« アマルフィ 女神の報酬 | トップページ | SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009/短編2プログラム »

2009年7月20日 (月)

不灯港

Photo 第18回PFFスカラシップ作品。PFFとは「ぴあフィルム・フェスティバル」の略。詳しくは公式サイトをご覧下さい。監督はこれが長編デビュー作となる内藤隆嗣。主演は小手伸也、共演に宮本裕子、広岡和樹、麿赤兒。主演の小手伸也はどこからどう見てもプロレスラーの武藤敬司にソックリで、直接的にはそれが鑑賞理由だったりします…。

>>公式サイト

万造の心に灯った小さな灯

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01

これは意外に掘り出し物。実は主演の小手伸也がプロレスラーの武藤敬司に似てるという意味不明な引きで観に行っただけなんですが、彼の風貌と演技に見事にスリーカウント取られた感じです。(※プロレスラーじゃないです。)メインで登場するのは石黒万造(小手伸也)と美津子(宮本裕子)とまさお(広岡和樹)の3人。この3人が織り成す妙な人間ドラマが絶妙で、一見「なんだそりゃ?」と思いつつもそこに流れる人間の情に引き込まれて魅入ってしまいます。

02 03

物語の最初は万造が合同お見合いに参加するシーン。ここで登場するファッションショップ店長(麿赤兒)と万造のやり取りは最高に面白い!まずは店長が口先三寸でスーツやらシャツやらウェスタンジャンバー?やらを売りつけようとするのですがその口上がバカバカしくていい。そして聞いている万造がまた解りもしないのにそれを聞いているいるのがまた最高に可笑しくて。(笑)しかしどう見ても外したそのファッションセンスでは見合いで成功するはずもありません。しかしそんな彼に思わぬチャンスが転がり込んでくるのでした…。

04 05

それが美津子とまさおとの出会い。家もなく行く宛がない2人は万造が漁に出ている間に勝手に家の中に入り込み食料を漁っていたのですが、それが万造にばれます。ところが彼らを追い出すどころか、家に住まわせる万造。彼にしてみれば、そうでもしなければ女性が自分の家にいてくれることなどない訳で…。むしろいてくれと懇願する始末。うーん格好わるっ!でもそんな万造が凄く魅力的。2人と暮らすようになってからのシーンでも、朴訥で常に男らしさを表に出そうと格好つけてるけれど、例えば美津子のためにミシンで赤いスカーフを作ったりとロマンチストな万造の姿が描かれます。

06 07

万蔵の魅力の一つがそのしゃべり方とセリフ。とにかく一言一言に格好をつけてる感じです。「花瓶で枯れたいと思う花はないよ。」「1人で食う晩飯はどんな味付けをしたって不味いんだ。一緒に食えるのは最高の調味料だ。」「車を貸してくれないか?この星を眺めてみたいんだ。」などなど今時ありえないぐらいクサイセリフも万造が言うとなんだか許せてしまうのでした。これには、ちょっと昔の映画風の映像とそれに重なるこれまた昔風のトランペットを中心としたBGMが果たす役割も大きく、おかげでそのクサイセリフの世界にすんなりと馴染むことができます。

08 09

さて、万造の相手の美津子。この微妙な美女(失礼!)に宮本裕子を宛てたのは実に上手いキャスティングでした。年齢的に20代だとかアイドル並みの可愛さとかであったら、万造の抱えている想いが伝わらないんです。もちろん万造は若くて美人と付き合えたた嬉しい、でもそんな女性がこの田舎町に来る訳がない。そんな中現れた美津子は二級の美女で若くはないけど、万造にとっては超一級の美女。あせっていた、飢えていた万造の前に降り立つヴィーナスの役割を宮本裕子は実に上手く演じています。

10 11

(ここからネタバレ含みます。)
さて、万造が美津子との生活で幸せを感じれば感じるほど、美津子にはそれが負担になっていきます。もともと美津子はこんな田舎町に居たい種類の人間じゃなかったんだと言ってしまえば元も子もないんですが…。まあ女神が気まぐれなのはどの分野でも同じことで、それは愛の女神にも当てはまるということなのかもしれません。美津子が家を出てからまさおと2人暮らしをする万造、そしてまさおを漁に連れて行く様子を見ていると、嫁さんは来なかったけれども万造の心の港には灯が灯ったのだと思います。つまり港の灯は自身のレゾンデートルなのかもしれません。

個人的オススメ度3.5
今日の一言:「男は地図が読めなきゃ始まらん。」て…(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« アマルフィ 女神の報酬 | トップページ | SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009/短編2プログラム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30617574

この記事へのトラックバック一覧です: 不灯港:

» 和樹 [よしこの出来事]
不灯港 ... 主演は小手伸也、共演に宮本裕子、広岡和樹、麿赤兒。主演の小手伸也... [続きを読む]

受信: 2009年7月22日 (水) 05時45分

» ドラゴンクエスト9 ドラクエ9 R4マジコン対策パッチ回避コード攻略 [ドラゴンクエスト9 ドラクエ9 R4マジコン対策パッチ回避コード攻略]
ドラゴンクエスト9 ドラクエ9 R4マジコン対策パッチ回避コード攻略 [続きを読む]

受信: 2009年7月22日 (水) 06時10分

» 『不灯港』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
万造のまっすぐなまなざしが心に焼きつく。カウリスマキ映画的魅力がニッポンの漁村舞台に。 小さな港町に暮らす38歳の漁師、万造の物語。日本映画界で注目すべき若手監督といったら、ぴあフィルムフェスティバル出身者でしょう。黒沢、塚本、犬童、橋口、矢口、園、荻上、井口という才能を輩出してきた名アワード。そして、このたびPFFスカラシップによって、長編商業映画デビューを果たしたのがこの81年生まれの内藤隆嗣監督。お笑い芸人になろうと思ったものの、理系なので周りに相方志願者がいなくて、映画作りを試みたとか... [続きを読む]

受信: 2009年8月 5日 (水) 22時39分

» ●『不灯港』● ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、内藤隆嗣監督・脚本、小手伸也、宮本裕子主演。 [続きを読む]

受信: 2009年8月12日 (水) 15時33分

» 不灯港 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年8月21日(金) 18:50~ ユーロスペース1 料金:1200円(会員料金) パンフレット:500円(買っていない) 『不灯港』公式サイト 愛すべき映画だ。 貧弱な漁港の孤独ないい年の漁師万造。町役場の企画による都会の女性との見合いで、一目惚れし大暴れの爆笑コメディだと一方的に思っていた。そんな生易しいものでない。 北方舞踏のおっさん(洋服屋)からアームストロングのシャツやジョニデのウェスタンな服など購入し、気合入れまくりで望んだ集団見合いだが、その寡黙な性格から惨敗。 東京... [続きを読む]

受信: 2009年8月22日 (土) 00時42分

« アマルフィ 女神の報酬 | トップページ | SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009/短編2プログラム »