« インスタント沼 | トップページ | 夏時間の庭 »

2009年5月26日 (火)

ゲキ×シネ「五右衛門ロック」

Photo 古田新太の「劇団☆新感線」の大ヒット舞台をデジタル映像で見せるゲキ×シネ作品。出演者がまた豪華。座長の古田新太はもちろん客演として松雪泰子、森山未來、江口洋介、川平慈英、濱田マリ、北大路欣也という層々たる面々が顔を揃えています。ゲキ×シネ作品は初体験なのですが、舞台には中々足を運べないだけに楽しみです。

>>公式サイト

凄いぞ!まさに新感覚エンタテインメント!

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01

これは凄い!凄すぎる!なんて面白いんだろう。演劇×映画(シネマ)=ゲキ×シネということらしいですが、こんなエンタテインメント作品が出てきては、既存の映画は相当頑張らなくては太刀打ちできないです。演劇のライブ感はそのままに映像でなければ出来ない表現を併せた、まさに新しいエンタテインメント。上映時間189分の合間に挟む15分の休憩は演劇の名残かもしれませんが、時間を感じさせない興奮に包まれていました。

02 03

15台のカメラで撮影されたデジタル映像は今までのライブの演劇鑑賞では不可能なことを実現しています。例えば、今までは役者の近くの席の人のみが感じられていた、役者の息使い、細かな表情、流している汗、それらを誰もが身近に見ることができるんです。もちろん生の観劇には生ならではの良さ、そこにいることで感じられる生の雰囲気というものはあります。しかし敢えて例えるならば、サッカーの試合がスタジアムでは生の雰囲気を感じ、広い目で選手の動きを観戦することが出来るのに対して、テレビでの観戦が、個々の選手の細かなテクニックやおかれた状況を把握出来るのというコトと似ているかもしれません。

04 05

また、舞台の場合はそこに舞台があり、そこで演じている以上当然見る方向は一方から、(多少席が動いても斜めから)しか見ることは出来ませんよね。近くの席、遠くの席では見え方感じ方も違ってきます。それを誰しもが楽しめる形にしたのがゲキ×シネと言えます。役者のアップもあれば、手前の役者から後ろの役者へのナメの映像、激しい殺陣のシーンでは全体も見せつつ個々のアクションも見える。爆発で揺れる様子には画面自体も揺れるというのは生の演劇では出来ない見せ方です。

06 07

さて、本作の五右衛門の役は古田新太。ちょっと面白いのが映画『GOEMON』では五右衛門役を演じた江口洋介が五右衛門を追いかける岩倉左門字という侍役を演じていること。本作の最大の特徴はそれこそ『GOEMON』と同じく変に時代考証に沿わないあくまでエンタテインメントを追い求めているところ。元が「劇団☆新感線」の創作劇だけにもはややりたい放題なのですが、これがどれも最高に面白い!途中にでてくる江口洋介のギターライブシーンなどおかしいやら興奮するやら!

08 09

古田新太の怪演は今に始まったことではないとはいえ、元々は劇団の人、水を得た魚のように活き活きとした芝居が実にカッコイイ。正直言うと私の中の石川五右衛門のイメージとは違うんですが、見慣れてくると変にハマッてるんですね、これが。失礼ながら殺陣が上手かったのは意外でした。五右衛門を釜茹でから救う松雪泰子がまた実に色っぽい!彼女はおちゃらけるキャラクターではないですが、その分五右衛門からクガイへと愛する人を守るお竜さんは、粋でイナセなお姉さんという感じで松雪泰子のイメージピッタリかも。

10 11

他にも超豪華な客演陣を含め、皆大熱演。額の汗の粒までが見えることで熱気はムンムン。もうそれだけでライブ感覚です。中でも森山未来の芝居は素晴らしい!若々しい弾けるような勢いある芝居、カルマ王子役ですが、最近流行の○○王子なんて目じゃない王子っぷりにはファンならずとも見とれること間違いなし。また、芝居のしゃべりと、ふと素に戻ったときの少年のような語り口のギャップが見ていてこれまた面白いのです。彼がと川平慈エ英とのタップダンスの競演は見せ場の一つです。

12 13

ああ、書きたいことは沢山ありますが全部書いたらトンでもない量になりそうです。しかしこれだけは忘れちゃいけないのが北大路欣也。さすが大御所です。素晴らしい芝居に魅せられました。ハチャメチャなストーリーで、かつハチャメチャな登場人物の中、彼だけが正統派の芝居を見せてくれるのです。普通に考えれば浮いてしまうのでは?と思うのですが、しかしそのベテランの実力を以ってしてむしろ芝居全体を引き締めていました。彼が登場することで舞台は一種の緊張感に包まれるのですがそれが観ていてまたまた心地良いんです。

14 15_2

とてもではありませんが本作の魅力、それは演劇としての魅力でもあり、映画作品としての魅力でもあるのですが、それらを語りきることは出来ません。料金は2500円と通常の映画料金よりお高めですが、はっきり言ってこの値段であの内容なら安い位です。お時間のある方は是非観て欲しい作品です!

>>ゲキ×シネ「蜉蝣峠」
>>ゲキ×シネ「蛮幽鬼」

個人的オススメ度5.0
今日の一言:ヤバイ!凄い!面白い!とにかく観て!

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« インスタント沼 | トップページ | 夏時間の庭 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29791017

この記事へのトラックバック一覧です: ゲキ×シネ「五右衛門ロック」:

» ゲキ×シネ 五右衛門ロック [いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー]
ゲキ×シネ 新感線☆RX 五右衛門ロック  5/21(木)@新宿バルト9 時は豊臣秀吉の世。 稀代の大泥棒・石川五右衛門(古田新太)は 役人・岩倉左門字(江口洋介)らの手でお縄となり釜茹の刑に処される その葬式を仕切る謎の美女、真砂のお竜(松雪... [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 21時18分

» インスタント沼 渋谷 [知っていないと恥ずかしい、あなたに役立つ最新ニュース]
<お買い得情報> 3,900円(税込)以上は送料無料!※離島など一部対象外【NDSソフト】 ドラゴンクエストIX 星空の守り人 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、上記商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント中! --------------------------------------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 14時03分

» ≪ゲキ×シネ≫ 五右衛門ロック [象のロケット]
時は豊臣秀吉の世、稀代の大泥棒・石川五右衛門はお縄となり、公衆の面前で釜ゆでの刑と相成った…はずが、どっこい生きていた! 助けたのは真砂のお竜という女。 お竜と怪しい南蛮人たちに乗せられて日本を飛び出し、南の国タタラ島に眠る神秘の石≪月生石≫を求めて船出した五右衛門一家だったが…。 ロック時代劇。 「劇団☆新感線」2008年舞台公演のスクリーン上映。 ... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 20時36分

» ゲキ×シネ「五右衛門ロック」/古田新太 [カノンな日々]
「ゲキ×シネ」を鑑賞するのは一昨年に観た『ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」』に続いて2回目です。劇団☆新感線の舞台作品をスクリーン用に撮影したこの「ゲキ×シネ」の魅力は『ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」』の感想でも書きましたが、舞台を生鑑賞していても味わえないよ....... [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 10時02分

» 大興奮!ゲキ×シネ!~「五右衛門ロック」~ [ペパーミントの魔術師]
実はとってもとっても気になっていて、 16日からの公開がどうしても見たかったんですょ。 映画館のロビーで流れていたDVDと いっぱいいっぱい張ってあるポスター。 水曜日に行っても2500円は高いな~と思いつつ。 15分のインターバルをはさんで なんと3時間半の..... [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 13時28分

» ゲキ×シネ 五右衛門ロック☆独り言 [黒猫のうたた寝]
GWに一生懸命(?)お仕事して疲れ切った後の休日まぁ何か映画観ないとストレス解消できないなぁ~っと上映作品探してたら、ゲキ×シネの過去作上映やってるじゃないですか♪しかも6月公開予定の『薔薇とサムライ』の前売り券提示で2000円で鑑賞できちゃう♪(ようするに前売り... [続きを読む]

受信: 2011年5月 9日 (月) 22時30分

« インスタント沼 | トップページ | 夏時間の庭 »