« 太陽のかけら | トップページ | バンク・ジョブ »

2009年4月 9日 (木)

チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室

Photoなんだか意味不明なタイトルが印象的な本作。主演は日本ではまもなく公開の『スタートレック』や『ターミネーター4』に出演しているアントン・イェルチン。そして、チャーリーが通う学校の校長先生役では『アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』でお馴染みのロバート・ダウニーJrが出演しています。ともあれ、その奇抜なタイトルの中身を確認すべく、仕事帰りにヒューマントラストシネマに寄り道です♪
>>公式サイト

その話・・・続けてください!

あらすじへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←クリックお願いしますflair

01

主人公のチャーリー・バートレットは美人の母と豪邸に2人暮らし、リムジンで学校に通うというセレブな高校生。ただのボンボンかと思いきや、学校の成績も優秀で傍目には非の打ちようがない。しかし、彼は常にあることを考えているのでした。それは学校で“人気者”になること。その為だったら危ない橋だって渡っちゃう!しかし悪事はことごとくばれて、私立の高校を次から次へと退学になっていく。そうして辿り着いたのが公立のウエストサミットハイスクールだったのでした。

02 03

さて、ここでチャーリーはリムジンではなくスクールバスで通学することを選択します。人気者になりたいという彼だけに、皆に反感をもたれないようにしっかり考えていることが伺えます。このあたり、アントンのほのぼのさを醸し出す演技のおかげか、計算高い感じは受けません。ところがチャーリーくん、服装までは気が回っていませんでした。校内ではエンブレム付きのブレザーなんてだーれも着てません。変に目立ってしまった挙句、早速虐めに遭ってしまいます。「あらら、ありがちな話ねぇ。」なんて思ったのですが、ここからが違いました。というか、ここからが面白い!

04 08_3

なんと自分を虐めた相手をビジネスパートナーに誘うんです。もちろんビジネスといっても、例によってリスキーなんモノなんですが。(笑)実はチャーリー、母親のかかり付けの精神科医に診療を受けた時に、処方されたクスリを飲むと“ハイ”になれることを発見したのでした。そこで彼が考えたのが、仮病でクスリだけ処方してもらい、それを売るということ。彼は学校の男子トイレで生徒の悩みを聞き、クスリの販売を開始します。男子トイレの前には女子も混ざった長蛇の列が。(笑)

チャーリーはこのカウンセリングを通して、望み通り学校中の人気者になります。しかし同時に意外な人物が意外な悩みを抱えていることに気付くのでした。“本当の恋愛をしてみたい”チアリーダー、“芸術の道に進みたい”アメフト選手、“ゲイじゃないけど”女性に興味のない奴・・・。この一連のシーン、思春期のティーンが抱えている悩みを多少ディフォルメしながらユーモアたっぷりに描いています。

05 07

学校中の人気者になり、校長の一人娘スーザンと付き合い始め、童貞も卒業しと良いこと尽くめのチャーリーに転機が訪れたのは、ある事件がきっかけでした。チャーリーの売ったクスリを大量に飲んで同級生が自殺未遂を起こしたのです。それまでまがりなりにも友達の役に立っていると思っていた彼は、実は自分は全く無力なのではないかと思うようになります。何より、チャーリーは彼自身が抱える悩み、それは刑務所に入っている父親と自分の関係であり、その悩みすら解決できていないことに気付くのでした。

もう相談は受け付けない、皆の前で宣言するチャーリー。しかし、皮肉にもそんな彼の最後のカウンセリング相手は、恋人スーザンの父親である校長でした。自分が原因で崩れかかったスーザンと校長の仲を取り持とうとするなかで、チャーリーは自分と父親のあるべき関係に気付きます。

コメディタッチな学園ドラマでしたが、描かれている内容は成程納得できるもので、自分が通り過ぎてきた過去を思い出させてくれる、懐かしい後味の作品でした。

個人的オススメ度(それでも邦題はどうかと思う…)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 太陽のかけら | トップページ | バンク・ジョブ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29031388

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室:

» チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 [カノンな日々]
映画の題名を見て「これっていったい何?」と興味を持った時点では私はまんまと術中にハマってしまったのかもしれません。原題はただの『CHARLIE BARTLETT』ですから、この邦題はある意味キャッチーですよね。気になって映画紹介記事なんか読んでみるとこれがけっこう面白そ....... [続きを読む]

受信: 2009年4月 9日 (木) 07時59分

» チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 [象のロケット]
美人ママと豪邸に暮らすチャーリーは、校内で偽造運転免許証を売りさばき、またまた有名私立高校を退学に。 ついに毛並みの違う公立高校へ転校するが、懲りちゃいない。 新たなスクール・インビジネスを思いつく。 それは悩み多き不良学生たちのカウンセリングをし、“おくすり”を処方すること。 男子トイレの前には連日相談者の行列ができるのだが…。 青春コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 07時55分

» 『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』 (2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:CHARLIEBARTLETT監督:ジョン・ポール出演:アントン・イェルチャン、ホープ・デイヴィス、カット・デニングス、ロバート・ダウニーJr.鑑賞劇場 : ヒューマントラストシネマ文化村通り公式サイトはこちら。<Story>17歳のチャーリー・バートレット(ア...... [続きを読む]

受信: 2009年4月11日 (土) 18時04分

» 『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』 [陽面着陸計画]
17歳。大人びと子供心。 デザインはかわいんだけど、写真は少ないし、 ページ数少ないし、ロバダニ写真小さいし…で、600円は高いかな。 ... [続きを読む]

受信: 2009年4月12日 (日) 01時22分

» 映画「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」 [Andre's Review]
  charlie bartlett アメリカ 2008 09年4月公開  劇場鑑賞 なんとなく面白そうだなぁと思っていた作品ですが、このタイトルはちょっと・・・な気が。 主人公チャーリー・バートレットは大豪邸に母と2人で暮らす超セレブ高校生。彼は行く先々で様々な問題行動を起こし、私立高校を転校して回っていたのだが、ついに地元の公立高校に通うことになってしまう。 はじめは周囲から浮いた存在だったチャーリーだったが、自宅まで往診にくるホームドクターの精神科医に処方された薬が副作用でハイになれること... [続きを読む]

受信: 2009年4月14日 (火) 01時12分

» ★チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室(2008)★ [CinemaCollection]
CHARLIEBARTLETT彼はいつも君を待ってる──あの場所でね。上映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ゴールドラッシュ・ピクチャーズ=ワイズポリシー)初公開年月2009/04/04ジャンルコメディ/学園/ドラマ映倫PG-12【解説】ハリウッド期待の若手俳優アントン・イェル...... [続きを読む]

受信: 2009年4月17日 (金) 00時01分

» Charlie Bartlett (2007) [アヤは観た。]
邦題:チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 監督:ジョン・ポール 出演:アントン・イェルチン、ホープ・デイヴィス、カット・デニングス、ロバート・ダウニー・Jr、タイラー・ヒルトン、マーク・レンドール、ディラン・テイラー、ミーガン・パーク、ジェイク・エ....... [続きを読む]

受信: 2009年4月28日 (火) 12時04分

» チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 [だらだら無気力ブログ]
家が裕福な問題児高校生が私立高校を退学になって転校先の公立高校で 新たな騒動を巻き起こす様を描いた青春コメディ。有名私立高校で偽造運転免許証を製造しクラスメートに売却していた チャーリー・バートレット。偽造がばれて退学することになり、公立高校に 転校するこ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 14時33分

» チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:CHARLIE BARTLETT公開:2009/04/04製作国:アメリカPG-12上映時間:97分監督:ジョン・ポール出演:アントン・イェルチン、ホープ・デイヴィス、カット・デニングス、ロバート・ダウニー・Jr彼はいつも君を待ってる──あの場所でね。Story:成績優秀なセレブ高校生....... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 21時07分

» チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】金持ちで頭脳明晰なチャーリー・バートレット(アントン・イェルチン)は、名門私立高校を次々と退学になり、公立高校へ行くことになった。彼は転校先で不良たちのいじめに遭うが、それをきっかけに生徒を対象にしたカウンセリング業を思いつき、自らが精神科の医師たちを欺いて手に入れた処方薬を売りさばくが―     監督 : ジョン・ポール【comment】ユニークな青春コメディでした〜 面白かったです チャーリー・バートレットは、ちょっとしたお屋敷にセレブの母と住み、運転手つきのリムジ... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 11時53分

» チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」は、学園コメディなのに、劇場公開時にはPG-12指定だった、ちょっと過激な若者の生態?を描いた作品です。なんとなくこうゆうのって好きな雰囲気だわ〜って思って、観るのを楽しみにしていたのですが、ん〜まぁま....... [続きを読む]

受信: 2010年5月16日 (日) 19時12分

« 太陽のかけら | トップページ | バンク・ジョブ »