« Short Short Film Festival'2009 | トップページ | ザ・スピリット »

2009年6月 9日 (火)

ウルトラミラクルラブストーリー

Photo 『デスノート』、『デトロイト・メタル・シティ』の松山ケンイチ主演最新作。今回は故郷青森を舞台としたラブストーリーで、全編に渡って津軽弁全開。共演に現在『おと・な・り』『インスタント沼』が公開中で今最も旬な女優・麻生久美子が出演しています。監督の横浜聡子は長編映画2作目、商業映画でデビュー作とのこと。予告編からその強烈なイメージが焼きついて離れない一作です。
>>公式サイト

死ぬほど好き!ってこういうこと?!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01_2

何とも強烈なインパクトを残してくれた作品で、主人公・陽人が目の前を駆け抜けて行った感じです。こういうラブストーリーはあまり見たことが無いかも。物語の舞台は青森。ある日東京から来た保育士の町子先生(麻生久美子)に一目惚れした陽人(松山ケンイチ)は、勝手に彼女と両想いになりたい!と強引にアタックを開始するのでした。アタックは良いのですが、町子先生の都合は一切考えないその異様なまでのテンションの高さとうるささにはしばらく戸惑いを覚えると思います。(個人的にはちとうっとおしかったり…。)

02_3 03_4

異様なテンションはある事件が起きるまでずっと続くことになるのですがこれが正直ちょっと単調すぎ。その間の代わり映えしないストーリー展開も合わさって若干眠気を誘われたりもしました。陽人の傍若無人さは良く言えば素朴な人の良さとも取れるのですが、東京から来た町子先生にしてみれば、殆どストーカー状態。しかも好きだった人を事故で亡くした後だけにタイミングは最悪です。しかし陽人のその弾けっぷりは町子先生の教え子たち、つまり保育園児たちとは愛称抜群。陽人は子供たちの人気者なのでした。

04_2 05_2

ある日、ふざけて畑に埋まり子供に農薬をかけられた陽人は意識を失います。病院で目覚めると何故かテンションが下がり落ち着いた口調になっている…。その状態で「(テンションの高い自分と今の自分では)どっちのわー(自分)がいい?」と町子先生に聞き、彼女が「今の陽人さんかな。」と答えたことがその後の陽人の運命を決定付けることになったのでした。時として自分が惚れた女性の一言は神の一言にも勝るのです。女性の方からしてみたらいい迷惑なのかもしれないですけど…。

06 07

今回の麻生さんはちょっと印象的には薄くなってしまいました。というより、陽人のインパクトが強すぎなんです。あくまでも彼が好きになった保育士の先生を淡々と演じていたように見えました。森の中を陽人と町子先生が散歩するシーンあたりでようやく彼女の朗らかな笑顔が観られますが、それもほんの僅か。『インスタント沼』で麻生久美子さんの可愛らしさに目覚めた私としては、ちょっともったいないというか、以前までの彼女の印象に戻ってしまったようで少し残念でした。

08 09

さて、その後陽人は再び倒れ病院に運び込まれます。殆ど心臓の音が聞き取れないという状態にもかかわらず何故かぴんぴんしている陽人…。そんな彼が道を歩いていると、町子先生の死んだ恋人・カナメとばったり出くわします。このシーン、陽人のテンションで明るく描かれてはいるものの、私には本作中でもっとも意味のあるシーンに思えました。思い出したのはJ・A・バヨナ監督の『永遠の子供たち』。あの作品では死に近づいた者だけが死者を見ることが出来ると言っています。その意味では陽人はやはりこの時点で死んでいたのかもしれません。首の無いカナメとハイテンションな陽人の会話は妙に噛み合っていて面白いのですけども。

10_2 11_2

想いの強さは魂をこの世に縛り付けるといいますが、陽人の場合は町子先生への想いがその魂を肉体に宿り続けさせたのかもしれません。町子先生が陽人と一緒に住むようになり、実際に彼女の口から「出来るだけ側にいられるようにするから。」という言葉が発せられた直後、即ち彼の想いが遂げられた瞬間、彼はまた死ぬことになります。陽人の脳みそをめぐる一連のラストシーンはどうにも違和感が拭えませんでしたが、脳みそ=心はずっと町子先生の側にいたいということなのでしょうか…。

個人的おススメ度3.0
今日の一言:熊のシーンはさすがにちょっと…

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« Short Short Film Festival'2009 | トップページ | ザ・スピリット »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30012239

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラミラクルラブストーリー:

» ウルトラミラクルラブストーリー [いとし・こいしーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー]
ウルトラミラクルラブストーリー  6月6日(土)@シネカノン 祖母の指導で農業をはじめたばかりのハチャメチャな青年・陽人(ようじん)は、幼稚園で働く保育士・町子に恋をする。  町子は、ここ青森でカミサマと呼ばれる占い師に相談をするため東京か... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 22時57分

» ウルトラミラクルラブストーリー [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。横浜聡子監督、松山ケンイチ、麻生久美子、渡辺美佐子、原田芳雄、藤田弓子、ノゾエ征爾、ARATA。「インスタント沼」「おと・な・り」に続き、この10日ほどで観た“麻生久美子主演三部作”完結編。今回のゲスト主演は相手役としては最強と思われる松山ケンイチ。...... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 23時15分

» 麻生久美子 映画 [今日の芸能・経済ニュース速報!]
麻生久美子/eiko[エイコ]商品価格:4,935円レビュー平均:0.0 麻生久美子さんについて 麻生久美子さんについて時効警察を見て、麻生久美子さんの大ファンになりました。ところで質問なのですが、麻生さんは映画、ドラマ、CMで見たことはあるのですが、それ以外でバラエティーなどには出演したことがあるのでしょうか。わかる方、ご回答願います。(続きを読む) 麻生久美子ファンになりつつある者なのですが、世間的に麻生久美子の評価というの.... 麻生久美子ファンになりつつある者なのですが、世間的... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 06時02分

» ウルトラミラクルラブストーリー [映画君の毎日]
●ストーリー●青森で農業を営みながら一人で暮らす水木陽人(松山ケンイチ)は、やることなすことすべてが常識外れな町の変わり者。ある日陽人は、訳あって東京からやって来た神泉町子(麻生久美子)に一目ぼれする。恋を知らない陽人にとっての生まれて初めての恋は、常識を超... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 08時52分

» ウルトラミラクルラブストーリー [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
全編津軽弁で描く不思議系の恋愛映画だ。舞台は青森。風変わりで子供のような農業青年が東京から来た女性に一目ぼれし、初恋を実らせようと常識はずれの方法で猛アプローチ。やがて奇跡が起こる。分かりやすさから出来るだけ離れようとしている作品で、それは農薬によって日....... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 23時56分

» ウルトラミラクルラブストーリー [象のロケット]
祖母の指導で農業をはじめたばかりのハチャメチャな青年・陽人(ようじん)は、幼稚園で働く保育士・町子に恋をする。 町子は、ここ青森でカミサマと呼ばれる占い師に相談をするため東京からやって来たのだ。 町子の気持ちや彼女にまつわる噂にもお構いなく、毎日猛アタックをかける陽人だったが、ある日、心身に変化が起こり始める…。 ラブ・ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2009年6月10日 (水) 06時30分

» 『ウルトラミラクルラブストーリー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ウルトラミラクルラブストーリー」□監督・脚本 横浜聡子 □キャスト 松山ケンイチ、麻生久美子、ノゾエ征爾、ARATA、藤田弓子、原田芳雄、渡辺美佐子 、齋藤咲良、竹谷円花、米田佑太、中沢青六、キタキマユ、野嵜好美、乗田夏子、宇野祥平、小野寺陸、■鑑賞日 6月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>この映画でいいたいこと何 ・・・って考えてはいけない(笑)全てがミラクルなのだ〜 ってバカボンのパパが言い... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 12時21分

» レビュー:ウルトラミラクルラブストーリー [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[ドラマ][恋愛][方言][実写][邦画][ビスタ][DTSステレオ(アナログ)] 純愛度:★★★☆☆ 感覚度:★★★☆☆ 監督: 横浜聡子 出演: 松山ケンイチ、麻生久美子 配給: リトルモア 青森で農業を営む一人暮らしの子供みたいな青年は、東京からやっつき...... [続きを読む]

受信: 2009年6月11日 (木) 18時00分

» 「ウルトラミラクルラブストーリー」 [てんびんthe LIFE]
「ウルトラミラクルラブストーリー」シネカノン有楽町2丁目で鑑賞 松山ケンイチが出ていなかったら恐らく絶対にスルーしたと思います。 監督も彼なしではこの作品は作れなかったと思っているはず。 麻生久美子はどれに出ていてもなんだか影が薄いです。 この作品でも圧倒的にケンちゃんの存在感に負け。 青森県出身の彼がその方言を生かして知恵遅れの青年を演じ、純粋に初恋を知る純粋な癒し系作品化と思ったら大間違いでした。 何しろラストのオチがありえない。 というか、監督はあれだけが欲しかったと思う。 ... [続きを読む]

受信: 2009年6月12日 (金) 08時34分

» ウルトラミラクルラブストーリー [to Heart]
脳みそなくても心臓止まっても ぼくの恋は死なない 上映時間 120分 監督・脚本 横浜聡子 出演 松山ケンイチ/麻生久美子/ノゾエ征爾/ARATA/キタキマユ/小野寺陸/藤田弓子/原田芳雄/渡辺美佐子 {/book_mov/}青森で農業を営みながら一人で暮らす水木陽人(松山ケンイチ)は、やることなすことすべてが常識外れな町の変わり者。ある日陽人は、訳あって東京からやって来た神泉町子(麻生久美子)に一目ぼれする。恋を知らない陽人にとっての生まれて初めての恋は、常識を超えた奇跡のような出来事を次々に... [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 02時05分

» 【101.5Kg】 「ウルトラミラクルラブストーリー」を観てきました♪ [街のクマさん 炎のダイエット日記]
おはようございます♪ ここ数日、ブログを更新できなかったんですが、ドッコイ生きておりますのでご安心を(^^;) [続きを読む]

受信: 2009年6月13日 (土) 11時45分

» 「ウルトラミラクルラブストーリー」 [みんなシネマいいのに!]
 青森で野菜を作りをしている水木陽人は頭のかわいそうな青年で、野菜を売りに行った [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 09時53分

» 『ウルトラミラクルラブストーリー』 (2009)/日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:横浜聡子出演:松山ケンイチ、麻生久美子、ノゾエ征爾、ARATA、藤田弓子、原田芳雄、渡辺美佐子公式サイトはこちら。<Story>青森で農業を営みながら一人で暮らす水木陽人(松山ケンイチ)は、やることなすことすべてが常識外れな変わり者。心は純...... [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 20時46分

» 『ウルトラミラクルラブストーリー』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
農業。脳/業。 陽人は、『ポンヌフの恋人』、『汚れた血』のドニ・ラヴァンのイメージなんだって。なるほど。 青森で農業にたずさわって暮らす25歳の陽人は、東京からやって来た保育士の町子に恋をする。キャベツ畑に埋まっている松ケンの姿がへんてこラブリーでインパクト大だった本作のフライヤー。松ケンは本当に何でもやってくれる俳優なんだなーって本編鑑賞前から妙に感激。青森出身の松ケンと女性監督が故郷を舞台にコラボなんて楽しいじゃないですか。そっち方面の人たちに好評を博していた横浜聡子監督の前作『ジャーマ... [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火) 00時30分

» ウルトラミラクルラブストーリー [ダイターンクラッシュ!!]
6月14日(日) 16:50~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:未確認 『ウルトラミラクルラブストーリー』公式サイト 麻生久美子強化月間、出演作品が3本上映されている。そのうちの一つ。 脳がかなりやばそうな農家の男マツケンが、東京から来た保母の久美子さんに惚れる。農薬を浴びると彼女との距離が接近するようだ。 農薬を浴び続けるマツケン。ついに心臓停止。心臓停止したが蘇るマツケン。心臓は止まったまま。 目出度く久美子さんと仲良しに。山で散歩していたら... [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 00時32分

» 「ウルトラミラクルラブストーリー」 究極の愛 [はらやんの映画徒然草]
なかなか解釈に悩む作品であります。 <ですので、これ以下で核心に迫ろうとがんばり [続きを読む]

受信: 2009年6月17日 (水) 09時19分

» ウルトラミラクルラブストーリー [単館系]
う〜ん、わからんてのが感想。 ただ、松山ケンイチ×麻生久美子のコンビがすばらしい。 天才探偵役Lを演じた松山ケンイチがこの作品ではち... [続きを読む]

受信: 2009年6月18日 (木) 13時07分

» ウルトラミラクルラブストーリー を観ました。 [My Favorite Things]
調子のいいと言われる邦画。 [続きを読む]

受信: 2009年6月19日 (金) 15時12分

» 誰か助けて、説明してくれ~(泣)~「ウルトラミラクルラブストーリー」~ [ペパーミントの魔術師]
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」が 3人のイケメン誰かに思いいれがあって それだけで見に行ったらえらい目にあいまっせ~ っていうのと同じで いやそれ以上に 松山ケンイチ目当てで行ったら えらい目にあいまっせ~っていう作品でした。(!!!) 以上。(いや異常と..... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 10時31分

» ウルトラミラクルラブストーリー [Peaceナ、ワタシ!]
- 町子先生と両想いになりたい! だから僕は死なない! - 話題の(?)映画『ウルトラミラクルラブストーリー』を観てきました。 …実はコレ、観に行こうか行くまいか、相当悩みました。 クチコミを聞く限り、意見は見事な迄にまっぷたつ! …松ケン、お気に入りなのよね。嫌いになりたくないのよね… でも結局「観なきゃ何ともいえないや」と思い、一昨日のレディースデーに映画館まで足をはこびました。TVでの宣伝効果か(とんねるずの「新・食わず嫌い王決定戦」に主演のお二人が出てましたね。私も観ました・笑... [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 20時31分

» ウルトラミラクルラブストーリー [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)  TOHOシネマズ川崎 にて鑑賞  監  督:横浜聡子 キャスト:松山ケンイチ       麻生久美子       ノゾエ征爾       ARATA       齋藤咲良、他 ■内容■  青森... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 13時42分

» ウルトラミラクルラブストーリー [迷宮映画館]
ARATA・・・・・ [続きを読む]

受信: 2009年8月12日 (水) 13時26分

» ウルトラミラクルラブストーリー [監督:天才・横浜聡子] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
個人的評価: ■■■■■□ [6段階評価 最高:■■■■■■(めったに出さない)、最悪:■□□□□□(わりとよく出す)] 若手監督の中では、私の一押し。まだ二作品しか見てないのに、これからが気になって気になって仕方ない監督。 横浜聡子。1978年生まれ。 「ジャーマン+雨」で、2007年度 映画監督協会新人賞、同年の「映画芸術」誌日本映画ベストテン第10位、2008年度の私の選出する日本映画ベストテン第5位と、数々の栄誉に輝いたことが記憶にあたらしい そして今年(2009年)、キネ旬の6月上... [続きを読む]

受信: 2009年10月19日 (月) 20時58分

» ≪ウルトラミラクルラブストーリー≫ [日々のつぶやき]
監督:横浜聡子 出演:松山ケンイチ、麻生久美子、ARATA、藤田弓子、原田芳雄 町子先生と両思いになりたい!  だから僕は死なない! 「青森に住む水木陽人は人と違う回線の脳を持っているため突飛な行動を取る変わり者。 そんな陽人が恋に落ちた相手は東京か... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 16時14分

» 『ウルトラミラクルラブストーリー』 [『映画な日々』 cinema-days]
ウルトラミラクルラブストーリー 知恵遅れの青年が、臨時保育士に恋をした... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 22時55分

» 最近見た映画の感想 [にき☆ろぐ]
様々な映画を見たのですが、個別で感想を書く気力がないのでまとめて感想書きます久しぶりにたくさん映画を見ましたよ告白今話題になっている映画です。私も予告の時点で興味惹かれ... [続きを読む]

受信: 2010年6月17日 (木) 00時05分

» 映画『ウルトラミラクルラブストーリー』(お薦め度★) [erabu]
監督・脚本、横浜聡子。2009年日本。青春映画。出演、松山ケンイチ(水木陽人)、 [続きを読む]

受信: 2010年7月23日 (金) 00時14分

» ウルトラシュレック [Akira's VOICE]
「シュレック フォーエバー」 「ウルトラミラクルラブストーリー」  [続きを読む]

受信: 2011年8月17日 (水) 11時01分

» ウルトラミラクルラブストーリー [いやいやえん]
松山ケンイチさん、麻生久美子さん主演です。 これは違う意味でウルトラミラクルなストーリーでした^;タイトルどおりのラブストーリーではないので注意。 陽人が一目惚れした町子先生は、事故で亡くした彼の頭だけがみつからないという過去をもった女性でした。あるとき農薬を浴びてしまった陽人がいつものテンションの高い青年からおとなしい青年に代わり、彼女が「(おとなしいほうの)陽人がよい」と言ってしまったことから、ある意味での悲劇が生まれます。彼女がいいというのならと陽人は農薬を浴びまくってしまうんです... [続きを読む]

受信: 2012年2月15日 (水) 09時32分

« Short Short Film Festival'2009 | トップページ | ザ・スピリット »