« 守護天使 | トップページ | 人生に乾杯!/KONYEC »

2009年6月25日 (木)

幼獣マメシバ

Photo 個人的には日本の俳優の中でも5本の指に入るほどの個性派だと思っている佐藤二朗の主演作品。共演に安達裕実、渡辺哲、藤田弓子、笹野高史、石野真子らも出演します。監督は『ネコナデ』の亀井亨。『ネコナデ』は薄い茶と白の混ざったとても愛らしい猫で癒されましたが、今回は柴犬の子犬、マメシバが登場します。猫派の私ですが、さすがにマメシバの愛らしさは反則ですね。
>>公式サイト

二朗ちゃん面白すぎでござる!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01

何度かこのブログでも書いていますが、私は子供の時のトラウマで犬を本能的に苦手としています。その私の足を劇場に向わせるとはマメシバ実に恐るべし!正確にはマメシバという品種は500頭位しかいないらしく、劇中でマメシバと呼んでいるのは、あくまでも柴犬の子供だそうです。しかしそんな能書きはあの愛らしさの前では全くどうでもいいことでした。二郎の布団にもぐりこんだりするマメシバ・一郎の愛らしさといったら!しかも本作はそのマメシバの愛らしさを堪能しつつストーリーもしっかり堪能できる作りになっています。

02 03

とかく動物をタイトルに謳った作品で、その動物を全く活かせないか、或いは動物に偏りすぎてしまう作品が多い中本作は違いました。登場するマメシバの一郎は主人公・芝二郎(佐藤二朗)とその母親を繋ぐ存在であり二郎の唯一の友達で、過剰なフィーチャーも無いけれども、その存在感はきっちりと確保されていたのでした。物語は実にシンプル。家出した母親の作戦で一郎と出会ったのをキッカケに、二郎が母親を捜しに行く物語です。

04 05

さて、一郎の愛らしさに負けていないのが二郎のキャラクター。35歳でヒキコモリ、でもこれが意外と他の人と会話はします。そしてその他人との会話が妙に噛み合っているのに、会話の中身は全く噛み合わないというのが実に面白い。二郎の言葉は時に辛らつですが本人にしてみると悪気はありません。しかも良く聞いていると意外に論理的だったりします。二郎の会話を聞くということ自体がこの作品の見所の一つでしょう。

06 07

そもそも嫌なことは忘れればいい、人に嫌われたらヒキコモればいい、そう考えている彼にとって普通の人のように場の空気を読むことは意味の無いこと。しかしそうやって逃げ道を用意してひととの係わり合いを持つということは、逆に言えばそれは不安の裏返しでもあります。つまり二郎は人に自分がどう思われているのかが気になってしょうがない、良く言えば繊細な人間なのでした。実際劇中でも、赤の他人の心の声が聞こえて苦しむ二郎の姿が描かれています。

08 09

ところでそんな彼と母を捜す旅に何故か一緒についてくるのが安達裕実扮する巻可蓮。私は今まで安達裕実といえば子役時代のイメージがどうしても抜けなかったのですが、本作で初めて美人だなぁと実感しました。と同時に、自分の立位置をしっかり把握した良い芝居が出来ていたように思います。最初は可蓮の手を借りて一郎を他人に譲ろうとしていた二郎でしたが、次第に一郎を大切にし始めます。自分の感情を表現するのが下手糞な二郎にとっては、一郎とは本能で付き合えるたった一人(一匹)の友達になっていくのでした。

10 11

それだけに物語の途中で一郎を失ったときの二郎の落胆振りはそれは眼も当てられないほどであり、そこから再び一郎に出会う時のシーンは犬と人間との間に築かれた信頼関係が垣間見えて感動したのでした。自宅のヒキコモリからスタートし、何故か富士山に登るハメになり、ラストでは…。スケールは大きくなっていくものの、相変わらずな二郎。個性派俳優・佐藤二朗、彼の怪しげな雰囲気をそのまま活かした、予想以上に見応えのある作品でした。

個人的オススメ度3.5
今日の一言:脇役がこれまた実にいい味出してるって寸法。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 守護天使 | トップページ | 人生に乾杯!/KONYEC »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30265209

この記事へのトラックバック一覧です: 幼獣マメシバ:

» 幼獣マメシバ/佐藤二朗、マメシバ(一郎) [カノンな日々]
『イヌゴエ』の製作スタッフによる動物シリーズ第3弾なんだそうです。そして佐藤二朗さんはこれが初主演映画です。主演映画は前にも観た記憶があるけどあれは短編だったのかな?佐藤二朗さんを初めて観たのはいつか忘れてしまったけど、面白い俳優さんだなと認識したのはTVド...... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 11時09分

» 幼獣マメシバ [Peaceナ、ワタシ!]
- ここからは、コイツとふたりで行くよ。 - フリーチケットを使って『幼獣マメシバ』を観てきました。 これ「大当たり!」でした!!!! タイトルだけ聞くと豆柴が主人公の動物モノのような印象ですけれど、マメシバ君は実は「添え物」…本当の主人公は、マメシバ君と一緒に旅をする35歳の引きこもり男!! ず~っと自分の殻にこもり「半径3km」の世界で生活していた彼が、マメシバの一朗君との旅を通して成長していく様子を描いたロードムービーです。 「幼獣」の名に相応しく、一朗君の可愛さは殺人級でした... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 11時55分

» 幼獣マメシバ [ともやの映画大好きっ!]
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 永森裕二の原案・脚本による「イヌゴエ」「ネコナデ」に続く動物シリーズ第3弾。 引きこもりの中年男が生まれたばかりのマメシバの子犬を連れ、失踪中の母を探す旅に出るハートフル・コメディ。 2009年1月から放映されたドラマ(全11話)を元にした劇場版。 住んでいる町を出たことのない、口ばかり達者な無職でニートの中年男・芝二郎(佐藤二朗)は実家に居候して暮らしてきたが、ある日父・良男(笹野高史)が急死してしまう。続いて母・鞠子(藤田弓子)が家出してしまい、... [続きを読む]

受信: 2009年6月25日 (木) 23時05分

» 幼獣マメシバ [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  ドラマ  監督:亀井亨  出演:佐藤二朗      安達祐実      藤田弓子      笹野高史 【物語】  住んでいる町を出たことのない、口ばかり達者な無職の中年男・二郎は 実家に居候して暮らしてきたが、ある日父が急死。続いて母・鞠子が家....... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 16時40分

» 「幼獣マメシバ」 [みんなシネマいいのに!]
 え~これもテレビドラマの映画化なの? 今の映画はテレビを観ていることが前提なの [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 00時39分

» 幼獣マメシバ、劇場フライヤー・チラシ [最新映画情報局 予告動画・フライヤー(チラシ): 幼獣マメシバ、劇場フライヤー・チラシ]
幼獣マメシバ35歳ニートとかわいいマメシバの旅が始まる。 [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 10時03分

» 幼獣マメシバ [映画君の毎日]
劇場版 幼獣マメシバ ¥3,591 ・・・・一郎(生後2ヶ月のマメシバ)と二郎(中年ニート)、デコボコ兄弟の珍道中・・・・・・芝二郎(佐藤二朗)、35歳。二郎だけど長男。無職。生まれ育った小さな町から一歩も外に出ずに実家でぬくぬくと暮らしていたが、父(笹野高史)が突然他界し... [続きを読む]

受信: 2009年11月 4日 (水) 22時02分

» 【幼獣マメシバ】一郎と一緒にオニ探し [映画@見取り八段]
幼獣マメシバ 監督: 亀井亨    出演: 佐藤二朗、安達祐実、藤田弓子、高橋洋、笹野高史 公開: 2009年6月 軽〜く痛い人たちを描いた... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 00時48分

» 働くワンコ [Akira's VOICE]
「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」 「映画版 幼獣マメシバ」  [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 10時28分

» 『幼獣マメシバ』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ35歳でニートの息子を心配した母が送り込んだ最終兵器それは、生後2ヶ月のマメシバだった・・・。感想UHFで放送されたドラマの映画化。ドラマは、ザッピングしてた時に... [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 00時11分

» 幼獣マメシバ(テレビ録画) [単館系]
生まれた町から一歩も出ず、35歳まで実家で暮してきたニート男、二郎。 仕事もせず、部屋に篭ってブログに熱中する毎日。 母親が行方不明になり、父親が急死しても、生活を変えることはなかった。 ある日、...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 21時25分

» 幼獣マメシバ : この可愛さ、反則レベル [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 「森本敏氏の防衛大臣就任について」のアンケートのご協力、ありがとうございます (人´口`)テンクスッ♪ 。引き続き行っておりますので、未回答の方はよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2012年6月 7日 (木) 21時07分

« 守護天使 | トップページ | 人生に乾杯!/KONYEC »