« 精神 | トップページ | アヒルと鴨のコインロッカー »

2009年7月17日 (金)

『精神』 解説

山本昌知医師が代表を務める外来の精神科診療所“こらーる岡山”にカメラを据え、様々な理由でそこにやって来る患者たちの悲喜こもごもの人間模様をありのままかつ真摯に見つめ、山本医師の地道な活動の様子ともに、一般にタブー視されがちな精神病についての偏見や壁を取り払いつつ、改めて観る者にその考える材料を提供していく。
(allcinemaより)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

本文へ

|

« 精神 | トップページ | アヒルと鴨のコインロッカー »