« ダメジン | トップページ | 蟹工船 »

2009年7月 5日 (日)

MW-ムウ-

Photo 1970年代に連載されていた手塚治虫の漫画を生誕80周年を記念して実写化した作品。主演は『真夏のオリオン』が公開中の玉木宏と『鴨川ホルモー』の山田孝之。共演に石橋凌、石田ゆり子、品川徹、半海一晃、鶴見辰吾といったベテラン勢が顔を揃えています。監督は「ナースのお仕事」や「女王の教室」など主にTVドラマを手掛けてきた岩本仁志。
>>公式サイト
個人的オススメ度3.5

時代を先取りしていた手塚治虫

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01

観終わって「ふぅ。」と息をついてしまいました。邦画でここまでのサスペンス的な見ごたえを感じさせてくれる作品は久しぶりです。「やるじゃないか、MW!」という感じ。

実はこの作品はあまり期待をしていませんでした。理由は2つあります。1つはいかに手塚治虫の作品とはいえ、1970年代の作品ともなれば30年以上昔。現代にマッチするのはさすがに困難なのではないかと思っていたこと。そしてもう1つは映画公開に先立ってTVで放映された「MW-ムウ- 第0章 〜悪魔のゲーム〜」があまりに酷い出来だったこと。特にTVの方は、ちょっと前にTBSで放映していた「ブラッディ・マンデイ」にそっくりのひたすらチープで緊張感のかけらもない作品でしたので、一瞬映画もスルーしようかと思ってしまった程。

02 03

ところがそんな心配や不安は杞憂でした。21世紀の現代でも十分に通用する、いやむしろ時代が手塚治虫にようやく追いついたと言ったほうが良いのかもしれません。今でこそ地下鉄サリン事件などを経験した私たちは普通に“毒ガス兵器”だとか“毒ガスによるテロ”という言葉を認識でしますが、当時の一般社会では恐らく近未来の出来事、或いは漫画の中の話としてしか受け取られなかったのではないでしょうか。通常の手塚作品と一線を画した問題作というのもうなずけるのですが、それにしても驚くべきは手塚治虫の先見の明です。

04 05

沖乃真舟島で米軍の毒ガス兵器のガスが漏洩し、殆どの島民が死に、生き残ったものも秘密を守るために殺された…。結城美智雄(玉木宏)と賀来裕太郎(山田孝之)は島から逃げ出したたった2人の生き残りで、結城は当時その隠蔽工作に係わった人間に次々と復讐を果たすと同時にMWの在りかを捜し求めます。そんな結城を止めたいが、ずるずると結城に引きずられる賀来…。『真夏のオリオン』ではそのおかしな衣装や脚本のせいで全くリアリティを感じなかった玉木宏が、本作では恐ろしいほどリアルに人格が感じられます。

06 07

細身のスーツに太目のネクタイ、鋭いメガネ、アタッシュケース、切れ者の結城の雰囲気が良く出ています。更に良かったのが玉木宏の眼。TV版での結城のセリフに「人は2種類に別けられる。人を殺せる人間か、そうでないかだ。」というのがあるのですが、例え女子供であろうとも殺せる結城の冷酷さ、それを玉木宏は眼で表現していました。もう一方の生存者・賀来を演じた山田孝之に関しては結城を止められない弱さは解るのですが、その弱さが宗教的なものなのか元々気弱なのか、そのへんがいま一つぴんと来ない感じ。

08_3 09

さて本作で私が一番感心したのは、その脚本の丁寧さ。元々手塚治虫全盛時の漫画はストーリー漫画が主でしたから、言ってみたら絵で見る脚本なのかもしれません。本作はその手塚作品のプロットの良いとこ取りをしたものではなく、細かいところまで矛盾や抜けがないように詰めてあります。キャラクターの行動にたいしての説明を省いていないため、逆に本作は実写で観る漫画になっていました。ただ原作は未読なので、あくまでも原作に忠実かどうかという意味ではないですが。

ラストを観る限り、続編も作れそうな終わり方ではありますが、流石に原作モノだけにそこまでやるかどうか。しかし続きが観たい気はしました。

個人的オススメ度3.5
今日の一言:そりゃやりすぎだろ米軍!

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« ダメジン | トップページ | 蟹工船 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30410153

この記事へのトラックバック一覧です: MW-ムウ-:

» 試写会「MW-ムウ-」 [流れ流れて八丈島]
今晩は仕事帰りに新宿厚生年金会館で試写会「MW-ムウ-」を観てきました手塚治虫ファンとしては、見逃すわけにはいきませんそれだけに期待が大きすぎたのか、いまひとつという感じでしたしかも、これまた続きそうな終わり方でしたね原作を読めばわかるけど、人物設定も随...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 02時09分

» 「MW-ムウ-」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「MW-ムウ-」公式サイト手塚治虫 禁断の問題作「MW(ムウ)」を映画化。原作は未読です。大量虐殺から生き残った子供二人、一人は神父に、一人は殺人鬼に・・ていう設定からして わくわく。玉木宏は殺人鬼だけど、事件に関与した者への復讐だか...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 02時53分

» MW(ムウ) [空想俳人日記]
自らを 無くか有りかの 存在論  いきなり「MW」(ムウ)を観てきた。いくら手塚治虫生誕80周年の映画化だとしても、この作品がロングランになるとは思えない。手塚ファンでも、大人向け作品を嫌う人たちもいる。そして、案の定、映画館で、もともと手塚ファンであろう... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 06時18分

» 映画感想『MW−ムウ−』復讐モンスター [レベル999のマニアな講義]
内容タイのバンコクにおいて旅行中だった竹菱建設の役員・岡崎俊一(中村育二)の娘・愛子(小松彩夏)が誘拐された。会社が用意した身代金を持ち、相手の出方を待つ岡崎と日本から捜査協力で派遣された2人の刑事。沢木和之(石橋凌)橘誠司(林泰文)タイ警察と協力し、...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 07時17分

» 劇場鑑賞「MW-ムウ-」 [日々“是”精進!]
MW-ムウ-オリジナルサウンドトラック「MW-ムウ-」を劇場鑑賞してきました1970年代に『ビッグコミック』で連載され、その過激な描写から他の手塚治虫作品とは一線を画す禁断のピカレスク・コミックを、手塚治虫生誕80周年を機に実写映画化したサスペンス・エンタテ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 07時40分

» MW-ムウ- [あーうぃ だにぇっと]
監督: 岩本仁志 キャスト 結城美智雄☆玉木宏 賀来裕太郎☆山田孝之 溝畑☆山本裕典 山下孝志☆半海一晃 美香☆山下リオ 三田☆風間トオル 松尾☆鶴見辰吾 岡崎俊一☆中村育二 橘誠司☆林泰文 望月靖男☆品川徹 牧野京子☆石田ゆり子 沢木和之☆石橋凌 他 【ストーリー】 16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。 その一人でエリート銀行員となった結城美智雄(玉木宏)の裏の顔は冷...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 07時57分

» MW -ムウ- [とりあえず、コメントです]
手塚治虫著の同名コミックを原案に映画化したサスペンスです。 毒ガスのために人生を狂わされた二人の青年の人生と狂気が主演二人の熱演と共に描かれていました。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 09時46分

» 「MW-ムウ-」試写会、感想。 [Beinthedepthsofdespair]
今月に入って、初めての試写会。 どんだけよ、一日からの日記の空白期間が虚しく、真っ白で、肝心の映画ですが、「無理矢理スケールを大きくしたかったけど、失敗しましたごめんなさいごめんなさい」な出来具合でした。冒頭のタイでのロケ、俳優陣以下、特に石橋...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 09時53分

» MW-ムウ-/玉木宏、山田孝之 [カノンな日々]
最初に劇場予告編を目にしたときに、そういえば手塚治虫作品に『MW』というのがあったよね、というくらいの知識しかなくて内容については全く知りませんでした。そして公開日が近づくにつれて映画の概要や原作についての豆知識をちらほら耳にするわけなんですが、たしかに宣....... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 10時25分

» M W -ムウ- [★ Shaberiba ]
憎しみは人をモンスターに変える・・。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 10時44分

» MW-ムウ- [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/07/04製作国:日本 PG12上映時間:130分鑑賞日:2009/07/04監督:岩本仁志出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、鶴見辰吾、林泰文、石田ゆり子、石橋凌世界を変えるのは、破壊か、祈りか。+あらすじ+16年前、ある島の島民全員が死亡した事件...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 15時05分

» 映画『MW -ムウ-』を観た感想 [映画初日鑑賞妻]
★★★★ 玉木宏のクールなダークヒーローぶりがカッコイイ。大画面のアップに堪えられるルックス、響く美声で、スクリーンの主役を張るスターのオーラが漂う。いい! 実験に失敗して犠牲者がいても、真相が闇に葬られてしまうのも、今と全く同じ。それが「禁断!」のもう一..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 15時36分

» MW-ムウ- [だらだら無気力ブログ]
巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの事件を隠蔽。さらに出稼ぎに島から出ていた島民にも この件にかんし..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 16時00分

» MW−ムウ− [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。手塚治虫原作、岩本仁志監督。玉木宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋凌、山本裕典。米軍の毒ガス兵器奪って世界破滅願望を夢見るというのは村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」もそうだった。やはりコインロッカーに捨てられた2人の少年の愛と憎悪の物語で、毒...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 17時08分

» MW-ムウ [ぷち てんてん]
☆MW-ムウ☆(2009)岩本仁志監督手塚治虫原作玉木宏山田孝之石橋凌ストーリー 16年前、“沖之真船島”で島民全員が一夜にして虐殺される凄惨な事件が発生した。しかし、何故かこの事実は政府によって隠匿される。だがこの時、2人の少年が奇跡的に助かり、それぞれ異な...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 19時50分

» MW−ムウ− [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/日本監督:岩本仁志出演:玉木 宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋 凌 [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 20時25分

» MW-ムウ- [いい加減社長の日記]
玉木宏さんが、悪役に挑戦し、原作は手塚治虫さん、楽しみにしていた「MW-ムウ- 」を、いつもの土曜日のレイトショーで鑑賞。 テレビで、第0章もやってたけど、うとうとしていて、よくわからずじまい^^; 「UCとしまえん 」は、普通の人出かなぁ。 「MW-ムウ- 」は、... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 21時16分

» 「MW−ムウ−」ネタバレあらすじ [ドラマメモ]
7月4日、初日に映画「MW−ムウ−」を観てきました。予想以上の面白さ、濃い脚本に感動!スペシャルドラマよりも断然良かったです。初の悪役... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 21時24分

» 「MW-ムウ-」見てきた★ [+++turbo addiction+++]
「MW-ムウー」見てきたよー!! :*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*: http://mw.gyao.jp/ なんだか映画館混んでたけど、なに? エヴァのせいなの・・・? [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 22時18分

» MW−ムウ− [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
日本が誇る漫画家・手塚治虫の偉大さは確認できても、映画化が成功したとは言い難い。物語は、16年前、ある島の島民全員が死滅した事件を発端に、生存者の壮絶な復讐と、鍵である謎の物質ムウによる世界滅亡の危機を描くものだ。話は荒唐無稽だが、善も悪もな....... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 23時45分

» MW/ムウ [そーれりぽーと]
手塚治虫の原作は読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから『MW』を観てきました。 ★★★ しまったなぁ、原作本読むんじゃなかった。 知らずに観た方が先入観無くて楽しめたのかもしれない。 原作の面白いところは、当時の漫画にしては過激過ぎる悪役主人公の邪悪な思考パターンの表現に同性愛を交えて描く、タブーへの挑戦的なところが今読んでも新鮮で、「手塚治虫ってこんな事も書けたんだ」って驚いたんだけど、映画版は邪悪過ぎる台詞が薄くなってたり重要なファクターだった同性愛の描写が設定ごと割愛されてたりで物... [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 00時06分

» MW −ムウ− [迷宮映画館]
試写会にて鑑賞。・・・TV見て感じたやな予感は見事に的中・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 11時02分

» 「MW-ムウ-」 [みんなシネマいいのに!]
 手塚治虫先生は「鉄腕アトム」や「ブラック・ジャック」で有名だが、一方では青年誌 [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 01時04分

» MW -ムウ- [象のロケット]
16年前、ある島の島民全員が一夜にして消えたが、事件は政府の手で闇に葬られる。 奇跡的に生き延びた2人のうち、賀来(ガライ)裕太郎は神父として自らの受難の記憶をも克服しようとしていた。 一方エリート銀行員となった結城美智雄は、事件関係者たちへの復讐を始めていた。 地獄を背負わされた者の正義とは、復讐か? 許しか? クライム・サスペンス。 PG-12... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 14時24分

» 「MW -ムウ-」 [首都クロム]
 初日。ご自身が手?世代の方から、親が手?世代であろう高校生まで、幅広い年齢層で座席が埋まっていました。終了時間が20時を少し回る遅めの回でありながら、前方の数列を除き端席までほぼ満席。手?作品の持つ人を惹きつけてやまない普遍的な魅力を、この客席の様子から改めて感じたのです。とても迫力があり、映像美を堪能できる場面もあり、面白かったです。何だか結城の罠にはまった予感、暫くはムウ漬けかもしれません。  数ある手?作品の中でも“禁断”だとか“問題作”だとかのレッテルを貼られ、映画自体もPG-12に... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 21時04分

» エンドロールで縦ノリ第2弾(コラ)~MWムウ~ [ペパーミントの魔術師]
MW ~Dear Mr. Ms. ピカレスク~ / 夏Dive (初回盤)flumpool 山村隆太 玉井健二 Amuse Soft Entertainment = music = 2009-07-01売り上げランキング : 91Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 『How did we feel then?』~flumpool Tour 2009 "Unreal" Live at Shibuya ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 02時46分

» ★「MW-ムウ-」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、久しぶりに邦画だよーーー。 最近ずっとヨーロッパものが多かったけど。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 03時21分

» 「MW-ムウ-」 超魅力的な悪役、玉木宏 [筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ]
{/映画/}16年前、ある島の島民が全滅。だが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。一人は復讐のための殺人鬼に、一人は神父に成長。そして事件の元凶の「MW」をめぐって二人は対立し……{/映画/} あちこちで酷評{/悲しい/}を目にするこの「MW」。手塚治虫の原作で、つま...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 18時12分

» 【MW -ムウ-】ダークサイドのヒーロー [映画@見取り八段]
MW -ムウ- 監督:  岩本仁志 原作: 手塚治虫 出演:  玉木宏、山田孝之、石橋凌       公開: 2009年7月 先日テレビドラマで「エピ... [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 18時52分

» MW-ムウ- [りらの感想日記♪]
【MW-ムウ-】 ★★★☆ 試写会(13) ストーリー 16年前、“沖之真船島”で島民全員が一夜にして虐殺される凄惨な事件が発生した。しかし [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 21時20分

» MW-ムウ- 評価:★★ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 22時24分

» 「MW-ムウ-」復讐の限りを尽くそうとした先に待っていた救った親友の復讐阻止劇 [オールマイティにコメンテート]
「MW-ムウ-」(PG12指定)は手塚治虫原作の映画で映像化不可能と言われた作品で、16年前にある島の住人600人が忽然と消え、その仕業は政府によってもみ消された。そしてその島には2人の少年が生き延び16年後に青年となっていた。青年となった2人の青年は対照的な生き...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 01時00分

» MW-ムウ- [Peaceナ、ワタシ!]
- 世界を変えるのは、破壊か。祈りか。 - 『MW-ムウ-』を観てきました! 先月放送のスピンオフドラマ『MW-ムウ-第0章 悪魔のゲーム』が、意外とおもしろかったので、つい映画館へ・笑 原作は70年代の作品だそうですが、過激な描写で他の手塚治虫作品とは一線を画しているとか…映画化に伴い、書店にたくさん並んでいましたけれど、ドラマから入った私なので、あえて原作は読まずに鑑賞です。 主演は玉木宏さんと山田孝之さん。 …この作品、ハリウッドに先に映画化されなくて良かったですね・笑! 少... [続きを読む]

受信: 2009年7月10日 (金) 01時17分

» 目的が分からない。『MW-ムウ-』 [水曜日のシネマ日記]
手塚治虫原作の漫画を実写版映画化した作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 12時24分

» 『MW-ムウ-』試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎は結城を救済しようと苦悩する。そんな中、16年前の事件の鍵を握る「M... [続きを読む]

受信: 2009年7月14日 (火) 11時58分

» MW(ムウ) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
日本が誇る天才・手塚治虫の生誕80周年を機に、圧倒的映像力と、緊張感あふれる多彩なアクション、これ以上ないキャスティングによって、日本映画史に新たなサスペンス・エンタテインメント超大作としてスクリーンに登場! 物語:16年前、ある島の島民全員が死亡する事...... [続きを読む]

受信: 2009年7月15日 (水) 02時01分

» 「MW」 [再出発日記]
二度店で探したけれども、原作は既に売り切れ。もう一回細部を確かめて映画に望みたいと思ったけれども、まあ原作と比べるのも酷な話だったのかもしれない。監督:岩本仁志脚本:大石哲也原作:手塚治虫出演:玉木宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋凌、山本裕典見た感想とし...... [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 12時18分

» 【MW-ムウ-】 [日々のつぶやき]
監督:岩本仁志 出演:玉木宏、山田孝之、石橋凌、石田ゆり子、鶴見辰吾、風間トオル    世界を変えるのは、          破壊か。祈りか。 「16年前、島民全員が死亡する事件が起こった。 しかしそれは政府によって闇に葬られ表ざたにはならなかっ... [続きを読む]

受信: 2009年7月16日 (木) 18時14分

» 「MW -ムウ-」 存在し続ける陰 [はらやんの映画徒然草]
実はまったく期待をしていなかったので観賞が後回しになっていた作品だったのですが、 [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 23時21分

» MW -ムウ- [映画通の部屋]
「MW -ムウ-」 製作:2009年、アメリカ 129分 PG-12指定 監督: [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 19時17分

» 「MW -ムウ-」手塚修治虫の生み出したダークヒーローとは? [soramove]
「MW -ムウ-」★★★ 玉木宏 、山田孝之 主演 岩本仁志 監督、2009年、129分                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 手塚治虫、最大の問題作を実写映画化! 「16年前、ある島の島民全員が死亡する事件が発生。 生き残った2人の少年は、その後 1人は、神の道に救いを求め、教会の神父に。 そしてもう1人は、自分の壮大な... [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 11時25分

» MW-ムウ- [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[MW‐ムウ‐] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年68本目(63作品)です。 16年前。米軍が極秘に開発していた毒ガス兵器「MW」が開発場所の島で漏れ、それを世間に知られないようにと政府が島民を虐殺。 その島を逃げ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月23日 (木) 17時46分

» MW [こんな会社でごめんあそばせ]
★★★★ 玉ちゃん、売れてますねぇ~ 監督:岩本仁志 原作:手塚治虫 出演:玉木宏 山田孝之 石橋凌 ストーリー 16年前、ある島で島民全員が死亡する事件が発生 が、2人の少年だけが奇跡的に生き残り一人は神父として神に仕え、もう一人はエリート銀行... [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 15時27分

» MWムウ(映画館) [ひるめし。]
生きるもの、すべて道連れだ。 [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 17時35分

» 映画:MW -ムウ- [よしなしごと]
 手塚治虫原作のMW -ムウ-を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年8月 1日 (土) 03時41分

» MW -ムウ- [映画君の毎日]
MW‐ムウ‐ [DVD]/玉木宏,山田孝之 ¥3,990 Amazon.co.jp MW -ムウ- 第0章 ~悪魔のゲーム~ ¥3,990 Amazon.co.jp 日本が世界に誇る手塚治虫の“禁断の傑作”として名高い「MW-ムウ-」を映画化。16年前、とある島の島民全員が死亡する事件が発生。その事実は日本政府によ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 01時33分

« ダメジン | トップページ | 蟹工船 »