« ザ・スピリット | トップページ | 幸せのセラピー »

2009年6月11日 (木)

ガマの油

Photo 私の大好きな俳優である役所浩司さんの記念すべき監督デビュー作です。もちろん主演は本人・役所浩司。共演に『余命1ヵ月の花嫁』の瑛太、他にも秋葉サブロー、二階堂ふみといった若手に加え、小林聡美・益岡徹・八千草薫のベテランも出演。正直言って地味なキャスティングですが、そこがむしろ役所さんらしい気がします。


>>公式サイト

情の俳優・役所浩司の真骨頂!

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01

タイトルからは、もっとファンタジックな作品を想像していたのですが、役所浩司さんの人柄が出たかのような、とても熱い情に包まれた作品でした。時々現れるファンタジックな部分、例えば益岡徹さんと小林聡美さんが演じる“ガマの油”売りは時代をまたいで、主人公・拓郎(役所浩司)の前に現れるのですが、それは拓郎の人間性を描く上では欠かせないポイントになっています。

02 03

拓郎は株のトレーダーで年間ウン億円の税金を納める高額所得者。毎日田園調布のお屋敷でパソコンを前に億単位の取引をしています。すごいお金持ちにもかかわらず生活ぶりは妙に庶民じみていて、ご飯のおかずが奥さんの輝美(小林聡美)の手作りコロッケだったり。(ただし山盛り。)そんなある日、息子の拓也(瑛太)は恋人のひかり(二階堂ふみ)と渋谷でデートの待ち合わせをします。なかなか上手く落ち合えない2人の様子が暫く描かれますが、この一連のシーンだけで2人が本当に相思相愛なのが良く解ります。そしてこれはこれから描かれる物語全編に対する伏線でもありました。

04 05

実は物語序盤にして、拓也は交通事故で意識不明となり、一時は意識が戻るものの亡くなってしまいます。大好きな恋人の死を知らず、いつもどおりの無邪気な明るさで拓也の携帯に留守電を残すひかりには言葉がありません。本作がデビュー作となるひかり役の二階堂ふみさんは明るい朗らかな演技が素敵でした。沖縄出身というだけあって、まるで太陽のような女の子です。拓也になりすました拓郎との携帯電話での会話は、少女らしいあどけなさがとてもよく出ていて、拓郎のおやじなセリフ「なるへそ!」なんて死語に大喜びするところはとても可愛らしい。もっともそのおかげで増々拓郎は拓也の死をひかりに伝えられなくなってしまうのですが…。

06 07

拓也の幼稚園時代の同級生・秋葉サブロー(澤屋敷純一)は少年院から出ると、矢沢家に世話になることが決まっていました。実は拓也は少年院に彼を迎えに行く途中に事故にあったのです。拓郎はサブローとともに、拓也の遺骨を納める場所を探す旅に出るのでした。…というのは表向きの理由で、本当のところはサブローと拓郎が拓也の死を受け入れるための旅だったのでした。サブローは拓也の死に責任を感じています。そんな時2人が出遭ったのは、拓郎が子供の頃出遭ったガマの油売りでした。それにしても、テーマ音楽と共に油売りの口上を聞いていると楽しくなってくるから不思議。そして油売りの奥さんに癒されるサブロー…。漂う妙な空気感がしっくり来ます。

08 09

そしてサブローの一言で拓郎は、もう一人拓也の死を受け入れなければならない人間がいることに気付くのでした。ひかりに拓也の死を受け入れてもらうこと、それは即ち自分が拓也の死を受け入れることでもあります。拓郎はひかりに、昔ガマの油売りから教わったことを話して聞かせるのでした。曰く「人は2度死ぬ」と。1度目は体の死。そしてもう1度は残された人間がその人のことを忘れた時に。泣きながら、でも笑顔で「拓也のこと忘れない」と誓うひかり、そして「私が死んでも私のことを忘れないで!」と拓郎に頼む彼女の姿に涙を誘われました。

ユニークでコミカルでファンタジック、変に湿っぽくないこの物語。散りばめられた笑いは悲しみの裏返し。しかし拓郎は言います。「俺はどん底の時にこそ大笑いすることにしている。」と。私も泣きながら微笑んでしまった、なんだか天気雨のような作品でした。

個人的オススメ度3.5
今日の一言:益岡さんの口上が実に上手い!

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ザ・スピリット | トップページ | 幸せのセラピー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30046729

この記事へのトラックバック一覧です: ガマの油:

» ガマの油/役所広司、瑛太 [カノンな日々]
役所広司さんの初監督作品ということで話題になってるんですけど、肝心の内容は予告編を見てもよくわかりませんでした。ロードムービーなのかな?ヒューマンコメディっぽい感じ?ガマの油売りはずっと昔の小学生の頃に一度だけ地元のお寺での大きなお祭りで見たことがありま....... [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 23時44分

» 映画「ガマの油」@アスミックエース試写室 [masalaの辛口映画館]
  映画の話 一晩で巨額の金を動かすデイトレーダーの矢沢拓郎(役所広司)。ある日、一人息子の拓也(瑛太)が、少年院から出所する幼なじみの秋葉(澤屋敷純一)を出迎えに行く途中、交通事故に遭い、意識不明の重体に陥る。事故に動揺する拓郎と妻の輝美(小林聡美)...... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 00時03分

» ガマの油 [佐藤秀の徒然幻視録]
役所広司初監督、主演。瑛太、小林聡美、二階堂ふみ、八千草薫、澤屋敷純一、益岡徹。本物の「ガマの油」を参照すると、共通するのは香具師の巧みな口上だろうか。言葉の相場師に対し、矢沢拓郎(役所広司)はガマ油の香具師の口上のような調子で数字の口上のような相場を巧み....... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 00時03分

» 舞台挨拶付き特別試写会「ガマの油」 [流れ流れて八丈島]
今日は新宿明治安田生命ホールで、監督兼主演の役所広司さんの舞台挨拶&トークショー付き特別試写会「ガマの油」を観てきましたお決まりの18時30分開映ということで、いつものように職場からダッシュで新宿へ出て、すべりこみセーフで入場したので、後ろから2列目での鑑...... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 00時26分

» 『ガマの油』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----一週間って早いニャあ。 えいは、昨夜『ターミネーター4』に行ってきて 帰りが遅かったというのに、 今朝は早くからぼくを連れて カタログハウス「シネマのすき間」に。 タイトルが『ガマの油』。だって。 ガマってカエルのことニャんだよ。 {/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}{/kaeru_snow/}{/kaeru_night/} で、そのガマを鏡張りの部屋に閉じ込めて 醜い自分の姿を見て、ガマが油汗をたら〜っ。 そうそう。このガマ、足の指の本数が普通とは違うらしい。 と言っ... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 00時40分

» ガマの油 [なりゆき散策日記]
 試写会にあたって新宿の明治安田生命ホールで「ガマの油」をみました。公開日 6月6日土曜日 ホームページは ココ。役所広司 第一回監督作品出演 役所広司 瑛太 澤屋敷純一 二階堂ふみ 八千草薫 益岡徹 小林聡美あらすじ (いただいたリーフレットより) は...... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 03時54分

» レビュー:ガマの油 [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[人間ドラマ][コミカル][ファンタジー風味の現実世界][実写][邦画][ビスタ] 心に染み込ませる度:★★★☆☆ 微量なコミカルさ:★★★☆☆ 監督: 役所広司 出演: 役所広司、瑛太、澤屋敷純一、二階堂ふみ、八千草薫、益岡徹、小林聡美 配給: ファントム・...... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 17時37分

» ガマの油 [あーうぃ だにぇっと]
監督・原案: 役所広司 キャスト 矢沢拓郎☆役所広司 矢沢卓也☆瑛太 秋葉サブロー☆澤屋敷純一 光☆二階堂ふみ ガマの油売り☆益岡徹 光の祖母☆八千草薫 矢沢輝美・ガマの油売り☆小林聡美 他 【ストーリー】 拓郎(役所広司)の息子卓也(瑛太)は、少年院から出所する幼なじみの秋葉(澤屋敷純一)を迎えに行く途中に事故に遭い意識を失う。 株のデイトレーダーとして巨額の資金を動かす拓郎も妻の輝美(小林聡美)も動揺するが、しばらくの間秋葉を自宅に預かることにする...... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 21時23分

» 「ガマの油」完成披露試写会 [アートの片隅で]
ブログパーツならブログデコ!! 案内状には「スペシャルゲスト」としか書いていなかったので、さてさて誰が来るのやらと思っていたら、なんとメインキャスト勢揃いの完成披露試写会でした。 監督主演の役所広司、瑛太、小林聡美、益岡徹、八千草薫、澤屋敷純一、二階堂ふみが登場しました。... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 23時21分

» 『ガマの油』 少年の頃の想いを忘れたくない、無邪気で不器用な男のファンタジー [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『ガマの油』 監督・原案:役所広司 原案:中田秀子 脚本:うらら 音楽:タブラトゥーラ 出演:役所広司、瑛太、澤屋敷純一、二階堂ふみ、益岡徹、八千草薫、小林聡美 (C) 2008「ガマの油」製作委員会 役所広司・初監督作品-。 とても不思議な作品に仕上が... [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 00時40分

» ガマの油 [悠雅的生活]
なるへそ。どんなもんじゃい。ありがとうございます。 [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 10時51分

» ガマの油 [映画君の毎日]
●ストーリー●拓郎(役所広司)の息子卓也(瑛太)は、少年院から出所する幼なじみの秋葉(澤屋敷純一)を迎えに行く途中に事故に遭い意識を失う。株のデイトレーダーとして巨額の資金を動かす拓郎も妻の輝美(小林聡美)も動揺するが、しばらくの間秋葉を自宅に預かることにす... [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 20時35分

» ガマの油 [象のロケット]
大学生の拓也は友人のサブローが少年院から出所するのを迎えに行く途中で交通事故に遭い入院。 拓也の父・拓郎は、拓也の携帯にかかってきた、恋人・光からの電話に出てしまい、思わず拓也のふりをして話をしてしまう。 その後も光は何の疑いもなく、無邪気に電話をかけてくるのだが…。 ヒューマン・ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 22時47分

» ガマの油 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
名優・役所広司の初監督作品は、今村昌平からエロティシズムを抜いたような作風で、摩訶不思議な世界観が面白い。大人になりきれない中年男が家族の死を乗り越えて成長するほろ苦いファンタジーだ。一人息子が事故で重態になり動揺した拓郎は、息子の恋人・光からの電話に思....... [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 23時59分

» ガマの油 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ガマの油] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:5.0/10点満点 2009年59本目(55作品)です。 株式投資で巨万の富を得ている拓郎(役所広司)は息子の卓也(瑛太)と妻の輝美と3人暮らし。 その拓也は、少年院から出所する幼なじみの秋葉(..... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 11時40分

» 「ガマの油 」ちょっと説教臭いかな [soramove]
「ガマの油 」★★★ 役所広司 、瑛太 、小林聡美主演 役所広司 監督、2009年、133分 「死んだはずの息子に背負われ 極彩色の花が咲き乱れる山道を 優しい会話が交わされる、 現代の寓話か、 でもちょっと説教臭いかな」 役所広司 の初監督作品ながら 素人っぽさは感じられず、 しっかり伝えたいことを盛り込んで たぶんやりたかったことは映画として 表現できたんじゃないかな。 で、受け手としてそれらは どうだったかと言うと、 仏壇をきれいにろ、 ... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 08時04分

» 「ガマの油」 [みんなシネマいいのに!]
 シリアスからコミカルな役まで幅広い演技と、意外にどんあ映画にでも出ているような [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 22時40分

» ガマの油 [とりあえず、コメントです]
役所広司初監督作品のドラマです。 ロードムービーのようなファンタジーのような雰囲気の中で展開されるストーリーで よく分からないけど楽しかった~と思えるような物語でした。 [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 12時38分

» ガマの油 [迷宮映画館]
映画をこころから好きだ・・という監督の気持ちが伝わる。 [続きを読む]

受信: 2009年9月12日 (土) 21時22分

» 喪中映画評「ガマの油」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・役所広司 ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2011年4月24日 (日) 07時57分

« ザ・スピリット | トップページ | 幸せのセラピー »