« EL CANTANTE/エル・カンタンテ | トップページ | Sweet Rain 死神の精度 »

2009年7月29日 (水)

真夏の夜の夢

Photo 『恋しくて』の中江裕司監督が、シェイクスピアの同名の戯曲をアレンジして描いたファンタジー作品。主演は大河ドラマ「風林火山」の柴本幸、共演が『ホテル・ハイビスカス』の蔵下穂波。沖縄の誇る平良とみ、平良進夫婦も精霊キジムン役で登場する。シェイクスピアと沖縄をどう融合させるのかが見所の作品です。


>>公式サイト

オリジナリティって何ですか?

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへおかげさまで好位置キープですupshine

01

残念ながら私にはこの作品のどこが面白いのか、何を楽しんだら良いのかがさっぱりでした。とにかく早く終わらないかとか、途中で帰ろうかとかそんなことばかり考えていた105分はかなり精神的にきつかったです。いっそ寝ようかとも思いましたよ。後から気付いたのですが、そもそも“大胆なアレンジ”だとか“オリジナリティ溢れる”とか枕詞がついている場合、大抵ろくなもんじゃないです。と言うわけで今日はかなり辛口です。

02 03

シェイクスピアのオリジナルに共通なのは精霊と恋の媚薬といった設定でしょうか。最終的な夢オチは仕方ないとしても、その前の夢の部分が普通につまらない。どこがつまらないというより、これはどこか面白いんでしょうか?退屈で仕方なかったんですが。物語は東京の会社を辞めて生まれ故郷の世嘉冨(ゆがふ)島に帰ってきたゆり子が、幼い頃に出会ったキジムンのマジルーと再会し、色々と降りかかってくる問題を、マジルーの持っている恋の媚薬を利用して解決していく話らしい。

04 05

東京からゆり子のことを追いかけてきた不倫相手の敦、そしてその敦を追いかけてきた妻・梨花。梨花に恋の媚薬を使って他の人を好きにさせてしまおうというのはありがちな話。で何故か敦にまでその薬を使ってしまうのは、マジルーが彼とゆり子が一緒になってもゆり子が不幸になるだけだと思ったから。(ふーん。)途中政略結婚だの劇中劇だのがあって、最終的には村人全員に恋の媚薬を放水してぶっかけちゃう。村人全員が仲良くなってめでたしめでたし。(…って“恋”の媚薬なのに何で?)

06 07

南の島の美しい風景、沖縄方言、登場する沖縄の方々など映像の端々から監督の沖縄へのこだわり自体は伝わってきました。でもそれだけ。今時沖縄へのこだわりだけを前面に押し出されても、珍しくもなんともないですし。ストーリー的にはファンタジックなコメディらしいですが、全く笑えません。劇中劇も映画の中では大うけしてましたが、こちらからするとそんなもの延々と見せられても退屈なだけです。

08 09

更にマジルー役の蔵下穂波の芝居がどうにもこうにもわざとらしい。というか、到底主演クラスを演じるレベルにはありません。とにかくセリフのしゃべり方からしてピーピー煩いとしか聞こえません。唯一本作で素晴らしいと思えたのは、キジムン役を演じた平良ご夫妻の実に味のある沖縄方言の演技。朴訥として、どこかおどけたような語り口は、衣装と相まって「キジムンが見えたとしたらこんな感じかも…。」と思わせるものでした。

最後にはマジルーが登場し、面白くてもつまらないと思ったら一夜の夢と思って欲しい、そんなようなことをこちら側に向かって話していましたが、何だかそれが言い訳に聞こえた作品でした。

個人的おススメ度1.5
今日の一言:平良夫妻に+0.5です。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« EL CANTANTE/エル・カンタンテ | トップページ | Sweet Rain 死神の精度 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30747860

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜の夢:

» 真夏の夜の夢 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ウィリアム・シェークスピア原作、中江裕司監督、柴本幸、蔵下穂波、平良とみ、平良進、和田聰宏、中村優子、照屋政雄、玉城満。部隊の世嘉冨(ゆがふ)島のモデルは沖縄・伊是名島。琉球王朝の第二尚氏を開祖した尚円王の生まれた島ということで、映画では精霊(キ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 08時32分

» 真夏の夜の夢 [象のロケット]
昔からキジムンと呼ばれる精霊たちが人々を祝福し守って来た沖縄・世嘉冨(ゆがふ)島。 しかし人々はキムジンの存在を忘れかけている。 幼い頃、森の奥でキムジンの“マジル”と話したことのあるゆり子は大人になり、東京での恋に疲れて久しぶりに故郷の島に帰って来た。 そしてずっと自分を待っていたキムジンと再会したのだが…。 沖縄ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 16時00分

» 真夏の夜の夢 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
シェイクスピアの戯曲の偉大なところは、時と場所を変えても物語がいきいきと輝いてしまうことだろう。世嘉冨島に住むゆり子は小さい頃からキジムンと呼ばれる精霊と話ができたが、大人になるにつれ、その存在を忘れていく。東京での恋に疲れ、久しぶりに島に戻ったゆり子は....... [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 23時36分

« EL CANTANTE/エル・カンタンテ | トップページ | Sweet Rain 死神の精度 »