« チョコレート・ファイター | トップページ | ゲキ×シネ「五右衛門ロック」 »

2009年5月25日 (月)

インスタント沼

Photo 『イン・ザ・プール』の三木聡監督が脚本も手がける。主演の麻生久美子は現在『おと・な・り』も先行公開大ヒット中。共演の加瀬亮もこれまた『重力ピエロ』が大ヒット公開中です。他にも風間杜夫、松坂慶子といったベテランから白石美帆、松岡俊介といった中堅どころまで幅広いキャスティング。麻生久美子はまもなく公開の『ウルトラミラクルラブストーリー 』にも出演と同時期3本公開という大活躍です。
>>公式サイト

こっちの麻生は可愛いなぁ…

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01

今旬の女優の一人である麻生久美子主演とあって、14時台の劇場は満員、16時台のチケットも完売の状態でした。で、作品の方はというと、大笑いが連続のコメディ作品というわけではなく、ほのぼのとした雰囲気が漂う、主演の麻生久美子のイメージそのままの“まろやかなコメディ”映画でした。にしても彼女はこんなコメディタッチにも演じられるんですね。つい先日観た『おと・な・り』の印象が強いせいかちょっと意外な感じです。

02 03 04

実は私は今まで麻生久美子という女優を美人だとも可愛いとも思ったことがありません。むしろそのどちらにもつかない微妙なところが持ち味の女優だと思っていました。ところが劇中で見せる、上目遣いでねだるような表情やボーっとしている表情は掛け値なしに可愛かった!ともあれ本作は、おちゃめでチャーミングな麻生久美子の魅力を十分に引き出して見せてくれます。ちなみに本作の麻生久美子演じる沈丁花ハナメは良くしゃべります。しゃべってしゃべって電球さん(風間杜夫)に対抗し、しゃべってしゃべってガス(加瀬亮)を引っ張っていくというキャラクター。

05

そんな主人公ハナメは、担当している雑誌が廃刊になるわ、彼には振られるわ、母親は池に落ちて意識不明になっちゃうわとドロ沼ドン底状態。ひょんな事から自分の父親が、沈丁花ノブロウなる人物であることを知った彼女は、実の父親を尋ねていくのでした。そこで出会ったのは何とも冴えない風貌の骨董品屋経営者の“電球さん”。こんな人を自分の父親とは絶対に認めたくない!といいつつもそこは実の親子、なんのかんのと店に出入りするようになるのでした。

06 07

この電球さんを演じるのが風間杜夫、一昔前のハンサム路線も今はいずこ、本作では完全に3枚目の冴えないオヤジを演じているのですが、そこは大ベテラン。こういう胡散臭い演技、というより持ち味の大げさな演技が役にピッタリでした。そもそも店じたいが胡散臭いことこの上ありません。何処から集めてきたのか、よくもまあこれだけ怪しい遺物を集めたものです。でも劇中登場する「おでんの具を決めるマシーン?」だとかは結構欲しかったり…。

08 09

店に出入りしているパンクロッカーを演じるガスは加瀬亮が演じていますが、モヒカンがこれまた素晴らしく似合いません。そりゃ似合いませんよね、そういう顔立ちじゃないですから。パンクロッカーのクセに常識的な主張する変なヤツ…、いやところが周りが変過ぎて彼だけは凄くまともなんです。更に言うと、何と重機まで運転できてしまいます。でも格好はパンク…この妙なギャップが面白かったりします。

10 11

ところでハナメは、子供の時に拾った“曲がった釘”を大切な宝物として持ち続けているのですが、それは人と異なる感性をずっと持ち続けてきたことの象徴のように映りました。しかし社会に出て働くうちに、目で見えるものしか信じない、いわば人と同じ感性を持つように心がけるようになってしまいます。“曲がった釘”を「いいね!」という電球さんと、「何これ?」というガス、この対照的な2人との触れ合いを通してハナメは本来の自分を取り戻していくのでした。

12 13

さて、三木聡監督というと、私は『イン・ザ・プール』位しか知らないのですが、あの作品はモロに松尾スズキ風味でした。しかし本作は出演者の一人でもある宮藤官九郎脚本のようなテイストが感じられます。奇しくも宮藤官九郎脚本の『木更津キャッツアイ』シリーズは、麻生久美子が『おと・な・り』で共演している岡田准一が主演。細かいネタふりや、リアクションの取り方がとても良く似ている気がするのですが。“衝撃的ラストは秘密厳守!”らしいので書きませんが、『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』のラストを観た時と同じ感じを受けたとだけ書いておきます。

いずれにしてもこの手の作品は客観的に観て、論理的に理解しようとすると破綻する気がしますね。ほのぼのとした雰囲気に乗せられて、小ネタでクックックッ笑い、何やってんだこいつら?と呆れ、衝撃のラストを迎えるという“電球さん”的な奔放さで鑑賞するのが良いのかと思います。

個人的オススメ度3.5
今日の一言:砂に埋まっている麻生久美子が可愛い!

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« チョコレート・ファイター | トップページ | ゲキ×シネ「五右衛門ロック」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29778155

この記事へのトラックバック一覧です: インスタント沼:

» インスタント沼 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。三木聡監督、麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮、相田翔子、笹野高史、ふせえり、白石美帆、松岡俊介、温水洋一、宮藤官九郎、岩松了、松坂慶子。「純喫茶磯辺」で 箍が外れた人生を箍が外れたままその場しのぎで生き続ける女や「たみおのしあわせ」で糸が切れるとど...... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 21時29分

» インスタント沼 [そーれりぽーと]
三木聡監督に麻生久美子主演と来れば、『時効警察』の匂いがプンプン。 『インスタント沼』を観てきました。 ★★★★ 良くも悪くも『時効警察』から麻生久美子キャラがスピンオフしたような印象。 キャラクターの基本設定が変わってても、ユルさもノリもあのまんま。 シチュエーションをいじっていじってユルい笑いに持って行く手法も。 なので『時効警察』が大好きな方には必ず楽しめる…かな? ※100%オダジョー目当てであのドラマを見てた方は除く ちなみに俺は超満足。 超満足にもいろいろ有って、★は3.5個ですけ... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 23時15分

» インスタント沼 [象のロケット]
ジリ貧状態の雑誌編集者・ハナメは、全てを捨てて人生をやり直すことを決意。 不思議現象など信じないハナメと違い、カッパが本当に見えるという母親が倒れたのをきっかけに、実の父親であるヘンテコな骨董屋「電球」と出会い、自らも骨董屋を開業する。 ある時ハナメは電球から“すごいお宝が入っている”という古い蔵の鍵を買わされるのだが…。 ファンタジック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年5月26日 (火) 23時16分

» インスタント沼 [とりあえず、コメントです]
三木聡監督&脚本の不思議で可笑しいハイテンションなコメディです。 予想も付かない展開と主演の麻生久美子さんの弾けた演技にくすくす笑い通しでした~ [続きを読む]

受信: 2009年5月27日 (水) 12時54分

» インスタント沼 [映画君の毎日]
●ストーリー●雑誌編集長の沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、担当雑誌が休刊になり退職。偶然見つかった手紙で知った実の父親に会いにいくと、骨董屋を営む怪しい風ぼうの“電球”という男(風間杜夫)が現れる。“電球”を訪ねるうちに自室で骨董屋をはじめることを思いついたハ... [続きを読む]

受信: 2009年5月27日 (水) 20時46分

» インスタント沼 舞台挨拶付き [メルブロ]
インスタント沼 263本目 2009-24 上映時間 2時間 監督 三木聡 出演 麻生久美子  風間杜夫  加瀬亮  松坂慶子  相田翔子  笹野高史  ふせえり  白石美帆  松岡俊介  温水洋一  宮藤官九郎 会場 TOHOシネマズ 川崎 評価 10点(10点満点)  「転々....... [続きを読む]

受信: 2009年5月28日 (木) 11時19分

» インスタント沼 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  カッパが見えるとはしゃぐ母親と、絶対に現実しか信じない頑固娘のハナメ。彼女は売れない雑誌の編集長だが、この雑誌の廃刊と同時に、あっさり出版社を辞めてしまうのだ。 さあそれからが大変、ジリ貧状態が延々と続く毎日。ひょんな事から30年前の手紙が発掘... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 20時04分

» 【102.0Kg】 「インスタント沼」を観てきました♪ [街のクマさん 炎のダイエット日記]
こんばんわです♪ [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 00時22分

» 【インスタント沼】 [日々のつぶやき]
監督:三木聡 出演:麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮、松坂慶子、相田翔子、白石美帆、ふせえり    ひらけ、ぬま。 「出版社に勤めるハナメは、売れない女性誌の編集者だったが担当雑誌が長期休刊になったのを機に退職。 人生をやり直そうと思った矢先、母親が... [続きを読む]

受信: 2009年6月 2日 (火) 11時37分

» 『インスタント沼』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
ベクトルの違う『お買いもの中毒な私!』 みたいな映画?三木聡映画の笑いって基本的にはツボなんだけど、全部を丸ごと楽しめるというケースはなかなかなく。面白いんだけど、何かが引っ掛かって、好きになりきれなかったり。でも今回は、主人公が女子だったのがよかったのか、持続的に楽しめちゃった感じ。テンポよくドラマがどんどん前に進んでいくから、バカバカしさにさめちゃう余地もなく、愉快な気分で。ハイテンションに落ち着きなく向こう見ずなハナメキャラクターには、イラっとしてもおかしくないはずなのに、そのめいっぱいのコミ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 3日 (水) 10時24分

» インスタント沼 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
三木聡監督得意の言葉遊びとナンセンス・ギャグが満載でにぎやかな作品だ。出版社を辞めたOLハナメは、実の父で変人の電球と出会い、思いつきで骨董屋をはじめる。次々に起こる妙な出来事の果てにお宝が眠るという蔵の鍵を手にすることに。ヒロインは迷信や占....... [続きを読む]

受信: 2009年6月 3日 (水) 23時56分

» インスタント沼 [ダイターンクラッシュ!!]
6月3日(水) 20:50~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『インスタント沼』公式サイト 「時空警察」でコメディに開眼したといわれる麻生久美子主演。監督は、その「時空警察」の三木聡。 風間杜夫の頭爆発オヤジとか加瀬亮のパンクスもどき、いつもの通りの相田翔子、主人公の母親松坂慶子など豪華なキャスティング。 グタグタでノロノロしている癖に話の展開は読めず、おまけにところどころで含蓄のあるセリフが出てきたり。 2時間とコメディのくせに長いのだが、は... [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 03時27分

» インスタント沼(映画館) [ひるめし。]
ひらけ、ぬま。 [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 22時50分

» 「インスタント沼」 [みんなシネマいいのに!]
 三木聡監督の映画は好き嫌いがはっきり分れる。 「脱力系」という言葉は笑わそうと [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 23時27分

» *インスタント沼* [Cartouche]
{{{   ***STORY***      2009年 日本 出版社に勤めるハナメは、ビミョ〜な女性誌の編集者。微妙すぎて売り上げが伸びず、ついに休刊。会社を辞め、好きな男にもフラれ、人生をやり直そうと思った矢先に、ハナメの父親が沈丁花ノブロウという知らない男である事実を知る。確かめようと実家に行くと、母親は河童を探しに行って池に落ち、病院に運ばれていた。手紙の住所を頼りに、沈丁花ノブロウを訪ねると、そこは「電球商店」という怪しげな店だった。                        ..... [続きを読む]

受信: 2009年6月 7日 (日) 11時21分

» 『インスタント沼』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「インスタント沼」□監督・脚本 三木聡 □キャスト 麻生久美子、風間杜夫、加瀬 亮、松坂慶子、相田翔子、笹野高史、ふせえり、白石美帆、松岡俊介、温水洋一、宮藤官九郎、渡辺 哲、村松利史、松重 豊、森下能幸、岩松 了■鑑賞日 6月5日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 何だか大人が子供部屋にあるおもちゃ箱をひっくり返して、中から出て来た玩具に懐かしさを覚えた作品でしたね。 前作の『転々』とはカラーが違い、むしろそのノ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 12時26分

» インスタント沼◎無駄なテンションが面白い! [銅版画制作の日々]
 シオシオミロミロ〜〜♪なんじゃこれ?あの懐かしい飲み物、ネスレの粉末の商品です。牛乳を混ぜて飲む麦芽飲料です。もちろん今も商品は健在のようです。→ネスレミロのHP 6月2日、京都シネマにて鑑賞。ゆる〜い作品で定評の三木聡監督最新作は、超ハイテンション作品だ。いやあ〜久しぶりに大笑いしました。なにやら魔可不思議な世界です。 主人公を演じる麻生久美子の名前が沈丁花ハナメ。こんな名前、どこから発想するんだわけがわからない。そんな沈丁花ハナメを演じる麻生久美子の物凄い弾け方も半端じゃない。冒頭から、早... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 22時57分

» 「インスタント沼」初夏の麻生久美子祭・第2弾(^^;! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[インスタント沼] ブログ村キーワード  出演作続々公開。絶好調“麻生久美子祭”今回は「インスタント沼」(角川映画)でございます。「時効警察」でおなじみ、三木 聡 監督とのコンビ復活で、笑わせてくれますよ~。  出版社に勤めるOL沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、編集長を務める雑誌が販売不振で休刊になり、退職。お茶を入れれば茶柱が“凶”という字になり、カッパを捕まえに行った(らしい)母・翠(松坂慶子)は、池で意識不明で発見され、病院へ運ばれる。これだけでも充分不幸続きで“ジリ貧”なのに、偶然... [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火) 00時41分

» インスタント沼 [単館系]
6/11にやっていたとんねるずの皆さんのおかげでしたで宣伝していた 映画が気になり見てきました。 三木聡監督はカメは意外と早く泳ぐで知りま... [続きを読む]

受信: 2009年6月18日 (木) 23時32分

» 『インスタント沼』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:三木聡出演:麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮、松坂慶子、相田翔子鑑賞劇場 : TOHOシネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>出版社に勤めるハナメ(麻生久美子)は、ビミョ〜な女性誌の編集者。微妙すぎて売り上げが伸びず、ついに休刊。会社を辞め、...... [続きを読む]

受信: 2009年6月19日 (金) 08時23分

» インスタント沼 [空想俳人日記]
くだらなき 世を即席に おもしろく  インスタントコーヒーをよく飲む。もちろん、レギュラーコーヒーのが好きだが、仕事場では、そんなマシーンもない。自販機はあるが、一杯最低でも50円持ってかれる。頻繁に飲めない。だから、インスタントなのだ。  そういえば、カ... [続きを読む]

受信: 2009年6月20日 (土) 15時38分

» 「インスタント沼」初日舞台挨拶@川崎 [ひょうたんからこまッ・Part2]
『インスタント沼』初日舞台挨拶 TOHOシネマズ川崎 5月23日(土) 15:20開映/上映後監督と出演者による舞台挨拶 (以下敬称略) 司会:八雲ふみね ゲスト:三木 聡監督、麻生久美子、... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 00時27分

» 『インスタント沼』 @テアトル新宿 [映画な日々。読書な日々。]
雑誌編集長の沈丁花ハナメは、担当雑誌が休刊になり退職。偶然見つかった手紙で知った実の父親に会いにいくと、骨董屋を営む怪しい風ぼうの“電球”という男が現れる。“電球”を訪ねるうちに自室で骨董屋をはじめることを思いついたハナメだったが、お宝が眠る蔵の鍵を“電... [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 14時19分

» 「インスタント沼」 [てんびんthe LIFE]
「インスタント沼」テアトル新宿で鑑賞 なかなか評判がよろしいようなので、きになってみてきました。 麻生久美子という女優さん存在感の薄さというか、線の細さというか、真面目さというか、あまり好印象ではありませんでした。 全作の「ウルトラミラクルラブストーリー」でも変った印象はなく、更に作品のわからなさにどうしたものかと思ったのですが、この作品をみて麻生久美子という女優さんの印象が全て変りました。 このはじけ方がすばらしい。 こういう演技する女優さんとは思わなかったけど、すごく普通の女の子な... [続きを読む]

受信: 2009年8月 3日 (月) 19時20分

» インスタント沼 [Diarydiary! ]
《インスタント沼》 2009年 日本映画 人生下り坂ジリ貧OLの沈丁花 ハナメ、 [続きを読む]

受信: 2009年8月 9日 (日) 16時08分

» 映画 【インスタント沼】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「インスタント沼」 三木聡監督の最新作。 おはなし:雑誌編集長の沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、担当雑誌が休刊になり退職。偶然見つかった手紙で知った実の父親に会いにいくと、骨董屋を営む怪しい風ぼうの男(風間杜夫)が現れて・・・。 『転々』は三木監督独特の小ネタが満載ながらも、物語の流れとかラストの余韻がとっても良かったです。それってやっぱり原作本があったからなのかな。 本作は三木監督本人の原作なので、味わい的には『ダメジン』とか『亀は意外と速く泳ぐ』に近い感じがしました。 目に見え... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 23時25分

» インスタント沼 [単館系]
6/11にやっていたとんねるずの皆さんのおかげでしたで宣伝していた 映画が気になり見てきました。 三木聡監督はカメは意外と早く泳ぐで知りま... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 02時49分

» インスタント沼 [迷宮映画館]
好きだあ、このいい加減さ!! [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 08時53分

» ハーフ沼 [Akira's VOICE]
「インスタント沼」 「ハルフウェイ」  [続きを読む]

受信: 2009年12月 5日 (土) 12時26分

» 麻生久美子 加瀬亮 風間杜夫 / インスタント沼 [中川ホメオパシー ]
どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの乱反射ガール担当、ブロッケンです。 三木聡脚本・監督の映画『インスタント沼』を... [続きを読む]

受信: 2010年5月15日 (土) 17時31分

» 【映画】インスタント沼…インデアンサマーって何か別の映画でも出てこなかった? [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日は夜更かししたのに、今日{/kaeru_rain/}は何故か早起き出来たピロEKです。 家に食べ物{/silver/}が無かったので{/ase/}、朝から家族でファミレスにモーニングを食べに行って{/silver/}帰ってきました。 今はお昼に何を食べるのかを心配しています{/face_ase2/} さて以下は映画観賞記録{/m_0058/}。最近の供給過剰ゆえアップアップしているカテゴリーです{/ase/}。恐るべしTSUTAYA DISCAS{/face_ase1/} 「インスタ... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 15時02分

» インスタント沼 [単館系]
6/11にやっていたとんねるずの皆さんのおかげでしたで宣伝していた 映画が気になり見てきました。 三木聡監督はカメは意外と早く泳ぐで知りま... [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 22時17分

» 『インスタント沼』。 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、三木聡監督&脚本、麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮、相田翔子、笹野高史、ふせえり、白石美帆、松岡俊介、温水洋一、宮藤官九郎、渡辺哲、村松利史、松重豊、森下能幸、岩松了、松坂慶子出演。 ≪CS観賞≫... [続きを読む]

受信: 2010年10月10日 (日) 01時24分

« チョコレート・ファイター | トップページ | ゲキ×シネ「五右衛門ロック」 »