« 愛を読むひと | トップページ | モーニング・ライト »

2009年6月21日 (日)

劔岳 点の記

Photo_2 『八甲田山』や『鉄道員』など数え上げたらきりがないほどの作品を手がけてきた名カメラマン・木村大作の監督初挑戦作品。原作は新田次郎の同名小説。出演は最近では『鈍獣』が記憶に新しい浅野忠信、「20世紀少年」の香川照之を中心に、『ハゲタカ』の松田龍平、モロ師岡、 宮崎あおい、役所浩司など他にも超豪華かつ実力派がずらりと顔を並べています。
>>公式サイト

プロの誇りと仲間の絆

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01_3

実に見応えのある作品でした。タイトルを見ると何やら難しい印象を受けますが、話そのものはいたってシンプル。明治末期に日本地図を完成させるために前人未到の剱岳に挑んだ陸軍参謀本部陸地測量部の面々を描いた物語です。実際に測量隊が行った経路を辿って剱岳・立山連峰でロケを敢行したそうですが、それこそそんな撮影は前代未聞ですね。スクリーンから伝わる吹雪の質感、険しくも美しい山々の風景など、さすがは日本を代表するカメラマンである木村監督のなせる業でした。

02_2 03_2

ところで、私はこの作品は初めてづくしでもありました。陸軍に陸地測量部があったことも、日本山岳会の発足したタイミングがこの頃だったこともも、測量の方法も初めてのことばかり。そもそも「点の記」って何?というところからのスタートでした。「点の記」とは測量のための基準点を設置した場所や基準点を使用して測量した記録のことを指すのだそうですが、とりあえずは無理に細かいことを知る必要はありません。重要なのはそれら「点の記」が数多の先人たちの不断の努力により記録されてきた我国の財産だということです。

04_2 05_2

柴崎芳太郎を演じた浅野忠の朴訥とした語り口は、いかにも真面目な測量士といった雰囲気を醸し出していて、明治時代の男らしい折り目正しさを感じさせます。しかし、今回特に際立っていたのは香川照之の熱演ぶり。彼が演じた測量隊案内人の宇治長次郎という男は測量隊の中ではある意味一番重要な存在でした。どちらかというと観ている私たちは、街から来たという意味で柴崎たち測量部のメンバーの目線で見てしまいます。それだけに折に付け的確な助言をする長次郎の言葉は、私たちにも向けられているかのようでした。

06_2 07_2

測量部は日本山岳会と剱岳初登頂を競い合わされるハメになります。この争いは言い換えると「軍のプライド」と「クライマーのプライド」なのですが、柴崎たち現場の人間はそんなことは考えていませんでした。何故か。それは彼らがプロの測量士であって、軍人でもなければクライマーでもなかったから。測量士は測量をして地図を作ることが仕事であって、剱岳に初登頂することが仕事ではないのです。劇中で役所浩司演じる古田から柴崎に送られた言葉「何をしたかではなく、何のためにそれをしたかが大事です。」には、プロフェッショナルとしての矜持が感じられます。

08_2 09_2

このように本作では印象的で心に響く名台詞がいくつか登場しそれは今の時代に失われている何かを思い出させてくれるものでした。長次郎の「誰かが行かねば道はできません。」という名台詞も、剱岳に挑む悲壮なまでの覚悟をヒシヒシと感じさせる言葉す。そんな中で一つ私の気に入ったのが玉井大尉(小澤征悦)の言った「測量隊から死者を出すわけにはいかないのだ。」という台詞。たかが日本地図を作るために人命が損なわれるようなことがあってはならないと。もちろんこの場合の“たかが”はあくまで人命に比してという意味です。

10 11

あと一歩で剱岳初登頂という時、それまで先頭を案内していた長次郎は柴崎たち測量部にその役を譲ろうとします。しかし柴崎は、長次郎にそのまま先頭を行くように促すのでした。「私たちは既に仲間なんです。」と言って。案内人も測量部もない、一つの頂を目指した仲間としての実に気持ちの良いラストシーンです。そして同じように、エンドロールを見ると、そこにあるのはただ「仲間たち」とかかれた文字のみ。監督も俳優も表方も裏方もない、この作品に携わった人たちの名前が流れていきます。まさに初登頂と同じく“仲間”で作り上げたことを監督は謳いたかったんでしょう。

木村監督、あなたの作品からもプロフェッショナルとしての誇りが伝わってきましたよ!

個人的おススメ度4.5
今日の一言:細かい不明な部分を勉強してもう一回観たいです。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 愛を読むひと | トップページ | モーニング・ライト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30216254

この記事へのトラックバック一覧です: 劔岳 点の記:

» 『剣岳 点の記』 [つれづれなるままに]
木曜日に 『剣岳 点の記』の試写会に行ってきました。 木村大作監督、浅野忠信さん [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 23時51分

» 劔岳 点の記 [悠雅的生活]
誰かが行かねば、道はできない。 [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 00時14分

» 「劔岳 点の記」映画感想 [Wilderlandwandar]
新田次郎の同名小説を『八甲田山』『火宅の人』などの名カメラマン、木村大作が初メガホンを取った作品。 元々原作も読んでいて [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 02時38分

» 劇場鑑賞「劔岳点の記」 [日々“是”精進!]
劔岳点の記オフィシャルガイドブック「劔岳点の記」を鑑賞してきました日本映画界を代表する名カメラマン木村大作が自ら初監督に挑み、新田次郎の同名小説を完全映画化。明治時代末期、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍の命を受け、最後の空白地点を埋めるべく前人未踏...... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 05時50分

» 劔岳 点の記/浅野忠信、香川照之 [カノンな日々]
この作品に関しては私よりも山登りが趣味の母のほうが一足早く映画化の情報を知っていました。昨年かな?母が劔岳に登ったときにこの映画の撮影に遭遇したんだそうです。登山家さんやトレッキング愛好家らの間ではかなり話題の作品のようですね。先日、たぶんフジテレビだっ....... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 07時53分

» 劔岳 点の記 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
劔岳 点の記 09:日本 ◆監督:木村大作「憑神」「ホタル」(共に撮影) ◆出演:浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 09時44分

» 仲間たち。~「劔岳・点の記」~ [ペパーミントの魔術師]
Agehaさんのことだからまたしょーもないツッコミいれますけど。 仲村トオルの登山服ってかっこよすぎない? ソフト帽アロンアルファで頭に接着してなかったら 絶対飛んでるし。(爆) このシーンの映像を狙うのに何日かかったかって とくダネのインタビューで笠井さんに..... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 10時27分

» 劍(剣)岳 点の記  監督:木村大作 原作:新田次郎 [ネット社会、その光と影を追うー ]
新田次郎渾身の山岳小説『剱(剣)岳 点の記』が映画 [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 14時16分

» 劔岳 点の記 [Akira's VOICE]
ご苦労様です!   [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 17時22分

» 剣岳 点の記 [映画通の部屋]
「剣岳 点の記」製作:2009年、日本 139分 監督、脚本、撮影:木村大作 原 [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 20時52分

» 「劔岳 点の記」:葛西南高校前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}高校生諸君、遅刻しそうになったらこのフェンスを乗り越えて行け。 {/hiyo_en2/}なに、よからぬことアジってるのよ。 {/kaeru_en4/}いや、誰かが行かなければ道はできない。 {/hiyo_en2/}なにそれ。「劔岳 点の記」の中のセリフみたいなこと言って。 {/kaeru_en4/}いや、久しぶりに日本映画界が本腰を入れた映画だったからさ、「劔岳 点の記」は。 {/hiyo_en2/}日本地図を完成させるために、前人未踏の剣岳に三角点を設置しようと挑んだ明... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 21時42分

» 「劔岳 点の記」みた。 [たいむのひとりごと]
理由は「軍の威信」を守るため。軍上層部からの「何が何でも前人未到の剣岳”初登頂”をものにせよ」との「命令」に、一介の測量手が逆らえる筈もなし。命懸けともいえる剣岳へのアタックに一発勝負で臨ま無ければな... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 21時43分

» 「劔岳 点の記」執念の映像 [再出発日記]
「厳しさの中にしか美しさはない」監督・撮影:木村大作原作:新田次郎出演:浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐志、國村隼、夏八木勲、松田龍平、仲村トオル、役所広司木村監督の執念の映画である。ストーリーはいたって簡単、地図を完成させるために劔...... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 22時02分

» 劔岳 点の記 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
日本地図誕生にこんな秘話があったとは。明治40年、未踏峰の劔岳山頂を目指す測量手と山の案内人がいた。軍部が、日本山岳会への強いライバル意識をあらわにする中、命がけで地図作りに挑んだ男たちの気骨に胸を打たれる。名カメラマン木村大作の初監督作だが、圧巻なのは、....... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 23時55分

» 劔岳 点の記 [Art- Mill]
http://www.tsurugidake.jp/ 「劔岳 点の記」を観た。 圧倒的に山の絵が美しい。 さすがカメラマン木村大作さんである。 剣岳には一度登っている。 立山界隈には、ほぼ10回ぐらい [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 07時05分

» 【映画】劔岳 点の記 [新!やさぐれ日記]
▼動機 景色がキレイだったので ▼感想 DVDに付くであろう特典映像を見たい ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ 明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎(香川照之)や助手の生田信(松田龍平)らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然の厳しさを見せつけられた測量隊だったが、柴崎と宇治はある言葉を思い出す。 ▼コメント 満足度がおいときなのは、mix... [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 08時04分

» 劔岳 点の記 [象のロケット]
明治39年、陸軍は国防のため日本地図の完成を急いでおり、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手・柴崎芳太郎に、劔岳の初登頂と測量を命じる。 かつて多くの優秀な測量部員たちが挑戦し果たせなかった劔岳は、立山信仰の霊場としても知られる、あまりにも険しい山だった…。 実話にもとづく、日本地図最後の空白地点を目指した男たちの記録。 ≪誰かが行かねば、道はできない。≫... [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 11時12分

» 劔岳 点の記 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[剣岳] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年61本目(56作品)です。 上層部から「陸軍の威信にかけて、劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受けた陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)。 明治40(1907)年。..... [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 17時44分

» 劔岳 点の記 [映画君の毎日]
●ストーリー●明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎(香川照之)や助手の生田信(松田龍平)らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然の厳し... [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 18時07分

» 映画「劔岳 点の記」を採点 [ディレクターの目線blog]
映画『劔岳 点の記』を観て来ました。採点は初監督って事でご祝儀込みで、★★★☆☆(5点満点中3点)です。 最初に書いておきますが、私は撮影者・木村大作さんの大ファンです。以前、『「情熱大陸/撮影・監督・木村大作」を観ました。』にも木村さんに対する思いは書きました。 それゆえに期待しすぎていたのかもしれませんが、映画監督・木村大作、そして映画『劔岳 点の記』を採点するとなると簡単に満点は出せないほど突っ込みどころがありました。もちろん、撮影者・木村大作が大スクリーンに映し出す大自然の情景は... [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 18時13分

» 映画 劔岳 点の記 [◇youtube動画最新ニュースblog◇]
劔岳点の記オフィシャルガイドブック商品価格:1,680円レビュー平均:0.0ブレない本物のプロが圧倒的大自然に挑む「劔岳 点の記」: 雲は、自由自在ブレない本物のプロが圧倒的大自然に挑む「劔岳 点の記」. 332002view001 日露戦争後の明治40年、日本地図完成のために立山劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎(浅野忠信)ら測量隊。陸軍の面目のために、劔岳制覇の名誉を民間の日本山岳会に奪われる ...(続きを読む) 劇場鑑賞「劔岳 点の記」 - 日々“是”精進! - 楽天ブログ(Blog)劇... [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 19時10分

» 「劔岳 点の記」 [みんなシネマいいのに!]
 明治40年、地図の測量手として実績を上げていた柴崎芳太郎は、陸軍参謀本部から呼 [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 22時19分

» 劔岳 点の記 [映画道]
陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、日本地図最後の空白地点を埋めるため、「陸軍の威信にかけて劔岳の初登頂と測量を果たせ」という命令を受ける。  富山に向かった柴崎は、案内人の宇治長次郎(香川照之)と劔岳の調査に入るが、謎めいた行者(夏八木勲)の言葉以外、登頂への手掛かりすら掴めずに下山する。 翌 明治40年。  測量隊総勢7人で劔岳周辺に三角点を設置していき、ついに劔岳に臨む。 しかしガレキだらけの尾根、雪崩や暴風雨に続く困難に次ぐ困難が、測量隊の行く手を阻む。 命をさらしてまで、測量する意味... [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 15時06分

» 映画 【剣岳 点の記】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「剣岳 点の記」 新田次郎の同名小説の映画化であり、名カメラマン木村大作の初監督作品。 おはなし:明治40年、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、宇治長次郎(香川照之)を案内人とし、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑むが・・・。 ただひとつ空白となっている剣岳の頂に三角点を立て日本地図を完成させよ! 陸軍の威信にかけても、日本山岳会よりも早く剣岳に登頂せよ! 陸軍の威信なんて知ったこっちゃないですけど命令には逆らえない。 柴崎と宇治は測量の半年前に剣岳にリサーチに出... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 11時40分

» 映画「剱岳 点の記」 [ITニュース、ほか何でもあり。by KGR]
2009/6/24、109シネマズ木場。 このところ、109シネマズ木場のチケット売り場前には必ず列ができている。 今日もチケットを買うのに10分近くかかった。 まずまずの入りだが、客の年齢層はかなり高め。 映画に見入るのは良いが、しゃべりながら見るのは勘弁願いたい。 ** 浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、宮崎あおい、 国村準、夏八木勲、役所広司。 *** 「点の記」とは、地図測量の基準点である「三角点」の設置「記録」ことである。 明治39年、陸軍測量部は日本地図最後の空白地... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 11時53分

» 劔岳 点の記 言葉に出来ない映像美と感動(TωT)ウルウル [労組書記長社労士のブログ]
【 36 -8-】  TOHOシネマズ、梅田でも難波でも上映していないので、わざわざ西宮ガーデンズまで行って鑑賞。 むちゃくちゃく楽しみにしていた、もしかしたら今年では一番楽しみにしていた映画かも。  古来よりその険しさから「針の山」、宗教上の理由から登ってはならない「死の山」と伝えられてきた前人未到の山・剱岳。明治40年(1907年)、地図の測量手として、実績を上げていた柴崎芳太郎は、突然、陸軍参謀本部から呼び出される。「日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せ」―当時、ほとんどの山は陸地測... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 14時09分

» 剱岳 点の記 [迷宮映画館]
やはり、この映画の見どころは、映像の切り取り方と、風景に尽きる。 [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 14時59分

» 劔岳 点の記 [そーれりぽーと]
大自然を相手に、実写にこだわった過酷な撮影云々が公開前から噂になっていた『劔岳 点の記』を観てきました。 ★★★★★ 「素晴らしい」って言葉が似合う映画。 過酷な撮影と聞かされて、「最近はVFXで何でも出来ちゃうけど、どうして今更本物にこだわるんだろう」なんて陳腐な想像をしていたけれど、本物の壮大な風景をバックにした映像の美しさたるや、どこを取っても絶品。 計算されつくされた映像は、美しくもあり、本物だけしか持たない迫力をもって迫ってくるものでもあり。 さすが名撮影監督がやりたいように作り上げた映... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 20時50分

» 劍岳 点の記 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  原作は新田次郎の小説であるが、主人公の柴崎芳太郎は実在人物であり、小説同様、陸軍参謀本部陸地測量部の陸地測量官だったという。そして劍岳における功績等についても事実そのものであるから、これはある意味歴史ドキュメンタリーといっても過言ではないだろう... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 21時28分

» [映画『劔岳 点の記』を観た ] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆レイトショーで観てきたのですが、明日も早よから仕事っちゃ。  なんで、短いエントリーですまないっちゃ^^(長次郎の真似^^;)  いい作品だった。  明治時代の、日本の国土の最後の空白地帯を埋める測量作業に魂を賭けた男たちの物語。  同時期に山岳会も剱岳初登頂を目指しており、陸軍測量隊は、陸軍の名誉をも背負って剱岳に挑む。  陸軍のメンツばかり意識する陸軍首脳…、測量隊隊長の柴崎(浅野忠信)の奥さん(宮崎あおい)の可愛らしさ…、  物語は、そんな風に分かりやすく進んでいく。  私は最... [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 01時18分

» 「劔岳 点の記 」峻烈な映像に至福の時間 [Art- Mill]
http://www.tsurugidake.jp/ 映画を観る前から、新田次郎さんの原作「劔岳 点の記」を読み始めていましたが、読み終えないうちに我慢できず、映画を観てしまいました。 映画全編が「 [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 06時09分

» 劔岳 点の記 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。新田次郎原作、木村大作監督、浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、夏八木勲、小澤征悦、宮崎あおい、役所広司。明治40年、劔岳(標高2999m)に公式初登頂した陸軍陸地測量部とその仲間たちの物語。実は昔々、自分も彼らと同じように雪渓を登り頂上に行った...... [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 10時04分

» 劔岳 点の記 [Diarydiary! ]
《劔岳 点の記》 2008年 日本映画 明治40年、地図の空白をうめるべく前人未 [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 20時58分

» 劍(剣)岳 点の記  監督:木村大作 原作:新田次郎 [ネット社会、その光と影を追うー ]
新田次郎渾身の山岳小説『剱(剣)岳 点の記』が映画 [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 22時50分

» 『劔岳点の記』 (2009)/日本 [NiceOne!!]
監督・撮影:木村大作原作:新田次郎出演:浅野忠信、香川照之、宮崎あおい、小澤征悦、井川比佐志、國村隼、夏八木勲、松田龍平、仲村トオル、役所広司公式サイトはこちら。<Story>明治40年、地図の測量手として、実績を上げていた柴崎芳太郎(浅野忠信)は、突然...... [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 07時27分

» 剱岳・点の記 [銅版画制作の日々]
これは撮影ではない。“行”である。木村監督が称した。何かその意味が分かる気がした。 記憶が薄れない間に書こうと思いました。「トランスフォーマー・リベンジ」は爆睡のため、本当にリベンジしなければならなくなりました。なのでこの映画のレビュー、感想等を先に書きます。実は私も10年近く前まで登山をしていました。剱岳は残念ながら、登っていませんが、槍岳、奥穂高岳、北岳、御岳山・・・・。3000メートルの山々、そして深田久弥が100名山と称した山など、おそらく20以上の山に出かけたと思います。なので今回本... [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 08時25分

» 映画感想『劔岳 点の記』ホント、いいですねぇ。。。 [レベル999のマニアな講義]
内容明治39年。陸軍は、日本地図の完成を目指すべく最後の空白地域である“劔岳”周辺の測量を決定する。大久保陸軍少将(笹野高史)矢口中佐(國村隼)らは、玉井大尉(小澤征悦)に、その事を命じるとともに。その測量隊員として、柴崎芳太郎(浅野忠信)を選び、“死...... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 23時44分

» 剣岳 点の記 2009年日 ☆3.9 [映画に浸れ。 -携帯メルマガの発行人dkのブログ-]
Mhb vol.1068 2009年06月27日 19時00分 発行  木村大作監督。浅野忠信、香川照之出演。  明治40年。日本地図を作るために全国各地を測量してきた日本陸軍。その陸軍測量手の柴崎にある特命が下る。いまだ測量にいたっていない前人未到の剣岳を、誰よりも早く制覇する....... [続きを読む]

受信: 2009年6月30日 (火) 22時38分

» 映画「劔岳 点の記」 [FREE TIME]
映画、「劔岳 点の記」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 23時42分

» 劔岳 [映画ってエエがな]
今回は「劔岳(つるぎだけ)<点の記>」である。新田次郎の原作で木村大作氏の初の監督作品となる。なんといってもこの作品のウリは「CGなし空撮なし」である。厳しい自然の中であえてアナログ的な撮り方にこだわったといってよいと思う。片道9時間かけて行った撮影は2カット...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 18時41分

» 劔岳 点の記 [風に吹かれて]
  なぜ登る新田次郎原作の同名小説を映画化。監督・撮影は、黒澤作品の撮影助手を経て、「八甲田山」「復 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 13時46分

» 映画「劔岳 点の記」(2009年、日本) [富久亭日乗]
★★★★☆  山に魅せられた男たちのドラマを 描いた新田次郎の小説を 映像カメラマンの木村大作が監督。   明治39年。 陸軍参謀本部陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、 日本にただ一か所残った未測量地、 北アルプス・劔岳の測量を命じられる。 柴崎は 地元の山を熟知した宇治長次郎(香川照之)を案内人に、 前人未到の山の登頂を目指す。 厳しい自然を克服し、 日本山岳会の小島烏水(仲村トオル)ら ライバルに勝って、 山頂に到達した柴崎は そこに驚くべきものを見つけるのだった・・・      ◇  黒澤... [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 07時04分

» 【劔岳 点の記】 [日々のつぶやき]
監督:木村大作 出演:浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、小澤征悦、宮崎あおい、國村隼、役所宏司、笹野高史     誰かが行かねば、道はできない。 「明治40年、地図の測量手の柴崎芳太郎は陸軍参謀本部から呼び出されてある指令を受けた。 日本... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 10時27分

» 劔岳 点の記 [ダイターンクラッシュ!!]
7月7日(火) 20:55~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『劔岳 点の記』公式サイト いかにも東映ぽい高齢者向きな雰囲気の作品だが、近年の東映作品の中では、力の入った素晴らしい作品である。愚作「男たちの大和(YAMATO)」なんぞと大違いである。「北の零年」は未見。 この作品を素晴らしくしているのは、浅野忠信、香川照之を筆頭とする役者の熱演、そして、劔岳および立山の壮観な景色と本物の映像によるところが多いと思う。 最後にライバルだったかの仲... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 03時14分

» 劔岳 点の記 [とりあえず、コメントです]
名作を撮り続けているカメラマン・木村大作氏が初監督で創り上げた作品です。 新田次郎著の同名小説を元に実在した人物たちの軌跡を、厳しい山の自然と共にじっくりと描いていました。 ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 12時50分

» 「劔岳 点の記」日本映画の王道。コレは本物! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[剣岳] ブログ村キーワード  CG、デジタル全盛のこの時代に、敢えて“人間力”で挑んだ本作「劔岳 点の記」(東映)。力技の感じられる、正に“本物の映画”でしたよ。  明治39年。日露戦争に勝利した日本は、更なる国防の必要性を痛感。そのために、完全なる日本地図の完成を急いでいた。陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎(浅野忠信)は、日本地図最後の空白地である、立山連峰の劔岳への初登頂と測量を命じられる。未踏峰である劔岳への登頂は困難を極め、過去幾度かの挑戦も、その険しさに跳ね返されて... [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 11時25分

» トランスフォーマー/リベンジ [犬・ときどき映画]
トランスフォーマー/リベンジ[TransFormer Revenge] story オートポッドとディセプティコンの戦いから2年後、サムは大学に進むことになり、一緒に暮らしていたオートポッドのバンブルビーとも別れることになった。 しかし、そのことを伝えるとビーは涙を流しておいおい泣いてしまう。 ガールフレンドのミカエラとも離れ楽しい大学生活が始まるはずだったのだが。 一方政府はオートポッドと軍隊が協力し、残っているデセプティコンを倒していた。 大学生活を送るサムに突然異変が起こる、頭の中で宇宙の言... [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 21時30分

» 「劔岳 点の記」 仲間たち [はらやんの映画徒然草]
「何故山に登るのか?」 この問いに「そこに山があるから」と答えたのは、エベレスト [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 08時13分

» 劔岳 点の記 [監督:木村大作] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
大作の撮った山岳映画大作。「山を愛したスタッフが命がけで撮った映像が・・・これだぁ」「1、2、3」「わぁぁ(SEで付け足された驚きの声)」と言う感じに使えそうな映画だが、見た目と同じくらいドラマに見応えがある!!!... [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 07時05分

» ▲『剱岳 点の記』△ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、新田次郎原作、木村大作監督&撮影、浅野忠信主演。 [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 02時15分

» 「劔岳点の記」劇場鑑賞 [流れ流れて八丈島]
つい先日ヤフオクでゲットした東映株主優待券(8〜1月の毎月1回で6回分)を使って、「劔岳点の記」を観てきました当直明けにそのまま家に帰らず銀座に直行して、丸の内TOEIで朝10時からの初回の上映です。なかなかの力作でしたね年齢層は高いけど、平日の1回目にし...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 23時35分

» 「劔岳 点の記 」真夏には涼しい140分、撮影が大変そうだった。 [soramove]
「劔岳 点の記 」★★★☆ 浅野忠信 、香川照之 、松田龍平 、宮崎あおい 、仲村トオル 主演 木村大作 監督、140分、2008年                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「明治40年、柴崎芳太郎は、陸軍上層部から 日本地図最後の空白地点、劔岳の初登頂を 目指すように命令を受ける、 過酷な使命を受けた男たちの物語を見ていると 美し... [続きを読む]

受信: 2009年8月 8日 (土) 08時57分

» 映画:劔岳 点の記 [よしなしごと]
 ネットでの評判が結構良かったので、観ようかどうしようか迷っていたのですが観てきました。劔岳 点の記を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年8月11日 (火) 02時30分

» 木村大作監督 「劔岳 点の記」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
「ディア・ドクター」が2009年キネ旬日本映画第1位 へぇ〜〜そうなんだ? もっと良い映画もあった様な気もしたけど… じゃあ第2位はと見ると、この作品があがってました。 「劔岳 点の記」http://www.tsurugidake.jp/ 観てません(^m^:) そういえばネットの友人が「良かったわよぉ〜♪」と言ってたし… この機会に観ておきましょうと思い鑑賞。 【あらすじ】 明治40年。地図の測量手として実績を上げていた柴崎(浅野忠信)は、陸軍参謀本部に呼び出され「日本地図最後... [続きを読む]

受信: 2010年2月 8日 (月) 10時08分

» No.204 劔岳 点の記 [気ままな映画生活]
日本地図を完成させるため、未開拓の剱岳を目指す男たちのドラマ。 日本地図といえば、中学生のときに記憶に残っているのは 伊能忠敬だったかな・・・そんな記憶を辿りながら 当時の測量技法について関心深く、観賞しました。... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 22時20分

» 『剱岳 点の記』 DVD鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎や助手の生田信らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然の厳しさを見せつけられた測量隊だったが、柴崎と宇治はあ... [続きを読む]

受信: 2010年3月26日 (金) 11時07分

» 劒岳 点の記 [Men @ Work]
2009年の邦画、「劒岳 点の記」(監督:木村大作)です。WOWOWで放送されたものを録画して鑑賞しました。 映画公開当時、「なんか地味そうな映画だな」と思って観に行かなかった作品なんです、これ。今回も自宅で食事しながら映画を観るのに、「洋画だと字幕を追えないから、なんか邦画で」ということでHDDレコーダにストックされたリストを眺めて「まいっか、これで」くらいの感じで見始めたのですが..。いや、意外に面白かったです。なんといっても全編CGなしの映像の迫力がすごくて、私としてはもう前半で... [続きを読む]

受信: 2010年5月14日 (金) 23時01分

» 『劔岳 点の記』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ陸軍陸地測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)は、日本地図最後の空白地点を埋めるため、「陸軍の威信にかけて劔岳の初登頂と測量を果たせ」という厳命を受ける・・・。感想日本ア... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 23時15分

» 劔岳(感想162作目) [別館ヒガシ日記]
劔岳はWOWOWで鑑賞し結論は結末が微妙だ 内容は明治40年に陸軍参謀本部に呼び出され 柴崎地図を完成で劔岳の登頂を命令されて 劔岳の初登頂を山岳会より先に上る展開だ... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 10時26分

» 劒岳 点の記(2008) [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
1970年代から日本映画のカメラマンとして活躍してきた木村大作が監督しているので、現地でロケをした迫力ある映像が圧巻だ。山岳シーンは当時の測量隊が歩んだ行程をそのまま撮影していて、自然の美しさと厳しさを実感できる。特に感動するのは、山岳会と陸軍測量隊が小旗信... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 14時40分

» 『剱岳 点の記』 [めでぃあみっくす]
ただ地図を作るためだけ。ただ山に登りたいという人を山に登らせるためだけ。たったそれだけで命を危険にさらす男たち。 ただその男たちの執念が起伏のあるドラマとして描かれていないのが非常に悔やまれる映画でした。しかしCGに頼らない圧巻の剱岳の風景描写を見るだけで....... [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 14時03分

» 『劔岳 点の記』 ('10初鑑賞114・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 8月21日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年8月28日 (土) 21時27分

» 劔岳 点の記 [Yuhiの読書日記+α]
険しい山を舞台に、測量に携わる人たちの情熱と尊厳を描いた新田次郎の同名小説を映画化したもの。監督は木村大作、キャストは浅野忠信、香川照之、松田龍平、宮崎あおい他。 <あらすじ> 明治40年、日本地図完成のために立山連峰、劔岳への登頂に挑む、陸軍測量手の柴崎芳太郎(浅野忠信)ら7人の測量隊。山の案内人、宇治長次郎(香川照之)や助手の生田信(松田龍平)らと頂への登り口を探すが、生田が足を滑らせけがを負ってしまう。大自然の厳しさを見せつけられた測量隊だったが、柴崎と宇治はある言葉を思い出し……。(シネマ... [続きを読む]

受信: 2010年9月 3日 (金) 20時56分

» 「紅い鞄」と、ちょこっと「劔岳」感想  [ポコアポコヤ 映画倉庫]
  命の危険と背中合わせの、厳しい山を舞台にした映画。 [続きを読む]

受信: 2010年10月23日 (土) 15時25分

» 映画 劒岳 点の記 [VAIOちゃんのよもやまブログ]
昨年話題になった映画「劒岳 点の記」。地上波で放送されていたのでX95で録画し、PSPに転送して鑑賞しました。新田次郎の同名小説の映画化ということなんですが、そもそも原作小説を知らなかったりしますし、みは山とかは殆ど興味がなく、せいぜい高尾山に登っ...... [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 19時45分

» 劔岳 点の記 [こんな映画見ました〜]
『劔岳 点の記』 2008年(日本) 監督:木村大作 出演:演: 浅野忠信、香川照之、松田龍平 、 仲村トオル、 宮崎あおい 、 石橋蓮司、 夏八木勲、役所広司 明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎(浅野忠信)は、国防のため日本地図の完成を急ぐ陸軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たせ、との命令を受ける。 立山連峰にそびえ立つ劔岳は、その険しさから多くの者が挑みながら誰一人頂上を極められずにきた未踏峰の最難所であった。 さらに、最新装備で初登頂を目指... [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 12時21分

« 愛を読むひと | トップページ | モーニング・ライト »