« レイン・フォール/雨の牙 | トップページ | 重力ピエロ »

2009年4月28日 (火)

消されたヘッドライン

Photo イギリスの大人気サスペンスドラマをハリウッドでリメイクした作品。主演ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンと実力ある俳優がそろったサスペンスムービー。監督はドキュメンタリー映画の鬼才ケヴィン・マクドナルド。米国でも1週間前に公開されたばかりというこの作品、試写会で鑑賞してきました。
>>公式サイト

正義と友情の狭間で

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ←クリックお願いしますflair

01

まるで関係なく起こった2件の殺人事件、それが実は社会を揺るがす大事件へと発展していく…。ありがちなコンセプトなのはイギリスで放送されていたテレビドラマのリメイクだからでしょうか。しかし始まってしまったらそんなことはまるで気にならない、一気に引き込まれる作品でした。事件そのもののストーリー展開は先が全く読めず、「一体どうなるんだ?」と興味を引き続けます。更に登場人物の人間的魅力にも心惹かれました。その一番手は何といってもラッセル・クロウ。

02_2 03

このオスカー俳優は刑事役のイメージが強いですが、今回はワシントングローブという新聞社のベテラン記者、カル・マカフィー役を演じます。前作『ワールド・オブ・ライズ』で役のために太ったということですが、今回も引き続き太っているのは狙いなんでしょうか?ロン毛で無精ひげのカルはぱっとみダサオヤジですが、記者歴15年のその人脈は警察にもしっかり食い込んでいます。劇中では度々刑事に直接電話をしたり、相棒のデラを警察に行かせて情報を受け取ったりと、見かけとは裏腹な敏腕記者っぷりを見せてくれるのでした。まあ、若干『レスラー』のミッキー・ロークと風貌が被ってる気もしますが。(笑)

04 05

駆け出しの後輩記者・デラはワシントングローブ紙のWEB版にゴミのようなゴシップ記事を書いていますが、彼女の新聞記者としての才能を見抜いたカルは、相棒に抜擢します。カルの期待以上に記者としてグングン成長していく彼女を観ているのは非常に小気味よく、物語序盤の見所といえるでしょう。編集長のキャメロンやカルのいる前で、手にした証拠を警察に届けるように主張するシーン、その青臭い正義感を観ていると、彼女の存在はカルを含めてこの事件に関わる人間たちの良心の象徴のように映りました。

06 07

さて2件の殺人のうち片方の被害者はソニアという女性で、実は彼女はカルの親友で下院議員のスティーヴン・コリンズのスタッフでありまた愛人でした。スティーブンは国防に関わるとある公聴会の委員長を務める将来有望な政治家。カルとは大学のルームメイトという設定らしいですが、ラッセル・クロウとベン・アフレックではちょっと歳があわないんじゃ?なんて思ったり。(笑)いずれにしてもカルと対照的で見かけはクールでハンサム、いかにも聡明なエリートといった感じです。彼は公聴会の席で、民間軍事企業ポイント・コープ社を批判していました。国の安全保障を民間に委託すべきではないというのが彼の持論だったからです。

10_2

一方、カルとデラは着実に取材を重ね、2件の殺人がいずれもポイント・コープ社に繋がることを突き止めます。ここからいよいよコピーにもある「巨大権力vs新聞社」の対決の構図にはまっていくのでした。会社への圧力、証人の暗殺、アメリカにおいて軍需産業を敵に回したときの恐ろしさを目の当たりにする緊迫のエピソードが続きます。しかし、実は本作のみどころは単にこの対決のサスペンスだけではありません。

08 09

もちろん最後まで目の離せない展開なのですが、その過程で親友と自分の仕事=正義感の間で揺れ動くカルの心の葛藤を描いた人間ドラマでもあります。デラは先ほど書いたように若い正義感を振りかざしますが、カルのそれはそんな小さな自己満足の正義感ではなく社会正義でした。しかし一方でその社会正義を実現することは、真実を明らかにすることに他ならず、それはとりもなおさず親友であるスティーヴンとその妻アニーの社会的地位を危険に晒すことになります。

ギリギリまで親友を庇いながらも真実究明の手は緩めない、カルの悲しげな瞳は「本当にこれでいいのか?」と常に自問しています。このあたりオスカー俳優ラッセル・クロウの真骨頂。ところが…!最後まで集中して鑑賞してください。見落としはないかと。

個人的オススメ度3.5(スペシャルな感想を書いてくれといわれても…)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« レイン・フォール/雨の牙 | トップページ | 重力ピエロ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29328649

この記事へのトラックバック一覧です: 消されたヘッドライン:

» ラッセル・クロウ主演 消されたヘッドライン [ネット社会、その光と影を追うー ]
消されたヘッドラインは、イギリスBBCテレビの人気 [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 00時56分

» 英ドラマの映画化!☆ 『消されたヘッドライン / STATE OF PLAY』 ☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
イギリス・BBCテレビの人気ドラマを映画化した作品らしいけど、もちろん本家は全く知らず。 ラッセル・クロウとベン・アフレック、そしてオスカー女優のヘレン・ミレンという三つ巴のキャストに、『ラスト・キング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド監督と...... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 07時18分

» 映画「消されたヘッドライン」@スペースFS汐留 [masalaの辛口映画館]
今回の試写会は劇中に登場する新聞社“ワシントン・グローブ社”日本支社に登録した市民ジャーナリストを招いた試写会で、なんとマスコミ試写より早いブロガー試写会だそうだ。上映前には「鑑賞の心得」、超簡単な「カルトクイズ」があっての上映となった。客入りは満席。...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 00時22分

» 消されたヘッドライン [とりあえず、コメントです]
イギリスBBCのテレビドラマを映画化したサスペンスです。 事件の真実を必死に追う新聞記者の姿と揺ぎ無い信念がリアルに描かれていました。 ある夜、街中を必死に逃げていた黒人の若者が何者かに撃ち殺され、 近くを通りかかったビザの配達人も撃たれた。 翌朝、ワシントン・グローブ紙の記者カル(ラッセル・クロウ)は現場を訪れて情報を集めた。 社に戻ったカルがその情報を記事にしようとデスクに向かっていたところ、 テレビ放送されていた公聴会中に、コリンズ議員(ベン・アフレック)が涙を流すのを目に留める。 その朝、... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 12時03分

» 『消されたヘッドライン』 [ラムの大通り]
(原題:State of Play) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「う〜ん。 これは困ったなあ」 ----えっ。どうしたの? なにか問題でも? 「いや、実はこの映画、 観ている間はけっこう気に入っていて、 ある意味、感動すら覚えていたんだけど、 観終わった後、ある人に 『最初から、筋が読めちゃって そうなったらもうオモシロくなくなった』と言われて…。 ぼくなんか、まったく予想がつかない展開だったか... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 16時08分

» 『消されたヘッドライン』@スペースFS汐留(試写会) [たーくん'sシネマカフェ]
マスコミ試写より?早く一番の試写会だと言われた「消されたヘッドライン」のブロガー試写会。これでワシントン・グローブ日本支社の市民ジャーナリストになった!(C)2009UniversalStudios.ALLRIGHTSRESERVED.原題:STATEOFPLAY監督:ケヴィン・...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 00時38分

» 消されたヘッドライン(2009年、アメリカ) [泉獺のどうでも映画批評]
 この映画は、「ブロガー諸君よ!スクープを狙え!ワシントン・グローブ社日本支社Presents『消されたヘッドライン』俺たち!市民ジャーナリスト試写会」で観ました。どうでもいいことですが、イベント名が... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 21時52分

» 『消されたヘッドライン』 [・*・ etoile ・*・]
'09.04.26 『消されたヘッドライン』(試写会)@スペースFS汐留 yaplogで当選。映画の中で主人公が勤める新聞社、ワシントン・グローブ社の日本支社がweb上で発足。ブロガー記者の記事をピックアップしていくのだそうで、この試写会もブロガー限定。ワシントン・グローブ日本支社の方による、クイズや映画の見所紹介などもあって楽しかった。 「ワシントン・グローブ社のベテラン記者カルは黒人青年が射殺された事件を追っていた。同じ日、旧友で国会議員コリンズのスタッフで彼の愛人でもあったソニア・... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 01時39分

» 『消されたヘッドライン』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
『消されたヘッドライン』俺たち!ジャーナリスト試写会っていうので試写会に当たって、昨夜は東宝東和さんの試写室で試写を観てきました。 東宝東和さんの試写室、確か2度目のはずなんですけど、めちゃくちゃ道に迷ってしまった方向音痴な自分。30分以上歩いて、しかも携帯... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 09時30分

» 『消されたヘッドライン』@試写会 [マイ・ブルームービー・ナイツ   my bluemovie nights]
ラッセル・クロウとベン・アフレックって、かなり嫌いな俳優なんだよね~(笑)。それでもこの映画を観たかったのは、新聞社が舞台だったから。毎日がデッドラインとの戦いなんて、それだけでもスリリング。そこに特大のスクープが加わったら?! ジャーナリズム映画の... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 16時21分

» 消されたヘッドライン   試写会にて鑑賞 [レンタルだけど映画好き]
暴くのか、逃げるのか──。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 巨大権力VS.新聞社 果たして、本当にペンは剣よりも強いのか。 何の関係もない2つの殺人事件がひとつの糸で結ばれた時、”現代アメリカ最大の闇”がその姿を現す。 2009年 アメリカ... [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 00時38分

» 映画「消されたヘッドライン」 [Andre's Review]
  state of play アメリカ 2009 2009年5月22日公開 試写会鑑賞 先日、試写会に当選して観にいってきました。 舞台はワシントンD.C.。あるとき、黒人少年が何者かによって射殺され、現場に居合わせたピザの配達員も撃たれ重症になるという事件が起きる。同じ頃、国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く女性ソニア・ベーカーが出勤途中の地下鉄で謎の死を遂げる。 ソニアの死を受けて記者会見を開いたスティーヴンだったが、その会見で彼は泣き出してしまい、世間はスティー... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 10時32分

» 「消されたヘッドライン」 [てんびんthe LIFE]
「消されたヘッドライン」よみうりホールで鑑賞 久々に面白いサスペンスをみたと感じました。 新聞社、政治家、闇の組織、殺人…。 おいしいとこ取りな感じもするけれど、それなりに緻密になれらた原作がなければ成り立っていかないと思のです。 ラッセル・クロウはむさくるしい風貌で新聞記者らしくないと思えるけど、とにかく、え?と思わせることが多くあったと思いました。 このブログに書いたことがあるかないかは忘れましたが、実は私は、かつてベン・アフレックが意外に好きだったりしたのです。 あのころは彼は... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 11時30分

» 消されたヘッドライン [Peaceナ、ワタシ!]
暴くのか、逃げるのか-。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 週末『消されたヘッドライン』の試写会へ行ってきました! なんと! 「ブロガー限定」の試写会だったんです! (マスコミ関連の試写より早いんだって…) わ~、招待されるとは光栄だわ~と内心ドキドキ・笑 この作品の魅力をブログで伝えようと、記者さながらに熱心にメモをとっているブロガーさんもいらっしゃって、試写開始前から気分が高まりました。 ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクア... [続きを読む]

受信: 2009年5月21日 (木) 19時14分

» 映画「消されたヘッドライン」・・・マスクは必要!?(~_~メ) [MOVIE レビュー]
「消されたヘッドライン」が明日22日(金)から公開されます。私は一応日曜日に観に行く予定にしているので後から感想は追記しますが、今、新型インフルエンザが関西を中心に蔓延しかかっているので密閉された映画館も心配です・・・マスクして観た方がいいですかねぇ!? でも、何でもないのに空咳でもしようものなら追い出されそうですね!(苦笑){/cat_8/} この映画の原作は2003年にイギリスのBBCで放送された全6回のTVシリーズで、英国アカデミー賞やエドガー・アラン・ポー賞などを受賞した大ヒットドラマだそ... [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 01時04分

» 「消されたヘッドライン(STATE OF PLAY)」映画感想 [Wilderlandwandar]
かなり久々に自力で当てた試写会で「消されたヘッドライン(STATE OF PLAY)」を見てきました。 ラッセル・クロウ [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 20時00分

» 『消されたヘッドライン』 (2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:STATEOFPLAY監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ジェイソン・べイトマン試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>ワシントンD.C.で相次いで起こった二つの事...... [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 21時50分

» 消されたヘッドライン/ラッセル・クロウ [カノンな日々]
この映画、脚本にはトニー・ギルロイも参加してたんですね。シネコンに掲示されてたポスターを見たときに初めて気づきました。劇場予告編では濃厚そうなサスペンスって印象でしたけど、その一方でラッセル・クロウのロン毛とちょっとメタボな体型が気になるのでした(笑)。 ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 22時35分

» 映画 【消されたヘッドライン】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「消されたヘッドライン」 イギリスBBC製作ドラマ「ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜」(全6話)の映画化。 おはなし:国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)の愛人ソニアが地下鉄のホームで不可解な死を遂げる。コリンズの友人でワシントン・グローブの記者カル・マカフリー(ラッセル・クロウ)はそのスキャンダルを追ううちに別の殺人事件との奇妙な繋がりを見出す・・・。 カルは風貌は冴えないものの、叩き上げの記者。一人の女性の死が他の殺人事件と繋がり、それを取材するうちに大きな陰... [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 22時37分

» [映画『消されたヘッドライン』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆仕事が遅番だったので、朝一で観てきました。  ラッセル・クロウの変な髪形(欧米の裁判官のカツラ風)が印象的な作品だ^^;  明日は早番で、朝早いので、短いレビューで終わりますぜ^^;  主人公の新聞記者カルを演じたラッセル・クロウだが、メタボが極まっている。  てっきり、『ワールド・オブ・ライズ』の時は、デ・ニーロなみの役作りで太ったのかと思っていたのだが、普通に肥えていたらしい。  でも、つい最近までモテ男で通っていたので、デブだけど、自信満々で格好いい。  デブの私は、自分の目指す... [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 00時01分

» 「消されたヘッドライン」みた。 [たいむのひとりごと]
予告編やキャッチコピーから、またしても余りに強大な闇の力と圧力に屈するしかない・・といった後味のスッキリしないラストを思って観ていたのだが、どうしてどうして(^^)「えー、新聞がはみ出て折れてるんです... [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 05時39分

» いろんな題材がてんこ盛り。『消されたヘッドライン』 [水曜日のシネマ日記]
殺人事件を切っ掛けに新聞記者の目線を通して様々なアメリカの闇の部分が見えてくるサスペンス映画です。 [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 11時48分

» 消されたヘッドライン [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/アメリカ・イギリス 監督: ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ    ベン・アフレック    レイチェル・マクアダムス    ヘレン・ミレン ... [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 19時14分

» [消されたヘッドライン] 映画 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:STATE OF PLAY公開:2009/05/22製作国:上映時間:127分鑑賞日:2009/05/23監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン、ジェフ・ダニエルズ、....... [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 23時27分

» 消されたヘッドライン [迷宮映画館]
2時間に収めるのは、やっぱもったいない。 [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 08時04分

» 『消されたヘッドライン』 [唐揚げ大好き!]
  暴くのか、逃げるのか――。 それは、一人の新聞記者が見た”現代アメリカ最大の闇”。   ■1人の女性の死亡記事。ワシントン・グロ-ブ紙の記者たちは、被害者女性と国会議員のスキャンダルを追ううちに、前夜に起こった別の殺人事件との奇妙なつながりを見出す。... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 08時29分

» 消されたヘッドライン [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[消されたヘッドライン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年50本目(45作品)です。 国会議員のスティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く美人職員のソニア(マリア・セイヤー )が、出勤途中に駅のホ..... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 11時02分

» 消されたヘッドライン [象のロケット]
部下のソニアが地下鉄ホームで事故死したと聞いた国会議員コリンズはマスコミの前で醜態をさらし、彼との不倫関係を悩んでソニアが自殺したのだと大々的に報じられた。 コリンズは友人で地元紙ワシントン・グローブの記者カルに、彼女が自殺するはずはないと主張。 カルはその後もう一つの殺人事件との繋がりに気づく。 スキャンダルから陰謀へ…。 センセーショナル・サスペンス。   ... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 15時40分

» 消されたヘッドライン [勝手に映画評]
元はイギリスで製作されたTVドラマ「ステート・オブ・プレイ 〜陰謀の構図〜」。元となったドラマは、全6時間の作品であったのですが、映画化に際して、2時間の物語に再構成されています。 6時間を2時間にしたわけですが、それが功を奏したのか、ちょっと小忙しい感は若干あるものの、中々テンポのよいリズムで物語が進みます。冷静に考えると、ありえないスピードで話が進んでいるんですけどね。物語の中での日数は、実は2〜3日なのではないでしょうか? ラッセル・クロウが演じるカル・マカフリーと、ベン・アフレックが演じ... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 17時17分

» 消されたヘッドライン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『そのスクープが、時代を揺るがす。』  コチラの「消されたヘッドライン」は、2003年にイギリスBBCで放送された大ヒットサスペンスドラマをハリウッドで映画化した5/22公開の社会派サスペンスなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪ちなみにオリジナルのドラマ「ス...... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 20時46分

» 消されたヘッドライン [いつか深夜特急に乗って]
製作年:2009年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:ケヴ [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 20時46分

» 消されたヘッドライン [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:STATE OF PLAY。ケヴィン・マクドナルド監督、ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン。ラッセル・クロウの主演する映画はどうも水が合わない、というか、この作品....... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 20時55分

» 消されたヘッドライン [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★[4/5] たった一言、口が滑ったことも見逃さない敏腕記者。 [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 22時07分

» 消されたヘッドライン [ぷち てんてん]
インフルで、マスクないよね〜〜。でもマスクだけで、防ぎ切れないもんね。それにしても、こうして毒性の弱いインフルがはやることで、日本の感染に対する対策の弱点が分かってよかったのかもしれないね。このインフルも毒性が強まる可能性があると言うし、また鳥インフル...... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 22時14分

» 消されたヘッドライン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
観ようか、、、観まいか、、、悩んだのよ〜コレ。・・・・・ラッセル・クロウったら、、、太り過ぎじゃないポヨ〜ンいや、、、笑顔はキュートだけどサ【story】ワシントン・グローブ紙の敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、旧友の国会議員コリンズ(ベン・アフレック)と亡くなった女性とのスキャンダルを調べるうちに、もう一つの殺人事件との奇妙な関連性を発見する。カルは、編集長(ヘレン・ミレン)の指示のもと、後輩記者デラ(レイチェル・マクアダムス)とともに事件の真相を探るが―     監督 : ケヴィン... [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 22時06分

» 消されたヘッドライン [ダイターンクラッシュ!!]
5月24日(日) 17:00~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『消されたヘッドライン』公式サイト 薄汚いデブが似合うラッセル・クロウと阿呆面ベン・アフレック競演の政治スリラーかつ企業の陰謀物。ラッセルが新聞記者でベンが政治家。二人は学生時代のルーム・メイト。俺のご贔屓のレイチェル・マクアダムスが若手新聞記者。 二転三転とはいかないまでも、一転二転くらいする平均レベルはあるミステリー作品。 最近の企業の陰謀物... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 03時16分

» 『消されたヘッドライン』 [kuemama。の<ウェブリブログのへや>]
【STATE OF PLAY】 2009年/米・英/東宝東和/127分 【オフィシャルサイト】 監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 09時47分

» 映画「消されたヘッドライン」の感想です。 [MOVIE レビュー]
この映画の原作は2003年にイギリスのBBCで放送された全6回のTVシリーズで、英国アカデミー賞などを受賞した大ヒットドラマだそうです。日本でも2008年にNHKのBSで放送されていたらしいけど、うちはスカパーしか加入していないのでこのドラマは知りませんでした。私の大好きな映画「ボーン・アイデンティティー」シリーズ全ての脚本を手がけたトニー・ギルロイさんも参加してライターさんが3人も寄ってたかって練った作品との事なので期待できそうです。 イギリスのTVシリーズでは石油会社と政界の癒着が描かれていた... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 13時58分

» 【消されたヘッドライン】 [日々のつぶやき]
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン      暴くのか、逃げるのか―。 「ワシントンで起きた二つの事件。 黒人の少年がド... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 14時42分

» 消されたヘッドライン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
真実を求めて取材を続ける新聞記者がつかんだのは、衝撃の真相! 立ちはだかる巨大な権力を前に、彼らはヘッドラインを守れるのか?・・・意地と執念を見せるジャーナリスト魂を感じて! 物語:ある朝、駅のホームで25歳の女性ソニア・ベーカーが転落死する。そして理想...... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 03時03分

» 消されたヘッドライン [あーうぃ だにぇっと]
監督: ケヴィン・マクドナルド キャスト カル☆ラッセル・クロウ コリンズ議員☆ベン・アフレック デラ☆レイチェル・マクアダムス キャメロン☆ヘレン・ミレン アン・コリンズ☆ロビン・ライト・ペン ビンガム☆マイケル・ベレッシー 他 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 07時15分

» 消されたヘッドライン / STATE OF PLAY [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 監督は『ラスト・キング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルドってことで興味あって観てきた{/shootingstar/}  ベン・アフレックも出てたし{/heartss_pink/} 政治家{/light/} 邦題は007みたいになっちゃってますが。 本作、イギリスのBBCテレビの人気ドラマを映画化したもの... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 09時08分

» 消されたヘッドライン◆STATE OF PLAY [銅版画制作の日々]
暴くのか、逃げるのかーーーー。 それは、ひとりの新聞記者が見た“現代アメリカの最大の闇” 5月25日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ラッセル・クロウ、また一段とでかくなりましたね。そのうえロングヘアーです。少しきもい感じもありますが・・・・。 実はラッセル・クロウ&ベン・アフレックのキャストではなかった? この映画のキャスティングですが。最初は何と、ブラビとエドワード・ノートンだったそうです。ケヴィン・マクドナルド監督のところに、ブラビのプロダクションから、この映画の企画が来たそうで、話し合いも... [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 00時34分

» 消されたヘッドライン◆STATE OF PLAY [銅版画制作の日々]
暴くのか、逃げるのかーーーー。 それは、ひとりの新聞記者が見た“現代アメリカの最大の闇” 5月25日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ラッセル・クロウ、また一段とでかくなりましたね。そのうえロングヘアーです。少しきもい感じもありますが・・・・。 実はラッセル・クロウ&ベン・アフレックのキャストではなかった? この映画のキャスティングですが。最初は何と、ブラビとエドワード・ノートンだったそうです。ケヴィン・マクドナルド監督のところに、ブラビのプロダクションから、この映画の企画が来たそうで、話し合いも... [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 11時14分

» 消されたヘッドライン/State of Play [いい加減社長の日記]
更新が、遅れておりますが^^; 先週の土曜日は、レイトショーのはしご。 ほんとは、金曜日の公開日に観たかったんだけど、またしてもミーティングが長引き、間に合わず。 ということで、1本目は、「消されたヘッドライン 」。 ラッセル・クロウ演じるジャーナリストが、巨悪... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 18時05分

» 消されたヘッドライン/State of Play [いい加減社長の映画日記]
更新が、遅れておりますが^^; 先週の土曜日は、レイトショーのはしご。 ほんとは、金曜日の公開日に観たかったんだけど、またしてもミーティングが長引き、間に合わず。 ということで、1本目は、「消されたヘッドライン」。 ラッセル・クロウ演じるジャーナリストが、巨悪に挑むって感じ? 「UCとしまえん」は、いつもよりは多めかな。 「消されたヘッドライン」は、大きめのスクリーンで、7割程度か。 【ストーリー】 ワシントンD.Cで相次いで起こったふたつの事件。 ひとつはドラッグ中毒の黒人少年の射殺事件、そ... [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 06時34分

» 「消されたヘッドライン」派手さは無いが、ほど良い緊張感が心地良い [soramove]
「消されたヘッドライン」★★★☆ ラッセル・クロウ 、ベン・アフレック 、レイチェル・マクアダムス 、ヘレン・ミレン 主演 ケヴィン・マクドナルド 監督、2009年、127分、アメリカ、 イギリス 「大学からの親友同士、 ひとりは新聞記者に、もうひとりは議員となり それぞれの分野で活躍していたが ある事件がきっかけで、ふたりの人生が 再び交錯する、 心地良い緊張感が途切れることなく 上質のサスペンス映画が出来上がった」 ラッセル・クロウ扮する新聞記者側から... [続きを読む]

受信: 2009年6月 2日 (火) 08時10分

» 「消されたヘッドライン」 [再出発日記]
ラッセル・クロウのぶくぶく太りは何か深い意味があるんでしょうね。監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ジェイソン・べイトマンジャーナリズムの現場を描いて三分の二までは軽快に見せて...... [続きを読む]

受信: 2009年6月 2日 (火) 23時55分

» 消されたヘッドライン [Men @ Work]
 現在公開中のアメリカ・イギリス合作映画、「消されたヘッドライン」です。TOHOシネマズ六本木シアター5で観賞しました。  実は2週間ぶりの劇場観賞です。六本木の週末レイトシ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 3日 (水) 02時39分

» 「消されたヘッドライン」 [みんなシネマいいのに!]
 ドラッグ中毒の黒人少年の射殺事件と国会議員のもとで働く女性職員が地下鉄に転落し [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 23時46分

» 「消されたヘッドライン」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                         「消されたヘッドライン」 ラストの解りにくさを除けば素晴らしい作品ですね! コンピューターなどに押されて情報媒体としては斜陽的な位置づけにある「新聞」というメディアを扱ったクライム・サスペンスであります。 ラッセル・クロウ、期待を裏切らずいい味出してますねぇ(^^♪! 「ワールド・オブ・ライズ」で太ったのをそのままに、長髪のひげ面で昔ながらの ブンヤさんを力みなく好演しておりました。 この映画のめっけものは、ワシントン・グローブ紙のweb版担... [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 23時33分

» 消されたヘッドライン(アメリカ/イギリス) [映画でココロの筋トレ]
なんとなく観てみよっかな。と、「消されたヘッドライン」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン 上映時間:127分  ド... [続きを読む]

受信: 2009年9月10日 (木) 13時29分

» 「消されたヘッドライン」 抑制された作りに好感 [はらやんの映画徒然草]
劇場公開時見逃してしまった本作、ようやくDVDで観賞しました。 本作はジャンルと [続きを読む]

受信: 2009年12月 6日 (日) 22時07分

» 消されたヘッドライン [映画君の毎日]
消されたヘッドライン [DVD]/ラッセル・クロウ,ベン・アフレック,ヘレン・ミレン ¥3,990 Amazon.co.jp <ストーリー>気鋭の国会議員スティーヴン・コリンズのもとで働く聡明で美しい女性職員、ソニア・ベーカーが出勤途中の地下鉄で突然死亡する。スティーヴンと不倫関係に... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 02時58分

» 「消されたヘッドライン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
新聞記者モノってたまに映画になるけど、 今回のは、出演者もストーリーもスケールがでかそう。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 8日 (水) 03時41分

» 【映画】消されたヘッドライン [【@らんだむレビューなう!】 Multi Culture Review Blog]
『消されたヘッドライン』(2009年・監督: ケヴィン・マクドナルド) 2009年に刊行されたキネ旬ムック『オールタイム・ベスト映画遺産200 外国映画篇』 のコラム「ある視点・ジャンル [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 21時18分

» 消されたヘッドライン [Recommend Movies]
暴くのか、逃げるのか―。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 2003年にイギリスBBCテレビで放送された巨大権力と新聞社の闘いを描いたドラマの映画化 らしい 超熟成された味噌と...... [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 12時09分

» 消されたヘッドライン [いやいやえん]
全く関係ないように見えた2つの事件が重なるとき、軍需産業の絡んだ陰謀、政治家と企業の癒着など、政治の暗部がみえてくる…と思ったような思ってないような作品。 結末のどんでん返しは捻られており、オチがまさかの「事件の裏に国家的な陰謀が隠されていたと思ったら愛情のもつれでした」でした! 英国BBCで放送された巨大権力と新聞社の闘いを描いた骨太なサスペンスの映画化で、ポイントコープ社の莫大な利権が絡む謀略の構図を暴こうとする新聞記者の苦闘を描いた作品。 役作りか肥えたラッセル・クロウ、ベン・ア... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 09時59分

« レイン・フォール/雨の牙 | トップページ | 重力ピエロ »