« 精神 | トップページ | ハリー・ポッターと謎のプリンス »

2009年7月17日 (金)

アヒルと鴨のコインロッカー

Photo 今最も旬な作家・伊坂幸太郎の同名小説の映画化第2弾。次々映画化されている伊坂作品の中でも、未だに最高との呼び声も高い。出演はこの後『フィッシュストーリー』にも出演する濱田岳、『余命1ヵ月の花嫁』『ディア・ドクター』の瑛太、『ハチミツとクローバー』の関めぐみ。監督は『ジェネラル・ルージュの凱旋』、『フィッシュストーリー』の中村義洋。
>>公式サイト

なるほどこれは面白い!

book あらすじ・作品情報へ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへクリックお願いしますflair

01

いやはや参った!本作の後、『死神の精度』、『フィッシュストーリー』『重力ピエロ』『ラッシュライフ』と4作品が映画化されていますが、未だに本作がベストだという方がいるのも納得の作品です。私の中では『重力ピエロ』と双璧ですが、原作を読まずに観た場合は本作の方が馴染みやすいし面白いかもしれません。正直いって本作の中村義洋監督の作品と私は絶望的に相性が悪く、鑑賞した『チームバチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』は今でもつまらない作品だと思っていますし、『フィッシュストーリー』もいま一つでした。

02 03

しかし、この作品だけは例外のようです。濱田岳演じる椎名と瑛太演じる河崎の奇妙な出会いから始まる物語…。ボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら引越しの片付けをしている椎名の前に何故か嬉しそうな河崎が現れます。伊坂作品の特徴の一つに“豊富な伏線”がありますが、このシーンもそうでした。未見の方もいると思いますので細かくは書きませんが、ボブ・ディランの歌は作品を通して重要なキーでありまた、このときの河崎の嬉しそうな顔の意味は一番最後に判ります。

05 010

この後、何故か椎名は河崎に共に本屋に広辞苑を盗みに入るようにもちかけられ、誘われるがままに手伝うことになります。しかしそれもまた大きな伏線でした。事ほど左様に描き出されるほぼ全てが、後に何らかの事象と繋がってくるので、レビューとしては書き辛いことこの上ありません…。(苦笑)ちなみにブータン人を演じた田村圭生くん、恐ろしくネイティブな英語だと思ったらアメリカ生まれのアメリカ育ちなんですね。彼もまた非常に重要な役回りでありながら非常に重要じゃない役回り。この辺の微妙な表現は鑑賞した方には解るかと。

06 07

(この後ネタバレ含む。)
さて、普通に観ていると田村くん演じるブータン人のドルジが実はそうではないのだということはすぐ解ります。そうなると自動的に誰がブータン人なのかは一目瞭然、河崎ですね。じゃあ河崎って誰なんだ?ここで物語は2年前に起こった事件に結びつきます。2年前に戻ると、そこにはこの物語の真の登場人物が全て揃っている…こういう寸法です。人間関係を書くと全てネタバラシに直結してしまうのですが、ただ言えるのは全てが明かされたとき、そこにはとても悲しい事実があったということ。

08 09

ところで、この作品を観ていると『重力ピエロ』とよく似た構成だということに気付きます。ちなみにこの作品の原作は未読なので映画としての話です。どちらも過去に起こった事件と現在に生きる登場人物との繋がりの中で事件は終わっていません。しかも事件そのものは悲劇的でありながら、不思議なことに悲壮感は感はなく、更に、共に犯人の犯した罪を許容してしまう雰囲気を持っています。これは伊坂作品に独特のセリフ回しやユーモアが作る雰囲気のなせる業。具体的に言えば、伊坂作品では“神”が色んな形で登場しますが、本作では「神様を閉じ込めて見なかったことにしてもらう。」ということになっています。それじゃ罪には問えませんね。(笑)

個人的オススメ度4.0
今日の一言:猫虐待シーンだけはダメ。気分が悪い。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 精神 | トップページ | ハリー・ポッターと謎のプリンス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30581020

この記事へのトラックバック一覧です: アヒルと鴨のコインロッカー:

» 『アヒルと鴨のコインロッカー』 (2006) / 日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:中村義洋主題歌:ボブ・ディラン原作:伊坂幸太郎出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、田村圭生、関暁夫鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>仙台の大学に進学し、初めて一人暮らしを始めた椎名(濱田岳)。ボブ・ディランの「風...... [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 02時06分

» アヒルと鴨のコインロッカー [めでぃあみっくす]
キミは彼らの物語に飛び入り参加している。この映画を見終わると、このセリフが「神さま。この物語だけは見ないでほしい」という宣伝文句をより心に響かせるものにしているように思えました。 予告編からコミカルな作品だろうと、個人的にはあまり注目していなかった作品だ....... [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 17時59分

» 「アヒルと鴨のコインロッカー」中村義洋 [Mani_Mani]
アヒルと鴨のコインロッカーアミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 2006日本 監督:中村義洋 原作:伊坂幸太郎 脚本:中村義洋、鈴木謙一 出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、大塚寧々 とらねこさんにディラン繋がりでお勧められての鑑賞です〜 special thanks! **** で、と、 繰り返しの妙である。 たいていのシーンは二度繰り返されるが、都度意味は違っている。 原作は未読だが、ここは映画的な工夫が際立つ仕掛けである。 それを欺瞞とみるか快楽とみる... [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 23時57分

» ボブディランが聞こえる。~「アヒルと鴨のコインロッカー」~ [ペパーミントの魔術師]
ハイ、長いこと休んでおりました。 コメントトラバくださった方どうもスイマセン。 も少しお待ちを・・・。 人々が天神祭行ってるっちゅうに。 子どもの浴衣着せてて無性に行きたくなったのに ひとりじゃつまらん。(泣) 花火見たかったな~。( _ _ )..........o 実は..... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 10時38分

» アヒルと鴨のコインロッカー・伊坂幸太郎 [TSUTAYA×枚方駅前]
今レンタルでは1位になってるんじゃないでしょうか? 映像化は不可能やと言われてた作品らしいですが、 原作読んでる人が映画をみてもかなり好評だったし、 私もこれは去年見た邦画で3本の指にいれてもいいくらい 大好きでした。 ボブディランの「風に吹かれて」... [続きを読む]

受信: 2009年7月19日 (日) 11時11分

» アヒルと鴨のコインロッカー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける。そんな話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、モデルガンを片手に書店の裏口に立っていた―     監督 : 中村義洋 『チーム・バチスタの栄光』【comment】以前、伊坂幸太郎さんの原作を読んだ。   『アヒルと鴨のコインロッカー』の感想はコチラです^^・『現在』... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 12時58分

» アヒルと鴨のコインロッカー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『神さま、 この話だけは 見ないでほしい。』  コチラの「アヒルと鴨のコインロッカー」は、人気ミステリー作家の伊坂幸太郎さんの第25回吉川英治文学新人賞を受賞した同名小説の映画化で、6/23公開になったミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  伊坂....... [続きを読む]

受信: 2009年8月11日 (火) 22時07分

» アヒルと鴨のコインロッカー [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:アヒルと鴨のコインロッカー 制作:2006年・日本 監督:中村義洋 出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ あらすじ:大学入学のため仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)は、奇妙な隣人の河崎(瑛太)に出会う。初対面だというのに河崎は、同じアパートに住む孤独なブータン人留学生に広辞苑を贈るため、本屋を襲おうと奇妙な計画を持ちかける。そんな話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、モデルガンを片手に書店の裏口に立っていた……。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 01時50分

» 観ました、「アヒルと鴨のコインロッカー」 [オヨメ千感ヤマト]
DVDでレンタルして観ました[E:eye] 観終わってからもう一週間経つのに、何 [続きを読む]

受信: 2010年8月20日 (金) 12時31分

« 精神 | トップページ | ハリー・ポッターと謎のプリンス »