« 扉をたたく人 | トップページ | 転々 »

2009年7月 2日 (木)

『転々』 あらすじ

孤独な大学8年生の竹村文哉は、借金84万円の返すアテもないまま返済期限を迎えようとしていた。そんな文哉の前に現われた借金取りの男、福原は、文哉に奇妙な提案を持ちかける。それは、吉祥寺から霞ヶ関まで歩く福原の“東京散歩”に付き合えば、100万円をくれるというのだ。ウマすぎる話に警戒感を抱きながらも、選択の余地のない文哉はその提案を受け入れことに。こうして、むさくるしい男二人は井の頭公園をとぼとぼと出発するのだったが…。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ

|

« 扉をたたく人 | トップページ | 転々 »