« 扉をたたく人 | トップページ | ダメジン »

2009年7月 3日 (金)

転々

Photo_2 2007年に公開された三木聡監督の4作目の映画作品で、藤田宜永の同名小説の映画化。私の一人三木聡映画祭も残すところこれを含めてあと2作となりました。今作の主演はオダギリジョー、共演は三浦友一に小泉今日子。もちろん三木作品の必須メンバー岩松了・ふせえり・松重豊も登場します。相変わらずのゆる~いテイストの中に今回なにを見せてくれるのせしょうか。

>>公式サイト

2日目のカレーのような作品

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01_2

「あ、何だかこれいいな…。」そんな感じに包まれる作品でした。『イン・ザ・プール』・『インスタント沼』『亀は意外と速く泳ぐ 』『図鑑に載ってない虫』の順で観てきた三木作品ですが、ベースとなるゆる~い雰囲気や、主人公がナレーションをするテンプレートは同じながらも、実に人情味を感じさせる作品です。個人的な感覚から言うと、作品だけ観ればこの作品が今までのところでは一番好きかもしれません。まあ、麻生久美子さんの可愛らしさで『インスタント沼』にちょっとだけ軍配を上げたいところではあるのですが。(笑)

02_2 03_2

主人公の文哉を演じるオダギリジョーはこの手の作品にベストマッチします。声のトーンやしゃべり方からしてあんまりガチャガチャしたストーリーには馴染まないと思うんで、このぐらいのゆったりペースが彼の茫洋とした良さが活きていると感じました。相方の福原を演じる三浦友一さんは何も言うことのないベテラン。ただ今回は台詞回しが時々松尾スズキっぽく聞こえたのは私だけでしょうか?もうちょっとガラガラ声だと本人そっくりです。物語はひょんな事から知り合ったこの2人の東京散歩の様子を追ったもの。

04_2 05_2

劇中で福原も言っていましたが、東京って実は散歩に向いています。私も大好きで結構散歩はするのですが、ただの住宅一つ見てもそこに住む方々のことを想像したりするのは楽しいものです。ちなみに本作でも私の良く見知った場所がいくつか登場しています。福原が散歩の理由を文哉に話す場所はモロ地元の調布飛行場。『調布空港』という作品でも舞台になりました。井の頭公園の「いせや」の焼き鳥は美味しいんですよ。そして何より母校の日大○○学部正門前!さすがに見た瞬間解りました。おばさんが車に引かれたあの通りは日大通りといって、春には桜のトンネルになるんです。

06_2 07_2

2人が散歩しながら向った先は霞ヶ関の警視庁。福原は妻を殺してしまい自首するために歩いて警視庁まで向うのです。借金でクビがまわらない文哉はそれに付き合えば100万円もらえることになっていました。最初は仕方なく付いていく文哉ですが、トコトコ歩く2人には様々なことが起こります。拳法使いの時計屋さん、エレキギターを弾きながら歩き回る人、福原と妻の思い出の愛玉子のお店……奇妙だったり、可笑しかったり、懐かしかったり。自首するのに東京を散歩しながら警視庁に向う、それは暫く味わえない世間をじっくり目に焼き付けておきたかったからではないでしょうか。

08_3 09_2

見ている私たちも一緒に散歩している感覚になれますから、特に散歩好きの私としてはとても楽しい気持ちにさせてもらいました。そうしてブラブラ歩きながら2人が最後に行き着いたのは家族の食卓でした。自首する前にはカレーが食べたい。そう言っていた福原、実は本当の家族じゃないけれど、しかし懐かしくて温かい家族の団欒がそこにはありました。クラッシクギターの寂しげな音にのってカレーを食べる家族のシーンを見ていると、何だか『3丁目の夕日』を観ているかのようで、懐かしさで胸が一杯に…。

あ、常連の岩松・ふせえり・松重の3人は、今回は物語本線とは全く関係ないところで笑わせてくれます。あのサイドストーリーはそれはそれで結構面白いです。つむじの臭いが“崖の臭い”って…意味解りません。(笑)

個人的オススメ度3.5
今日の一言:オダジョーの「うえ"ぇぇぇ?」が面白い。(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 扉をたたく人 | トップページ | ダメジン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30378680

この記事へのトラックバック一覧です: 転々:

» グーグーだって”転々”である?! [ペパーミントの魔術師]
今回の話はスタッフブログと一部かぶりますので そちらもよかったら読んでくださいまし。 10月の東京滞在は、 1日だけダンナが出勤で、 4日の日曜が丸々フリーになったので。 メンチカツを食べに吉祥寺へ行ってきましただ。(爆) いや~すんごい繁盛ですね。 コレも..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木) 23時58分

» ありがたや岸部一徳。(笑)~「転々」~ [ペパーミントの魔術師]
なんでダイワハウスなんだ?っていうCMがありますけど。 (一応、どんなひとなんかはウィキペディアから。→コチラ。) なんで岸部一徳なんだ?という疑問はさらっと流して とにかくくすくす笑って眺めていましょう。 この映画流行ったら彼はすごい人気者になることでし..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 00時03分

» 下北以上原宿未満~サンデーズと転々。 [ペパーミントの魔術師]
そうそう、ロボット博とアキバの間に もいっこイレギュラーな行き先を詰め込んだんです。 下北沢。 コレはホンマミチさんに感謝なんだけど、 映画「転々」とそれに協賛してるお店とのコラボで トートバックを販売するという企画で 第一弾はホンマあっという間に売り切れたそ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 00時19分

» 『転々』 (2007) / 日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:三木聡原作:藤田宜永出演:オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子、ふせえり、松重豊、岸部一徳、笹野高史、石原良純、広田レオナ鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>大学8年生の文哉(オダギリジョー)は、家族もなく...... [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 14時01分

» 転々♪オダジョー&三浦友和のコラボは最高! [銅版画制作の日々]
  三浦友和のロングヘアーがなかなかいい いよいよ「転々」のレビュー、書きますいやあ〜ようやくここまでこぎつけましたよ。12月7日、京都シネマで鑑賞しました。この日は、「タロットカード殺人事件」とこの作品を連続で鑑賞。まったく違うジャンルの違う作品でしたが、私は「転々」の方がいいですね お馴染み三木聡監督のゆる〜い作品なので、あまり好みじゃないかな?なんて思っていたのですが、いいです!この作品は凄く良かった三浦友和のロングヘアーも最高でした。演技... [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 19時46分

» 転々 [だらだら無気力ブログ]
オダギリジョー演じる借金を抱えた学生が、三浦友和演じる借金取りから、借金を チャラにするかわりに、霞が関まで歩く散歩に付き合うことを提案され、散歩に 付き合うことで、いろんな出会いをしていく脱力系人間ドラマ。「亀は意外と速く泳ぐ」、「図鑑に載ってない虫」や「時効..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 5日 (日) 02時31分

» 映画 【転々】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「転々」 藤田宜永の同名小説を三木聡監督が映画化。 おはなし:幼いころに両親に捨てられた孤独な大学8年生の竹村文哉(オダギリジョー)はいつの間にか84万円の借金をこしらえていた。返済期限まであと3日。ところが、その期限の前日、借金取りの福原(三浦友和)がやってきて吉祥寺から霞が関までの散歩に付き合えばその報酬として100万年をやると提案される。 妻を殺した借金取りと借金まみれの大学8年生。妻を殺したり理由や、妻が死んでいることの真偽、借金が84万円もある理由などは一切語られないまま... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 23時30分

» 転々 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『歩けばわかる、 やさしくなれる』  コチラの「転々」は、TVドラマ「時効警察」シリーズの監督・脚本を務めた三木聡監督が、藤田宜永の同名小説を映画化したヒューマン・コメディです。主演は、「時効警察」シリーズでも主演だったオダギリジョー、そして三浦友和。....... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 11時30分

» 転々(2007) [佐藤秀の徒然幻視録]
天涯孤独を癒す偽家族 公式サイト。藤田宜永原作、三木聡監督。オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子、岩松了、ふせえり、松重豊、麻生久美子、岸部一徳、笹野高史 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月29日 (水) 22時45分

» 転々(2007) [佐藤秀の徒然幻視録]
天涯孤独を癒す偽家族 公式サイト。藤田宜永原作、三木聡監督。オダギリジョー、三浦友和、小泉今日子、吉高由里子、岩松了、ふせえり、松重豊、麻生久美子、岸部一徳、笹野高史 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月29日 (水) 23時21分

« 扉をたたく人 | トップページ | ダメジン »