« クララ・シューマン 愛の協奏曲 | トップページ | 真夏の夜の夢 »

2009年7月29日 (水)

EL CANTANTE/エル・カンタンテ

Photo プエルトリコ人のサルサ歌手、エクトル・ラボーの半生を描いた伝記映画。出演はラボーと同じくプエルトリコの血を引くジェニファーロペスとその夫で14週連続ビルボード誌のラテンチャート1位を記録したこともある現役サルサ歌手のマーク・アンソニー。監督はキューバ出身のレオン・イチャソ。エクトルは知らなくてもその歌は聴いたことがあるはずです。

>>公式サイト

本物を表現できるのは本物だけ。

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへおかげさまで好位置キープですupshine

01

実は殆ど期待しないで観た作品でした。元々日比谷のシャンテ・シネに『セントアンナの奇跡』を観に行くついでに、近場の銀座で観てこようというぐらいだったんです。これがかなり良かった!伝説のサルサ歌手エクトル・ラボーについて、彼がプエルトリコからアメリカに出てきて成功し、若くして無くなるまでの半生を描いた作品です。何気に伝説とはいってもそんな大昔の話ではなく無くなったのも1993年とほんの16年程前なんですね。作品のタイトルでもある『エル・カンタンテ』はスペインゴで“歌手”という意味ですが、恐らく聞けば殆どの方が知っている曲だと思います。

02 03

話の展開はジェニファー・ロペス扮するエクトルの妻・プチにエクトルの死後、彼のことをインタビューするという形式。つまりエクトルの登場するシーンは原則として回想ということになりますが、話しているプチの映像の方がモノクロで表現されるという、一般的イメージとは逆の表現が面白かったりします。ちなみに夫であるエクトル・ラボーを演じるのは、現実にジェニファーの夫であるマーク・アンソニー。しかも本物のトップサルサ歌手ですから当然ながら歌うシーンは完璧です。

04_2 05

プエルトリコからアメリカに渡り瞬く間に成功を収めるエクトルは当にアメリカンドリームの体現者。華やかなスポットライトに照らされて歌う姿、流れてくるサルサのリズムに見ている私たちの心も浮き立ってきます。英語の歌詞字幕まで付いているところを観ると、まるでエクトルのPVのようにも見えますが、歌っているのが本物の現在ナンバー1サルサ歌手なんですから、そりゃその美声に聴き入ってしまうのも無理ありません。ある意味あれは演技じゃないですし。(笑)

06 07

しかし同時に華やかな姿の裏ではドラッグに溺れ、心の病を患い、それから逃げるためによりドラッグに溺れるという典型的な破滅型人間としてのエクトルが描かれます。元々ラテン系の彼らは享楽的に今を生きるのが好きな人々ですが、エクトルがドラッグを覚えたのもバンドのメンバーからでした。ドラッグと酒に溺れ、怠惰な生活を送る彼はコンサートに遅刻することも1度や2度ではありません。それが原因でデビュー当初から共に組んできたウィリー・コローン(ジョン・オルティス)とも袂を別つことになります。

08 09

ここから先は坂道を転げ落ちるように転落人生。一体何処で何を間違えてしまったのか…。もちろんトップスターが抱える重圧はあると思うのですが、私には原因の一つにプチの存在があるように感じました。気が強く、万事に仕切りたがり屋のプチは家庭でも言います。「私を見て。ティト(息子)と私を愛して。」と。ヤクの売人が父親でプエルトリコ人というマイノリティ層出身のプチにしてみれば、やっと手に入れた裕福な生活と幸せな家庭だったのでしょう。

10 11

次第に精神を病んでいくエクトルを観ていると、プチとの出会いのシーンで、彼女の兄が「生半可な気持ちで妹に手を出すのは止めておけ。」と言っていた事が思い出されました。自殺未遂、実の父親との絶縁、息子の事故死、そして自身のHIV感染と晩年のエクトルに降りかかる不幸はアメリカンドリームの代償かのようです。全てを失ったエクトルが、生まれ故郷のプエルトリコで開催したコンサートもあまりの客の不入りで中止に。しかし主催者の制止を振り切ってエクトルは歌い始めます。皮肉にもその歌声は相変わらず素晴らしいものでした…。

ジェニファー・ロペスが自身でプロデュースした本作。自身のルーツに連なる音楽に対する熱い情熱が込められた作品だったと思います。

個人的オススメ度4.0
今日の一言:サントラを買ってじっくり聞いてみよう…

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« クララ・シューマン 愛の協奏曲 | トップページ | 真夏の夜の夢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30734487

この記事へのトラックバック一覧です: EL CANTANTE/エル・カンタンテ:

» エル・カンタンテ [ともやの映画大好きっ!]
(原題:EL CANTANTE) 【2006年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 伝説のサルサ歌手として、ラテン音楽界に影響を与えたエクトル・ラボーの生涯を映画化。 1963年。歌手になる事を夢見て、プエルトリコからニューヨークにやってきた17歳のエクトル・ペレス(マーク・アンソニー)。ラティーノ地区のナイトクラブに足を踏み入れ、その歌唱力から数ヶ月後には観客を沸かせるようになっていた。その実力は、ラテン音楽のモータウンを目指す新進レーベル"ファニア・レコード"のジョニー・パチェコ(ネルソン・... [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 21時38分

» 映画「エル・カンタンテ」を観た感想 [映画初日鑑賞妻]
★★★★コンサートの直前までハチャメチャなことやってても、鬼嫁に引っ張られて、ひとたびステージに立つと、もうキラキラした素晴らしいサルサ・スターの世界。人々を熱狂させる力のある偉大な歌手の雰囲気がよく出ていた。夏はラテンだ!ロックだ!ジャズだ!... [続きを読む]

受信: 2009年7月29日 (水) 00時10分

» エル・カンタンテ [象のロケット]
1963年、歌手を夢見てプエルトリコからニューヨークへやって来た17歳のエクトルは、数ヵ月後にはナイトクラブで客の歓声を浴びるようになる。 ウィリー・コロン率いるバンドのボーカリストとしてデビューしたエクトルは、その伸びやかな歌声で瞬く間にスターへの階段を駆け上っていくが…。 “歌手の中の歌手”と呼ばれたエクトル・ラボーの生涯を描くラテン音楽ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 16時25分

» エル・カンタンテ [あーうぃ だにぇっと]
監督・脚本: レオン・イチャソ キャスト プチ☆ジェニファー・ロペス エクトル・ラボー☆マーク・アンソニー ウィリー・コロン☆ジョン・オーティス ラルフ・メルサド☆ヴィンセント・ラレスカ エディー☆マニー・ペレス ジョニー・パチェコ☆ネルソン・バスケス 他 【ストーリー】 音楽界での成功を夢見て、17歳で故郷プエルトリコからニューヨークにやって来たエクトル(マーク・アンソニー)は、情感あふれる美声で人々を魅了し、またたく間にスターへの階段を駆け上がっていく...... [続きを読む]

受信: 2009年8月 2日 (日) 06時17分

» 『エル・カンタンテ』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
音楽界での成功を夢見て、17歳で故郷プエルトリコからニューヨークにやって来たエクトルは、情感あふれる美声で人々を魅了し、またたく間にスターへの階段を駆け上がっていく。しかし、歌手としての栄光の影で私生活は破滅への一途をたどっていた。酒と薬物、女に明け暮れる... [続きを読む]

受信: 2009年8月 5日 (水) 21時28分

» エル・カンタンテ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
サルサの魅力のひとつに望郷の念があるが、伝説のサルサ歌手エクトル・ラボーの歌には故郷プエルトリコと父への強い思慕がある。60年代から80年代にかけてNYで新しい音楽サルサを確立したエクトルは、妻プチの支えも虚しくドラッグに溺れていく。モノクロ映像のプチのイン....... [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 23時54分

» 『エル・カンタンテ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
描かれているその人以上に、熱いプエルトリカン魂をもつジェニロペ夫妻? プエルトリコからやって来て、ニューヨークでサルサの黄金時代を築いたエクトル・ラボーの半生を描く。ラテンな音楽ムービーははずせない。といいつつ、ジェニロペ・プロデュースで夫婦共演ものと知ると期待はあまり高まらず。だけど、期待もしなかったし、楽しみにもしていなかったとはいえ、あまりに観客数が少なめだったので心配になってしまった。年配のサルサ・ミュージックファン層?をターゲットにしていたのかもしれないけど、私からみると、そもそもジ... [続きを読む]

受信: 2009年8月12日 (水) 09時17分

« クララ・シューマン 愛の協奏曲 | トップページ | 真夏の夜の夢 »