« ウォーロード/男たちの誓い | トップページ | バビロン A.D. »

2009年5月10日 (日)

余命1ヵ月の花嫁

Photo_2 TBSのドキュメンタリー番組として放送され大反響を呼んだ実話を映画化。主演はドラマ「メイちゃんの執事」の榮倉奈々、共演が「アヒルと鴨のコインロッカー」ほか人気作品に多数出演する瑛太。他にも千恵さんの父親役として柄本明が出演しています。監督はBSのドラマ「ケータイ刑事」シリーズを手がける廣木隆一。観る前から泣いてしまいそうです…。

>>『余命1ヵ月の花嫁』公式サイト

よかったね。運命の人に出会えて…。

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 人気ブログランキングへ←クリックお願いしますflair

01_2

ドキュメンタリーを観た時からぽろぽろと涙をこぼしていました。もちろんどんなお話かは解って観に行ったのですが、やっぱりポロポロと泣いてしまいました…。そもそもが実話を元にした話ですからストーリーの展開に良いも悪いもありません。この話を受け入れられる人は観ればよいし、こういう話は聞きたくないという人は観なければ良い、そういう作品です。いずれにしろ人が死ぬ、それも若くして死ぬというのは理屈ではなくただ悲しく切ないとしか言いようがありません。

02_3 03_2

主人の長島千恵さんを演じるのは榮倉奈々さん。テレビドラマでは何度か観かけていますが、女優としてはまだまだこれから。しかし、今回はハマっていました。どこか素人っぽさが抜けないその演技は、普通の人である長嶋さんを演じるにはむしろ好都合。また本当に千恵さんを思い出させるその丸顔にも助けられたかなという感じでした。さて、千恵さんの恋人・赤須太郎さんを演じるのは瑛太くん。彼の俳優としての実力は既に皆さん知っての通りですが、むしろ序盤では瑛太くんが上手すぎて、逆に演技っぽく観えてしまったのが皮肉です。

04_2 05_3

運命の人との出会い、乳がん発見、手術そして再発…、24歳の女性に降りかかった余りにも酷な運命。しかしその運命を受け入れ、懸命に生きた千恵さん、そしてそれを一生懸命ささえ続けた太郎くん、その2人の様子は赤の他人の私から観ると感動というよりはひたすら切ないとしか言いようがありませんでした。ノンフィクションの出来事としては何も言うことはありません。しかし、映画として描くとなると少し気になった点もあります。

06_2 07_2

太郎くんは確かに無償の愛で千恵さんを愛し支えました。しかし本当にそれだけだったのか?彼の心に少しも葛藤はなかったのか?もっといえば彼の心のどこかに同情心はなかったか。要は何が言いたいのかといえば、この作品に出て来る太郎くんは余りに良い人過ぎるということなのです。彼とて聖人君子ではないのですから悩みはあったはずです。もっと彼の内面から描いたほうがより現実的に私たちに訴えかけるのではないか、そう思いました。もちろん実際の太郎くんにどうこう言いたいわけではありません。

08_2 09_2

実は、本作に関してネット上では色々物議を醸していることは知っています。いみじくも劇中で太郎くんは「テレビなんかにでたら色々あることないこと言われる。」と言っていましたが、図らずもその通りになっています。人の死を商売にする。ある一面から見たらその通りですが、何かを為そうとする時には綺麗ごとでは済まされないのも事実です。それと引き換えに千恵さんの想いを形にした活動が展開されるのなら別に構わないと思うのです。

っとまあ、本来の映画鑑賞の主旨から外れたことを書いてしまいました。これから観に行こうと思っている方、あるがままに観て感じて泣いて欲しいと思います。こうした事実があったこと、そして特に女性の方は乳がんに対して少しでも気にかけてください。それで十分だと思います。

個人的オススメ度3.5
今日の一言:改めて長島千恵さんのご冥福をお祈りします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ウォーロード/男たちの誓い | トップページ | バビロン A.D. »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/29531209

この記事へのトラックバック一覧です: 余命1ヵ月の花嫁:

» 試写会「余命1ヶ月の花嫁」 [流れ流れて八丈島]
これから日比谷の東商ホールで、J-WAVE主催の試写会「余命1ヶ月の花嫁」を観ます。基本的に、こういう切ない系病気死別的恋愛映画は大好物なんで、結構楽しみです。実話がベースになってるようなんで、きっとリアリティもあるんだと思います!あとは役者次第だけど...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 19時55分

» 「余命1ヶ月の花嫁」 [てんびんthe LIFE]
「余命1ヶ月の花嫁」試写会 ニッショーホールで鑑賞 このたぐいの映画、ドラマ、小説、ドキュメンタリーなど、色々ありました。 この作品も、そんな若い女性のがんという病気と闘う闘病記。 どこか、何か、今までのものと違うところがあったのでしょうか? きっとないと思ったから、あまりみたいと思わなかったし、みたところでなにか得るものがあったかというと、やっぱりみないでおいたほうがよかったと思いました。 TVのドキュメンタリーでやめておいたほうがよかったんじゃないの? それなのに、観たのは当たり... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 21時26分

» 映画「余命1ヶ月の花嫁」@ニッショーホール [masalaの辛口映画館]
 映画の話 千恵は23歳の秋に左胸にしこりがあることに気付き、若年性乳がんの診断を受ける。恋人、太郎や家族、友人に支えられ、つらい闘病生活が開始。一時は職場復帰もするが、がんは他の場所にも転移していた……。 映画の感想 これは「映画化する必要があったのだ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 23時13分

» 「余命1ヶ月の花嫁」で号泣(;θ;) [Thanksgiving Day]
映画「余命1ヶ月の花嫁」を観てきました。 実話を元にした映画ということもあって、どのような結末になるか分かっているだけに、後半ぼくは涙が止まりませんでした(;θ;) この映画は公開されることを知ってから、絶対観ようと思ってたので前売り券も買って公開初日に映...... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 00時27分

» 「余命1ヶ月の花嫁」 [みんなシネマいいのに!]
 乳がんで亡くなった女性のドキュメンタリーとしてTBSで放送された実話の映画化だ [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 06時12分

» 余命1ヶ月の花嫁 [あーうぃ だにぇっと]
監督: 廣木隆一 キャスト 長島千恵☆榮倉奈々 赤須太郎☆瑛太 長島貞士☆柄本明 加代子☆手塚理美 花子☆安田美沙子 赤須敏郎☆大杉漣 岡田☆津田寛治 奥野☆田口トモロヲ 他 [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 06時38分

» 余命1ヶ月の花嫁/榮倉奈々、瑛太 [カノンな日々]
この映画の基になっているTBSのニュース番組内などで放送されたドキュメンタリーは見ていて長島千恵さんの生きる姿にとても感銘を受けました。ただその後に本を出版した辺りから商業的な匂いがしてきて、きっとどこかが映画化とかしちゃうんだろうなと思ってたら案の定。映画...... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 10時04分

» *『余命1ヶ月の花嫁』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、廣木隆一監督、榮倉奈々、瑛太主演。実話に基づく映画化。 [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 20時18分

» 余命1ヶ月の花嫁 [象のロケット]
若年性乳がんと診断されていたイベントコンパニオンの千恵は、悩みながらも仕事先の展示会場で知り合った太郎と交際をスタートする。 数ヵ月後、手術が迫り別れを告げた千恵を追い、「一緒に頑張ろう。」と伝える太郎。 千恵は負けないで頑張ると誓うのだが…。 若き愛といのちの物語。 ≪明日が来ることは、奇跡です。≫... [続きを読む]

受信: 2009年5月10日 (日) 20時34分

» レビュー:余命1ヶ月の花嫁 [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[ラブストーリー][ドラマ][実話][実写][邦画][ビスタサイズ] 微笑ましさ:★★☆☆☆ 悲劇の中の明るさ:★★★☆☆ 演出の控え目:★★★☆☆ 出演: 榮倉奈々、瑛太、手塚理美、安田美沙子、大杉漣、津田寛治、田口トモロヲ、柄本明 主人公の男性は、ある日....... [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 10時00分

» 余命1ヶ月の花嫁 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[余命1ヶ月の花嫁] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年44本目(39作品)です。 末期の乳ガンに冒されてしまい、わずか24歳でこの世を去った長島千恵さんの生涯をつづったヒューマンドラマです。 ネット上で長島さん..... [続きを読む]

受信: 2009年5月12日 (火) 10時35分

» 『余命1ヶ月の花嫁』 [・*・ etoile ・*・]
'09.04.24 『余命1ヶ月の花嫁』(試写会)@ニッショーホール yaplogで当選。正直に言うと、闘病を描いた実話ベースの作品はあまり積極的に見たいとは思わない。もちろん全然、否定するつもりはない。でも、どうしてもドキュメンタリーのようになってしまう気がする。そして何より見ていて辛いから。でも、試写会に応募したのは乳ガンのことを知りたかったから。そして瑛太くんが出ていたから(笑) 「イベント・コンパニオンの千恵は、イベント会場で広告代理店に勤める太郎と知り合う。太郎から交際を申し込... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 01時05分

» 「余命1ヶ月の花嫁」プチレビュー [気ままな映画生活]
オープニングで長島千恵さんのメッセージが 挿入されて感銘を受けました。 日々、日常を生活していて明日は当たり前のように 訪れて過ぎ去っていく。 [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 06時14分

» 「余命1ヶ月の花嫁」残された時間で伝え続けた病気への現実と明日が来る事の奇跡と愛する事で強くなれる愛情 [オールマイティにコメンテート]
「余命1ヶ月の花嫁」は2007年7月に放送されたドキュメンタリー余命1ヶ月の花嫁を映画化した作品で、23歳で若年性乳がんが発病し余命1ヶ月と宣告された長島千恵さんが残り少ない余命の中で恋人と結婚式を挙げて生きた姿を残していくストーリーである。実話であり、実...... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 01時18分

» 観ました、「余命1ヶ月の花嫁」 [オヨメ千感ヤマト]
「愛する人が病気で死んでしまう」・・・「恋空」「恋愛小説」「タイヨウのうた」「世 [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 00時29分

» 余命1ヶ月の花嫁 [欧風]
本日は、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザに映画観に行ってきた~。 1本目に観たのは、「余命1ヶ月の花嫁」。これは以前ちらっとTVのドキュメントでやってたのを、全部ではないけど観たことがあっ... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 18時36分

» 【余命1ヶ月の花嫁】 [日々のつぶやき]
監督:廣木隆一 出演:榮倉奈々、瑛太、柄本明、手塚里美、安田美沙子、大杉漣、津田寛治    あしたがくるって、奇跡なんだよ。 「会社員の太郎とコンパニオンの千恵はちょっとしたトラブルが出会いで知り合った。二人は付き合うようになるが、千恵には隠し... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 18時08分

» 「余命一ヶ月の花嫁」映画とドキュメンタリー [再出発日記]
BasedonTruestory日本映画では珍しいこのキャンプションがつく。みなさんに明日が来ることは奇跡です。それを知っているだけで、日常は幸せなことだらけで溢れています。    長島千恵若年性の乳がんの危険性を訴える作品として意味があると思う。もちろん、ここに出て...... [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 23時33分

» チェケラ系男子も涙する「余命一ヶ月の花嫁」 [movie-highway編集部!のブログ]
みなさまこんにちは! Movie-Highway 編集部のTannyです どうしても“泣きたい時”ってあるじゃないですか。 まさに今日、そんな感じだったのでもっぱら“泣ける”と評判の映画『余命一ヶ月の花嫁 』を観にいってきました。 (特になにかあったわけじゃないですよ!)... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 09時22分

» 余命1ヶ月の花嫁 [とりあえず、コメントです]
2007年に放送されたドキュメンタリーをもとに作られた映画です。 ドキュメンタリーや書籍として既に有名になっている物語なので観るかどうか悩んだのですけど チャレンジして来ました。 亡くなった長島千恵さんの想いを真っ直ぐに届けようという 真摯な気持ちによって作られたのだなあと感じられるような作品でした☆ ... [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月) 00時14分

» 映画:余命1ヶ月の花嫁 [よしなしごと]
 公開直後くらいまでは大感動と評判の余命1ヶ月の花嫁を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 01時32分

» 余命1ヶ月の花嫁 [映画君の毎日]
余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション ¥2,952 日本中が涙した感動の実話が映画化!イベントコンパニオンの千恵は、ある展示会場で知り合った太郎と交際を始める。乳がんである事を告白し、一度は別れを告げる千恵だったが太郎の真剣な想いに心を打たれ、共に生きていく... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 23時37分

» 『余命1ヶ月の花嫁』 [『映画な日々』 cinema-days]
余命1ヶ月の花嫁 イベントコンパニオンが恋人と交際を始めて 間もなく、乳癌に侵され、一旦、恋人と別れるが 再発、余命1ヶ月と告知される...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 5日 (月) 23時46分

» 『余命1ヶ月の花嫁』 [こねたみっくす]
美談なのに、全く美談に見えてこない。個人的にこの物語の裏に潜む悪報を知ってしまったというのを差し引いても美談に見えてこない。それはこの映画が淡々としすぎているから。故人を忍ぶ気持ちが全く見えてこないから。 これは故・長島千恵さんの想いを全く伝えることので....... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 12時20分

» 『余命1ヶ月の花嫁』’09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ2005年秋、イベントコンパニオンの長島千恵は乳がんの宣告を受ける。同時期に、仕事先の展示場で赤須太郎と知り合い、交際を申し込まれ・・・。感想夕方のニュース番組... [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 22時06分

« ウォーロード/男たちの誓い | トップページ | バビロン A.D. »