12年の結婚生活の末に離婚した。男はとっとと新しい恋に踏み出すが、女は男に未練タラタラで付き纏う・・・。男はいつまでも元妻の影から逃れられず―」って感じの話。で、、、言わんとすることは何となく分かるし、雰囲気も良かったので最後まで見入ったんだけど、、、時間の経過がイマイチ分からなかったり、置いてけぼりのエピソードなんかもあってチョイ混乱したわん。もうちょっとのところで好みから... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 23時14分

« デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ | トップページ | 永遠のこどもたち »