« 真夏の夜の夢 | トップページ | バーダー・マインホフ 理想の果てに »

2009年7月31日 (金)

Sweet Rain 死神の精度

Photo 伊坂幸太郎の同名小説をベースに映画化。映画化作品としては本作が4作品目にあたる。主演は今をときめく金城武。共演に役名・藤木一恵で主題かも歌う小西真奈美、富司純子、石田卓也が出演している。監督の筧昌也の作品はこれが初見でした。ずっと映画化を断り続けてきた伊坂幸太郎が金城武主演を条件にOKを出したという曰く付の作品です。
>>allcinema

完成度の高い一つのドラマに-

book あらすじへ book

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへおかげさまで好位置キープですupshine

01

今まで観ていなかったのを後悔するぐらい良かった作品でした。伊坂幸太郎の同名の原作をベースにしてはいますが、実は物語の主人公たる死神・千葉(金城武)を巡る6つの短編集から3本を抜き出して映画化したものです。原作は未読ですが是非読んでみたいですね。伊坂作品といえば監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』の中村義洋か『重力ピエロ』の森淳一が合っていると思っていましたが、本作の筧昌也もこの輪の中に加えるべきでしょう。

02 03

物語は、不慮の死が予定されている人間と、その死の最終的な決定権を持つ死神・千葉との交流を描いています。まず面白いのが千葉のキャラクター設定。人間ではないけれども、いわゆる一般的に抱かれている死神のイメージとはあまりにずれたそのキャラクターでした。この物語はある時点まではコメディかと思うほど笑いのポイントが多かったりしますが、その原因は言葉を“文字通り”に受けとる死神・千葉にあります。

04 05

登場人物・藤木一恵(小西真奈美)の「私醜いですから。」というセリフに「見にくくなんかないよ。」と返し、ヤクザの藤田が「あんたが鼻(水)垂らしてたころだ。」というセリフに「鼻って垂れるのか?」と返す。このなんともとぼけた会話に思わず笑ってしまったら、もうあなたはこの物語に引き込まれているでしょう。それは会話そのものと言うより、金城武の演じている死神・千葉の魅力に惹き込まれているから。

06 07

そして千葉は何故だか音楽好き。「俺はミュージックが好きなんだ。」と音楽ではなく敢えてミュージックという言い方をするところが如何にも伊坂幸太郎っぽくていいです。実はこれも物語の重要な伏線の一つだったりするのですが…。そもそも私は金城武の日本語での演技をはっきり下手糞だと思っているのですが、本作に関してはその朴訥なしゃべり方や、どうも日本語慣れしていない感じが、人ならぬ存在とマッチしていたように思います。

08 09

さて、本作は3部構成で、それぞれに千葉と交流する主人公がいます。藤木一恵と阿久津伸二そして老齢の美容師の3人なのですが、この3人は一見無関係ながら実は繋がっているのでした。3本の短編小説を映画化するにあたって、単なる3本のオムニバスにしてしまっては、何のための伊坂原作かわかりません。伊坂作品の特徴の一つは多彩な登場人物の意外な繋がりと結末に向けてそれが収束していくところにありますから、その意味で、実に上手い繋がりの描き方をしていました。

10 11

物語は全体の3分の1程度進んだあたりで、観ている側に主人公が繋がっていることを解らせるような構成になっており、そこからはコメディタッチがハートフルタッチにフェードしていきます。先に書いたある時点とはこのタイミングのことなんですね。いずれにしても時系列な部分を含めた実に巧みな繋がりの描き出し方ですが、これ以上書くと作品のキモの部分をばらしてしまうので止めておきます。他にも死神仲間の登場の仕方に唸らされたり、千葉の相方とも言える犬との会話が面白かったり、と見どころは色々。

原作に近い良さは『アヒルと鴨のコインロッカー』『重力ピエロ』に一歩譲りますが、映画としての完成度では決して引けはとっておらず、個人的には一番好きな作品かもしれません。

個人的おススメ度4.0
今日の一言:いいセリフが多い作品でした。

にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ
↑いつも応援して頂き感謝です!
今後ともポチッとご協力頂けると嬉しいです♪

|

« 真夏の夜の夢 | トップページ | バーダー・マインホフ 理想の果てに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/197507/30757859

この記事へのトラックバック一覧です: Sweet Rain 死神の精度:

» 『SweetRain 死神の精度』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
監督:筧昌也原作:伊坂幸太郎出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満公式サイトはこちら。<Story>死神(金城武)が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事...... [続きを読む]

受信: 2009年7月30日 (木) 22時56分

» Sweet Rain 死神の精度 [映画鑑賞★日記・・・]
【Sweet Rain 死神の精度】2008/03/22年公開(03/22鑑賞)製作国:日本監督:筧昌也原作:伊坂幸太郎 『死神の精度』(文藝春秋刊) 出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満今時の死神は、ミュージック大好き天然イケメン....... [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 12時56分

» 特別じゃないけど大切なもの。~「SweetRain 死神の精度」~ [ペパーミントの魔術師]
CDshopにこんなんがうじゃうじゃいるとしたら TSUTAYAみたいなとこには・・・ギャ~~~~!!! でもこんなカッコイイ死神なら 会ってみたいかもしんない。m(~ー~m)~ ミーハーな話ですが 22日の初回上映に間に合えば ポスターがもらえるというので いそいそ行っちゃ..... [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 15時05分

» 金城武が好きっ! [TSUTAYA×枚方駅前]
と、枚方駅前店の中心で愛を叫んでいるAgehaでございます(寒) 実は、3月にも一度「死神の精度」で 取り上げてるんですけど、 http://ameblo.jp/tsutaya-5201/archive11-200803.html 「最後の1冊(死神の精度、写真集「Chiba」)、買ったの~~~?!... [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 15時11分

» Sweet Rain 死神の精度 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作の伊坂幸太郎の小説『死神の精度』はまずまず面白かった。映画はどうかなぁ〜   コチラが本の感想です【story】死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに現れ、その人を7日間観察し、その生死を判断することだ。雨男の彼は、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ―     監督 : 筧昌也【comment】今年に入って邦画の劇場鑑賞は3本目で〜す♪私... [続きを読む]

受信: 2009年8月 6日 (木) 08時45分

» 映画『Sweet Rain 死神の精度』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、筧昌也。脚本、筧昌也、小林弘利。原作、伊坂幸太郎『死神の精度』。2007年 [続きを読む]

受信: 2010年6月 8日 (火) 22時25分

« 真夏の夜の夢 | トップページ | バーダー・マインホフ 理想の果てに »