« ポー川のひかり | トップページ | 真夏のオリオン »

2009年6月14日 (日)

レスラー

Photo 主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウンテン 永遠につづく愛』のダーレン・アロノフスキー。ずいぶん前に前売券を購入し待ってましたがやっと公開されました!
>>公式サイト

おかえり!ミッキー!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01

良かった!堪らなく好きです。こういう不器用な男の物語って。しかも変にめでたしめでたしのハッピーエンドにしていないところが更に良い!アカデミー賞では司会のヒュー・ジャックマンが「ミッキー、よく戻ってきてくれたね!」って言ってましたけど、それと同じ言葉を私からもかけてあげたいです。みんな知っているんですよね、この作品の主人公ランディ・ロビンソンの人生とミッキー自身の人生が重なっていることを。きっと若い人は、えらいマッチョなアメリカ人のおっちゃん俳優に見えるかもしれないですけど、若いころの彼はものすごくハンサムで格好良かったんです。

02 03

主人公のランディ・ロビンソンは80年代に大活躍したプロレスラー。もう今はドサ周りの興行でしか出番がないけれども、しぶとくプロレスラーを続けています。このあたり、モロにミッキーと同じですね。彼も80年代に『ナインハーフ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』で世の女性ファンの心を鷲づかみにしていたものでした。ところが、長年の酷使に体が悲鳴をあげたのか、ランディは心臓発作で倒れてしまい、医者からはプロレスは無理と宣告されてしまいます。唯一の生きがいを失ったランディはは心の支えを探すようになるのでした。

04 05

しかし本当に不器用なランディ…。彼は常に1つの事しか出来ません。それなのに…よせばいいのに、馴染みの店のストリッパー・キャシディ(マリサ・トメイ)との恋愛、そして自分の娘との関係修復の2つを同時に進めようとしてしまうんです。結果両方とも失敗…。娘に対してだって悪気なんかこれっぽっちもないのに、間が悪いとしか言いようがありません。そう、順風満帆な俳優人生を歩んでいたのに、何を思ったか突然プロボクサーになると言い出したミッキー。来日した試合で見せてくれた伝説の“猫パンチ”を覚えている方は多いでしょう。

06 07

しかし見ていると解るのですが、キャシディもまたランディと同じく不器用な女性でした。不器用同士が話し始めるとまとまるものもまとまらない典型ですね。若いダンサーに混じり、若い男性客からババァ呼ばわりされても仕事と割り切って来た彼女。ミッキーの復活戦の日に舞台に立っていた彼女は、誰も自分のことを見ていないことに気付きます。いや、正確にはもうずっと気付いていたのでした、彼女を見ていたのはランディだけだということに。ランディがプロレスのリングに自分の居場所を見つけたように、彼女もランディの傍に自分の居場所を見つけたのでした。

08 09

ラム・ジャムでダイブした瞬間で終わるこの作品、エンディングに流れる歌声はブルース・スプリングスティーン。80年代ラジオに噛り付いて彼の歌を聞き入っていたのを思い出します。ミッキーと個人的に親交があるということで主題歌を提供したそうです。いずれにしろランディと同じくミッキーもきっと俳優という彼の居場所をこの作品でやっと見つけたのかもしれません。お帰りミッキー!

個人的おススメ度4.0
今日の一言:個人的には断然ショーンよりミッキー♪

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ポー川のひかり | トップページ | 真夏のオリオン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30092343

この記事へのトラックバック一覧です: レスラー:

» レスラー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15指....... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 01時18分

» ★『レスラー』★ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ共演。 [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 02時08分

» 「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月20日13:50 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほか世界の映画祭で受賞多数の感動作「レスラー」(日活)。何で、アカデミーはノミネート止まりだったのか?非常に残念!  ランディ(ミッキー・ローク)は、“ザ・ラム(=お羊)”のニックネームで知られるプロレスラー。かつては... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 02時11分

» レスラー     試写会にて鑑賞 [レンタルだけど映画好き]
人生は過酷である、ゆえに美しい。 世界が泣いた!不器用なまでに”自分の生き場所”を求め続けた男の感動作 2008年 アメリカ  日本公開日2009/06/13 監督 ダーレン・アロノフスキー 脚本 ロバート・シーゲル 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチ... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 02時16分

» レスラー [ともやの映画大好きっ!]
(原題:THE WRESTLER) 【2008年・アメリカ/フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 2008年ゴールデン・グローブ賞・主演男優賞&主題歌賞受賞。 2008年英国アカデミー賞・主演男優賞受賞。 2008年ヴェネチア国際映画賞・金獅子賞受賞。 2008年インディペンデント・スピリット賞・作品賞&主演男優賞&撮影賞受賞。 2008年放送映画批評家協会賞・歌曲賞受賞などなど、他にも世界中の映画賞を総なめ。 かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を描いたヒューマンドラマ... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 03時48分

» レスラー [あーうぃ だにぇっと]
監督・製作: ダーレン・アロノフスキー キャスト ランディー・ラム・ロビンソン☆ミッキー・ローク ステファニー☆エヴァン・レイチェル・ウッド キャシディー☆マリサ・トメイ レニー☆マーク・マーゴリス ウェイン☆トッド・バリー ニック・ヴォルプ☆ワス・スティーヴンス スコット・ブラムバーグ☆ジュダ・フリードランダー アヤットラー☆アーネスト・ミラー ネクロ・ブッチャー☆ディラン・サマーズ 他 【ストーリー】 かつては人気を極めたものの今では落ち目...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 08時13分

» The Wrestler (2008) [犬連れ国際結婚]
ハズと映画館でプレビューを観てから、 『絶対、観ようね!』 と言っていた映画が、『The Wrestler』だった。ゴールデン・グローブで、Mickey Rourke(ミッキー・ローク)が、主演男優賞を取って、ステキなスピーチをして(興味のある方は、M...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 08時24分

» レスラー [とりあえず、コメントです]
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品です。 心臓を患ったプロレスラーが人生と命を懸けて試合に挑む物語は 人生の盛りを過ぎて終焉に向かうプロレスラーの生き様を熱く描いていました。 ... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 08時47分

» 『レスラー』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
(原題:The Wrestler) -----今日は『レスラー』。 これはぼくがずっと前から楽しみにしていた映画。 だって、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたばかりか、 主演があのミッキー・ローク。 ダーレン・アロノフスキー監督ニコラス・ケージでなら撮影していいよと スタジオから言われたのを、 ミッキー・ロークにこだわったというんだから、 ファンでなくても興味がわいちゃうよね。 ミッキー・ロークって、 日本では、猫パンチとまで言われたボクシングの試合で男を下げて それ以来、人気もキャリアも急降... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 08時59分

» レスラー [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  ドラマ  監督:ダーレン・アロノフスキー  出演:ミッキー・ローク      エヴァン・レイチェル・ウッド      マリサ・トメイ      マーク・マーゴリス 【物語】  かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ。 あ...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 10時31分

» レスラー / THE WRESTLER [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネートされたミッキー、完全復活を遂げた群臣の1作{/m_0158/}         {/arrow_down/} 13日から公開☆試写行ってきました〜 監督は、レ... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 10時37分

» レスラー [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたものの今...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 12時20分

» 試写会「レスラー」 [流れ流れて八丈島]
今日は、新橋のヤクルトホールで「レスラー」の試写会を観てきました不器用な生き方しか出来なかったプロレスラーの、哀しく切ない物語でしたまずは、どう見てもプロレスラーにしか見えない身体を作り上げた、ミッキー・ロークに拍手喝采「自分のすべてをこの映画に賭ける...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 15時22分

» 『レスラー』 [めでぃあみっくす]
背中で語る人生ほど過酷なものはない。けれど背中で語る人生ほど美しいものもない。これこそまさに魂を大いに揺さぶってくれる、哀愁の漂う男のドラマ。そして永遠に語り継がれるべき映画史に残る作品だと思いました。 ミッキー・ロークという俳優をよく知らない若い方には....... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 15時28分

» エメラルドグリーンの男 [MESCALINE DRIVE]
2009年6月13日。日付が変わる間際、テレビ番組を見ていたら画面上部をニューステロップが流れた。そ... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 18時23分

» レスラー [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三沢....... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 18時59分

» 『レスラー』 (2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THEWRESTLER監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 20時00分

» The Wrestler / レスラー [Akasaka high&low ]
Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を使った監督とプロデューサー、後姿が印象的な主役の好演が素晴らしかったドキュメンタリー風のドラマがThe Wrestler(レスラー)。過去の栄光にすがる老いたプロレスラーが心臓発作を起こし一人娘と再会するシンプルなストーリー。 アメリカの小さな興行のバックステージが赤裸々にされ、そこで働くレスラーのショッキングな現実も面白い内容。 スーパーで使える凶器を探したり、流血ファイトのためにテーピングに刃を隠したり、仲の良い対戦相手達は試合進行を事前に決めると... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 21時15分

» [映画『レスラー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を格好良く思い、真似てみたりしたものだ^^;  だから、その後、役者として、やや精彩を欠きはじめた頃、プロボクシングにチャレンジし、そのファイト振りを「猫パンチ」などと揶揄されても、「お前ら、モーターサイクルボーイや、スタンリー刑事をしらねぇんだろ... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 01時13分

» レスラー [映画君の毎日]
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤独に打... [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火) 00時40分

» レスラー [そーれりぽーと]
『ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。 ★★★★★ 整形で崩れきったミッキー・ロークの顔が痛々しく、以前から考えると想像も出来ないくらいに膨れ上がった巨体も合わせて年老いたプロレス界の元スターって役に見た目がハマり過ぎていて、落ちぶれた感を誘いまくり。 元セックスシンボルだったとは思えない変わり果てた様子が、這い上がりたくてもその... [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火) 20時07分

» レスラー/ミッキー・ローク [カノンな日々]
ミッキー・ロークの映画をスクリーンで観るのはかなり久しぶりです。DVDでは観てるんですけどスクリーンでとなるとさっぱり記憶がないんですよね。ヴェネチア国際映画祭では見事に金獅子賞に輝き、アカデミー賞授賞式では主演男優賞を受賞したショーン・ペンに壇上から敬意を...... [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火) 23時56分

» ★レスラー(2008)★ [CinemaCollection]
THEWRESTLER人生は過酷である、ゆえに美しい。上映時間109分製作国アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2009/06/13ジャンルドラマ映倫R-15【解説】ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人...... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 00時54分

» レスラー [ダイターンクラッシュ!!]
6月16日(火) 19:45~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:700円(買っていない) 『レスラー』公式サイト ネコパンチ事件から凋落してしまった役者ミッキー・ロークが、落ちぶれたプロレスのスーパースターを演じ、まるで彼の人生のようだとまで揶揄された映画「レスラー」。 しかし、この作品のおかげでアカデミー主演男優賞にノミネートされるまでの復活をとげた。 何と製作サイドは、ニコラス・ケイジを主役に考えていたそうだが、監督がミッキー・ロークを起... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 01時15分

» 『レスラー』を観たよ。 [【待宵夜話】++徒然夢想++]
 今作を観て初めて、「ミッキー・ロークって、演技が巧い役者だったんだ……」と驚いた。 『レスラー』 "THE WRESTLER" 2008年・アメリカ・115分... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 01時59分

» レスラー [象のロケット]
金・家族・名声を失い、トレーラーハウスで一人生活する元人気プロレスラーのランディ“ザ・ラム”。 どさ廻りのプロレス興行で日銭を稼ぐ彼の孤独を癒してくれるストリッパーのキャシディ。 ある日、試合の後で心臓発作を起こしたランディは、医者から「もう一度リングに上がったら命の保証はない」と引退を勧告される…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 13時15分

» レビュー:レスラー [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[ドキュメント風ドラマ][プロレス][ロートル物][流血][乳見せ・性描写][実写][洋画][スコープ][R15] 不器用度:★★★★☆ もがき度:★★★☆☆ 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ミッキー・ローク、 マリサ・トメイ、 エヴァン・レイチェル・ウッド ...... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 13時56分

» レスラー [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
かつて栄光を味わい、今はすべてを失った男。誰もが避けることのできない老いと孤独、そして愛と葛藤を超え、自分が最も輝ける舞台へ__このギリギリの生きざまが今、熱く胸を打つ! 物語:“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目....... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 15時18分

» レスラー [映画のメモ帳+α]
レスラー(2008 アメリカ) 原題   THE WRESTLER 監督   ダーレン・アロノフスキー 脚本   ロバート・シーゲル 撮影   マリス・アルベルチ    音楽   クリント・マンセル 主題歌  ブルース・スプリングスティーン   出演   ミッキー・ローク マリサ・トメイ       エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー       マーク・マーゴリス ワス・スティーヴンス       ジュダ・フリードランダー アーネスト・ミラー       ディラ... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 22時21分

» レスラー  [いとし・こいしーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー]
レスラー   原題:THE WRESTLER   6/5(金)@一ツ橋ホール 人気レスラーだったランディも、今ではスーパーでアルバイトをしながらかろうじてプロレスを続けている。 そんなある日、長年に渡るステロイド使用がたたりランディは心臓発作を起こしてしま... [続きを読む]

受信: 2009年6月18日 (木) 05時53分

» それでも闘う理由がある。『レスラー』 [水曜日のシネマ日記]
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年6月18日 (木) 07時29分

» 『レスラー』 The Wrestler [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
燃える闘魂に萌える。生きるってこういうことだ。ヴェネチア国際映画祭のコンペにダーレン・アロノフスキー監督がプロレスラーを主人公にした映画を出品したと知った時はその意外さに驚いたものだ。『π』、『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウンテン』という独特の映画を作ってきたインテリなアロノフスキー監督は、理知的だったり、クールだったりする印象があるばかりで、およそ肉体勝負の熱いファイターを描くことに興味を持つタイプには思えなかったんだよね。なのに、そんな一見不似合いな題材で見事に金獅子賞を獲得し、ミッキ... [続きを読む]

受信: 2009年6月19日 (金) 23時38分

» ★「レスラー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・... [続きを読む]

受信: 2009年6月20日 (土) 03時09分

» レスラー [Movies 1-800]
The Wrestler (2008年) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド 全盛期をとうに過ぎた今も週末にはリングに上がるベテラン・プロレスラーの悲哀を描いた人間ドラマ 試合後に心臓発作を起こし引退を決めた主人公ランディは、スーパーの惣菜売り場で慣れない仕事をこなし、疎遠だった娘と仲直りし、恋心を抱くストリッパーともいい感じになる。と、ここまでなら、あたかもプロレス版「ロッキー」のようだが、かの人気シリーズのような大団円とはならな... [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 00時53分

» 「レスラー」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年・米/監督:ダーレン・アロノフスキー) かつては人気レスラーだったが、今では見る影もなく落ちぶれた男の、それでもレスリングに賭ける孤独な生き様と闘いを描いた感動の力作。... [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 16時33分

» THE WRESTLER 《レスラー》 [銅版画制作の日々]
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画祭で大旋風を起こしたのがというので驚きです。そしてその主演の中年レスラーを演じたのがあのミッキー・ローク。1970年代後半から80年代のミッキーは数々の作品に出演して、人気俳優として活躍していました。「エンゼル・ハート」が結構好きな作品でしたね。9... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 18時27分

» レスラー [心のままに映画の風景]
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 22時30分

» レスラー [メルブロ]
レスラー 267本目 2009-27 上映時間 1時間49分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ミッキー・ローク  マリサ・トメイ エバン・レイチェル・ウッド 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 7点(10点満点)  ミッキー・ロークの56歳とは思えないレスラー....... [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 23時27分

» 「レスラー」これが男の生きる道 [soramove]
「レスラー」★★★☆ ミッキー・ローク 、マリサ・トメイ 主演 ジョー・ライト 監督、2009年、117分                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「1980年代大スターだった男、 彼は“ザ・ラム”と呼ばれ、 リングの上で輝いていた、 そして20年あまりが過ぎ、 男はまだリングの上に上がっていた、 あちこちガタのきた体にテーピングして ... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 08時03分

» レスラー [Men @ Work]
 2008年のアメリカ映画、レスラー(監督:ダーレン・アロノフスキー)です。渋谷シネマライズで観賞しました。  もう、ホントに最っ高でした。後半なんて、まともに画面を観ること... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 22時47分

» 【映画】レスラー [新!やさぐれ日記]
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤独に打ちひしがれる中で、ランディは再びリングに上がる決意をする。 ▼コメント 最近になって映画を観始めた私にも、最近全然名前を聞かなかったなっ... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 23時24分

» レスラー / 79点 / THE WRESTLER [FUNNY GAMES?]
どうしようもない最低男が生きる理由を求めもがく姿にあなたは何を見るか? 『 レスラー / 79点 / THE WRESTLER 』 2008年 アメリカ 109分 監督 : ダーレン・アロノフスキー 脚本 : ロバート・シーゲル 出演 : ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、... [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 00時00分

» 映画「レスラー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:THE WRESTLER プロレス好きで、落ちぶれて体はボロボロでもリンングに上がり続け、生活は苦しくスーパーでアルバイトをしながらも部屋代さえ払えない、そんな男の物語・・・ つい最近の衝撃的なニュース、それは2009年6月13日のこと、既に満身創痍の体調不良ながらも... [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 18時49分

» ☆「レスラー」メモ [気ままに映画メモ]
この作品を観ようと思っていた矢先に,二代目タイガー・マスクこと三沢光晴が試合中に亡くなりました.K-1などのガチンコではありませんが,改めて,プロレスは鍛えあげた肉体と磨かれた技を競い合うとてもハードなプロ・スポーツだと感じました.... [続きを読む]

受信: 2009年6月29日 (月) 01時12分

» 『レスラー』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈... [続きを読む]

受信: 2009年7月 1日 (水) 03時17分

» レスラー [今日は映画気分!]
「レスラー」を観ました!!! ↓↓↓本日(2009/07/02)UP↓↓↓ 金・家族・名声を失った元人気プロレスラーのランディ・ロビンソン。今では、スーパーでアルバイトをしながら、トレーラーハウスに1人で住み、かろうじてプロレスを続けている。彼にとっては、プロレスの仲間だけがファミリーと呼べる存在であり、リングの上だけがホームと呼べる場所だ。しかし、長年のステロイド使用がたたって心臓発作で倒れたランディは、引退を余儀なくされる。新しい仕事に就き、疎遠にしていた娘ステファニーとの絆を修復し、ストリ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 07時53分

» レスラー★★★★☆劇場79本目:まるでM・ロークの俳優人生と... [kaoritalyたる所以]
そう、80年代には人気絶頂だったミッキー・ロークと同じく、この映画の主人公ランディも80年代はレスラー人生の絶頂期を送っていた‥と解るナレーションがあり、その20年後の試合が終わった後の寂しい背中からストーリーが始まります。体力や人気は衰えたとは言え、...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 14時04分

» 「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで [はらやんの映画徒然草]
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 20時48分

» 【映画】「レスラー」 [乱読・乱聴・乱閲]
映画「レスラー」原題 THE WRESTLER監督 ダーレン・アロノフスキー製作 [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 00時10分

» レスラー [迷宮映画館]
泣いた・・・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年7月29日 (水) 09時14分

» レスラー [tomozoのうれし★たのし★大好き]
私、好きだったんだよね、ミッキー・ローク。もちろん、顔も好みだし(昔はほんとにかっこいいんだよ〜)、何より彼のでる映画が好みのジャンルだったのだ。「ランブル・フ [続きを読む]

受信: 2009年8月 8日 (土) 20時42分

» レスラー [監督:ダーレン・アロノフスキー] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
「裏ロッキー検証」と、背中で語らせ正面で泣かせる演出についての雑感 [続きを読む]

受信: 2009年8月13日 (木) 06時04分

» 映画 【レスラー】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「レスラー」 ダーレン・アロノフスキー監督作品。小規模公開ながら54の映画賞を受賞し、主演のミッキー・ロークはアカデミー主演男優賞にノミネートされた。 おはなし:かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、心臓発作を起こしてレスラー生命を絶たれてしまうが、再びリングに上がる決意をする・・・。 ようやく公開されました! ミッキー・ロークといえば『ナイン・ハーフ』とか『蘭の女』のねちっこい嫌らしいセクシー男のイメージが強いんですよね。今回久し... [続きを読む]

受信: 2009年8月27日 (木) 23時29分

» 「レスラー」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                               「レスラー」 池袋・新文芸坐にて。 6月の封切り時に見逃してしまっていたのですが、今回新文芸坐でリバイバル上映されたので、観に行ってきました。 お帰りなさい、ミッキー・ロークという感じですな。 ネタバレになりますが、ストーリーは至ってシンプルで、かつて絶大な人気を誇ったプロレスラー、ランディ“ザ・ラム”(ミッキー・ローク)も今では50才を越え、スーパーマーケットで働きながら、週末だけリングに立つ過去の人になってしまっていた・・。 ... [続きを読む]

受信: 2009年11月 7日 (土) 06時06分

» レスラー [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  華やかなプロレスシーンのオープニングと、熱気の充満するエンディングが、まるでメビウスの輪のように循環する。そしてエンディングクレジットで流れるボーカルが胸を打つ。その歌には、この作品の全てを凝縮したような、哀愁と悲哀が塗り込められているじゃない... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 22時15分

» 「レスラー」(THE WRESTLER) [シネマ・ワンダーランド]
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画は、M・ロークがかつて、脚光を浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を自らの役者人生と重ね合わせながら、哀愁に満ちたものとして描いている。本作はベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、オスカーでは主演男優賞や助演女優賞にノミネートされた。... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 01時25分

» mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエヴァン・レイチェル・ウッドがふんし、主人公が好意を寄せるストリッパーを『いとこのビニー』のマリサ・トメイが演じる。栄光の光と影、落ちてもなお失わない尊厳を体現するミッキー・ロークの名演に、大きく心を揺さぶられる。[もっと詳しく] ミッキー・ロークの復... [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 23時57分

» レスラーの贈り物 [Akira's VOICE]
「7つの贈り物」 「レスラー」  [続きを読む]

受信: 2010年4月20日 (火) 13時02分

» レスラー [映画、言いたい放題!]
ミッキー・ロークが話題になった映画です。 明るい内容ではないと聞いていたので、 体調とか、観るタイミングを伺っていたら いつまで経っても、、、という状況に。f(^^;) いかん、いかん。 かつては“ザ・ラム”のニックネームで 一世を風靡したレスラー、ランディ。... [続きを読む]

受信: 2010年7月21日 (水) 00時28分

» 映画評「レスラー」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ダーレン・アロノフスキー ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2010年8月 5日 (木) 14時41分

» レスラー(感想172作目) [別館ヒガシ日記]
レスラーはWOWOWでし鑑賞したけども 結論は予想より試合の所は少なのは不満だが プロレス大好きから見ると良い感じの内容だよ 内容は20年ほど前に凄く人気あったレスラーが 時が過ぎ人気も下降し... [続きを読む]

受信: 2010年8月29日 (日) 11時49分

» 『レスラー』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじかつて人気を集めたレスラーのランディは心臓発作のため、医者から引退を勧告される。それをきっかけに、長らく会っていなかった娘のステファニーのもとに向かうが・・・。... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 17時02分

» 《レスラー》 [日々のつぶやき]
監督:ダーレン・アフロノフスキー 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド   人生は過酷である、ゆえに美しい。 「かつては人気のレスラーだったランディ、今は年老い小さな興業に出場しながら平日はバイトをして食いつなぐ日々... [続きを読む]

受信: 2010年10月16日 (土) 11時20分

» 映画『レスラー』を観て [KINTYRE’SDIARY]
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト... [続きを読む]

受信: 2010年11月25日 (木) 23時28分

» レスラー [RISING STEEL]
レスラー / THE WRESTLER ミッキー・ロークを完全復活させたこの映画の監督ダーレン・アロノフスキーは鬼才中の鬼才なのです。 今回の「レスラー」で監督の作品は全部見ることが出来ました。 2008...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 12時55分

» 『レスラー』 [映画批評ってどんなモンダイ!]
[続きを読む]

受信: 2011年2月24日 (木) 23時09分

» レスラー [とつぜんブログ]
監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド  ランディ・“ザ・ラム”・ロビンソンは花形レスラーだ。プロレスの殿堂マジソン・スクエア・ガーデンを満員にして、観衆の声援を一身に受ける、ベビーフェイスの...... [続きを読む]

受信: 2011年2月28日 (月) 20時13分

» レスラー [銀幕大帝α]
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...... [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 00時25分

» [映画『レスラー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...... [続きを読む]

受信: 2011年6月22日 (水) 21時04分

« ポー川のひかり | トップページ | 真夏のオリオン »